テーマ:プラモ

フジミのS110系クラウンの2000ターボを買ってきました。※追記あり

すいません。今回もキットレビューです。 いきなり余談ですが、愛知県在住の私にとって、 先日の「宮地佑紀生 逮捕」の報道は本当に驚きました。  最近は内勤で外回りは月に数度になりましたけど、 以前は毎日営業車(カロバン→プロボックス)に乗って外回りを していましたので、昼の1時からは「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」を いつも…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

ハセガワのサニートラック後期型も買ってみました。

大変ご無沙汰しております・・・ 2か月半も更新できず申し訳ありませんでした。 ちょっと仕事が立て込んでいたりして全くプラモに触れることができず、 ついズルズルとブログをお休みしてました。 ようやく仕事もひと段落して、よしブログ更新だ!と意気込んでみても 上に書いたように製作が全くすすんでませんので(苦笑)、 今回は買…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

EF2 グランドシビック製作記 その2

塗装前の下ごしらえ。今回は長いです。 前回市販車仕様に戻したボディですが、 テールゲート(バックドア)上部の切れ目(矢印)がキットのボディには無かったので・・・ ラインチゼルでスジを彫りました。 給油口のフタは0.2mmの刃で彫りましたが、今回はやや太めのほうが良いかなと思い0.3mmの刃を使用。 …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その8

今回はリアコンビランプの塗装と取り付けです。 前回のフロント周りの組み立てから1か月以上 経ってしまいましたが、ようやくリア周りも完成です・・・ いつも通りまずは実車の画像を見てみます。 セドリックは上段が赤いストップ&テールランプで下段がオレンジのウインカー。 兄弟車のグロリアはランプの赤とオレンジの上下が入れ替わる…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

EF2 グランドシビック製作記 その1

お手付きしてこちらも製作開始です。 この前のキットレビューの最後でも書いた通り、 今回のグランドシビックはキットのレースカー仕様から市販車仕様に改修します。 まずは市販車戻しの最初の作業として、ボディ本体から手を付けていきます。 これがキットのボディ これもキットレビューで書きましたが、市販車仕様と…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

アオシマ(BEEMAX)のグランドシビックを買ってきました。

このブログ初、レースカーのキットレビューです。 アオシマ BEEMAXシリーズ No.6 EF3 シビック Gr.A `89 PIAA仕様 どうやら先週末にお店に入荷してたみたいですが、 ようやく昨日の日曜日の夜に引き取ってきました。 なおこのキットについては相互リンクさせて頂いております HITEQJASMI…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その7

三週間ぶりの製作記。今回でフロントマスクを完成させます。 いつも通りまずは実車のライトを見てみます。 画像はグロリアのブロアムですが、ヘッドライト上下と サイドレンズのクロームモール(矢印)は今回のセドリックのグランツーリスモも同じ。 よく見るとヘッドライト上部とサイドレンズのクロームモールは 外側に黒いゴムの縁取りがつい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その6

今回はフロントグリルの塗装です。 こちらのキットレビューでも書いた通り、 初版では白い成型色のままだったフロントグリルは 今回メッキパーツになっていてよりリアルになってます。 で、実車のフロントグリルはこう。 グランツーリスモのグリルは中央のエンブレムとその横のモールを 除き桟はすべてブラック…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その5

今回はクロームモールとアウトサイドドアハンドルの再現をします。 まずは実車のクロームモールを見てみると・・・ モールの切れ目はサイドウィンドウ上部モールは黄色い矢印の2か所 リアウィンドウモールの切れ目は上下四つの角のやや内側あたり(赤と黒の矢印)ですね。 で、サイドウインドウモールはこんな感じで再現してみま…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その4

2016年の製作記スタートです。 今回はウィンドウ周りやサイドプロテクトモールの塗装です。 まずはマスキング。 いつもながらマスキングは非常に面倒ですが、 シャープに塗り分けるにはとても重要な作業。 1時間半ぐらい掛かってマスキングテープを貼りました。 またウィンドウやサイドプロテクトモー…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

2015年をふりかえる

今年もやります。 2015年に私が完成させたのはこの2台。 今年はたったの2台・・・ ですがトヨタ86は塗装済みのプリペイントモデルですから、 今年は1.5台分ぐらいの作業内容だったでしょうか(笑) まずはこちら アオシマ 1/24 プリペイントモデルシリーズ SP TOYOTA86 '12  (エ…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

タミヤのマツダロードスターを買ってきました。

本日入手しましたのでキットレビューを・・・ 1/24 スポーツカーシリーズ No.342 マツダ ロードスター 今回は予約なしで購入。仕事帰りに今日あたり入荷してるかなと お店に行ったら見事的中(笑) このキットの発売をすごく楽しみにしていましたので、フライングゲットできて良かったです! まぁフライングゲットといっても…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その3

今回はボディの鏡面仕上げです。 オー集のあと、仕事が忙しいのでY31が全然進んでません (毎回同じようなことばかり書いてて本当にスイマセン…) ですから今回の鏡面仕上げは20日以上前に作業したものです。 しかも画像も少なめ、記事も短めです・・・ 鏡面仕上げの作業はいつも通り、タミヤのコンパウンド3種(粗目・細目・仕…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その2

今回はボディの塗装です。 前回は前後バンパーの取付けと、ボディ全体のペーパー掛け、 そしてサーフェサーを吹いて塗装前の下地処理は完了しました。 今回のセドリックのボディカラーはブラックにしますから、 こちらの塗料を用意。 ブラックは通常のMr.カラーの2番じゃなく 隠ぺい力や塗膜が強いMr.カ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Y31 セドリック グランツーリスモ 製作記 その1

製作開始です。 まず、今回作るY31はこちらに決定しました。 セドリック 4ドアHT V20 ツインカムターボ グランツーリスモSV 個人的にY31はセドリックは「ブロアム」、グロリアは「グランツーリスモ」のイメージが強いので 今回のY31はグロリアにしようかと思いましたが、グロリアのグリル脇につくモールの処理が面倒…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

フジミのY31セドリック・グロリア グランツーリスモSVを買ってみた。

今回はキットレビューです。 前回のGS131クラウンは多くの方にご覧いただき、 またたくさんのブログ気持玉とコメントを頂戴しまして どうもありがとうございます。 その最終回で頂いたコメントの中で、Y31のグランツーリスモの リクエストをいただきましたが、私も130系クラウンのライバルである Y31のグランツーリスモを…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 最終回

完成お披露目です。どうぞご覧下さい。 フジミの1/24 インチアップシリーズ No.45 ニュークラウン 2.0 スーパーチャージャー (1988年6月発売 現在絶版)です。 グレードは2000 ロイヤルサルーン(スーパーチャージャー車) 色はメーカーオプションのシルキーエレガントトーニング〈24G〉をイメージ。 同じ…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その15

今回は完成前の仕上げです。 前回塗装した内装パーツですが、 インパネ上部のデフロスターの吹き出し口の部分 ここにモールドがあったので苦労しながら (その割に仕上がりが汚い)黒く塗装しました。 ですが、改めて実車の画像を見たところ・・・ 吹き出し口は細かい桟が並んでいて、それほど黒くは見えないことが分かったので…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その14

大変お待たせいたしました。今回は内装の塗装と組み立てです。 まずは実車の内装画像。 ボディカラーがシルキーエレガントトーニング(パールツートン)の場合、 インテリアはこのセーブルと呼ばれるブラウン・ベージュ系統のカラーになります。 ではこれをお手本に内装パーツを塗装し組み立てていきます。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その13

ちょっと間が開きましたが前回の続きです。 まずはシャーシですが、こんな感じで塗装しました。 いきなり完成後の画像で恐縮ですが、 前回も書いたように、このシャーシは他のキットとの 汎用タイプなので塗装は割とアバウト。 全体はつや消し黒、サスペンションのパーツはつや有りの黒、 ミッションのケースと排気管はシルバー(排…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その12

今回はシャーシと足回りの組み立てです。 このキットのシャーシは製作記その1でもちょこっと書いた通り、 前輪がシャフト止めのためステア(操舵)できません。 また、以前作ったGX81マークIIと同じ汎用シャーシとなってます。 厳密に言えば汎用シャーシと言えども、ボディをハメる 前後の突起部分の形状が車種毎に違いますけどね。…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その11

今回はウィンドウの塗装と取り付けです。 キットのウィンドウパーツは表面のうねりがややキツいものの、 透明度も高くボディにもぴったりフィットします。 ただ、実車の前後ウィンドウは周囲に黒い縁取り(赤い矢印)がありますし・・・ (フロントウィンドウは上部にブロンズのぼかし入り 黄色い矢印) (…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その10

今回はリアコンビランプの塗装と取り付けです。 これが実車のリアコンビランプ。 ランプはレンズがデュアル(二重)構造で、 縦に三段(上がストップ&テールランプ・中央はバックランプ&リフレクター・下がウインカー)に分かれています。 また「ランプ中段部分は手前に、上下段のランプは奥まっている」といった 立体的な表情を見せてい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その9

今回はフロントのライト類の塗装と取付けです。 まずはヘッドライトレンズとサイドのクリアランスランプ&コーナリングランプ・ターンシグナルランプ (以下サイドレンズと略)から取り付けます。 実車をみると・・・ ヘッドライトレンズの上、そしてサイドレンズ上と横の端にかけて黒い縁取り(赤い矢印)があり、 さらにレンズ全…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その8

今回はフロントグリルの塗装です。 まずはグリル周りをこんな感じでマスキング ボディの塗装前にグリルをマスキングしておいたので、ここは現時点では無塗装状態のまま。 マスキングが完了したら、クレオスの8番シルバーをエアブラシで吹き付けます。 実車グリルはメッキなので、本当はメッキ調塗料を使いたいのです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タミヤのトヨダAA型を買ってきました。

今回もフライングゲットに成功しましたので早速キットレビューします。 1/24 スポーツカーシリーズ No.339 トヨダ AA型 クイックデリバリーのときにも思った「このクルマがなぜスポーツカーシリーズなのか?」といった 定番の突っ込みは置いといて(笑)、このシリーズでは最古のクルマであるトヨダAA型が仲間入りしました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その7

今回もボディのクロームモールの再現です。 まずはサイドプロテクションモール中央とその下のロアのクロームモールから。 実車はこんな感じ。 前回ご紹介したトヨ博の展示車はワイドボディでしたから、 中古車サイトから標準ボディの画像を拝借。 それを再現したのがこちら。 上のサイドプロテクションモール部分のクロ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その6

今回は各部のクローム(メッキ)モールの再現です。 現在トヨタ博物館で「クラウン60周年記念展」が開催されているので、 先日実車を見てきました。 クラウン 4ドアハードトップ ロイヤルサルーンG (MS137型) 私が今作っている8代目クラウン前期型の最上級グレード。 ボディカラーも同じシルキーエレガントトーニング…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

ハセガワのサニートラック“前期型”も買ってきました。

昨日メーカーから出荷されたキットを早速入手しました。 昨年発売された、ハセガワのサニートラック(中期型)のバリエーションとして、 1973年~1978年(ハセガワのサイトには79年と書かれていますが・・・)まで生産された 前期型のキットが発売されました。 ニッサン サニートラック(GB120)ロングボデーデラックス “前…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

GS131 クラウン 製作記 その5

今回はボディの鏡面仕上げと細部の塗装です。 前回のボディ塗装編では多くのブログ気持玉を頂戴しまして どうもありがとうございました。(もちろんいつもご覧頂けるだけでも大変感謝しております) とりあえずは「それらしい色」になりホッとひと安心です。 さて、今回はボディを磨いて表面を鏡面に仕上げますが、 まずは塗装後のルーフと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more