くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その6

<<   作成日時 : 2015/06/17 18:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 19

今回は各部のクローム(メッキ)モールの再現です。


現在トヨタ博物館で「クラウン60周年記念展」が開催されているので、
先日実車を見てきました。

画像
クラウン 4ドアハードトップ ロイヤルサルーンG (MS137型)
私が今作っている8代目クラウン前期型の最上級グレード。
ボディカラーも同じシルキーエレガントトーニング(24G)ですね。

久しぶりに間近で実車を見るチャンスを得られましたので、
このクルマの前で2〜30分ほどかぶりついてしまったのは内緒(笑)
記念展ですから当然8代目以外(初代の輸出仕様から12代目のゼロクラウンまで)も
ズラッと並んでいたので、どのモデルも写真を撮りつつじっくりと見てしまい
結局は記念展のブースだけで1時間半ぐらいいましたかね(爆)

で、実車を見てすぐに思ったのは
「私が調色したボディカラー(下側のウォームシルバー)は、あながち間違ってはいないな」と
少しだけ自信?を取り戻しましたよ・・・
画像
この角度で見れば(角度限定かよ 苦笑)、調色したのとほぼ同じような感じですし、
ツートンの見切り(塗り分け)が「サイドモールのちょっと上」というのも合ってました。

画像





最初からかなり脱線しましたが、まずは実車のウィンドウ周りのクロームモールの継ぎ目を見ていきます。
スゴいピンボケで大変恐縮ですが、モールの継ぎ目はフロントピラー上部のここと
画像



リアピラー上部前方、ちょうどリアサイドウィンドウの角のあたりで継ぎ目がありますね
画像



また、ボンネットの端にもモールがあり、フェンダーの角からサイドウィンドウ下のモールへと
グルッと繋がっているイメージなんですね(こりゃ再現が面倒だ・・・)
画像


ちなみに、ウィンドウウォッシャーのノズル(黄色い丸)は
ボディカラーがスーパーホワイトとシルキーエレガントトーニングの場合はボディと同色。
それ以外は黒
となっております。(ムダ知識)


リアウィンドウのモールの継ぎ目はココですね。
画像





と、いうことで実車のモールの継ぎ目を参考にこんな感じでモールを再現しました。
画像

上部の継ぎ目はフロントピラーの2か所だけ、リアサイドウィンドウ角の継ぎ目はなし、
また下部はフェンダーの角の部分を継ぎ目にして、なるべく1本の長いモールにしました。
継ぎ目を最小限にすることでクリーンでスッキリとした印象になったかな?


リアウィンドウのモール実車と同様に上部の角を継ぎ目にしました。
画像

う〜ん・・・右上の継ぎ目部分の処理が甘いので、ちょっと汚く見えるなぁ・・・
あとで修正をしておかなければ。


ここまでのウィンドウモールはハセガワのミラーフィニッシュを使いました。
画像



今回はここまで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ

前回フロントピラーはツヤありのブラックメタリックだと書きましたが、
実車のピラーはこんな感じです。
画像
相変わらずイマイチな写真で申し訳ありませんが、
細かいメタリック掛かったブラックですよね。
ドアミラーも同じくメタリックブラックですけどこちらの方が黒み?が強い印象ですね。
この違いも再現できたらいいなぁ・・・



今回展示されていた8代目クラウンは、走行距離が6万キロ台で
程度も良好ですが、よ〜く見るとライトの下に飛び石のキズがあったり
グリルのメッキにヤレがあったりと「かつては現役で使われていた」面影や
「歴史を刻まれている」ような感じを受け、とても好感を持ちましたね。
画像

画像
前期型ワイドボディ特有の症状である、ナンバーポケット上の
赤いガーニッシュの経年劣化による色抜けもみられますね。

私は「工場のラインを出たばかりのビカビカの新車状態」を、
目指してプラモを作っているので、何だか矛盾しているようですけど・・・


ただ、一ヶ所だけ個人的にどうしても腑に落ちないところがあるんですよね。
それがこの画像に写っているのですが、どこだかお分かりですか?
画像
ヤフオクでパーツを買ってトヨ博に寄贈したいくらいです(すげーお節介 笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。モデラーの端くれながらいつも
楽しく拝見しております。GS131は以前父親が所有しており私が免許取得後初めて運転した車であるので今回の記事は楽しみにしております。
88年9月頃のマイチェンでシフトロックの装備と同時にオプション設定されたんでしたっけ・・(笑)
kosu
2015/06/17 20:07
??エアバッグですかー??
ひろ
2015/06/17 21:55
kosuさま

はじめまして。
いつもご覧いただきありがとうございます!

なるほど…お父様がGS131にお乗りで
kosuさんが初めて運転されたクルマなんですね!!
そんな想い出のクルマである今回のクラウン、
少しでもご期待にそえるよう頑張ります。

88年9月の一部改良(マイチェン)は仰るとおり、
AT車のシフトロック装備、1G-E→ハイメカの1G-FEエンジンに換装、
そしてスーパーチャージャーの1G-GZEエンジンの
ハイオクガソリン対応によるパワーアップ(160ps→170ps)
…などがありますが、kosuさんの仰る装備は
89年9月に出た後期型からのオプション設定となっています
ですが、そこの辺りのものですから
お答えはかなり正解に近いですよ(笑)

またお気軽にコメントをいただけたら幸いです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。


ながせ
2015/06/18 01:51
ひろさま

こんばんは。

ひろさんも鋭いですね!
今はそのあたりの装備に違和感があるとだけ
お答えしておきます(勿体ぶってスイマセン)
ながせ
2015/06/18 01:53
はじめまして、お邪魔いたします。
この型の純正ステアリングは2本スポークで、センターにガーニッシュ?が入っていたような…
びぃえむ
2015/06/18 18:01
はじめまして。数年前から楽しく拝見しております。
やはりエアバック付きのステアリングに違和感がありますが、これが14#用のものではないかと・・。クルーズコントロールの位置が13用ではないような・・。ちがうかなぁ。
hiro~
URL
2015/06/18 23:04
こんばんは!
モール類の貼り方、実車と同じ継ぎ目に合わせる拘りは参考になります!自分もマネしてみたいです。
フジミの13はボンネットのウィンドウモールが再現されてないんですよね。自分はメッキシールを細切りにして再現しましたが、出来がイマイチ…^_^;
ウォッシャーノズルのカラーは全てボディー同色かと思ってましたが、ホワイトとパールツートンのみ同色だったというのは初めて知りました。

博物館の13前期ワイド、以前池袋のアムラックスでクラウン博が開催されていた時に観に行きました。
このクラウンは前期なのに、ステアリングが後期の本革巻きエアバックレス用なのはちょっと変ですよね。
前期用に交換したくなりますね!
鴨ちゃん
2015/06/18 23:07
こんばんは。

好きな車の前で長時間かぶり付いてしまう気持ち、よく分かりますよ。僕は、1時間くらいかぶり付くこともあります。(笑)画像のクラウンですが、エアバック付きのステアリングに違和感を感じました。まだ、この時代はエアバックは普及していなかったと思われます。
Y34
2015/06/18 23:30
びぃえむさま

はじめまして。
ようこそお越しくださいました!

おおっ、大正解です♪

またお気軽にコメントをいただけたら幸いです。
ながせ
2015/06/19 01:10
hiro~さま

はじめまして!
いつもご覧いただきありがとうございます!

実は、もの自体はこの130系で合っているのですが、
後期型用なんです・・・
確かに140系のエアバッグ付きのもこれとそっくりですから
混乱しちゃいますよね。

またお気軽にコメントを下さいね。
今後ともお贔屓願えれば幸いです。
ながせ
2015/06/19 01:10
鴨ちゃんさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

ウィンドウのモールの貼り方、ご参考になれば幸いです!
そういえばアオシマのワイドはボンネットモールの
モールドが入ってましたよね。フジミのボディは何もなかったので
適当な幅でモールを貼っちゃいました(笑)
ウォッシャーノズルの色もお役に立てて恐縮です・・・

さすがは鴨ちゃんさん、気づいていらっしゃいましたか!!
(大正解です♪)
実はそのアムラックスでの展示を見たお友達が以前
教えてくれたので話には聞いていたのですが、
今回その実車を見ると「確かに違和感があるなぁ」と思いました(笑)
ながせ
2015/06/19 01:11
Y34さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

今回のような展示やイベント等で、大好きなクルマがあると
ついついかぶりついて見ちゃいますよね。
(さすがに路上のクルマではしませんけど 笑)

ご指摘の通り、ステアリング形状に違和感があるのですが、
実はこれ、エアバッグはついていません。
ただし、エアバッグ付きのとほとんど同じ形状なので
見間違うのも当然だと思います。
次回答え合わせをしますのでしばしお待ちを。

ちなみにクラウンにエアバッグが設定されたのは
89年9月に出た後期型からですので、時代はほぼ同じです。
(本格的に普及したのは仰る通り、
もう少し後の90年代中盤以降ですね)
ながせ
2015/06/19 01:11
はじめまして、いつも拝見させていただいています。
私も、以前はくるまのプラモデルを作っていましたが、もう15年くらい作っていません。
このブログを知り、なんだか作りたくなりました。
さて、このクラウンですが、私も作った事があります。
シリーズ名は忘れましたが、組み立て式のワイヤーメッシュのホイールとフェンダートリムのメッキシールが入っていたキットだったような?
実車も、職場にこれと同型のセダンがありました。
紺色のスーパーサルーンエクストラでした。新しいうちは、主に役員送迎用でしたが、晩年は一般の業務用に格下げになり、私もよく運転しました。
フェンダーミラー仕様でしたので、自家用がドアミラーなので、慣れないと見難かった覚えがあります。
yasu
2015/06/20 10:33
連続投稿すみません。
違和感を感じたのは、もしかして、EMVですか。
よく、土曜日の中日スポーツの中古車の広告で「クラウンRSGマルチサンルーフ」っていうのをよくみました。
yasu
2015/06/20 10:41
yasuさま

はじめまして!
いつもご覧いただきましてありがとうございます!!

拙い製作記ですが、こちらをご覧になって
yasuさんが再びプラモを作ってみたいなと
思われたのでしたら大変嬉しいです。

yasuさんもかつてはこのキットを作られたのですね。
仰る通り、今回のノーマル以外に社外ホイールがついたもの
(ワイヤーメッシュの他に後年の再販品では
17インチスポークアルミのタイプもあったような)も
バリエーションとしてありましたよね。

なんとお勤め先にもこの世代のクラウンがありましたか。
紺のセダン・スーパーサルーンエクストラとは
いかにも役員送迎車って感じで渋いですね。

私は逆パターンで、教習車がフェンダーミラーの
X80マークIIでしたので、免許取得後にうちのクルマ
(当然ドアミラー)が最初はとても運転しにくかったのを覚えています。
でも、すぐに慣れちゃいましたけどね(笑)

連続投稿大歓迎です♪
答えは「前期型なのに後期型のハンドルが付いている」でしたが、
EMVの有無に目をつけられたyasuさんも流石ですね。
ロイヤルサルーンGはEMVなしの仕様もチョイスできたので、
展示車は「EMV無し仕様にオプションの
ロイヤルサウンドシステムCタイプ(CDプレーヤー付き)という
クルマだと思います。

>「クラウンRSGマルチサンルーフ」
はいはい、私もこのワードにピンときました(笑)
所謂人気グレード&オプションって仕様で
かなり高値をつけていたと記憶しています。

またお気軽にコメントを下さいね。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
ながせ
2015/06/21 03:13
こんばんは。

トヨタ博物館での「クラウン60周年記念展」へ行ってきました。とても見応えのある展示車両ばかりでした。ながせ様のこのブログのお陰で貴重な情報を得ることが出来ました。
Y34
2015/06/28 20:44
Y34さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

おおっ、Y34さんもクラウンの
60周年記念展に行かれたのですか!
それはそれは遠路はるばるお疲れさまでした。

こちらの記事が、足を運ばれるきっかけになったとの事、
それはとても光栄です。
そしてY34さんも十分に堪能されたようで何よりです♪
ながせ
2015/06/29 01:19
クラウンの60周年記念展が今週末だったので間に合って良かったです。クラウンを堪能してきました。遠いので再々行くことは難しいですが、また行きたいと思わせる博物館でしたね。
Y34
2015/06/29 23:48
Y34さま

こんばんは。
お返事ありがとうございます!

そうそう、記念展は今度の日曜日まででしたね。
トヨタ博物館は、常設展示のクルマはもちろん、
企画展示も見ごたえ十分ですから、
また行きたくなりますよね!
ながせ
2015/06/30 22:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その6 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる