くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その2

<<   作成日時 : 2015/05/22 20:49   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2

ようやく製作開始です。

まずはボディの下拵えから。

製作記その1でも書きました通り、このキットのボディにはフロントグリル・リアのトランクリッド、
そしてフロントフェンダーのエンブレムもモールド化されていて、
これがかなりリアルです。
画像
画像
画像
成型色が白いので見難いですが、「TWINCAM24 SUPER CHARGER」
「TOYOTA CROWN」「Royal Saloon」とハッキリ読み取れます。

ですが、繊細なモールドなのでボディの塗装で埋まってしまうでしょうから、
モールドを除去し、かわりにデカールでエンブレムを再現することにしました。

今回もゆきかぜさんにエンブレムのデカール作成をお願いしたところ・・・
画像
各エンブレムが微妙なサイズ違いで複数用意され、
フォントや色も申し分ないリアルさで出来上がってきました。
いつもありがとうございます!!





と、いうことで少々勿体ない気がしますが、エンブレムを削り取ります。
画像
フロントグリルの桟のモールドを傷めないよう、
気をつけながら、エンブレム表面のみ削ってフラットにしました。
あわせてヘッドライトリフレクターのバルブ(電球)のモールドも除去。


トランクリッドは中央のラゲッジキーオーナメント(鍵穴のカバー)を含めて
全部キレイに削ちゃいました(笑)
画像
ついでにバンパー両サイドにあったパーティングラインも処理しました。


フェンダーのエンブレムの除去も完了。
画像





お次はルーフ裏の処理。
画像

ルーフ裏にはムーンルーフのガラスパネル取付け用に「けがき線」がありますが
(これが結構深い溝)、今回はムーンルーフレスの仕様にするので・・・


エポキシパテで溝を埋めました。
画像
私の場合、エポキシパテはタミヤの速乾タイプを使いますが、
速乾タイプはパテが黄色でルーフの表から色が目立つので、今回は同じタミヤの高密度タイプを使用。
パテ色が薄いブルーで目立たず、「す」が出来ないのはマルですが、
完全硬化するのに24時間掛かるのがネック・・・


そしてルーフ表面のうねりをペーパーで慣らします。
画像
溝が深いのでパテを埋めてもまだ目立ちますが、
これぐらいなら下地のサフで隠れるでしょう・・・たぶん。




別体のフロントバンパーはオプションのフロントスポイラーが付いているのも以前紹介しましたが、
スポイラーのサイドが実車とはちょっと違うんですよ。
画像



あまり良いアングルではありませんが、実車のスポイラーはサイドが斜め上に切れ上がっていて、
端の方の幅が狭くなっているのがお分かりでしょうか・・・
画像



また、バンパーをボディと合わせてみると、ここ(矢印部分)のフェンダーアーチモールの
モールドがないので、ここでモールが途切れちゃいますよね。
画像



そこでバンパーの端にエバーグリーンのプラ棒を貼ってアーチモールを新造。
あわせてフロントスポイラーのサイドも修正しました。
画像


ホントはこの時点でバンパーを接着して、ボディとバンパーの隙間を
よりキレイに詰めたいのですが、今回はボディ一体のグリル塗装をしやすくするため、
バンパーは塗装後に後付けすることにします。
ですから、バンパー周りの隙間はこれぐらいで妥協します(苦笑)




仕上げにボディ表面を1500番のペーパーで足付けし、
各パネル周りをカッターの背でスジ彫りしてボディ塗装前の下拵えは完了です!
画像



今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
クラウンの製作始まりましたね!
ボディーにモールドされてるエンブレムはかなりリアルになっていて、良く出来ていますよね!
自分は手持ちのデカールが無いのでエンブレムの黒い部分は黒に、文字はシルバーで塗装しました。デカールならフジミの12系スーパーチャージャーのを流用したかったですね。
ヘッドライトのインナーの電球は自分も削りましたね。そのままだと表情が実車とはかなりかけ離れた感じになり、オモチャっぽくなりますよね。 
 
フロントリップの修正はお見事です!自分は実車と違うことに気がつきませんでした!確かに、斜めに上がってますよね!素晴らしいです(^o^)

自分もストックでアオシマのワイヤーホイール付属の13後期ワイドがあるので、時間を見つけながらですが、これを機会に作ってみたくなりました。
勿論ワイヤーホイールは使わず、純正ホイールも付属されているのでそちらを使い、スーパーホワイトの3000ロイヤルサルーンGにしていきたいですね!
 
鴨ちゃん
2015/05/26 22:57
鴨ちゃんさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

ようやく製作開始しましたが、
はやくもボディカラーの調合に難航しています(苦笑)

上にも書きましたが、このボディのエンブレムのモールド、
削ってしまうのが勿体ないほど良く出来てますよね。
仰る通り、下地を黒、文字をシルバーで塗るとよりリアルになりますね。
私も最初は12クラウン後期5ナンバーのデカールを
流用しようと思いましたが、あいにく手持ちがなかったので、
デカール製作をお願いしました。

電球のモールドはもう少し小さければ残してもよかったのですが、
大きすぎて確かに「トイチック」だと思います(笑)

フロントリップのサイドは、製作前に実車を調べていて見つけました。
また、リップは黒だと思い込んでいたら実はダークグレーだったことも
今回改めて気づきました(これは私の勉強不足)

アオシマの後期ワイド、私も何台も作りましたよ。
これもとっても良いキットですが、ロングセラーすぎて
金型がかなりお疲れのようで、最近のはボディ左右の
パーティングラインがかなり目立つのが欠点ですけど(笑)

おおっ、V8じゃなく、あえて3000のロイヤルサルーンG という
チョイスが良いですね♪
ながせ
2015/05/27 23:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その2 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる