くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その8

<<   作成日時 : 2015/06/30 22:06   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

今回はフロントグリルの塗装です。


まずはグリル周りをこんな感じでマスキング
画像
ボディの塗装前にグリルをマスキングしておいたので、ここは現時点では無塗装状態のまま。






マスキングが完了したら、クレオスの8番シルバーをエアブラシで吹き付けます。
実車グリルはメッキなので、本当はメッキ調塗料を使いたいのですが、
メッキ調塗料は塗膜が弱いですし、下地にツヤありの黒を塗る必要があったりと
いろいろ大変ですから、ここはオーソドックスに塗膜の強い普通のシルバーをチョイス。
画像
う〜ん、ちょっと塗料が濃かった(シンナーが少なかった)ようで、
ブツブツとした荒い仕上げになってしまいました・・・(細かいゴミが付着したように見えるのはそのせい)

ですから、あとで塗料を剥がして塗り直しました。






シルバーを再塗装後(苦笑)、今度はグリルの内部や桟を塗り分けるため
再度マスキングを重ねます。
画像
「まだグリルの奥にブツブツが残ってるぞ!!」とか「ホントにこれでシルバーを塗り直したのか!!!」などと
突っ込まれそうですが、ちゃんと塗り直してますし、とりあえずは最初の塗装よりキレイですよ(苦しい言い訳)






再度のマスキングができたらエナメル塗料を塗り重ねます。
画像
ガンメタルにフラットブラックを少し混ぜたものを塗装。






エナメル塗料が乾いたら、マスキングを剥がし、グリルの表面を
(エナメル)溶剤を浸した綿棒で拭き取れば・・・
画像

フロントグリルの塗装が完成です!

グリル縦桟の間の細い線がちょっとヨレてイマイチシャープじゃない(とくにグリル下段)ところがありますが
これは元々のモールドが浅いのが原因。下手に修正すると汚くなりそうなので、これで良しとします。



ちなみにグリルの桟の周り(赤い枠と黄色い枠の間)は細切りのメタルックを
部分ごとにチマチマと貼っていき、メッキ風に仕上げました。
画像
ここまでアップにするとアラがかなり目立ちますね・・・



さらに、グリル上部のフードトップモールとボディの間のゴムシール(赤い矢印)は
約0.3o幅のつや消し黒フィニッシュ(ハセガワのミラーフィニッシュ姉妹品)で再現。
画像
そしてフェンダーマーカー(黄色い丸)は元々のモールドの上に
メタルックを貼り、上部のマーカー部分は白で筆挿し。






グリル周りも仕上がったので、ここでようやくフロントバンパーを接着。
画像
バンパーは瞬間接着剤を表にハミ出さないよう注意してガッチリ固定。

なお、グリル周囲のメタルック、上部のフードトップモール周りのゴムシールは
先ほどの状態ではイマイチ納得いかなかったので、すべて貼り直しました(笑)
おかげで先ほどよりはキレイになったかなぁと自己満足。
ちなみに最初のモール貼り作業で3時間、再度の貼り直しでさらに3時間ほど掛かっているのは内緒

グリルの桟はシルバー塗装、周りはメタルックと素材や仕上げが違いますけど、
画像でもお分かりの通り、全体で見ればそれほど違和感はないです・・・よね。
また、王冠マークや向かって右下のエンブレムのモールドが完全に除去できていませんが
ここは上からデカールを貼れば問題はないかと思います。

そうそう、ヘッドライトのリフレクター部分はボディ塗装前にバルブのモールドを削りましたが、
さらにリフレクター表面にリューターで凹凸をつけ、ミラーフィニッシュを貼りました。



画像
画像


これでボディ本体の仕上げは完了!
それにしても、そこらじゅうメッキだらけで再現が大変でした・・・


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
フジミの完成見本しか知らない私にはバンパーが接着された画像が衝撃的です。
まんま131クラウンですね!
いつも拝見して感じるのは、ながせさんは特別特殊な工具や素材を使わずしても、とてもリアルに再現されいるところです。ご自身の技術は勿論のこと実車に対する思考の深さを感じます。
シルキーエレガントトーニングも素晴らしです。以前父が同車を所有していたと書きましたが(スーパーホワイトでしたが)実は私の初の愛車が同色のGZ20ソアラツインターボLでした!明るい場所と暗い場所でのボディーカラーの見え方完璧ですよ。
kosu
2015/07/01 00:10
kosuさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

私の場合、基本は素組みですし、あいにく超絶テクも
持ち合わせていませんが(苦笑)、実車考証を重視すること
そして雰囲気だけでもなるべく実車に似せるように
努めているつもりです…

ボディカラーも同色のソアラにお乗りだった
kosuさんのお墨付きを頂戴し大変光栄です♪
以前もちょこっと書きましたけど、
この色のGTツインターボL、大好物でございます(笑)
ながせ
2015/07/01 23:55
なんかこのカラーのクラウン見ると、某刑事ドラマを連想させますね(笑)
銀チャリ
2015/07/03 19:19
銀チャリさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

このクラウンで某刑事ドラマを連想されますか。
たぶんあれかな?(←どれだよ!)
ながせ
2015/07/04 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その8 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる