くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その3

<<   作成日時 : 2015/05/27 22:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5

今回はボディの塗装です。

まずは前回下ごしらえの終わったボディとフロントバンパーに
サフ(サーフェイサー 下地塗料)をエアブラシで塗ります。
画像
グリル部分は桟のモールドを保護するため塗装前にマスキングしておきました。



サフはクレオスのMr.ベースホワイト1000
画像
サフなのでツヤは出ませんが(当たり前)、このベースホワイトは隠ぺい力が結構強いので、
ルーフの表に透けていたムーンルーフ開口部のけがき線も・・・
画像

このとおりキレイに隠れましたよ
画像
サフ掛けも通常のボディ塗装と同様に
一気に塗料を吹き付けるのではなく、薄〜く何度も塗り重ねるのがコツですね。
(ただしクリアーコートは最後の仕上げに垂れる寸前まで厚吹きしますけど)






続いてボディ色の塗装。
前回書いた通り、このクラウンはツートンのシルキーエレガントトーニング <24G>にします。
この色の資料は手元に十分ありますので、まずは塗装前にイメージトレーニング(笑)
画像


これも前回書きましたが、このツートンは
上側がウォームグレーパールマイカ<046> 下側はウォームシルバーメタリック<169>の組み合わせです。
画像


まず上側のウォームグレーパールマイカは、実車用の補修塗料として
ソフト99からタッチアップペンが出ているのでこちらを使用します。
画像


これもお約束として、実車用補修塗料をプラモに塗装する際の注意を載せておきます。
実車用の塗料は、成分がプラ用とは違うので、プラに直接塗装できません!!
(間違いなくプラが溶けて、塗装の縮みやムラができます)
必ずサーフェイサー等の下地塗装(これはプラ用のラッカー塗料でOK)をして下さい。

プラモデルにはプラモデル専用塗料を使うのが大原則です。
失敗しても私は責任を持てませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。



ということで、プラモ用のラッカーシンナー(Mr.カラーうすめ液)で希釈した
タッチアップペンのウォームグレーパールマイカをエアブラシ塗装。
画像
フロントバンパーは全体が下側色のウォームシルバーになるのですが、
ボディ下やリアバンパーと色を合わせるために一応上側色も塗っておきました。

このウォームグレーパールマイカ…
画像

実は以前作ったJZX90マークIIのボディカラーと同じ色なんです。
画像
この時も塗料はソフト99のタッチアップペンを使いましたよね。

でも、今回のクラウンの方が若干色が暗い感じがするのは気のせいでしょうかね(笑)






今度は下側のウォームシルバーメタリックですが、この色は実車用のタッチアップペンがありません。
(特注では作ってくれるでしょうけど)そこで頑張って自家調色します。

上記の資料や、さらにネットで拾った実車画像を参考に・・・
画像


あ〜でもない、こ〜でもないと悩みながら作ったのがこれ。
画像
ちょいピンボケですいません

レシピは、8番シルバーにダークアースを混ぜたのをベースに、ブラウンを2・3滴とスーパークリアIIIをプラス、
あとは色の源のマゼンタとイエローで色あいを調整。
画像


ボディの上をマスキングして早速塗装してみます。
画像
画像

実は塗装段階でも色合いに迷いが生じ、さらに色の源を混ぜながら3回ほど塗り直したのは内緒(笑)



塗装が乾いたあと、ドキドキしながらマスキングを剥がしてみると・・・
画像
画像
画像

・・・えっと、シルキーエレガントトーニングってこんな色だっけ???
散々悩みに悩んで調合したウォームシルバーですが、個人的にどうもしっくりいきません。

よって下側色の塗り直し決定です ○| ̄|_
う〜ん、塗装前のイメトレが足りなかったのかなぁ。それにしても色の調合って何度やっても難しい。。。


次回に続く・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
色の調合難しいですよね・・・
僕も51クレスタのファッションアベニュー
トーンのシルバーの部分を失敗してお風呂予定です。
色味は悩みますよね、めげずに製作なさってください。
黒幕ぬぽ
2015/05/31 19:32
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
お気遣いありがとうございます・・・

私の場合、1回で調合がバッチリ決まるなんてのは
極めて稀で、ほとんどは試行錯誤の連続ですけど、
今回のツートン下側の色は特に難しいですねぇ(苦笑)

黒幕ぬぽさんのGX51クレスタは車種も色も
私の大好物なんで、今から完成がとっても楽しみなんですが、
(あ、プレッシャーではないですよ)こちらのツートンも
調合が難しそうですね。
ちなみにファッションアベニュートーンのカラーコードは289で
マディソングレーメタリック(ダークシルバーM)138と
ハイウェイシルバーメタリック(クリスタルシルバーM)125の
組み合わせです。どちらも古い色なのでタッチアップ塗料も
現在は売られていませんからなんの参考にもなりませんが・・・

まぁ、お互いに頑張りましょうね♪
ながせ
2015/05/31 22:30
お初です。
ソフト99にウォームホワイトはないのでしょうか?(文中に書いてあるのならば私の読み落としですが・・・
銀チャリ
2015/06/01 17:10
すいません、文中で触れてありましたね。
しかも色の名前も間違えてる・・・
銀チャリ
2015/06/01 17:14
銀チャリさま

はじめまして。
コメントありがとうございます!

このツートンは
上がウォームグレーパールマイカ
下がウォームシルバーメタリックと
どっちもウォームがつくので紛らわしいですよね(笑)
で、今回は上の色はソフト99の実車用塗料を使いました。

またお気づきの点がありましたら、
遠慮なくコメントしてやって下さい。
ながせ
2015/06/01 23:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その3 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる