ピンクのクラウン製作記 最終回

お待たせしました。ブログをご覧の方へ完成お披露目です。

画像
画像
画像
画像
画像


クラウン特別仕様車 アスリートG “ReBORN PINK” 通称「ピンクのクラウン」です。
昨年11月22日の完成から2か月経ってようやくこちらでもお披露目できました・・・

約3週間のスピード製作だったため、塗装が完全に乾燥していない状態で
研ぎ出しをしたせいか、やや肌が荒れてきていたので今回の撮影前に
もう一度コンパウンドでボディを磨き直しました。

以前も書きましたが、実車のこのピンク(モモタロウ)は
周りの条件によって色が違って見えるのですが、
それをマネして調色・塗装したこの色も
肉眼で見るのとはずいぶん違って写ってますね(笑)
実物はもう少し赤みが強いピンクです。



それでは各部を詳しく見ていきます。

フロント
画像

特徴的なフロントグリルはグリル・周囲のグリルモール・そして中央の王冠マークが
別にパーツ化され、造形もかなりリアルですが、取付けがかなりタイト(きつい)なので
バンパー塗装前にグリルモール周りの削りこみが必要です。
またバンパーやライトリフレクター、ライトレンズも合いが悪いので
パーツの修正や取付け調整しないとうまく収まりません。
ですから、必ず仮組みをすることをお忘れなく。

バンパーに付くヘッドランプウォッシャーのカバー(ライト下の小さな四角)は
モールドが薄かったのでプラバンで自作。
またフォグライトべゼル横の黒いガーニッシュは
エナメルのフラットブラックを流し込んで塗装。
ここは塗装しにくいので、別パーツにしてくれたら良かったかな・・・

さっきからネガティブなことばかり言ってますが(笑)
塗装やパーツの組み立てをキチンと詰めれば
かなりリアルなフロントマスクになりますよ。



リア
画像

リアもバンパーやコンビランプのレンズの合いが悪いのが欠点。
特にリアコンビランプ(左側)のレンズがうまく取り付け調整できなかったのが心残り・・・

エンブレムは別売りのディティールアップパーツのメタルシールを使用。
トランク中央のTマークは中にエナメルのクリアーブルーを流し込んで
ハイブリッド車用のエンブレムを再現。
右下のHYBRID SYNERGY DRIVEエンブレムの青いS字部分も同様に
エナメルのクリアーブルーで塗装しました。

ホントはATHLETE Gの「G」エンブレムは文字が赤ですが、ここのエッチングパーツは
Gが浮き文字のため、うまく色が乗らず断念。(凹状なら色を流し込めたのに)
あ、いま気が付きましたが、CROWN とATHLETEのエンブレムの位置が
実車よりちょっと高いなぁ・・・細かい事で恐縮ですけど。

あとはいつものどうでも良いこだわりですが、
バンパーに東京トヨペットのディーラーステッカーを貼り付け(笑)
これは先日貼りました。



サイド
画像

画像


キットの足回りはスプリングとネジを使った車高調整機構が付いてますが、
先代クラウンのキット付属のスペーサーを流用して機構を殺し、
さらにジャンクパーツでかさ上げして実車のノーマル車高を再現。

アルミホイールは実車のスパッタリング塗装っぽく、メッキ調塗料で塗装
(実物はもう少しキラキラした感じです)

リアピラーの王冠マークとフェンダーのHYBRIDエンブレムも
リア同様別売りのディティールアップパーツ。



画像

画像


アスリートのキットを入手したモデラーさんが、
一度は再現を考えるであろうピンクのクラウンを今回製作してみましたが、
実車のピンクの塗装の再現は予想以上に難しかったです・・・
(今でもこれが正解だとは思ってません 笑)

ですから、プリペイント(塗装済み)キットでこのピンクのクラウンを
リリースしてくれたらうれしいですね(あわせて空色と若草色もお願いします)

キットとしては、パーツ割りの細かさや造形がリアルな反面、
パーツ同士の合いが悪いという、アオシマキットいつものお約束(失礼)通りの内容ですが、
比較的スムーズに製作が進みましたね。(昨年のサンバーに比べたらかなりラクでした 笑)

おかげさまでオー集でも多くの方にご覧頂き、
またピンクのクラウン同士でコラボ撮影できたりと
大変だったけど作ってよかったなと思いました。

ブログの方では製作記もお披露目も遅くなってしまいましたが、
最後までお読みいただきありがとうございました!

次回は430セドリックセダンの製作記最終回。こちらも完成お披露目です!

この記事へのコメント

Y34
2015年01月26日 20:49
こんばんは。

今回のピンククラウンも見事な完成品ですね。ボディーカラーもぴったりだと思います。
2015年01月26日 21:42
すばらしい完成度ですね。
これは部屋に飾っておきたい逸品ですなぁ~
ながせ
2015年01月27日 01:09
Y34さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
ボディカラーもお気に召して光栄です。
ながせ
2015年01月27日 01:10
nas-nasさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
逸品だなんて大変恐縮です・・・
ハチロク好き
2015年01月27日 17:56
いやー、毎回ものすごく凄いですねー!
流石ながせ大先生(買いかぶりすぎと言われそうですが・・・)!
ながせ
2015年01月27日 23:50
ハチロク好きさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
私なんかちっとも大先生じゃないですし
仰る通り過剰に評価しすぎです!
でも褒めて下さったことは素直にうれしいです(笑)
2015年01月28日 07:12
完成おめでとうございます。
自然光の元での写真はまるで実車ですね。
私はデザインの仕事に携わっていますが、この「実車」のほうも色々と。。
黒とシルバーの表紙の物も、一つ前の記事一番最後のピンクの物。
そして今度は薄青と薄い緑と。
色々ピンククラウンの作例を拝見しますが、ながせさんの色味が実車に一番近いかな。と
ここ東京ではピンクの実車に何回か遭遇しました。
発売前になぜか店頭にディスプレイしていたことも。。それは販売会社が独自にラッピングしたモモタロウでした!
ながせ
2015年01月29日 00:10
たかととさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

この色は調色も塗装も難しかったですが、
「実車」にまつわるお仕事をされた
たかととさんのお気に召してとっても光栄です。

なるほど…メーカーが作ったプロトタイプ以外に、
ディーラーが作ったラッピング仕様のモモタロウも
発売前には存在したのですね!これは知らなかったです(笑)
ハチロク好き
2015年01月29日 17:20
褒めたあとで申し訳ありません

サニトラはまだでしょうか?
ながせ
2015年01月29日 23:09
ハチロク好きさま

こんばんは。
サニトラは…いずれ作りたいと思います。
いつになるかは分かりませんけど。
2015年01月30日 21:02
このピンクも見事な調色ですね。
やはり光の加減で撮影した時の色合いや作品を肉眼で見た時の色合いも変化するので
どのモデラーさんのどの調色がピッタリという正解は無いと思います(笑)

私もようやく空色アスリートの調色が納得いく色合いになり
来週末の横浜オー集を皮切りに今年の名古屋オー集にも展示したいと考えています(笑)
2015年01月31日 13:34
こんにちは^^
周りの景色がボディにきれいに映っていて素晴らしいです。
そして仕上げも丁寧ですね♪

自分はグリルなどの調整をしないまま塗装開始してしまい・・・
どうなるかわかりません(滝汗

製作お疲れ様でした。
ながせ
2015年02月01日 00:10
江戸川エルガさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
仰るとおり、実車のモモタロウは条件で色合いが
変化しますから、それを再現して調色する場合も
色合いはひとそれぞれですね。

空色のクラウン、納得がいく調色が出来たようで
大変お疲れ様でした♪素晴しい完成品が
拝見できるのを楽しみにしております!
ながせ
2015年02月01日 00:15
Yutaさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
3週間のスピード製作でアラも多いですが
それらしくは出来上がりました(笑)

なるほど、ボディの塗装は開始されたのですね。
グリルの枠はかなりキツいので、予め周囲を
ペーパーで削ってから仮組みして下さいね。
無理してグリルをボディに押し込むと
塗装が割れるのは必至だと思われますので…
2015年02月06日 22:54
こんばんわ!!
完成おめでとうございます!!
内外装共に色の作りがとても良いですね^^

何度かピンククラウン見たことありますが、とても深みある色で全く通りに作るのはホント難しそうですね^^;
86みたいに色の超豪華いてくれているのかなぁと思いきやかいてなかったのでちょっとがっかりですね。
仰る通り、プリペイド出ても良い気がしますがねぇ^^;
ながせ
2015年02月07日 00:48
EllpyoneG's/ムル太郎さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

今回のモモタロウは上からピンクのクリアーを
重ねることで再現しましたが、そこにたどり着くまでに
いろいろ悩みましたし、塗料も無駄に消費しました(笑)

確かに説明書に色のレシピがないのは残念でしたが、
もし記載があったらどんな調合になるんでしょうね…
ちょっと気になります(笑)

ピンクのクラウンのキットをリリースするなら
是非でプリペイントで実現して欲しいですね。
ホントにリリースされたら私ももう一台作りますから!
TAKA
2015年02月11日 18:40
こんばんは。
見事な出来映えに画像に見入ってしまいました!
ながせさんの作品は外での撮影になるとプラモなのか本物なのか分からなくなってしまいます。
リアの追加デカールがまたアクセントになってますね!
製作記事お疲れ様でしたm(_ _)m
ながせ
2015年02月11日 23:28
TAKAさま

こんばんは。
過分なるお褒めの言葉を頂き大変光栄です!

急いで製作した分、いつも以上にアラが多いですが
ボディカラーのインパクトだけは満足しています(苦笑)
追加のステッカーはいつものどうでも良いこだわりですが
こちらもお気に召して良かったです・・・
宮っ子
2018年10月10日 17:09
こんにちは~
ちょっとお手付きをして、来月のオー集に向けて、プリペイントのピンククラウンを制作しています。ボディーをはじめ、結構良い線行ってるとは思いますが、不満な所もあるので、ながせさんの様に通常キットを一から制作したのと遜色ないレベルの仕上がりを目指したいと思います。
今回も、ながせさんのこの制作記を大いに参考にさせて頂きたいと思います。
ながせ
2018年10月10日 23:12
宮っ子さま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!

お~っ、お次はプリペイントの
ピンクのクラウンに着手されたのですね!
調色が難しいこの色(私ももう一度再現するのは無理かも 笑)も
プリペイント版の発売で一気にハードルが下がったのは
私もうれしい限りですが、宮っ子さんの仰るように
このキットはやや組みにくいところや不満なポイントもあるので、
そこをキチッと仕上げてやると完成度がグッと上がると思います
(なんて偉そうに言ってみる)

とりあえず、私が気になった製作上のポイントは
こちらの製作記に書きましたので、
宮っ子さんの参考になれば幸いです♪

宮っ子さんのピンクのクラウンが
素敵な作品になりますようお祈りしています。
2018年10月21日 21:43
こんばんは(^_^)
プリペイントのピンククラウンが完成しました。
プリペイントと言えども、一筋縄でいかないと言う点でやっぱりアオシマのキットなんだなぁと思いましたが、何とか完成出来て良かったです。でも、感傷に浸ってる暇は無く、同じ210クラウンアスリートの空色に取り掛からないといけないです…。
宜しければ、画像を見て頂きたいと思います。
http://hantora1ban.seesaa.net/
ながせ
2018年10月22日 23:27
宮っ子さま

こんばんは。
完成おめでとうございます!
画像は後ほど見せていただきますね。

おおっ、早速次回作の空色のクラウンも
着手されるのですね。こちらはアクアの
クールソーダメタリックをまとったクルマでしたね。

こちらも完成を楽しみにしております。

この記事へのトラックバック