テーマ:FPAY31 セドリック・シーマ

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 最終回

無事完成しました。それではご覧ください。 いや~屋外撮影はアラが隠れますし、雰囲気も出て良いですね。 金曜日の帰宅後に慌てて撮影して良かったです(笑) 今回は自作の品川ナンバーにしてみました。 以前作ったユーノスロードスターの品川ナンバーより、一段とリアルさを追求(ホントか?) 「品川 33…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その13

いよいよ完成目前、今回は最後の仕上げです。 最初は前席シートベルトの製作から。 今回のシーマも昨年作ったC230ローレル同様、センターピラーのないピラーレス4ドアハードトップです。 ですから、ピラーのない分、シートベルトが外からよく見えますよね。 (画像では窓が開いてますが、窓が閉まっていても、 ここには細いゴ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その12

お待たせしました。今回は内装パーツの塗装と組立てです。 最初はシートの塗装から。 実車のウールモケットのシート生地は細かい柄入りですから これを塗装で再現しようと・・・ 全体をガルグレーで塗装ししたあと、濃い目に溶いたジャーマングレーをごく薄~く砂吹きしました。 塗料を濃いめに溶くことで、エアブラシのノズルが詰まり…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その11

今回はアルミホイールの塗装およびシャーシの塗装と組立てです。 これがキットのアルミホイール。 形状はとてもリアルなのですが、よ~く見ると センターキャップやホイール表面にキズやウエルドラインが目立ちます・・・ このキズは、再販を重ねることで金型が傷んでついたのではなく、 初版のキットからこんな感じだったと記憶してま…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その10

今回はウィンドウの塗装と取り付けです。 最初にウィンドウ全体をコンパウンドでしっかり磨いたあと(画像はありません)、 ウィンドウ周りの黒い縁どり(黒セラ)の塗装です。 このキットは製作記その1でご紹介したように、 黒い縁どりがデカールで用意されています。 ですが、これをキレイに貼るのは難しいですから今回は使用し…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その9

今回はリアコンビランプの組立てです。 まずは実車のリアビュー 実車のリアコンビランプは表面がスモーク仕上げで落ち着いた印象です。 それにしても初代シーマのリアビューって高級車にしてはえらくシンプルですよね。 ですが、決してチープさはなく、凛とした美しさを感じさせる素晴らしいデザインだと思います。 さ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その8

今回はフロントマスクの組立て。かなり長いです・・・ まずはじめにライトの組立てです。 これが実車のライト。 これは後期型のヘッドライト画像ですが、今回つくる前期型のライトも形状は全く同じです。 (後期型のカタログのほうが画像が良かったので・・・) この頃のクルマのライトはガラスレンズですから、 レンズカッ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その7

今回はクロームモールの再現です。 前回つや消し黒で塗装したモールの上にクローム(メッキ)を貼っていきます。 いきなりですが、クロームモールの再現完了。 クロームモールの再現には、いつも通りハセガワのミラーフィニッシュを使用。 ウィンドウ周りは、内側のつや消し黒のゴム部分と 外側のクロームのモールのコ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その6

今回はボディ細部の塗装です。 まずはつや消し黒で部分塗装をします。 ウィンドウのモール部分、マッドガードとドア下のロッカー部分、 そしてリアバンパー側面下の部分を残し、こんな感じでマスキング。 ついでにリアのナンバープレートガーニッシュ(ナンバーポケット)もマスキング塗装。 ナンバーポケットはブラックと…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その5

今回はクリアー塗装後の鏡面仕上げです。 クリアー塗装後に磨いて凹凸を無くし、表面を鏡のように仕上げる鏡面仕上げですが、 モデラーさんによって、磨き始めるまでのクリアー塗装の乾燥期間がまちまちですよね。 早い人ではクリアー塗装後、3時間ぐらいで磨き始める方もいらっしゃれば、 クリアーを完全に乾燥させるために2週間~1ヶ月、長い…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その4

今回もボディ塗装です。 前回は自家製調合のグレイッシュブルーMを塗装しましたが、 今度はサイドプロテクトモール(以下モールと略)の塗装です。 シーマのモールはカラード仕上げで表面にツヤがありますので、 先にモールを塗っておき、ボディと一緒にクリアーコートします。 モールの調合は・・・ Mr,カラーの8…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その3

今回はボディの塗装です。 製作記その1でお伝えしましたが、今回のシーマのボディカラーは 前期型のイメージカラーであるグレイッシュブルーM (#TG1)にしようと思います。 これは当時の広報写真。 こちらは中古車検索サイトより転載。 この色は、まさに名の通りのグレー掛かったミディアムブルーメタリックで、 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その2

製作スタートです。まずはボディの下ごしらえから。 このキットのボディはとてもプロポーションが良いのですが・・・ 中央のグリルと左右のヘッドライトの取り付け部分が 一枚板になっていて、しかも上部に穴が開いてるのが残念です・・・ そこで、ヘッドライトの部分をくり抜いて・・・ カッ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その1

次はこれを作ってみたいと思います。 アオシマ1/24 ザ・ベストカーシリーズ No.4 シーマ タイプII リミテッド(現在は絶版) 先日押入れを整理していたところ発見しました。 説明書の記載から・・・ 17年前のものですね。当時でも再販であり、(初版は実車デビューすぐの1988年だったはず) 店頭から無…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more