くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その14

<<   作成日時 : 2015/10/04 22:42   >>

ナイス ブログ気持玉 85 / トラックバック 0 / コメント 18

大変お待たせいたしました。今回は内装の塗装と組み立てです。


まずは実車の内装画像。
画像

画像

ボディカラーがシルキーエレガントトーニング(パールツートン)の場合、
インテリアはこのセーブルと呼ばれるブラウン・ベージュ系統のカラーになります。

ではこれをお手本に内装パーツを塗装し組み立てていきます。






最初は内装全体の塗装から。
キットレビューでも書きましたが、今回のクラウンは
多くのフジミのキット同様にバスタブ内装となってます・・・
画像




そこで面倒なマスキングをしながらこのように塗り分けていきました。
画像

これだけで2晩掛かりました(笑)
なるべく細かく塗り分けたい私にとってはバスタブ内装はホントに厄介ものですね



実車のフロントドアトリムのポケットと、リアドアトリム下部はカーペット貼りなので、
赤い矢印(モールドが省略されているの境目はアバウト)より下をフロアと同色で塗り分け。
画像
またドアカーテシー(ステップ)ランプらしきものを追加(黄色い矢印)



リアトレイはベースのカーペット部分と、左右スピーカー・中央のクールボックスのフタ&空気清浄機
(エアピュリファイヤー)の吸い込み口を色を変えて塗り分け、さらにスピーカーのグリルは
つや消し黒で塗装(完全な自己満足ですね)
画像
スピーカーボックス後方には
「SUPER WOOFER」ロゴのデカールがキットに付属。25年以上経ったデカールですが、
のりも生きてましてシルバリングなしに貼れたものの、これが全然目立たない(笑)

ちなみに実車のロゴはこんな感じ
(ガラスの熱線がロゴの上に被って見にくいですがご容赦を)
画像
このスーパーウーファーはロイヤルサルーンの専用装備。
(各ドアのフルレンジスピーカー+リアトレイのスーパーウーファー2個の計6スピーカー構成)
・・・なるほど製造は富士通テンなんですね。






これもレビューでは紹介しましたが、このクラウンはバスタブ内装ながらも
ドアハンドル&アームレスト部分が別パーツ化されているので・・・
画像




こちらもしっかり塗り分けました。
画像
奥の二つがフロントドア用ですが、助手席側(奥の左)のパーツが
運転席用のパーツと鏡合わせになっていたので、
パワーウィンドウスイッチをひとつに加工し、(赤い矢印)
トランクオープナーのボタンも削除しました(黄色い丸)
相変わらずの自己満足&マニアックな改修ですがご容赦を






完成したドアトリム
画像
先ほどの「のっぺらぼう」な状態と比べると格段にリアルになりますね!
あ、さっきのスピーカーの話ですけど、実車は各ドアトリムのパワーウィンドウスイッチ下にある
三角形?のところにフルレンジスピーカーが内蔵されます(どうでも良いことですけど)



お気づきでしょうがインサイドドアハンドル(黄色い矢印)は私のオリジナル。
以前のスプリンタートレノ(赤いリセね)同様に他のキットからパテで複製しました。
ゴツイし、実車と形状もちょっと違いますが、雰囲気は出てるかと。
(ドアの前後で取り付け位置が異なりますが、これは実車通りです)
画像
またくだらない無駄話ですけど、後席ドアトリムのスイッチ(赤い丸)は
パワーウィンドウのほかに、パワーシートがついているので二個あるんですね。
(2000のロイヤルサルーン・スーパーチャージャーはオプション)
元々のモールドにスイッチが二個付いていたので、今回のクラウンは
オプションの「40/60分割型リアシート&リアシートアジャスター(パワー)付き」という設定になりました(笑)

ピンボケ気味に写ってる、センターコンソール後方のパーツ(緑の丸)は
後席用のシガーライターとエアコン&オーディオのコントロールパネル
画像
上段のエアコン操作部はスモークのカバーが掛かってるので
パーツもスモークを塗っておきました(でも只の真っ黒にしか見えない 笑)



そのセンターコンソールの前方ですが、キットのパーツには
ここにエレクトロマルチビジョン用のTVリモコンのモールドがあるので
画像

それを削って窪みを大きく加工する・・・予定でしたが
見事失敗しましたのでプラバンで塞いで誤魔化しました(黄色い丸)
画像


セレクトレバーは表面のオーバードライブスイッチのモールドが小さかったので
ボタンを大きく作り直し、周りに白く「OVERDRIVE」「ON」「 OFF」と書いたつもり
(緑の丸)・・・こころの目で読んでください(笑)

レバー右のシフトポジション(青い矢印)は、ゆきかぜさんオリジナルのデカール。

またまたどうでもよい無駄話ですが、このクラウンはデビュー翌年の9月の改良で
「シフトロック」が装備されたので、ここにシフトロック解除の赤いボタン(赤い矢印)が付きました。

・・・ということで、今回のクラウンは88年9月〜89年8月まで生産された
前期のII型(または前期の後期型)で決定です。


なんだか脳内設定が多くて自分でも呆れますね(苦笑)






続いてはシート。

全体は実車のジャガードモケットのシート表皮っぽく見せるため、
セールカラーにタンを混ぜたものをベースに、濃淡を変えた色を
ザラッと砂吹きして細かい柄をつけてみました。
画像
また仕上げにうす〜く白を吹いてモケット独特のツヤ?を表現したつもり(こちらはあまり効果がなかった)

シートベルトのバックルはいつも通りの自作、ヘッドレスト脇の前後調節用ダイヤルはモールドを削り
運転席のサイドサポート調整ダイヤルと合わせて作り直しました(黄色い矢印)
また、実車のシートバック中央にはメッキのアクセントがついているので
細切りのメタルックでそれを再現(赤い丸)



シート裏はごっそり肉抜きされているので・・・
画像


パテとプラバンでシートバックを改修。
画像
今回は時間を掛けてなるべく実車に近い形状にしてみました。



リアシートも塗装やシートバックのメッキのアクセントは同じ
画像
ただ、脳内設定(笑)でパワーシート付きとなりましたので、
左右席のベルトバックルは「自立式」を再現(赤い丸)
赤い丸右隣の中央席用バックルは自立式じゃないのでシートクッションに直付け。






次はインパネ。出来上がりはこんな感じです。
画像




細かく見ていくと・・・
画像
インパネの細かい文字はいつもの気合の筆挿し、
赤く囲った中央上段のオーディオパネル(OPのロイヤルサウンドシステムCタイプのCDプレーヤー付きデッキ)、
下段の小物入れは別パーツ化されているのでカタログを参考に塗装して取り付け。

ステアリングパッドのガーニッシュ(黄色い矢印)はブラウン+クリアー塗装に
ゆきかぜさんオリジナルのステアリング用CROWNロゴデカールを貼り付け。
(ロゴのおかげでこちらもグッとリアルになりました!)

メーターパネルはオプションのデュアルビジョンメーター(デジパネ)仕様。
キットのデカールはイマイチだったので、アオシマのデカールを流用しました。


インパネ中央のオーディオと小物入れのパネルのほかに、
エレクトロマルチビジョンのパーツもセットされているので、
ついでにそちらの仕様も再現してみました。
画像
二つ上の画像と見比べるとお分かりのように、
エレクトロマルチビジョンが上段に、そしてオーディオが下段に移動し小物入れはなくなります。




以上、すべてのパーツを組み合わせて内装は完成です!
画像
画像
画像
画像


実車よりシートの色が赤み掛かっているかな(もっと黄色寄りに調色したほうが良かった)と
思いますが、今回もガッツリ手を入れてしまいましたね・・・


それにしても、今回のクラウンはかなりのオプション装備がついた(脳内設定)になってますけど、
改めてその装備をおさらいすると・・・・

デュアルビジョンメーター
ロイヤルサウンドシステムCタイプ(CDプレーヤー付き)
40/60分割型リアシート&リアシートアジャスター(パワー)
そしてTEMS(電子制御サスペンション)&オートレベラー(車両姿勢制御)
↑スイッチのモールドに白く筆挿ししたので装着車になった(笑)

と、かなりのフル装備、残念ながらオプションのそれぞれの価格が分からないのですが、
多分総額3〜40万円はするんじゃないでしょうかね・・・


くだらない妄想はこれぐらいにして、次回でようやく完成の予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 85
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
内装が完成したのですね。いつもながら見事ですね。実車を細かく検証されて作製されているのがよく伝わってきます。

このクラウンはAT車の暴走事故が多く見られたこともあってかシフトロック機構が装着され始めた頃でしたね。そして、前期型と後期型でATレバーの形状も違いますよね。
Y34
2015/10/04 23:38
スッゴク御無沙汰しています…
8代目130クラウンですか!
個人的な意見としては、クラウンが最もクラウンらしかった車ではないでしょうか?
一番好きなクラウンです。
私の思いでで、隣の家の御亭主が中古の130クラウンを買いたいので、買って大丈夫な車か見てくれと言われ、中古車屋に出向いた覚えがあります。(すでに現行車種は10代目クラウンに成ってた頃です)
フロント回りのパーツ交換の形跡が有ったのですが、100km出してもハンドルがぶれずに、手放しだも真っ直ぐ走る。
異音も無いので、値段の折り合いがつき購入に至ったのですが、このクラウンが実に変?!
直6 2.5Lのエンジンなのに、エンブレムは3lのロイヤルサルーン。
メーターはアナログだし、オーディオはクラウンにこんなの使うか?って感じの廉価版のトヨタ純正オーディオ…なのにウーハーや空気清浄機も付いていて、ちゃんと動く。
エアバック装備車のはずなのに、前期モデルのエアバックレスバンドル。
まるで解体車の部品寄せ集めの様で、他にも突っ込みどころ満載なのですが、変に収まりがよく、装備品はきちんと動く…(分割パワーシートも付いていました)
違和感バリバリなんですが、車としてはちゃんとしてる変な車でした。
まぁ、購入後に運転させて貰って、一番違和感を感じたのはエンジンパワーでしたね。
シグナルダッシュすると、ぐっとリアが沈み、キチガイみたいに加速する。
同型のエンジンを積んでるスープラよりも乱暴に感じましたが、車体は安定している…
なんなのこれ?!そんな感想でした。
しかし…相変わらずキレイな製作&コダワリ満載ですね。
私、ながせさんの製作記で、内装製作時のレビュー写真が一番好きです。
正直なところ、どんなに頑張っても届かないだろうな…そう思いながら拝見させて貰ってます。
みや
2015/10/05 01:04
さすが、一流モデラーの仕事は違いますなぁ〜
スゴイ!!の一言ですわ。
nas-nas
2015/10/05 21:08
何度か気になって覗いてました、こんばんは。
いやぁ・・・拘り全開ですね、自分もこんな風に
作れるよう精進したいと思います。見てるといいなぁって
なっちゃいますね〜

34GTRすっ飛ばして、430セダンはじめました。
某SNSのイベントでセダンを作るようにタクシー
をベースに某刑事ドラマ風に・・・頑張ります。
黒幕ぬぽ
2015/10/05 22:08
こんにちは〜
ながせさんの製作記を見る度、毎度のことですけど、
今回も思わず、スゲー‼って言ってしまいました(笑)
もの凄いこだわりようで、ただただ目が釘付けになってしまいます。
私だったら、どうせドアが開閉しないんだから、それをいいことに、
見えなくなってしまう所は省略してしまいそうですね。
まぁ、完成後も中がよく見えるオープンカーや開閉可能なキットだったら、
少しは気合いを入れるかなって程度かな(笑)
でも、ながせさんの気合いを、少しは見習いたいものです。
宮っ子
2015/10/06 12:31
Y34さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

内装は先月完成していたのですが、
製作記を書くのが遅れてしまいました・・・
個人的に思い入れの深いクルマなので、
実車をじっくりを考証し、いろいろ細部まで
手をいれてしまいましたね(ま、毎度のことですけど笑)

当時AT車の暴走事故が大問題となり、昭和63年頃から
各メーカーは順次AT車のシフトロックを導入しましたね。

このクラウンのセレクトレバーは先代の120系から
ずっと同じデザインでしたけど、おっしゃる通り
130の後期型から丸みを帯びたタイプに変わりました。
ながせ
2015/10/06 20:33
みやさま

こんばんは、お久しぶりです。
お褒めいただきありがとうございます!!

クラウンはどのモデルも魅力的ですが、
私もこの8代目の130系が最もクラウンらしくて大好きです。
(好きじゃなければ、プラモもここまで拘って作りません 笑)

みやさんの思い出話、とても興味深く読ませていただきました♪
みやさんがお見立てされた、その2500ロイヤルサルーン、
仕様も経歴もかなり不思議なクルマですね(笑)
それとスタートダッシュの良さですが、昔ある人に聞いた話だと
クラウンのオーナーはせっかちな人が多いので、「発進加速の際に
スロットルがガバッと開く」というチューニングがしてあるそうです。
これは噂ですが、私もかつて130の2500ロイヤルサルーンに
乗った際にみやさんと同じ感想でしたので、あながちウソじゃなさそうです。

内装製作時のレビュー画像がお気に召したとのこと、
作者冥利に尽きます。

実車ネタも大歓迎ですので、またお気軽にどうぞ。
ながせ
2015/10/06 20:34
nas-nasさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

だから私は一流モデラーなんかじゃないと何度言えば・・・(笑)
ですがnas-nasさんのお言葉、素直にうれしいです。
ながせ
2015/10/06 20:34
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
いつもに気にかけて下さり恐縮です。
そして大変お待たせしました。

毎回、自分なりに拘って作りますが
それが黒幕ぬぽさんのお気に召して光栄です♪

今度は430セダンの製作をスタートされましたか!
あの刑事ドラマ風にタクシーをベースですか・・・
こちらも楽しみですね。
ながせ
2015/10/06 20:34
宮っ子さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

いつものごとく、拘りというか自己満足のかたまり
みたいな感じですが、喜んでいただき光栄です。

仰るとおり、完成後は内装の隅々まで
見えるわけではないので、省略や簡略化するのは
当然でしょうが、実車への思い入れや資料が豊富に
揃っていたりすると、ついつい手をいれたくなります(笑)
ながせ
2015/10/06 20:35
こんばんは〜
プラモって、たとえ苦労したとしても、時間を掛けて、
作り込めば作りこむ程、愛着が湧いて満足度も違うと
思います。プラモに限らず、趣味の世界って、自己満足
の塊のほかないんじゃないでしょうか?

この130系クラウンは、とても懐かしいですね。至るところで、
正直見ない日は無かった位です。さすがに今では、めったに
見なくなりましたが…。
完成、楽しみにしております。

私の86も、実は既に完成していまして、もうすぐブログも最終章
に持っていけれるかなぁと思いますので、是非ご覧頂ければと思います。
宮っ子
2015/10/06 21:50
宮っ子さま

こんばんは。
お返事ありがとうございます!

仰る通り、趣味の世界は自己満足の塊ですよね(笑)
でもそれを褒めて下さると「あぁ、認めてもらえた」と
とっても嬉しくなります。

130系のクラウンは、ピークの1990年には
なんと年間23万9858台も売れた
大ベストセラーカーですから、
当時は見ない日は無かったですよね。

宮っ子さんの86はすでに完成されたのですね。
ブログでの完成お披露目、楽しみにしております♪



ながせ
2015/10/06 23:37
実車もカーモデルも、実は内装の方が好きなんです。(外装は斜め後ろから見上げるように見るのが好きだったりします…)
車のインターフェースって凄いですよね。
オーディオやナビはともかくとして、エアコンや運転そのものは、特にレクチャーされること無く、70年代の車だろうが現在の車だろうが使うことが出来る。
しかも、あの狭い車内に見事に納める。
機能美ここに有りって感じです。
なるほど…スロットルのお話し、言われてみれば納得出来ます。
9・11・12代目も運転する機会が有りましたが、太いトルクばかりに目が行きましたが、思い返せばそんな気が…
ところでこのキットの内装側のドアの取っ手(こんな表現で良いのかな?)のパーツって、修整掛けてますか?
形状の雰囲気とか、アームレスト下部のネジのメクラ蓋とか、リアル過ぎませんか?
以前から疑問だったのですが、発煙筒の表現はされないのですね。(逆にリアル感をそこなっちゃうのかな?)
(御気分害されたら申し訳ありません。私の中で細やかな疑問だったもので、失礼いたしました。)
みや
2015/10/07 01:02
おはようございます。
もうすぐ、ブログの方も最終章に持っていけると思いますので、
我がブログのコメント欄に、忌憚のないご感想を頂ければと思います。
宜しくお願いします。
宮っ子
2015/10/07 10:06
みやさま

こんばんは。
お返事ありがとうございます!

確かにクルマを語るうえで内装のデザインや操作性は
決して見逃せないポイントですし、インターフェイスに関しても
仰る通りですね。

クラウンのスロットルも共感いただけたみたいで良かったです
私も130系以降のモデルにちょこちょこっと乗ったことがないでけど、
特に2.5や3リッター車の出足の良さは印象的でした。

ドアアームレストですが、上にも書いたとおり助手席側は
PWのスイッチと側面のトランクオープナーを改修しましたが、
運転席と後席用はキットのパーツを
そのまま色を塗り分けただけです。
全体的な形状も良く、小さな四角いメクラ蓋も最初から
モールドされてまして、とってもリアルですよね!

言われてみればフュージィ(発炎筒)は再現してませんね。
今回はご指摘を受けるまで意識してませんでした・・・
ちょうど良い太さの筒状のパーツが見つかれば再現は
可能ですので、今後の参考にさせていただきます。
いえいえ、ちっとも気分なんか害していませんので
どうぞお気遣いなく♪
ながせ
2015/10/08 22:49
宮っ子さま

こんばんは。
お返事ありがとうございました!

改めましてトヨタ86の完成おめでとうございます!!
またのちほどじっくりと拝見いたしますね♪
ながせ
2015/10/08 22:50
こんばんは。
風邪ひいていたんじゃないかと心配していました(←勝手にすいません)
脳内設定はあったほうがいいですよね。スープラのスーパーライヴサウンド付き車なのに何故かスピーカーだけとか・・・(汗)
そういえば、昨日久々にプラモつくろうかな?とおもってみて考えたら、bBとヴィッツを足してファンカーゴでも・・・とかいう妄想が・・・
というか、ファンカーゴのスケールモデルがほぼゼロなのが疑問です。
銀チャリ
2015/10/09 00:07
銀チャリさま

こんばんは。
ご心配をお掛けしてどうもすいませんでした。
体は元気でしたが、多忙で更新する気力が…
脳内設定もご賛同下さってうれしいです(笑)

ファンカーゴは確かチョロQともう少し大きい
サイズのプルバックミニカーだけでプラモは
なかったと思います。
bB+ヴィッツでファンカーゴとは面白いですね。
ながせ
2015/10/09 01:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その14 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる