くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その11

<<   作成日時 : 2015/07/17 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

今回はウィンドウの塗装と取り付けです。

キットのウィンドウパーツは表面のうねりがややキツいものの、
透明度も高くボディにもぴったりフィットします。
画像







ただ、実車の前後ウィンドウは周囲に黒い縁取り(赤い矢印)がありますし・・・
画像
(フロントウィンドウは上部にブロンズのぼかし入り 黄色い矢印)

画像
( リアは縁取りの他に無鉛ガソリンのステッカーも貼らないと。 ステッカーはキットにデカールが付属)

サイドウィンドウはセンターの表面にサッシュゴム(黄色い矢印)、
そして内側の周囲にはウェザストリップ(赤い矢印)が見えますよね・・・
画像







ですから、これらを塗装で再現するため、現物合わせでウィンドウを内側からマスキングしました。
この作業がとても面倒かつ時間が掛かりました
画像
画像
「何度もウィンドウをボディにはめながら塗り分けのラインを探り、そしてマスキングテープを貼っていく」
・・・という作業の繰り返し。






マスキングが出来たら内側からつや消し黒をエアブラシで塗装。
画像




つや消し黒が乾いたら、ドアミラー取り付け部分とフロントウィンドウ下にマスキングをさらに追加し(画像はなし)
室内色(サンディブラウンに少量のブラウンを足したもの)を塗装。その後マスキングを剥がし、
天井前方のルームミラーのベース(土台)・フロントのスポットランプのモールドをダークアースで筆塗りして・・・
画像







これでウィンドウの塗装が完成です!
画像
画像

フロントウィンドウ上部のボカシは、いつもだと市販のデカール
(アオシマのVIPカーパーツNo.65 ブラウンスモークフィルムデカール)を使いますが、
とうとう手持ち在庫を使い切ってしまった(しかもデカールは絶版)ので、
今回はクリアーイエローとクリアーオレンジを混ぜたもので塗装。
色の段差がハッキリしすぎ(グラデーションがうまく掛けられなかった)なのが残念・・・
でもホコリの付着無くキレイに塗れたのでこのままいくことにします(笑)

あと、画像では分かりづらいですが、サイドウィンドウセンターのサッシュゴムは
ウィンドウの表側からつや消し黒で塗装しました。






お次は天井の再現。実車は成形天井で運転席&助手席の頭上部分を
ちょうど四角くくり抜いたような形状なのが特徴です。
画像
以前作ったGX81マークIIHTの上級グレードもそうでしたが、
今回の130系クラウンHTも天井前方が「大型ヘッダトリム」化され、
サンバイザーと一体感を持たせたデザインになっていますね。






ですから、くり抜いた部分を再現するためプラバンを2枚重ねにし、
段差もペーパー掛けでなめらかにしてみました・・・
画像







ウィンドウ内側と同じ室内色を天井に塗装し取り付けます。
画像
ついでに天井中央のルームランプもそれらしく自作。






外から天井を覗き込むとこんな感じに見えます。
画像
まぁ、それらしくはなったかな。
ホントはサイドウィンドウ上部につくアシストグリップや、後席のエアコン吹き出し口&パーソナルランプ
(先ほどの実車の天井画像を参照)も作りたかったのですが、それらを取り付けるスペースがないのでオミット。






画像
画像
チラッとしか見えませんけど、リアウィンドウ左下の角には
ちゃんと無鉛ガソリンステッカーが内側から貼ってありますのでご安心を(笑)

今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

良い感じになってきましたね。ウィンドーを塗装するとリアル感が増しますね。完成が楽しみです。
Y34
2015/07/18 11:07
雰囲気が出てきましたね、ウィンドウの塗装や
天井の再現はポイントになりますね。
資料等は大事ですね、色々参考なります。
黒幕ぬぽ
2015/07/18 15:24
Y34さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

おかげさまで外装はミスなく出来上がりましたから、
シャーシと内装の組み立ても頑張ります!
ながせ
2015/07/19 01:47
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

今回は割と地味な作業でしたけど、
実車の雰囲気を出すには手を抜けませんね。

もう四半世紀以上前のクルマですが、
流石はメジャーブランドのベストセラーモデル、
資料には全く困りません(笑)
黒幕ぬぽさんのご参考になれば幸いです…
ながせ
2015/07/19 01:48
お久しぶりです!

流石ながせさん...内装の天井までこんな細かく再現されてるとは。
自分はいつもつや消しブラックを吹くだけなもので...

ウィンドウまで組み上がってくるとあと少しといった感じですね!
完成が楽しみです!
ユウビア
2015/07/19 20:45
ユウビアさま

こんばんは、お久しぶりです。
お褒めいただきありがとうございます!

確かに天井は覗き込まないと見えないので、
つや消し黒か内装色を塗っておけばOKですけど、
今回は資料も豊富ですし、先日実車も見るチャンスが
あったので、ついつい拘ってしまいました。

ありがとうございます!
ボディの方はほぼ出来上がりましたので
あとはシャーシと内装も頑張ります!!
ながせ
2015/07/20 03:27
やっぱり無鉛シールは必需品ですよね(笑)
天井の再現、すごいですね。
自分はいつもフェルトを両面テープばりの手抜きだったなぁ。(苦笑)
銀チャリ
2015/07/20 16:30
銀チャリさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

確かにこの年代のクルマには無鉛ガソリンの
シールは必須アイテムですよね(笑)
なるほど…フェルトの両面テープ貼りで
天井を再現ですか!いやいや全然手抜きじゃないですよ♪
ながせ
2015/07/20 21:01
お久しぶりです!
そういえば、ながせさんってどんな仕事をしているのですか?
sw4779gt
2015/07/24 15:31
sw4779gtさま

こんばんは、お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

私の仕事ですか。普通のサラリーマンですよ。
小さい頃からクルマとプラモ作りが大好きですけど、
クルマ業界ではなく、また技術職でもありません(笑)
ながせ
2015/07/25 00:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その11 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる