くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS EF2 グランドシビック製作記 その1

<<   作成日時 : 2016/03/11 21:37   >>

ナイス ブログ気持玉 83 / トラックバック 0 / コメント 27

お手付きしてこちらも製作開始です。

この前のキットレビューの最後でも書いた通り、
今回のグランドシビックはキットのレースカー仕様から市販車仕様に改修します。
まずは市販車戻しの最初の作業として、ボディ本体から手を付けていきます。



これがキットのボディ
画像



これもキットレビューで書きましたが、市販車仕様との相違点は・・・
画像

リアサイドの(市販車用)給油口のフタがリベット止めされている(青い丸)
レースカー用の給油口(クイックチャージ)を取り付ける丸い穴(赤い丸)と
リアゲートを固定するストラップを取り付けるための四角いダボ(緑の丸)
・・・の3点ですね。






最初は給油口のフタ(フューエルリッド)から。
ここは上から鉄板?でフタを塞いであるのを再現してるので当然凸モールド。
ですから、鉄板のモールドの周囲にハイキューパーツのスジボリ用ガイドテープ3mmを
貼り付け、モールドになぞってスジを彫っていきます。
画像
スジ彫りはクレオスのMr.ラインチゼルを使用。元々0.3mmの刃が付いてますが、
今回は替え刃の0.2mmをチョイス。
今までスジ彫りはデザインカッターの背を使ってましたが、ついに専用ツールを導入しましたよ(笑)


さすがはラインチゼル、ささくれ立つことなくスジが彫れましたので、
タイラーを使って、鉄板のモールドを削り周囲のボディパネルと同じ高さに面出しします。
画像
まずはガイドテープを残した状態で様子を見ながら削ります。


とりあえず給油口のフタが完成です。
画像
実車のフタは四隅にもっと丸みが付いてますけど、
ちゃんと真っ直ぐにスジが彫れてますのでこれで良しとします
(製作開始早々から妥協とは情けない 苦笑)

う〜ん、この四角ばった形状はうちが以前乗ってたAT150初代FFカリーナの
フューエルリッドにそっくりだなぁ(・・・ってマニアックすぎて分かりませんね )






今度はレースカー用の給油口の丸い穴を埋めますが、
この穴の直径を測ってみると、約4.8mmでまっすぐ水平に穴が抜けていますので、

タミヤの5mmのプラ材の丸棒を使い・・・
画像
ほんのちょこっと使うだけなのにバラ売りが無いのはイタイ・・・


丸棒を5mmぐらいの長さでカットし、給油口の穴にキツくハマる(ホントにキッチキチな状態)ぐらいに
ペーパーを掛け、ボディから少しはみ出すように固定します。
画像
あっ、丸棒を固定する前に穴の周りのリベットのモールドは除去してあります。


そして丸棒の周囲にゼリー状の瞬間接着剤を薄く塗り伸ばします。
画像



あとは、タイラーやペーパーを使ってひたすら面出しをして出来上がり!
画像
ちなみに、給油口後方のリアゲートストラップの四角いダボはタミヤのエポキシパテを使って埋めました。


画像
画像
左右とも継ぎ目なくキチッと面が出てる・・・はずです。
ここの給油口のような比較的大きな穴埋めは、パテを使うとヒケが心配になりますが
(これは私のパテ使いがヘタだからかも)、プラ材と瞬間接着剤を使うと
ヒケを気にする必要がないので個人的におススメ。






ボディ本体に続き今度はリアバンパー。
画像
レースカーはここに牽引フックを取り付けるため、切込みがあります。


さっきの穴埋め同様に、厚さ1.2mmのプラバンをキチキチに詰め込んで接着。
そして継ぎ目に瞬間接着剤を塗りこみます。
画像



接着後、余った部分をカットそして面出しして完了。
画像
これなら、上に色を塗ってしまえば継ぎ目は全く分からないはず。
(いや、そうでなくては面出しした意味が無い 笑)

上の二つの穴はナンバープレートで隠れるのでそのままスルーします。






最後はボンネット。
画像



ボンネットは左右のピン(赤い丸)を除去でOK。
ですが、ヘッドライトの上部が接する部分に凸凹がありますね(黄色い矢印)
画像



この凸凹、裏側にある押し出しピンの跡なんです。
画像



なので、ボンネットピンと併せて裏側の押し出しピン跡も除去しました。
画像


これで、市販車のSi (1.6L DOHCエンジン搭載)を製作するのなら、ボディ周りの改修は終了です。
でも個人的にグランドシビックの3ドアなら1.5LのSOHCエンジンを積んだモデルだよね・・・ということで、


ボンネットのパワーバルジ(小さな四角いふくらみ)裏のエグリ部分
(2枚上の画像中央下に写ってる窪み部分ね)にエポキシパテを「す」が
入らないよう丁寧に裏打ちし・・・
画像



パワーバルジの周囲にマスキングテープを2枚重ねで貼って・・・
(2枚重ねがポイント!)
画像



周りに気をつけながらパワーバルジをガシガシ削ります。
画像

はい、これで後戻りできなくなりました(笑)


ある程度削っていくと、上に重ね貼りしたマスキングテープが削れてボロボロになってきます。
画像
よく見ると下側のマスキングテープも削れて白い地肌(プラ)が
見えているところもありますが、この程度なら気にしない気にしない(笑)


ここで削るのをストップ。マスキングテープをすべて剥がします。
画像
すると、マスキングテープ一枚分の厚みだけパワーバルジが
周囲のボディパネルより高い(削り残っている)のが分かりますよね。


この先はマスキングテープ無しで慎重に残りを削って面出しをしていき・・・
パワーバルジの除去完了です!!
画像



マスキングテープの厚みを利用しながら慎重に削ったので
パワーバルジがうまく除去できました(自画自賛)
画像
ただ裏打ちしたエポキシパテのヒケが心配ですが、
表面にプラがうっすら残っているのでたぶん大丈夫だと思います。
(何の根拠もないですけど・・・)



裏打ちしたエポキシパテは、ボンネット内部のバルクヘッド(隔壁)上部と
干渉する部分(赤い四角)だけ少し削り、あとはそのまま残しておきます。
画像
どうせボンネットは接着するのでここは見えませんし、
ヘタに裏側までキレイに削って、裏打ちした部分に穴でも開いたら元も子もないですからね。






画像
画像
こうしてボディの各パーツを組み、改めて見てみると実車の特徴をホントにうまく捉えていて
まさに「グランドシビック」そのものですね(当たり前ですけど)
もしもアオシマが単独でこのキットを製品化していたら、
ボディはもっとカクカクとした(いわゆるアオシマ風)な造形になったと勝手に思いますが、
今回は前にも書いたように、BEEMAXとアオシマの共同企画なので、
そのせいかボディ造形にアオシマ風を感じない(かなりニュートラルな印象を受ける)のは
私の気のせいでしょうか・・・


これでようやく市販車仕様のボディ周りの改修は終了です。
最初の予想通り、それほど難易度の高い作業ではありませんでしたが
いざ実際にやってみると結構面倒ですし時間が掛かりましたね・・・
(毎日寝る前に少しずつ作業して5〜6晩かな)

「はじめから市販車仕様でリリースしてくれたらよかったのになぁ・・・・」というのが本音ですけど、
このキットは端から市販車仕様を出す気はない
(レースカー仕様だからキット化された)みたいなので
今後上記のフレーズを言うのはやめておきますね(笑)

まだまだこの先も、シャーシ、ホイール、そして内装・・・と市販車化するのに
いくつも越えなければならないハードルがありますが、
何とか完成まで頑張りたいと思います。


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 83
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
グランドシビックをレース仕様から市販車仕様にするためのボディー加工、見事ですね。大変だったでしょう。この工程を見るとながせ様のプラモデル製作の技術のレベルの高さがよく伝わってきます。
Y34
2016/03/12 10:06
おはようございます。初めましてNAGASE様。さすがという感じです。初っぱなから秘密兵器(専用工具)使用とは…レベルが違い過ぎる(´・д・`)スゲェ…
私も、このキット買いましたが、まだ手付かずです…何れ製作予定です。
Y30
2016/03/12 11:19
こんにちは。
グランドシビックの着手、楽しみに待ってました。
ボンネットのパワーバルジ除去でマスキングテープの厚みを利用するというのは目からウロコでした。
こういう突起やモールド除去の時は、どっか余計な部分を削り過ぎちゃうんですよね。こうやればよかったんだと。

あと私もラインチゼル0.2mmのスジ彫りはよくやりますが、面倒くさくてついフリーハンドで彫っちゃって、元々のスジに沿ってるにも関わらずどっかでコースアウトしてパテ埋め→再スジ彫りを何度やるはめになったことか。
マスキングやガイドライン作りには手を抜いてはいけませんね。ハイキューパーツのガイドテープ、すぐ買ってきます!

ところでAT150カリーナというと、3A-LU(という表記が懐かしい)エンジン搭載のSTもしくはマイロードでしょうか。
初代FFカリーナセダン(150系)って、後で追加された1.6と2.0シリーズは流面形セリカやEDと同じ160系なんですよね。
同じボディでシャシー世代が違うという私の中では謎の存在でした。
(スイマセン、こういう話が出てくるとつい悪ノリしてしまって・・・)

引き続き製作記の方も楽しみにお待ちしております。
イワセ
2016/03/12 11:51
着手されたのですね。
拝見していて参考になります、フューエルリッドの
スジボリの彫り方やグループA規定の部品の穴埋めなど。
EF2ということは・・・もしや?

ブログへのコメントありがとうございます。
知識不足もありますが、言葉のキャッチボールができ嬉しいです。

黒幕ぬぽ
2016/03/13 07:09
Y34さま

こんにちは。
お褒めいただきましてありがとうございます!

無駄に長いこと作ってますので、
多少はスキルが上がったせいか、ボディの改修は
それほど難しくは無かったですが面倒でしたね・・・

ご期待にそえるよう頑張ります。
ながせ
2016/03/13 17:50
Y30さま

はじめまして、NAGASEです(笑)
コメントありがとうございます!

お褒めいただき恐縮です。
今回から投入した秘密兵器のラインチゼル、
さすがに専用工具だけあってキレイにスジが彫れました♪

Y30さんもこのキット購入されたのですね!
この先の作業もご期待にそえるよう頑張ります。

またお気軽にコメントいただければ幸いです。
ながせ
2016/03/13 17:50
イワセさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!
大変お待たせいたしました。ようやく作業開始です。

マスキングテープの厚みを利用したのは
私のオリジナル・・・じゃなくて、以前何かの本
(たぶん模型雑誌)で読んだのを実践してみました。
いきなりガシガシ削っちゃうとつい削りすぎちゃいますが、
テープのコンマ数ミリ分だけ厚みを残した状態で一旦ストップし
作業を仕切り直すのかと知ったときは私も目からウロコでした(笑)

ラインチゼルとガイドテープを使うと
こんなに安全(コースアウトせず)シャープにスジが彫れるのですね。
(ラインチゼルだけじゃなく、ガイドテープも今回初導入)
ガイドテープは粘着力もあり曲面にも馴染むのでおススメです♪

はい、その3A-「LU」を積んだ初代FFカリーナの1500です。
うちのは普通のSGで、買った翌月にそのSGベースの
特別仕様車のマイロードが出た時はスゴイショックでした(笑)
確かに4A-GELUと3S-GELU搭載のスポーツシリーズは
それぞれAT160とST162とセリカ・カリーナED・コロナクーペと
同じ160系になりますね。
昭和50年代初めの排ガス規制対策の頃は同じボディで
型式が10〜20ずつ繰り上がるクルマもありましたが、
53年規制後だと、今回の150カリーナ・コロナの他は
初代クレスタぐらいでしょうか?
(最初はX50系でマイナーチェンジ後はX60系)
いえいえ、悪ノリ大歓迎です。ご承知の通り私も好きなので(笑)

ありがとうございます。ご期待にそえるよう頑張ります。
ながせ
2016/03/13 17:51
黒幕ぬぽさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

ボディ改修はもっと効率的な方法があるかもしれませんが
もしご参考になれば幸いです・・・
はい、EF3じゃなくEF2、つまり1.5Lのモデルです(笑)

いえいえ、あんなネタでよろしければ
今後もからんでやって下さいm(_ _)m
ながせ
2016/03/13 17:51
こんばんは。
HITEQさんも同じ感じの作業をされていますが、これを市販車に直していくのは色々と大変そうですね(^_^;
お二人とも腕が立つので尊敬します。
ボディの丸穴を埋める為だと、プラ棒は1本から欲しい所ですよね。
ボンネットも不要部分がなくなりノーマルらしさが出てお見事です。
Y31もありますが、無理なさらない程度に頑張って下さい!
TAKA
2016/03/13 20:29
TAKAさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

お褒めいただき恐縮です…
これでボディの改修はできましたが、本文にも書いた通り、
シャーシや内装(おそらくこれが一番大変)のノーマル化が
待ってますので、完成までには時間が掛かりそうです…
プラ棒は片側5ミリ、両側で1センチの長さしか使わないのに
40センチの棒を6本も買うハメになりました(笑)
ボンネットは無事にバルジが削れてひと安心しています。

お気遣いありがとうございます。
シビック・Y31共にご期待にそえるよう頑張ります。
ながせ
2016/03/13 21:44
久しぶりにメッセージしましたm(__)m。
パワーバルジ作成は凄い技術ですね!
「これで後戻りは出来なくなりました」という場面は、プラモ作成ではありますよね…。
私も、うまくいった時はいいですが、失敗した時の場合は、接着してはいけないものを接着したり、切り取ってはいけないものを切ったりとかがあります…。

※お陰様で新しい愛車・白いスープラの購入が正式に決まりました!
3ヶ月、探すのに大変苦労しました…。あと2ヶ月弱で新たなカーライフが始まります。
ナイトセイバー
2016/03/13 23:01
ナイトセイバーさま

こんばんは。お久しぶりです!
そしてスープラのご購入決定おめでとうございます♪
以前コメントをいただいたときは、おクルマを探して
いらっしゃるとお聞きしましたが、ついに見つかりましたか!
新しい相棒が納車されるまで楽しみですね!!

パワーバルジ、お褒めいただきうれしいです。
最初はきれいに削りとることができるか不安でしたが
おかげさまでうまくいきました。

仰るとおり「これで後戻りできないぞ!」と意を決して
作業しないと先には進めないのですが、それが成功なら
大満足ですけど、間違って切っちゃったり、上下左右の向きを
逆に接着しちゃったりすると、とてつもなくショックが大きいですね(笑)
ながせ
2016/03/14 00:14
こんばんは。
予想通りのマニアックなお返事をいただきましてありがとうございます。
そうなんですよ、初代クレスタも前期50系・後期60系でマークU/チェイサーが40→60系へ飛んだこともあり、X50系=初代クレスタ前期のみという孤高の存在・・・という程でもないか。(笑)
あと確か同じクレスタと同じケースが初代セリカXXでもあったんですよね。
そのあおりで2代目セリカ/セリカカムリも同時期に40系と50系が混在していたというややこしい事にも。
当時のトヨタの技術者で型式認証に関わる人も色々大変だった事でしょうね。

と、シビックに全然関係無い話を長々とスイマセン。
この辺で失礼致します。
イワセ
2016/03/14 00:30
イワセさま

こんばんは。
ご期待通り?のお返事が出来て良かったです(笑)

初代クレスタは4代目マークII・2代目チェイサーと同じ
シャーシとパワートレインなので3兄弟なのは明白ですが、
クレスタがマークII・チェイサーより半年早くデビューしているので
(クレスタは80年4月、マークII・チェイサー80年10月発売)
その関係でクレスタがX50、マークIIとチェイサーはX60系と
型式の数字が違うのかなぁと勝手に解釈しています。
クレスタの後期がX60系になったのはそのデビューの差を
リセットしたのでしょうかね(笑)

あっ、そうそう2代目セリカと初代セリカXXは
サスペンションが4独(リアがセミトレ化)になった時点で
A40からA50系になりましたよね(すっかり忘れてました)
普通リアサスがリジッドだと末尾が0、セミトレで独立サスだと1になる
(例えば8代目クラウンのGS130とGS131とか)ことが多いのですが
2代目セリカはいきなり10繰り上がっているのが不思議ですね(笑)

いえいえ、シビックとは関係なくてもいいんです。
私もこの手のネタが好きですから(二回目 笑)
ながせ
2016/03/14 01:15
ご無沙汰しております。
本来なら名古屋オー集の直後にご挨拶しておかないといけなかったのですが、申し訳ありません。

BEEMAXのグランドシビック、やはりノーマル戻しされるんですね(笑)
グレードもSOHC系にされるというのは期待通りでした(^^;)
高専時代にクラスで25Xに乗っているのがいましたが、サイドの「16VALVE DUAL CARB」という表記が思い出されます。
AE91カローラFXのZiあたりが「16VALVE EFI」とやっていたので、それの対抗なんでしょうが、EFIが必須アイテムになりつつある80年代後半でデュアルキャブを主張するあたりがホンダの変態っぷり(褒め言葉)を思い出させます(笑)

おっと、車の話題ばかりに。
自分はシビックは購入していないのですが、その前に発売されたTA64セリカターボをなんとかTA63セリカクーペGT-TRにできないものかと思案しつつ、諦めております(ぉ
BEEMAXの中の人があくまで競技車にしか興味がないようなので、今後も欲しいと思っていたちょっと古い国産車の「競技車両」が発売されて悶々とすることになると思います(笑)
自分は5月の静岡ホビーショー合同作品展のサークルでのお題「ガルウィング」のために、人生で初のランボルギーニ(アオシマのアヴェンタドール)を作っていますが・・・なにせ知識のないジャンルなんで苦戦しております(^^;)
セラのガレージキット買っとけばよかったなぁ(ーー;)
トヨフリ
2016/03/18 16:22
連投失礼します(^^;)

ところで150系FFカリーナ、「新・FF足のいいヤツ」後期型ST150-AEPEL(X)、1800SEエクストラが私のファーストクラス・・・もとい、我が家の愛車でございました。
CMと同じスーパーホワイトUでしたけど、青内装でアルミは付けずに純正キャップ仕様でしたが・・・購入から少し経ってから出た特別仕様車マイロードがほとんど同じ外観で、1500マイロードと1800SEエクストラは50万円近く価格が違うのに実に悔しい思いをしたものです(結果次のST170後期SEエクストラでは純正アルミを迷わず付けたというw)
ちなみにそのST150の前に乗っていたのがTA40セリカカムリ1800XTだったりします(^^;)

余談ですが自分の実車の愛車の方も動きがありまして、新しい車が来ました〜
また青い車ですけど〜中古車ですけど〜模型出てませんけど〜先代は出てるのに〜(ぉ
実際ジータも残しているので、現在夢の12気筒(6気筒+6気筒)生活(ぉ 謳歌中でございます
新規主力戦闘機で明後日20日のまいこサンでも覗きに行ってみようと思っております(^^;)
トヨフリ
2016/03/18 16:28
こんばんわ(^.^)Y30です。速報です、フジミの1987.10登場の2代目サイバーCR-X(インチアップシリーズID-140)を入手しました。(ながせさんの所有する峠シリーズとは別個体の奴です。ホイールが2種類入ってます。しかもタイヤ8本入…)かなり格安でしたので即効でゲッツ(σ・∀・)σさせて頂きました。(確か定価2500円〜だったかと思います。私は950円で購入しました。2009.5と記載されていたので7年前のものですね。)何れ必ず製作します。ボディカラーは個人的な好みでライトガンメタルにする予定です。
Y30
2016/03/18 23:31
トヨフリさま

こんばんは。
こちらこそ、過日はお世話になりました。

はい。キット入手前からの計画通り
今回のシビックはノーマル戻しで製作開始です。

>グレードもSOHC系にされるというのは期待通りでした(^^;)
トヨフリさんにはすっかりお見通しのようで(笑)
グランドシビックの3HBは1.5Lのモデルを多く見かけましたから
作るならやっぱりSOHC車が良いなぁと思いまして…

この頃から実用車のエンジンもマルチバルブ化や電子制御の
燃料噴射装置の採用が進み、リアウィンドウやボディサイドに
それを誇らしげに書いてありましたが、デュアルキャブレターを
わざわざアピールしていたのは確かにホンダぐらいですね(笑)
ですが、このD15B型ハイパー16バルブデュアルキャブエンジンは
1.5Lながらネット105psと、同じ年に出たトヨタの1.8Lの4S-Fiと
同出力でかなりハイパワーなんですよね。

>その前に発売されたTA64セリカターボを
>なんとかTA63セリカクーペGT-TRに
私もチラッと考えましたが、あまりにボディ形状が違う
(使えるのはドアとピラーより上の部分だけ?)ので
脳内モデリングで断念しました。

なるほど、合同作品展のお題がガルウィングで
アヴェンタドールを手掛けていらっしゃるんですね。
私もこのあたりのクルマは門外漢ですが、
いつか作品を拝見できるのを楽しみにしております♪
ながせ
2016/03/19 19:16
トヨフリさま

コメント連投ありがとうございます。
(ここは長文が投稿できなくてスイマセン)

150カリーナのネタに反応して下さりありがとうございます(笑)
以前もお聞きしましたが、トヨフリさんのおうちは後期の
SEエクストラにお乗りでしたね(最上級グレードで羨ましいです)
うちのは前期のAT150-AEMFS(私も型式で表記)でしたから
豪華装備なんて何にも付いてませんでした。
前期はボディ色が白だと青内装が標準(うちのもそうでした)ですが
後期の青内装は選択OPなんでホントにレアですね。

>特別仕様車マイロードがほとんど同じ外観
リアのグレード表記の他に、ボディサイドのピンストライプの
有無が違いますが、普通はどちらも同じに見えますね。

>ST150の前に乗っていたのがTA40セリカカムリ1800XT
前後デザインの違いでカリーナとは別のクルマ
(しかも車格がひとクラス上に見える)に仕上がっていて
子どもながらに「トヨタは作り分けがうまい」と思いました(笑)

おおっ、新しいクルマのご購入おめでとうございます!!
先代モデルはキット化されている6気筒エンジン搭載車ですか
う〜ん・・・分かりません(候補はいくつかありますけどね)
最近はクルマの見学よりお友達に会うのがメインのため、
10時半過ぎ(遅っ!)にしか行きませんが、もしご都合があえば
明日のまいこサンでお会いいたしましょう。
ながせ
2016/03/19 19:16
Y30さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

Y30さんが購入されたCR-Xのキットは
ホイールとタイヤが2セット付いてましたか!
それに950円とはかなりお値打ちですね。
(私の峠シリーズのを1190円で買いました 笑)

Y30さんはボディ色をライトガンメタルにされるのですね!
ご自分のペースで素敵な作品を製作してくださいね♪
私も応援しています!
ながせ
2016/03/19 19:17
ながせさま
トヨフリさま

もういい加減にしろ!と言われそうですが、トヨフリさんのコメントを見てどうしても書き込みたくなりまして、
というのも偶然にも我が家の車も「セリカカムリ1800XT」でした。
型式ではTA46-CEMSS、スーパーエディションではなく無印のXT。
うちの父のクルマ選びが何故か「下から2番目」というポリシーでして、エンジンもグレードも下から2番目だと1800XTになっちゃうんですな。
(ちなみに次の愛車はSV20の2代目FFカムリだったんですが、これも同じ法則で「2000ZT」を選んだという。)
馬力のあるGTか装備の一番いいSEにしてよ〜と懇願するも父の「これでええて!」の一言で、当時小6のワタクシの意見など全く聞き入れられなかった思い出が。

幼い頃からセリカとその周辺のクルマが何故か好きだったワタクシとしては、
BEEMAXのTA64・ST165だけでなくタミヤのST162オートピスタED・ST202JTCCエクシブのノーマル戻し、MA61のXX→RA63前期化、アリイのRA45後期化を何とかしたいと夢を見てるんですが、
種車のないカリーナセダン・セリカカムリ・コロナクーペ・カレン(←むしろこいつらの方が好きで)はどうにもならないんでしょうね・・・

戯言が過ぎましてスイマセンでした。
イワセ
2016/03/20 00:34
イワセさま

こんばんは。
ふたたびのコメントありがとうございます!
「もういい加減にしろ!」だなんて全く思ってませんよ。
私もこの手のネタが好きなんで (3回目 笑)

なんとイワセさんのおうちもセリカカムリの
1800XTにお乗りだったのですね。
確かにフロントグリルに金文字の「SUPER EDITION」
エンブレムがない普通のXTも良く見かけた記憶があります。

>「下から2番目」
この時代のファミリーカーの場合、一番下のグレードは
メーカーもあまり売る気がなく、「新型カムリは○○○万円から」などと
価格面での敷居の低さをアピールするためだけに
用意されているようなものですが、下から2番目
(STDやカスタムDXの設定があるクルマは下から3番目)は
量販グレードとしてメーカーも力を入れますので、
このグレードを選ぶお父様のポリシーはおおいに頷けます。
ただし、モデルライフ半ばのテコ入れやモデルチェンジ末期になると
このグレードをベースにした特別仕様車が発売されるので
購入するタイミングを間違うと、うちのような悲劇?が起きるのも事実です(笑)
ながせ
2016/03/20 20:56
(上の続きです…)

>BEEMAXのTA64・ST165だけでなくタミヤのST162オートピスタED・
>ST202JTCCエクシブのノーマル戻し、MA61のXX→RA63前期化、
>アリイのRA45後期化
おおっ、どれも大好物なプランばかりですが、
EDのノーマル戻しは私もいつかチャレンジしたいと
かれこれ30年近くず〜っと思ってます(笑)

>カリーナセダン・セリカカムリ・コロナクーペ・カレン
このなかだとコロナクーペは当時全く眼中になかったですが
(断然カリーナED派だったので)、今見るとベースの流面形セリカより
色気を感じるボディスタイルで近年改めて良さに気づきました。
カレンはその昔購入を検討しましたね
(TVCMの仕様と同じ、シルバーのXSでOPのアルミとリアスポ付き)
フロントマスクは断然こちらの方が好みでしたし。
どちらも模型で再現するにはタミヤのキットがベースですね
(ただし、現在はどっちも絶版ですけど)

いえいえ、またお気軽にどうぞ。
ながせ
2016/03/20 20:58
ありがとうございますm(__)m。
幸い、前の車は事故といっても前とタイヤ・ホイールだけがつぶれただけでしたから、パーツをごっそり移しています!
新しい車は、13万キロ走行しているのだけに目をつぶれば、かなりいい白いマシンが出来上がりそうです。
ナイトセイバー
2016/03/26 16:33
ナイトセイバーさま

こんばんは。
お返事ありがとうございます!

他の記事のコメントで前のおクルマの
パーツを移植することをお聞きしましたが、
損傷箇所以外のパーツが次の愛車に流用できたのは
不幸中の幸いでしたね。

現代のクルマならそれぐらいの走行距離なら
あまり問題になりませんよね。
ながせ
2016/03/27 00:45
お久しぶりです!
先日は有難うございました。
ミニカー2台も活躍してくれました!

グランドシビック、楽しみにしております。
子供の頃はよーく走っていた車を
取り上げていただいて感謝です。
ノアール
2016/03/30 22:30
ノアールさま

こんばんは。お久しぶりです!
こちらこそ、お祝いの場に列席できて
大変うれしかったです♪
受付の2台のミニカー、思いがけない再会に
思わずにやけてしまいました。
またお渡しした時と全く変わらないコンディションに、
ノアールさんに大事にしてもらっているのだなと感激しました。

グランドシビック、ひと昔前はよく走ってましたよね。
あの頃街で見かけた「ふつ〜のシビック」を目指し
製作したいと思います!!
ながせ
2016/03/31 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
EF2 グランドシビック製作記 その1 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる