くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その12

<<   作成日時 : 2015/07/24 23:19   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16

今回はシャーシと足回りの組み立てです。

このキットのシャーシは製作記その1でもちょこっと書いた通り、
前輪がシャフト止めのためステア(操舵)できません。

また、以前作ったGX81マークIIと同じ汎用シャーシとなってます。
画像
厳密に言えば汎用シャーシと言えども、ボディをハメる
前後の突起部分の形状が車種毎に違いますけどね。






フロントのサスペンションパーツ。これはクラウン専用となってます。
画像


・・・まずはこのあたり(赤い矢印)にピンバイスで穴を開けます。
画像







シャーシのフロントサスペンションが付く部分はこんな感じ。
画像


・・・今度はタイヤハウスの真上に、エバーグリーンの直径3.2oの丸棒(パイプ)を垂直に埋め込み(黄色い矢印)、
トランスミッションのモールドの前に溝を掘ります(赤い四角)
画像

あわせてシャーシのダボやモールドの一部も除去しました。






次にアオシマの80年代の日産車キット(R30やF31、R32やC33とかね)から
フロントのストラットパーツ(赤い丸)とタイロッド2本(黄色い丸)を調達。
画像







調達したストラットパーツを先ほど加工したシャーシやフロントサスに
ピッタリそして垂直に付けるため、ロア側のピン(赤い丸)を内側寄りにオフセットさせます。
画像
ピンは幅1.6oの針金で代用。
予め下穴を開けて針金をしっかりと埋め込み、瞬間接着剤でガッチリ固定しました。

またアッパー側のピンの下にあった突起も削っておきました。






タイロッドはストラットパーツに合わせ、ここで接いで延長させました。
画像
(タイロッドを2本調達したのはこのため 笑)






タイロッドは加工したシャーシの溝にこんな感じで通ります。
画像


・・・・ということで、今回は前輪をステアできるように加工してみました。

加工手順を結構サラッと書きましたが、
実際は何度も現物合わせを繰り返したので時間が掛かりました
(時間が掛かったのは、私がこういった作業に慣れていないのもあるかと 苦笑)






お次はリアのサスペンション。これが付属のパーツ。
画像


フロント同様リアサスもクラウン専用パーツで、実車のセミトレーリングアーム式サスを再現していますが、
画像
シャーシの下にサスのアームがかなり飛び出して
これがかなりカッコ悪い・・・(画像はシャーシを裏返しているので、実際は上下が逆になります。)






そこで、GX81マークII用のリアサスパーツを使うことにします。
画像
前回のGX81マークIIは白い成型色でしたが、今回はグレー色。

これならサスペンションがシャーシの下に飛び出すこともありません。
画像


ただし、そのまま取り付けると後輪が前寄りになるので、ピンの後ろ側を削り、
やや後方にずらして接着します。
画像







このキット最大の問題点?である、インチアップされた純正アルミホイール。
画像

最初は他車のアルミを流用・加工して、インチダウンしようかと考えましたが、
なかなかこれに似たホイールが見つからなかったので今回はこのホイールを使うことにします。
(以前お会いした一部の方には、他車ホイールの流用・加工のお話をしましたけど計画変更です・・・スイマセン)

ただし、ホイールのメッキは落とし再塗装して、すこしでも実車に似せるよう努力します(笑)
(この作業は次回・・・)

そして元々のサイドウォールの薄いタイヤ(画像左)は交換、
タミヤのS13シルビア用、ブリヂストンポテンザRE71を使います(画像右)
画像
このタイヤはGX81マークIIでも使いましたね。
当時の65〜70扁平のタイヤを再現するのに最適です。






ここで足回りを仮組みし、内装を入れた状態でボディを被せ、車高を確認してみます。
画像
(画像では車輪が内側に寄って見えますが、実物はそれほどでもないです)

画像

なかなか良い感じだと思います


前輪はタイヤハウス上のストラットパーツ受け(例のエバーグリーンのパイプ)の
高さを調整して車高を決めました。
また、加工したストラットパーツが割と外側に付いてますので、ホイールの軸をかなり削ってあります。
(それでもトレッドはギリギリ、ほぼボディとツライチ状態)

後輪の車高は無加工。(サスの取り付け位置だけやや後に調整)
ホイール軸は前輪同様に削ってトレッドを調整しました。



そして最大のポイントである前輪のステア化もこの通り!
画像
ね、ちゃんと舵が切れているでしょ。

う〜ん、後輪がもう少し内側に入っていたほうが良いかなぁ・・・これは再度調整します。


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

ステア不可のキットをステア可能に加工する技術、お見事ですね。このように試行錯誤を繰り返すことで素晴らしい作品が生まれるのですね。
Y34
2015/07/24 23:31
Y34さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

一度ステア不可のキットをステア可能に加工して
みたかったのですが、今回ようやく実現しました。
ながせ
2015/07/25 00:19
ご無沙汰しています。

様々なパーツの豊富さや加工技術に驚きました。久々にお邪魔しましたが毎回見てもお見事です。

小学生のころにタミヤのフィットを作ったのですが買ってからステア不可のモデルと気づきモーターライズキットを買いなおしたことがあります…(小学生の頃でしたからなかなか痛い出費でした…)

完成楽しみにしています。

YUUKI
YUUKI
2015/07/25 01:12
前輪固定式をステアする用に改造をやるなんて・・・自分はパーツをベッキベキにしてしまいそうで到底できませんよ。
ただ、サンルーフ開口をフジミのハチロクとかではやりましたけど・・・
インチアップホイールは、ワタナベとかアドバンのホイールならいいですけど、純正だと困りますよね。
銀チャリ
2015/07/25 18:51
YUUKIさま

こんばんは、お久しぶりです。
お褒めいただきありがとうございます!

私の加工技術はさておき、長いことプラモを
作っているせいか他のキットのパーツや
道具などはいろいろとありますので
そちらで困ることはあまりないですね(笑)

あ、そういえばタミヤのフィットは
モーターライズの方はステアできましたよね。
それはお気の毒様でした・・・

YUUKIさんのご期待にそえるよう
完成まで頑張ります!
ながせ
2015/07/25 23:49
銀チャリさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

サンルーフ開口はうまくルーフを切るのが難しいですよね。
(大抵は大きく切りすぎちゃいますよね 笑)
このキットが「インチアップシリーズ」なので
社外・純正共に大きなサイズのホイールがつくのは
仕方がないですが、今回のクラウンはちょっと
インチアップしすぎかと思います・・・
ながせ
2015/07/25 23:50
どうも、こだわり全開ですね〜。
アオシマのパーツが使えるとは・・・。
これは332を真面目に作らないと
怒られそうですね(誰に?)

黒幕ぬぽ
2015/07/26 23:37
こんばんは、お久しぶりです。
前輪がステアしないキットは結構残念に思っていたのですが、ながせさんの手にかかると前輪可動化・・・素晴らしいです。
ホイールがやはりインチアップしすぎな感じですが・・・
最近ではインチアップシリーズなのにプリウス、SAI、そして現行LSも流用タイヤで19インチでなく18インチなどインチダウンしリーズになっていますが、、、もう少しバランスの良く頼みたいです(笑
Lexus222
2015/07/27 00:44
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

まぁ、こだわりといいますか、
いつも通りの展開になってまいりました(笑)

アオシマのパーツを選んだのは、ストラットがまっすぐで
上下のピンも長いので、加工や調整がラクそうだったこと、
そしてなにより、手直にジャンクパーツがあったことが理由です。

いえいえ、黒幕ぬぽさんの332、内装のディティールアップも
素晴らしくて、とっても真面目な作品じゃないですか♪
ながせ
2015/07/27 23:51
Lexus222さま

こんばんは、お久しぶりです。
お褒めいただきありがとうございます!

今回は思い切って?前輪のステア化を試みましたが
うまくいったようでホッとしています。

仰る通り、インチアップシリーズなのに、
なぜかインチダウンしたホイールがセットされている
キットがありますよね。(確かにプリウスやSAIもそうでした)
また、純正ホイールなのに過剰なインチアップも考え物です・・・
(今回のクラウンは多分2〜3インチサイズアップしてるはず 笑)

こんな状況ですから、あるモデラーさん曰く
これは「インチキ」アップシリーズだと(爆)
ながせ
2015/07/27 23:51
>ながせ様

パーツチョイスも大切ですね。
私は大抵、説明書通り+α程度が
多く、ブログを読ませていただいて
刺激になっております。

まだまだ下手ですが、そう言っていただけると
嬉しいです、ありがとうございます。
黒幕ぬぽ
2015/07/28 08:56
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
お返事ありがとうございます!

こちらこそ、私の拙い製作記で
黒幕ぬぽさんに喜んで頂けて大変光栄です♪
ながせ
2015/07/28 19:50
ながせさんこだわるな〜!!
たまにはながせさんの愛車ネタでも、よろしくお願い致しますよ〜
sw4779gt
2015/07/29 17:24
sw4779gtさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

このクラウンは好きなクルマですから
ついついこだわってしまいますね。

愛車ネタですか。私のクルマはどノーマルなので
あまり面白くないと思いますよ(笑)
ながせ
2015/07/30 00:22
こんばんは。お久しぶりです。
クラウンかなり進みましたね!
ボディはメッキ部分の再現が入ると高級感が増しますね。
それにしてもシャーシを改造して前輪が可動可能にさせてしまうとは流石ですねぇ。
完成も近づいて来てると思いますが頑張って下さい!
自分はようやく制作開始をした所ですが、何を血迷ったかゴリラのガルウィングのスタリオンに挑戦してます(笑)
無事完成出来るかもまだ分からなかったり(^_^;
TAKA
2015/08/01 19:55
TAKAさま

こんにちは。お久しぶりです!
クラウン、お褒めいただきありがとうございます。

この時代の高級車は「メッキギラギラ」が特徴ですから
それを再現すると一気にリアルになりますよね。
前輪のステア化は以前から考えていましたが
今回ようやく実現しました。
ありがとうございます。完成まで頑張ります!

TAKAさんは伊達さんのスタリオンを製作されて
いらっしゃるのですね。フジミのナローボディをワイド化
そしてガルウィングドア化とかなりハードルが高いですが
すでに大まかなカタチは出来ていらっしゃるご様子(素晴らしい)
TAKAさんにプレッシャーをおかけしない程度で期待しております♪


ながせ
2015/08/02 17:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その12 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる