フジミのY31セドリック・グロリア グランツーリスモSVを買ってみた。

今回はキットレビューです。

前回のGS131クラウンは多くの方にご覧いただき、
またたくさんのブログ気持玉とコメントを頂戴しまして
どうもありがとうございます。

その最終回で頂いたコメントの中で、Y31のグランツーリスモの
リクエストをいただきましたが、私も130系クラウンのライバルである
Y31のグランツーリスモを作って並べたいなぁと思いましたし、
ちょうどフジミのキットが再販されましたので早速買ってきました。
(その他のリクエストを下さったかたゴメンナサイ)

それではご紹介
画像

1/24 ID138 ニッサン セドリック/グロリア Y31 グランツーリスモSV

元々はセドリックとグロリア(以下セド・グロ)別々のキットとしてリリースされてましたが、
これはセド・グロの専用パーツを一緒にした「車種選択式」となってます。

セド・グロ車種選択式は、前回の再販(2007年頃?)から
このスタイルになったと思いますが(前回のは買っていない・・・)
今回の特徴は、最近の再販キット同様に
ウィンドウ塗装用の窓枠マスキングシールが付属なことですね。



パーツはこんな感じ。
画像

この前のクラウンと同じインチアップシリーズで
初版のリリース時期も同じ1988年ですから、パーツ内容もそっくりです。



このキットもクラウン同様に前輪がシャフト止めでシャーシも共通
(厳密には前後のハメ込み部分が違いますが)
画像




ボディ。
画像

この時期のフジミキットはボディ造形が良いものが多いですね。



フジミのY31セド・グロは今回のグランツーリスモSVの
他に3ナンバーのブロアムVIPのキットもありました。
画像
(このキットは以前紹介しましたよね。この箱絵が大好きでこれをおかずにご飯三杯いけることも 笑)



どちらも同じクルマなので当然ボディも共通だと思いきや・・・
画像

(左の少し黄ばんだ方がブロアムVIPのボディ)

ちゃんとサイドのボディパネルが作り分けてあるのが素晴らしいです!
画像


グランツーリスモSVは5ナンバーの小型乗用車枠ですから
サイドプロテクトモールも薄い(ほぼモールドだけ)ですが・・・
画像


ブロアムVIPのボディは3ナンバー専用のガーニッシュ
(ドアパネル下を覆う樹脂のカバー)付きで、サイドモールも分厚いですね。
画像
そろそろ、こちらのブロアムVIPのキットも再販してくれないかなぁ・・・

ボディの下をよく見るとここ(赤い矢印)から下で
金型を差し替えているのが分かります。
画像

でも金型差し替えによるパーツ段差は最小限で
ほとんど目立たないのがマル(黒い筋は油汚れ)



ホイールは純正の15インチアルミですが、
インチアップシリーズの名の通り大きめサイズ(笑)
画像

センターキャップはグランツーリスモSV用とブロアムVIP用の2種類付いてます。



最初に書いたとおり、セド・グロ車種選択式ですから、
前後ライトレンズとフロントグリル(&ブロアムVIP用のフードマスコット)の
ランナーがセド・グロ両方入ってます。
画像


特にグリルのランナーはメッキ仕上げなのがうれしいです
(初版は普通の白いパーツでした。前回の再販時はどうだったのかな?)
画像




グランツーリスモSV専用のエアダムバンパーも造形はリアル。
ですが実車よりややゴツい印象ですね。
画像




内外装や足回りパーツのランナーはグランツーリスモSV・ブロアムVIP共通
なので、それぞれのステアリングホイールがセットされてますけど・・・
画像



バスタブ内装とフロントシートは形状から見るとブロアムVIP用で・・・
画像
画像
(センターコンソール後方のアームレスト部分が高い・リアトレイにエアコンと空気清浄機がある
フロントシートバックサイドの張り出しが少ない)


マフラー周りのパーツはグランツーリスモSV用になっています
画像

(ブロアムVIPはマフラーエンドが角型で一本出し)

ですから今回はフロントシートと内装パーツを
グランツーリスモSV用に手直しする必要がありますね・・・




これが今回のキットの特徴である、窓枠マスキングシール。
画像

ウィンドウパーツに軽く合わせたところサイズは正確のようです。
ただ、線に合わせて自分で切り出さないといけないのが面倒。



最後はデカール。
こちらは初版からセド・グロ共通でしたが
初版のデカールと比べてみると、レイアウトは全く同じながら
新しく作り直されているのが分かります。
画像


これが初版のデカール。
画像
エンブレムやナンバー、車検ステッカーのフォント
メーターパネルが微妙に違いますよね。

このように、初版のデカールより「Gran Turismo」のエンブレムがよりリアルになったのに
文字色が白地に黒のままなのが何とも残念だなぁ・・・

ホントは黒地に銀文字なんですよね。
画像

これはアオシマのデカール。下のV・20 TWIN CAM TURBOの
小さい文字までバッチリ合ってます!



以上、ざっとご紹介しましたが、
前回のクラウン同様に頑張って製作したいと思います。

まずはセドリックとグロリアどちらにするのか?
そしてボディは何色にするのか決めなくっちゃ(笑)

この記事へのコメント

黒幕ぬぽ
2015年11月01日 16:09
なるほどY31はボディもブロアムとグランツーリスモで異なるんですね
資料が無いのでわかりませんでした。
ブロアムは以前物々交換でいただいたのですが・・・グランツーリスモも
良いですね、欲しくなりました。
ながせ
2015年11月01日 23:47
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

そうなんですよ。ブロアムの3ナンバー車は
ドア下にガーニッシュと厚めのサイドモールがついているんです。
拙いレビューですが、黒幕ぬぽさんにグランツーリスモの
キットに興味を持っていただいたようで何よりです。
私もグランツーリスモは初版以来かなり久しぶりに作るので
今からとても楽しみです。ご期待に沿えるよう頑張ります!!
Y34
2015年11月02日 10:51
こんにちは。

Y31のセドリックはフジミの他にアオシマからも最近販売されましたね。ながせ様としてはどちらがお勧めですか?
銀チャリ
2015年11月03日 17:36
こんばんは 
セドリックですか!
近所にY31と思われる車両が現役で稼働しています。3ナンバーのリアスポ付きが。なので手を出したいのですが最終型セリカに手を出してしまってプラモに回すお金がなくなってしまって手が出せないんですよね(苦笑)
Y31、楽しみにしています!頑張って下さい!
ながせ
2015年11月03日 23:29
Y34さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

前輪が操舵できることや、内装がバスタブじゃなく
ドアトリムが別パーツ化されているアオシマのキットも
魅力的ですが、私はボディプロポーションの良さから
今回のフジミを推したいと思います。

3ナンバーのブロアムはキットはフジミしかないので
こちらは迷うことはないですけどね(笑)
ながせ
2015年11月03日 23:29
銀チャリさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

おおっ、お近くに3ナンバーリアスポ付きの
Y31が現役でいるのですね!!
最終型のセリカはタミヤのキットでしたね。
こちらも実車をあまり見かけなくなりました・・・

セリカの製作頑張って下さいね♪
劇用車好き
2015年11月07日 07:20
おはようございます。初めまして、劇用車好きと言いますが、いつも見せて貰うてます。セドリック・グロリアのグランツーリスモSVと来たら、間違い無くグロリアの黒で、グランツーリスモSVやのに、フードマスコット有りの横浜77 つ 37-10で、決まりですね。又、楽しみにしてますよ。✋🍂
ながせ
2015年11月08日 18:28
劇用車好きさま

はじめまして。
いつもご覧頂きありがとうございます!

>間違い無くグロリアの黒で、グランツーリスモSVやのに、
>フードマスコット有りの横浜77 つ 37-10
Y31のグランツといえば港304がまず思い浮かびますよね!
本放送当時、私も「グランツなのにボンマスつきで
ダブルフォグ(ヘッドライト内側も黄色い)なんだろう」と
すごく不思議に思いました。
その後、このクルマの経緯を知って納得しましたけど(笑)

この仕様もとても魅力的ですが、リンクさせて頂いている
TAKAさんが素晴らしい港304を作られていらっしゃるので
私は別の仕様にしようかと思います(ゴメンナサイ)
2015年11月12日 10:03
ながせさん、こんにちは!

Y31のキットは、アオシマが出した段階で
フジミも再販するだろうなぁ~と思っていましたが
案の定再販しましたね(^^)

アオシマの場合は、後期型のグランツを再現していますが、
フジミの方は前期型ながら、窓枠マスキングシール、
セドグロのコンバチと、
ここ最近のフジミさんらしい展開を見せています。

余談ですが、私もY31のキットは初版時の
フジミ製、アオシマ製の両方を作った事があります。

Y31のキットをいち早く出したのが
アオシマで、1987年の事でした。
当時はセド・グロのグランツでしたが、
ホイールは社外製を再現していたのを覚えています。

でも、アオシマにとっては当時久々の自動車のキットで、
チラシまで作っていたのを覚えています。

ながせさんも書かれていますが、翌年にフジミもY31の
グランツをキット化していますが、ブロアムまでキット化、
ホイールも純正タイプだったのがアオシマとの差でした。

ボディもフジミの方が分があった気がします。

ながせさんが製作されるY31、
期待しています(^^)!

ながせ
2015年11月13日 21:22
コロさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

さすがはコロさん、Y31のキットについてもお詳しいですね!!
私はアオシマのもフジミと同様に88年にキット化されたと
思っていましたが、実車と同じ87年発売なんですね。
アオシマの初版は社外アルミだったことは覚えてましたけど・・・

と、いうことでフジミ・アオシマ共に初版の発売から
随分時間が経ちましたが、最近の再販品は
マスキングシートやパーツ追加で後期型化など
「プラスα」されていますので、以前のを持っていても
ついつい買ってしまいますね(笑)

このキットのボディ造形の良さをうまく活かせるよう
頑張って製作したいと思います。
ナイトセイバー
2016年01月22日 20:37
Y31セドグロのグランツーリスモSVは、昔アオシマのやつを作ったことがあります。
リアウイングとBBS-RGのアルミを付けていました(笑)。
5ATで210馬力ある後期モデルはとにかくカッコよかったですね!熊本市内では、今でもごくまれに見ますよ。
93年に、父が中古でこのセドリックのクラシックSVにするかGX81マークIIのグランデにするか迷っていて、私はパールツートンのマークIIを推しました(笑)。
のちに免許を取ってそのマークIIは末期に私が譲り受けました。
また、確かに、この箱の絵は綺麗ですね!
あと、シャーシーが、同じくフジミのBMWの535iの共通なのに気付いてしまいました(笑)!
ながせ
2016年01月22日 22:01
ナイトセイバーさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

ナイトセイバーさんはアオシマのY31を
製作されたことがおありなんですね。

後期型の5速AT車はリアウィンドウに「FULL RANGE 5E-AT」の
ロゴが誇らしげにありましたし、インタークーラー装着や
ハイオクガソリン対応でさらにパワーアップしましたよね。
お父様はナイトセイバーさんのアドバイスでGX81マークIIを
チョイスされたのですか。セドリックのクラシックSVも
十分豪華なので、私もちょっと迷いそうですね(笑)

>また、確かに、この箱の絵は綺麗ですね!
ブロアムVIPの箱絵はホントに良いですよね・・・

>あと、シャーシーが、同じくフジミのBMWの535iの
>共通なのに気付いてしまいました(笑)!
あはは、流石でいらっしゃる!
シャーシ前後のはめ込み部分の違いはあれど
このシャーシはBMWもY31もGX81もGS131もみんな共通です(笑)

この記事へのトラックバック