くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 最終回

<<   作成日時 : 2015/10/14 20:35   >>

ナイス ブログ気持玉 100 / トラックバック 0 / コメント 38

完成お披露目です。どうぞご覧下さい。

画像
画像
画像
画像
画像
フジミの1/24 インチアップシリーズ No.45 ニュークラウン 2.0 スーパーチャージャー
(1988年6月発売 現在絶版)です。

グレードは2000 ロイヤルサルーン(スーパーチャージャー車)
色はメーカーオプションのシルキーエレガントトーニング〈24G〉をイメージ。
同じくメーカーオプションのSタイプパッケージ(フロントスポイラー)装着車を再現してみました。

ボディカラー下側のウォームシルバー(ベージュ)はかな〜り迷いながら
調合しましたが、こうして見るとなかなか実車っぽいのではと自画自賛(笑)

またシャフト止めだった前輪にも手を入れてステア(操舵)可能にしましたので、
よりクルマに表情?が出ましたよね。面倒な作業でしたが報われました・・・

毎度こだわりのナンバープレートは自家製。今回作ったクラウンと
同仕様の広報車が当時存在しましたので、それと同じ番号にしました。
画像
前々回の内装編でちょこっと書いた通り、
この広報車も88年9月に一部改良された前期のII型(または前期の後期型)。
ATのシフトロックが付いたほかに、この一部改良で1G-GZEエンジンが
無鉛プレミアムガソリン対応となり、エンジンパワーが10psアップの170psになりました。

このクルマもトヨタ提供のドラマに登場していたのですかね・・・






それでは各部をクローズアップ。

フロントビュー
画像
グリルはボディと一体成型でかつモールドが細かいので、
塗装とクロームモールの再現は苦労しました。
またライトレンズもクロームとゴムの2種類のモールが周りに付いてますし、
バンパーもサイドモールだけじゃなく上端(ボディとの境目)にもクロームモールがあったりと
そこらじゅうがモールだらけですが、とりあえずはそれらをすべて再現できた・・・はずです。

グリルの王冠マークと助手席側のTWINCAM 24 SUPER CHARGERエンブレムは
元のモールドを削り、ゆきかぜさんに作って頂いたデカールを使用。

屋内撮影用のナンバーは「CROWN」
キットのデカールが黄ばんでいたので手持ちのアオシマのデカールを流用
(これはどうでも良いことですね)



サイドビュー
画像
画像
ところどころホイールアーチのモールがガタついてるのは大目に見て下さい(汗)

まず目に付くのはサイズが大きすぎるホイールですね(笑)
このキットが「インチアップシリーズ」だからといって
元の14インチサイズから2インチ以上も大径化するのはちょっと・・・
ホントはホイールを変えようかと思いましたが、
このデザインに似た適正サイズのホイールが無かったので、仕方なくキットのホイールをそのまま使用。
社外ホイールじゃなく、あくまでも純正のホイールにこだわるのが私のモットー (なんじゃそれ)
ただし、タイヤをタミヤのS13シルビア用に換えたり、
ホイールの王冠マークをパテで複製した厚みのあるものにしたりと
ちょこちょこっと手は入れました。

フロント同様にサイドのクロームモール類も実車通りに再現。
Royal Saloonとリアピラーのエンブレムもゆきかぜさんのデカール。



リアビュー
画像
リア周りのポイントは
キットの「一枚もの」のリアコンビランプをどうやって実車のデュアルレンズ風に見せるか

でしたけど、レンズ色の濃淡や内側のリフレクターの明暗で何とかそれらしくはなりました。
ただし元のモールドがいい加減なので、バックランプが左右で大きさが違っていたり
一番下のウインカーがかなり細〜くなっちゃってるのは内緒(笑)あくまで雰囲気重視!

トランクリッドのエンブレム類もゆきかぜさんお手製のデカール。
いつも通り私の細かいリクエスト
(例えばTOYOTAのエンブレムは黒い四角の下地にシルバー文字 幅は5.5oとか)
にもバッチリ答えて頂き感謝感謝でございます!!

マフラーカッターもジャンクパーツで再現、取り付け角度もこれならOKかな。






画像
画像

先ほども書いたとおり、デカいホイールが何とも残念ですけど
全体のボディプロポーションや雰囲気はとっても良いですよね。
屋内画像ではあまり目立ちませんが、サイドのプレスラインもシャープですし。

独自の判断でドアミラーを大き目のパーツに差し替えましたが、
これぐらいがジャストサイズかなと思います。






完成までに5か月も掛かっちゃいましたが、
おかげでじっくりと製作と充電(笑)をすることができ
自分でもそこそこ納得できる作品になったかなと思います。

画像
画像


最後まで製作記をご覧くださりありがとうございました!

次回作は・・・また考えますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 100
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
おおおお!屋外撮影はまさに実車そのものですね!!
車のパンフレットの写真かと思いましたゼ!!
さすが、いちry・・・もイイですか。(汗)
nas-nas
2015/10/14 20:46
はじめまして!ながせさん 小6のキリマルです。ついに完成しましたね〜
ながせさんの作品はいつも実車みたいで驚きです!実は僕、ながせさんたちのブログに憧れ、つくっちゃいまし
た!なのでリンクしてもらえませんか?
キリマル
2015/10/14 21:09
↑間違えて行をかえてしまいました…
キリマル
2015/10/14 21:12
nas-nasさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
実車そのものとは勿体ないお言葉です…

>さすが、いちry・・・もイイですか
はい。お気持ちだけでもう結構です(笑)
ながせ
2015/10/15 01:17
キリマルさま

はじめまして。
いつもご覧いただきありがとうございます。
そしてお褒めいただきとてもうれしいです!!

キリマルさんは小6ですか。
私が小6だったのは…ええっとこの型のクラウンが
デビューした年ですね(ずいぶん昔だ)

ブログの開設おめでとうございます。
のちほどそちらにもお邪魔しますね。
そして早速のリンクのお誘いも大変光栄ですが、
もう少し時間をおいてからでよろしいでしょうか。
わがままいって申し訳ありませんです。

コメントの方はお気軽に下さいね。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
ながせ
2015/10/15 01:28
ご無沙汰しています!

ご完成おめでとうございます。 お忙しい中の作業と察していました故、心配してもいましたが、完成写真を見るとホッとした気持ちになりました。

このクラウンを見ると小学生の時のご年輩の先生が乗っていたような…っていうイメージの車になります。 故に経年劣化があるモデルしか見たことがないのですが、ながせさんの作品を見てるとやはりフレッシュな頃を鮮明にイメージすることができますね!! 毎回毎回ですが惚れ惚れします。 命を吹き込むとはこういうことだなと改めて尊敬します。

自分もプリウスが実は完成しているんですが、忙しくて記事がかけていません。 もう少ししたら書けると思いますのでまたよろしければお立ち寄りください。

次回作も楽しみにしています。

YUUKI
YUUKI
2015/10/15 02:30
完成おめでとうございます。
実車よりも実車らしい?見事な出来ですね。
クラウンらしいエレガントさが、見事に表現されてると思います。
ドアミラーが黒パールで縁がメッキに成ってると思いきや、メッキはリング?ライン形状になっていて、縁は黒メッキの3層に別れてる表現など、どれ程実車のリサーチしたんだ?と、頭が下がります。
私個人の話ですが、メンテなどで携わった車の中で、初の高級車だったので、とても思い出深い車です。
(前回のコメントの車両ですが、日々のオイル管理や、オーナーの意向で社外オーディオ、スモークフィルム、サスペンション・各種ベルト交換など)
オーナーも喫煙者でしたので、私もメンテ後の確認中に運転しながら喫煙したのですが、灰皿がゆっくりと静かにワンプッシュで出る、まるで値段の高いラジカセの様な感じ(40代以上じゃないと、伝わらない表現かもしれませんね)が、高級車ってスゲーと感じたものです。

先のコメントでは、暖かい表現ありがとうございます。
ともすれば野暮な突っ込みになってしまうのでは?そう危惧したのですが、観察力など素敵なお言葉で返していただき感謝です。
どうしても真剣に作られたものは、真剣に見てしまう悪い癖が有りまして…
今後もご容赦頂けたらと思います。
他の方への返信で気づいたのですが、ながせさんはてっきり同年代だと思っていたのですが、私の方が4歳ほど上だったのですね。
過去の117クーペ等、失礼ながら良い意味で年齢にそぐわない知識の豊富さに脱帽です。
今後の作品にも期待してしまいますが、お身体ご自愛されて励んでください。
もし今後の話ですが、次にクラウンを作られる機会があった場合、ながせさん作の最後の異形のクラウン120系2ドアクーペを見てみたいなどと思ってしまいます。
長文・駄文失礼いたしました。
みや
2015/10/15 03:26
追伸 最後の2ドアは6代目110系でしたね…
みや
2015/10/15 03:30
こんにちは。

完成おめでとうございます。屋外で撮影された画像を見ると実車かと思ってしまうくらい精度の高い作品ですね。このクラウンは個人的に歴代クラウンでかなり好きなモデルなので完成がとても楽しみでした。
Y34
2015/10/15 12:03
完成おめでとうございます。

いつもながら完璧な仕上がりですね。
当初はタイヤはタミヤのセリカXXのミシュラン流用かな?なんて勝手に妄想しいておりましたが(笑)純正インチアップもながせさんの手に掛かれば違和感はあまりないですね。
この車が街に溢れていた良き時代が思い出されます。伝説のアスリートやスーパーセレクトのスーパーチャージャーなど特別仕様車はありましたが、結構エンブレムチューン車も多かったですね(笑)SUPUR WOOFERが無かったり、トリコット地のシートのロイヤルサルーンスーパーチャージャーも多く目撃しました。

我が家のクラウンも晩年は持病のダッシュボードのめくれや、1G過給エンジンの宿命オーバーヒート、エアコンの死亡で天寿を全うしました。

特に想い出深く、世間一般にはGS13#系のクラウンというより5ナンバーのクラウンとして認知されいているこの車両を素晴らしいテクニックで完成頂いたながせさんには感謝致します。



kosu
2015/10/15 20:43
YUUKIさま

こんばんは。お久しぶりです!

お褒めいただきありがとうございます!!
この前までちょっと忙しかったので
製作も更新も延び延びとなってしまいました・・・
それがかえってご心配をお掛けしたようでスイマセンでした。

YUUKIさんにとってこのクラウンは「小学校の年輩の先生のクルマ」ですか。
YUUKIさんが小学生の頃でもデビューから時間が経ってましたから、
かなりくたびれた個体が多かったでしょうね(笑)
私は新車バリバリのクラウンが街にウジャウジャ走っていたのを
よ〜く知ってますが(ホントにたくさん走ってました)、
拙作でその「新車の頃」をイメージいただけたなら大変光栄です♪

リラックマのプリウス、完成おめでとうございます!!
完成画像も楽しみに(プレッシャーを掛けない程度で)待ってます(笑)
ながせ
2015/10/15 22:06
みやさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

いえいえ、こちらこそ拙い作品を細部に至るまで
ご覧いただき(ちょっと恥ずかしいですけど)大変光栄です。
私もこのクラウンはとても思い入れが深いので、
自分なりにいろいろ拘ってみました。お気に召して何よりです♪

>まるで値段の高いラジカセの様な感じ
あはは、バッチリ伝わりますよ(笑)
プッシュすると「じわ〜っ」と上品に開く灰皿ですよね。
確かにバブカセと呼ばれる高級ラジカセのカセットドアもそうでした。

みやさんは私より少しお兄さんなんですね。
私は小さなころからクルマが好きでしたし、また両親もクルマ好きで
昔の雑誌なんかも家にあったので、旧いクルマも得意な方ですよ。

110系の2ドアHTですか!
最後の2ドアクラウンですよね。特徴的な形のクォーターガラスや
ランドゥトップ(レザートップ)が良く似合うクルマでした。
残念ながらこの型は4HTしかキット化されてませんが、
もし作るならインペリアル・トーニング(上がダークグレー・下がシルバー)の
2.8ロイヤルサルーンが良いですね(笑)

またみやさんに喜んでいただけるような作品を目指して
頑張りたいと思います!
ながせ
2015/10/15 22:06
Y34さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

屋外撮影は実車っぽく見えますし、
なにより「アラ」が隠れるので私もお気に入りです(笑)
完成まで随分お待たせしましたが、
130クラウンがお好きなY34さんに喜んでいただき光栄です♪
ながせ
2015/10/15 22:07
kosuさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

好きなクルマですから、いろいろ拘りましたけど
完璧だなんてとんでもない・・・それらしく見えるだけです(笑)

例のミシュランはタイヤ幅もサイドウォールの厚みも良くて
このブログではよく登場しますけど、あのタイヤはトレッドパターンの
デザインから80年代初めのクルマに似合うかなと思います。
ですから、80年代後半以降で14・15インチサイズのクルマは
今回のS13シルビアのポテンザRE88の方がベターかなと
勝手に判断しております(笑)

>なんちゃってロイヤルサルーン
パッと見は騙せても、細部は相違があるので
(トヨタもあえてそう作ってる)クルマ好きにはバレちゃいますよね。
逆にkosuさんが挙げられた特別仕様のスーチャーのスーパーセレクトや
アスリートの方が台数が少ないので、そのままのエンブレムのほうが
レア度が高いと思うのは私だけでしょうか(笑)

確かにパーソナルインパネは大抵の個体でメーターフードの上が
熱でめくれてしまうようですね。またオーバーヒートやエアコンの死亡は
同世代の80系マークIIでも良く聞きますね。

いえいえ、かつてはGS131クラウンがお家にあり、
また実車も良くご存知のkosuさんのお眼鏡に適い大変恐縮です。
こちらこそ、感謝申し上げます。
ながせ
2015/10/15 22:07
こんばんは!
こちらではご無沙汰してしまっており申し訳ありませんm(__)m
先日コメントを頂いた時の麻美スペシャルと言う単語に
しばらくニヤニヤが止まりませんでした(笑)

フジミの13クラウン完成おめでとうございます!
いや〜このクラウンは本当に素晴らしいですね!
ながせさんの作品はいつも感動させられますが
今回のクラウンは本当に私の中で新たな目標とも言える作品です♪
あのフジミの13クラウンがこんなにリアルになるなんて・・・・
何より醸し出している佇まいが実車のようでトヨタ博物館などにある
リアルな模型のようで、いや、それ以上の雰囲気が出てると思います(^^)
シルキーエレガントトーニングのボディカラーも
素晴らしいですがグリル周りやモール類にレンズ類の仕上げが感動です!
かすかに感じるフォグのイエローの映り込みなど当時実車をまじまじと
眺めた時のあの感じを思い出してニヤニヤしてしまいました(笑)

ホイールの大きさは個人的にはフジミのあのキットらしさとも言えますので
インチアップ状態でもOKだと個人的に感じました♪
しかしタイヤのセレクトやエンブレムなどでキットとは雲泥の差ですね(笑)
小学生の頃に組んだ時は子供心にも「?」という感じでしたので(;^ω^)

このキット、私の記憶が確かなら5〜6年で絶版になって
10年位前に再販されて以来長らく絶版ですよね・・・・
時流のマスキングシート付きでの再販を望んでおりますが
ながせさんの作品のように仕上げられる自信が・・・・(笑)

今回も「ながせさん節」の素晴らしい作品を楽しませていただきました!
製作お疲れ様でした!次回作も楽しみにしております♪
私も刺激を頂いた所で組みかけを制作したいと思います・・・・
HITEQJASMINE
URL
2015/10/15 22:28
以前、コメントさせていただきましたyasuです。
完成品拝見させていただきました。
とてもいいですね。
モケットの風合いを表現するため白色を吹くというのは良いアイディアですね。
私は、何かの本を読んで真似したのですが、塗料に粉の歯磨き粉(タバコ用の赤い缶に入ったもの)を混ぜて吹いたことがありました。
何だかザラザラした出来になってがっかりしたことがありました。
次回作は何でしょうか?
同年代のフジミのセドリック/グロリアグランツーリスモ、クレスタGTツインターボ、セルシオB仕様などが見てみたいです。
yasu
2015/10/15 23:00
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
こちらこそ、そちらへの久しぶりのコメントが
三本さんも真っ青の不躾なつぶやきで大変失礼しました・・・
まさか「小林麻美!!」で叔母様の真っ赤な「麻美スペシャル」が
(しかもお写真付き)くるとは全くの予想外で驚きました(笑)

クラウンお褒めいただきありがとうございます!!
HITEQJASMINEさんの「ながせさん節」が聞きたくて
頑張って製作しました(半分ホントです 笑)
ボディカラーの調色やモール類、そしてライトレンズの再現って
本当に面倒ですし、また悩みも多いのですが、苦労した分
それらが実車っぽく見えるようになると嬉しいですね。

確かにこれぐらい明快なインチアップホイールだと
「シリーズの名に偽りなし」ですし、当時のフジミらしいですね。
もし、付属のタイヤがあの偏平タイプじゃなく、もう少し
ハイトのあるものだったら、私の印象が変わっていたかも(笑)

仰る通り、最後の再販は2002〜3年?だったと
私も記憶してますから、随分長いこと絶版ですよね・・・
今月のY31のグランツみたいにマスキングシートつきで
再版されたら、たぶんまた購入するでしょうけど(笑)
もう一度同じものを作る気力が果たしてあるかどうか(苦笑)

いえいえ、私の方こそHITEQJASMINEさんには
いつも刺激をいただいております♪
次回も喜んでいただけるような作品を目指して頑張ります!
ながせ
2015/10/16 00:43
yasuさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
yasuさんに喜んでいただきとっても嬉しいです!

モケットのシートは光の加減で生地が白く見えることが
あるのでそれを狙って白を薄く吹いてみたのですが、
実物はちょっと微妙な出来だったりします(笑)
タバコライオンでつや消し塗装を再現する方法は
私もミリタリー系のプラモのテクとして認識してましたが、
いざ実践すると結構難しいみたいですね。

>同年代のフジミのセドリック/グロリアグランツーリスモ、
>クレスタGTツインターボ、セルシオB仕様
うわ〜っ、yasuさんは良いところを突かれますね。
私の好みをお見通しでいらっしゃる(笑)
GS131のスーチャーならセド・グロのグランツーリスモSVが
ガチンコのライバルですから並べたくなりますし、
GX71・81クレスタのGTツインターボや初代セルシオも
捨てがたいですね(B仕様だとリップスポイラーをどうしようかな)
何とも魅力的なご提案ですが、もう少し悩むことにします(笑)
ながせ
2015/10/16 00:44
ながせ様、初めまして。
今まではコッソリ〜、と見てブログを拝見し楽しんでおりましたが、居ても立ってもいられなくなり初めてコメントします笑

完成おめでとうございます。
何故初めてコメントを書き込むに至ったかと言いますと、ながせ様が制作されていたクラウン、色と仕様に至るまで父親の前の愛車のクラウンと全く同じでして、ついつい胸が熱くなってしまい、コメント致しました。
そのような思い出の車を、ながせ様が愛を持ってディティールにこだわって制作し、写真を見れるというだけで幸せです。
特に、シート裏を制作された記事を見た時には、後部座席から見ていた景色がそのまま蘇ってきました。小学生の頃はいつも後部座席に座っていたなぁ〜!なんて思いながら笑
この車が父親の愛車だった頃、まだ車にそこまで興味がなく、「四角くてオジサン臭い車だなぁ」なんて思っておりましたが、今思えばこんなに素晴らしい車はなかったと思います。
完成写真を見た時に、「ああ、この車で旅行に行ったなぁ」「雨の日に送り迎えしてもらったなぁ」という思い出が一気に溢れてくるような気分になり、久し振りに父親とこの車の思い出を語ってみたくなりました。

ながせ様、素晴らしい作品を見させて頂き、本当にありがとうございます。長文、駄文失礼致しました。
I・Y
2015/10/16 09:49
完成おめでとうございます。
1枚目の画像はなんだか本物ような印象を受けました。
いやぁ〜良いですね、再販してほしくなります。

430はようやく砂吹きまで来ました。
黒幕ぬぽ
2015/10/16 19:18
I・Yさま

はじめまして。
いつもご覧いただきありがとうございます!

おおっ、I・Yさんのお父様がこのクラウンにお乗りでしたか!
しかも色と仕様も同じだったのですね。
そんなの想い出のおクルマとそれにまつわるエピソードを
私の拙い作品で蘇らせていただけたなんて大変光栄です。

上にも書いたとおり、私にとってもこの型のクラウンは
思い入れのある大好きなクルマなので、出来る範囲で
いろいろ拘ってみました。フロントシートの裏も手抜きせずに
再現して良かったです(笑)

いえいえこちらこそ、過分なるお褒めの言葉を頂戴し
本当にありがとうございました。

またコメントもお気軽に下さいね♪
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ながせ
2015/10/16 23:14
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

長いことお待たせしましたがようやく完成です。
トップの画像は私もお気に入りです(笑)

このクラウンのキットは名作のひとつだ思いますし
是非とも再販して欲しいですよね。

430の方も製作が進んでいらっしゃるようですね。
素晴らしい作品になりますようお祈りしております♪
ながせ
2015/10/16 23:15
完成おめでとうございます。
細かいこだわりを正確に再現されていて素晴らしいですね〜。
グリル内のフォグランプ(?)の黄色い電球の感じがリアルです!

次回作も楽しみにしております^^
Yuta
2015/10/17 12:14
完成おめでとう御座います。
タイヤをタミヤのシルビアのにするのは定番なのでしょうか?
ホイールは・・・気にしないほうがいいですね。
このままトヨタ博物館に飾ってみても溶け込みそう(笑)
次回は、個人的にはアオシマの70カローラを差し支えなければ・・・
銀チャリ
2015/10/17 16:19
完成おめでとうございます&お疲れ様でした。
陳腐な言葉でしかないですが、ただただ「素晴らしい」の一言に尽きます。
とてもフジミのキットとは思えない。(フジミさんには失礼ですが。)

本文中にもあったリヤのTOYOTAエンブレムの事で思い出しましたが、
70年代末〜80年代半ばのトヨタ車って、TOYOTAの四角プレート+車名の浮き文字がトランクリッドの右側に貼られるというのが、
それこそ下はスターレットから上はクラウン・ソアラまで様式美の如く統一されてたのが他社にはない美点で好きでした。
(セリカXXやレビン/トレノ等、ステッカー仕様のもあったけど)
車名やグレード(これは左側でしたね)の書体を真似て授業中のノートに落書きしたりとか、そういう変な?記憶すら思い出させていただきました。
ありがとうございます。
来月のオートモデラーの集い@トヨタ博物館で実物を拝見できますかね?
楽しみにしております。

イワセ
2015/10/17 22:58
Yutaさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

このクラウンは昔から大好きなクルマですから
プラモの方も、いろいろと手を入れちゃいました。
フォグランプ(で合ってますよ!)の黄色いバルブも
Yutaさんのお気に召してうれしいです。

次回作も頑張ります!
ながせ
2015/10/18 01:12
銀チャリさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

タミヤのシルビアタイヤに交換するのは
あくまで「私だけの」定番です(笑)
まぁ、デカいホイールは仕方がないですね。

70カローラですか。これも作らなきゃいけませんね・・・
ながせ
2015/10/18 01:12
イワセさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

>とてもフジミのキットとは思えない。
フジミのキットクオリティはまさに「玉石混交」ですが(笑)
このクラウンは間違いなく「玉」のほうだと思います。
元のキットが良いので、手を入れてやるだけで
グッとリアルになったと自画自賛しております(笑)

>エンブレム
イワセさんの仰る通り、70年代末(正確には78年発売のT130系コロナ)から
10年ほどは、四角く囲ったTOYOTA+車名ロゴがトランクリッド右側、
グレードはトランクリッド左側と統一されていましたよね。
(もちろん例外があるのも仰る通りです。)
私もRoyal Saloonの筆記体のロゴ、私も中学生の頃に
英語のノートにマネして書いたことありますよ(笑)
そんなイワセさんの思い出(全然変じゃないですよ)が
拙作でよみがえったのでしたら大変光栄です。

来月のトヨ博のオー集に持参しますので
よろしければ見てやってください。
ながせ
2015/10/18 01:13
こんにちは。
少しばかり、お久しぶりです。
自分の事で時間を取られて、それぞれの章で全部の記事を見れなくて、
申し訳ないです。
この最終回のページを開いて画像を見た瞬間、実車かと思いました。
それくらいの素晴らしい完成度ですね〜。流石、毎度期待を裏切らない
です。
クルマのプラモを作る以上はやはり、ある程度以上の知識が無いと、
ここまで完璧に再現出来ないのかなぁと思います。
私は、もちろんクルマは好きですけど、どちらかと言えば模型製作は
もっと好きで、如何に本物に近づけれて、キレイに仕上げるかに重点を
置いているので、実は、実車のことに関しては、突っ込んだ内容のこと
までは分からない事も多いですね。

今、AE86レビンを作っています。ボディーがツートンカラーでして、
ツートンは、カーモデル作りを再開してからは初めてなので、ながせさん
のこのクラウンのツートンカラーの塗装テクニックを拝見して、自分も
これに近いくらいの仕上がりになったらいいのに〜って思っています(笑)

いずれ、一度、ながせさんの作品を是非とも、間近で生で拝見させて頂き
たいですね。
宮っ子
2015/10/20 12:44
宮っ子さま

こんばんは。
いえいえ、お忙しいさなかに過分なる
お褒めの言葉を頂戴しありがとうございます!
今回も宮っ子さんのご期待になんとか
お答えできたようでホッとしています(笑)

>クルマのプラモを作る以上はやはり、ある程度以上の知識が無いと、
>ここまで完璧に再現出来ないのかなぁと思います。
クルマに限らずスケールモデルの場合は、その出来栄えを
「実物(ホンモノ)と比べて判断する」ことが多いですから、
実物に対する知識を深めたり、しっかりと考証をしたほうが
良い結果が生まれると私は思います。

でも一番大事なのは、「プラモを作るのが大好き」ということですね。
(当たり前ですけど…)いくら知識や考証がバッチリでも、
手を動かさなければ、いつまで経っても完成しませんからね。
(↑お前が偉そうに言うな 苦笑)
それとキレイに仕上げることはとても重要ですね。
私の場合は、各パーツや塗装の「端がビシッ!としていること」を
常に心掛けています。

宮っ子さんの次回作はAE86のレビンですか!
私の拙い作例を参考していただけるなんて光栄です。
是非ビシッ!とシャープな塗り分けを目指して頑張って下さいね!!

そうですね。私も機会があれば宮っ子さんと
その素敵な作品たちにお会いしたいです♪
ながせ
2015/10/20 22:29
ながせさん、大変ご無沙汰しておりました。

「プラモデル大好き!」のコロです。
ながらくお邪魔せずにおり、大変失礼しております。

最近は夜勤勤務メインで、多忙ゆえ、
趣味の模型つくりは勿論、自分のブログも完全休業状態になっていますが、
ながせさんや、他の方の記事や作品を見ると、
時間を見つけて作ってみたいなぁという気持ちが湧いてくるので
いい意味で刺激を頂いています。

フジミの13系クラウン完成品拝見させて頂きました。

ながせさんの作品は、どの作品も実車に徹底して再現されており、
見えない部分も細かい部分も可能な限り加工されておらるので
完成した作品はみな実車?と思ってしまうほどの出来栄えです。

ながせさんの苦労がうかがえた、前輪ステア加工、
パーツはアオシマのR32などの当時の日産車の足回りの
パーツを加工されているとのことですが、
サイズが合うか、トレッドが合うかは、
シュミレーションはされていると思いますが
実際加工して仕上がった状態は解らない部分もありますし、
かなり細かい調整も必要と思いますので
完成品のトレッドの状態も違和感なく収まっているのは、
凄いと思いました。

私もこの13系クラウン2000ロイヤルサルーンや
GX81系クレスタ、マークUなどは製作しましたが、
この頃のフジミのインチアップシリーズはクラウンに限らず
前輪ステアしないのが残念でした。


ながせさんや、皆さんの作品を見て、
なかなか時間をさけない現状ですが、
大袈裟ですが、一度私も原点に立ち返って
製作技術を基本からやり直していきたいと思います。

大変長くなりましたが、またお邪魔させて頂きます。

コロ
URL
2015/10/24 05:04
こんばんは。
遅ればせながら完成おめでとうございます!
今回のクラウンも拘りの完成品となりましたね。屋外撮影されるといつもながら実車と見間違えてしまいます。
ホイールのインチアップはキット元々で仕方ない所ですが、それを感じさせない様になってますし全体的にも高級感が漂ってますね。

長期の製作お疲れ様でした!

TAKA
2015/10/25 21:53
コロさま

こちらこそご無沙汰しております。
夜間のお仕事でお忙しいご様子ですが
お元気そうで何よりです。

拙作をお褒めいただきありがとうございます!
これも毎度書いてますが、屋外で撮影すると
どことなく「実車っぽい」雰囲気が出ますし、
何よりアラが隠れるのが良いですね(笑)

アオシマのサスパーツを使った前輪のステア化は
現物あわせでいろいろ調整が必要でしたが、
初めての作業ながらもそれなりに仕上がりましたので
自分でもホッとしています。

仰るとおり、このクラウンやGX81マークII・クレスタ、
C33ローレルやY31セドグロなどは良キットながら
前輪がシャフトどめなのが惜しいですね。

コロさんの模型に対する真摯なご姿勢に頭が下がります。
私もコロさんをはじめ、ここをご覧くださる皆様に
喜んでいただけるような作品を目指して頑張りたいと思います。
ながせ
2015/10/25 23:07
TAKAさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
屋外撮影は雰囲気が良くて私もお気に入りです(自画自賛)

ホイールは「インチアップシリーズ」ですから仕方がないですね
とりあえずは塗装と中央のエンブレムでお茶を濁しましたけど…

いえいえ、こちらこそ長期間お付き合いいただき恐縮です。
TAKAさんもスタリオンの製作頑張って下さいね!
ながせ
2015/10/25 23:07
大変ご無沙汰しております...
ざっきーです。

さすがだなぁ...という言葉しか浮かばないです
丁寧に作られていて、屋外撮影は実車そのものですね!
特に一枚目は本気で実車写真かと思いました。
200系よりも前のクラウンとなると、全く分からないに等しいレベルですが
こうして作品として見て思うのは
「あっ、確かにこういうの見るよなぁ」ってことです。
型がナニナニで...とかしっかり認識はしてませんけど、いまだにこのクラウンは良く見る気がします。

すごくひさしぶりに拝見させていただいて、とてもいい刺激を受けました。
製作お疲れ様でした、そして次の作品も期待しています♪
ざっきー
2015/10/25 23:58
ざっきーさま

こんばんは。
こちらこそご無沙汰しております。

ざっきーさんに過分なるお褒めの言葉を
頂戴しとてもうれしいです♪

200系のクラウンよりも5世代!も
前のモデルなので、お若いざっきーさんには
いまいちピンとこないでしょうけど、
当時は大ヒットしたクラウンですので、
どこかで実車をご覧になったことがあるかもしれませんね。

こちらこそ、拙作でざっきーさんに刺激することが
できたのなら大変光栄です。次回作も頑張ります!!
ながせ
2015/10/27 00:39
もうめちゃくちゃカッコよくて、心をわしづかみにされました!
実車と間違えるくらいで、仕上がりが素晴らしすぎます!
写真を見れば見るほど、このクラウンに乗りたい!こんな車がたくさん走っていたあの頃に戻りたい!と思ってしまいます!
実は12月に愛車を不運な事故で潰しまして、今、同じ車のマイチェン後のモデルを探してもらっているのですが、このクラウンに浮気したくなりそうになりました(笑)。
ナイトセイバー
2016/01/22 20:21
ナイトセイバーさま

こんばんは。
とりあえず雰囲気はでたかなと思いますが、
過分にお褒めいただきありがとうございます!

私もこの型のクラウンと、このクラウンがたくさん売れ
街中に溢れかえっていた昭和の終わり〜
平成の初めの頃が今でも大好きです♪

事故で愛車を失くされたとはお気の毒さまでした・・・
再び同じ車の後期型を探していらっしゃるなんて
ナイトセイバーさんにとっては、よほど思い入れのある
おクルマなんですね。
ながせ
2016/01/22 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 最終回 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる