くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GS131 クラウン 製作記 その1

<<   作成日時 : 2015/05/09 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 14

次はこれを作ります。

画像


フジミ 1/24 インチアップシリーズ No.45 ニュークラウン 2.0 スーパーチャージャー
1988年6月発売 現在絶版

歴代モデルのなかで最も販売台数の多かった、8代目(S130系)クラウンです。
キットとしては以前作ったGX81マークIIと同時期に発売されていたもの。


中身はこんな感じ
画像

パーツは少な目ですが、当時の1/24スケールでエンジンレスのキットならこれぐらいが標準でした。
ちなみにこのキット、初版は定価800円。こちらも当時の標準的価格。

前回のGX81マークII同様に前輪をシャフトで繋ぐため、ステア(操舵)できないのは残念ですが、
ボディのプロポーションはかなり良好。
画像
画像

5ナンバーサイズの標準(ナロー)ボディが持つスリムさをうまく再現していると思います。
それにグリルの造形も繊細で、エンブレムのモールドも文字がキチッと読めますよ!
個人的にはエンブレム類はモールドよりデカールで再現してくれた方がうれしいのですが・・・





画像

フロントのバンパーは別パーツ化され、バンパー下にはフロントスポイラー付き
このフロントスポイラーは、OPの「Sタイプパッケージ」を選択すると装備されます。





内装はフロアとリアシート、ドアトリム一体の「バスタブ」タイプですが・・・
画像


ドアアームレスト部が別にパーツ化されているのが良心的。
画像






ただ、キットの「インチアップシリーズ」の名の通り、実車より大きいアルミホイールが悩みの種
画像

実車のアルミホイールは14インチですが、これはどう見ても16インチぐらいありそうです(笑)
ここはキチンと手を入れたいと思います。





このクラウンは個人的に大好きなモデルなので、資料はバッチリ。
画像
中央は87年9月のデビュー時、左は88年9月の一部改良後のカタログ、
右の雑誌(モーターファン別冊)を含め、当時入手しました。
それにしても、小学6年生でこの雑誌を購入して読んでいたなんて、
結構「ませたガキ」だったんですね、私(苦笑)



あ、今度作るクラウンの細かい仕様やボディカラーについては次回書くことにしますね。
今回はここまで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ


このキットは5ナンバーの標準ボディのクラウンですが、ランナーをよく見ると
マフラーエンドのパーツが二つあって、使わない方のはちょっと長かったり・・・
(赤い枠のが使わないマフラーエンド)
画像
こちらのマフラーエンドはワイドボディのバンパーが長いのに合わせたのかな?


インパネのオーディオパネルにエレクトロマルチビジョンのパーツがあったりします。
画像


エレクトロマルチビジョンはワイドボディのロイヤルサルーンGにしか装備できないので、
バリエーションとしてワイドボディのキットもリリースする予定だったかもしれませんね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
インチアップシリーズということはフジミですね。昔のフジミ=板シャーシというイメージがあったので板シャーシでないのが意外でした。
エンブレム類はモールドよりデカールで再現してほしいという意見に同感です。130クラウンは僕も好きなモデルなのでとても楽しみです。
Y34
2015/05/09 22:41
初めまして。
毎回、色々なカーモデルを製作されているのを楽しく拝見させて頂いてます。
自分もカーモデル製作が趣味で、フルノーマル車を作るのが好きなので、かなり参考になります。 
そして、今回はフジミの13クラウンということで、自分は大好きな車であり、かなり思い入れもあるので、初めてでありますがコメントさせて下さい。
ボディのプロポーションも正確で、実車を忠実に再現されてますよね。
ホイールは確かに大きいですね。でも、これは仕方ないので、ホイールの中のスポークを艶消しシルバーで塗装して、タイヤを違う物に替えたりしてみると、雰囲気だけでも実車っぽくなれますね! 

大好きなフジミの13クラウンの製作記、楽しみにしてます。
鴨ちゃん
2015/05/10 06:43
クラウンですかー!かっこいいですね!
グリルの中にライトがあるのが洒落てますよね!
……………………………………よね?
サイドウインカーの位置も今の車よりかっこいい気がします!
今回もかっこいいフルノーマル、勝手に期待してます!!!
中身のないコメントでスンマセンm(-_-)m
お疲れの出ませんように!!!!!!!
アルファクア
2015/05/10 11:21
Y34さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

はい、このキットはフジミです。
あらら、本文にはキットのメーカー名を書いてなかったですね。
(先ほどこっそり書き加えておきました・・・笑)

フジミのキットといえば「板シャーシ」がお馴染みですが、
80年代の終わりに出た今回のクラウンやGX81マークIIあたりから、
ちゃんとした?シャーシが付いたキットが出てきました。
(実はこのシャーシも車種専用じゃない汎用タイプですけどね…)

エンブレムのモールドはリアルですが、ボディ塗装をすると
文字が埋まってしまうので、残念ですが削り取る予定です。
やはりエンブレムはデカールの方が有難いですよね。

ありがとうございます。ご期待に沿えるよう頑張ります!
ながせ
2015/05/10 23:38
鴨ちゃんさま

はじめまして!
いつもご覧下さいましてありがとうございます!!
またコメントを頂けてとてもうれしいです。

鴨ちゃんさんもノーマルのカーモデルを製作されるのですね♪
しかも13クラウンもお好きなようで、お話が合いそうです(笑)

仰る通り、このキットはボディプロポーションが良好で、
特にグリルのモールドの繊細さやサイドのプレスラインの
シャープさには本当にホレボレします。

>ホイールの中のスポークを艶消しシルバーで塗装して、
>タイヤを違う物に替えたりしてみる
さすが鴨ちゃんさん、ツボを押さえていらっしゃる!
それで随分印象が変わるでしょうね。
今回はホイールもしっかり手を入れつつ、「13クラウンの決定版」を
目指して製作したいと思います。

またお気軽にコメントを下さいね。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
ながせ
2015/05/10 23:40
アルファクアさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

この世代のクラウンはカッコいいですし、実車もよく売れました。
グリルの中にライト(フォグランプ)は、クラウンの場合
この前の7代目からの採用だったと思いますが、
確かにオシャレですね。
サイドウインカーが車幅灯の縁についているのは
当時はポピュラーでしたが、そういえば現行車で見かけませんね・・・

今回も相変わらずのノーマル仕様になりますが、
アルファクアさんのご期待に沿えるよう、頑張ります!!
ながせ
2015/05/10 23:41
おぉーフジミ製5ナンバーのHTですか!
中学生くらいの頃欲しくても入手できず、
アオシマ製3ナンバーで我慢してました。
良いですね〜製作解説楽しみにしております。
(もちろんながせ様のペースで構いません)

C32ローレル、下手ですが完成させました
ニヤリとしていただければ幸いです。
黒幕ぬぽ
2015/05/11 21:31
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

はい。今度はフジミの130クラウンを選んでみました。
このキットは忘れたころに再販してましたから
時期によっては入手困難だったかもしれませんね。
(そういえば、ここ10年ほど再販されていないような気が・・・)
相変わらずスローペースでの製作になるかもしれませんが、
黒幕ぬぽさんのご期待に沿えるよう頑張ります!

C32ローレル、完成おめでとうございます!
ディープワインメタのエミネンス、しかもMTという
素晴らしい仕様にニヤニヤしっぱなしです(笑)
ながせ
2015/05/12 00:38
新作はクラウンですか!
2リッターのキットとは貴重ですね。内装もバスタブですが塗装の際の事も考えたパーツ構成ですね。
ホイールはフジミもインチアップのお約束的な感じですね(笑)
R34だとインチダウンじゃ?とツッコミたくなりますが(^_^;
2リッターのクラウンだと、あぶ刑事でセフィーロとカーチェイスしてたのを思い出します。

製作頑張って下さい。
TAKA
2015/05/16 17:07
毎回楽しみに拝見しております。
この頃、というか割と最近までのフジミキットは、ヘッドライトハウジングの浅さとレンズ面のあっさりした彫刻がどうしても好きになれず未だに喰わず嫌いのままでございます。
「何でライトハウジングを別パーツにしないの!?」といつも感じてました。
(加えてフォグランプの黄色い球をどう表現すべきか・・・レンズ面をクリヤーイエローでベタ塗りする作例も当時多かったかと。)
やっぱりライトとグリルはクルマの”顔”ですからね。
ながせさんの腕前でどう料理されるか、大変楽しみにしております。
イワセ
2015/05/16 22:29
TAKAさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

はい。今度は8代目クラウンを作ります!
このキットは現在ではレアかもしれませんが
実は今までに5台ほど作っているので、個人的には
あまりそうは感じていないのは内緒です(笑)

この時期のフジミキットらしく、前輪ステアなしで
バスタブ内装ですが、アームレストが別パーツなのは
うれしいですし、確かに塗装もしやすいですね。
インチアップシリーズですから、(多少の)サイズアップなら
むしろ歓迎ですが、ここまでデカいとちょっと・・・ですね(苦笑)

確か「もっとあぶない刑事」で白いスーパーセレクトと
紺のスーパーサルーンエクストラ(共にグレードは自信なし)が
犯人や関係者のクルマで出ていましたよね。当時は新車なので
破壊は無かったですが、結構カーアクションをしていましたっけ。

ありがとうございます。製作を頑張ります!
ながせ
2015/05/17 01:10
イワセさま

こんばんは。
いつもご覧いただきありがとうございます!

仰る通り、フジミのキットの中にはレンズカットや
ハウジング(リフレクター)に難があるキットが多いですが、
このキットはレンズカットもリアルで造形も良さげです。
ただ、リフレクターやフロントグリルがボディと一体なので
特にグリル塗装には最新の注意が必要ですね。

>加えてフォグランプの黄色い球をどう表現すべきか・・・
これは私にとっても永遠のテーマですね(笑)
レンズの裏一面を黄色く塗るのも、リフレクターの真ん中に
イエローを点で筆さしするのも、個人的にはちょっと違う気がします。

Y31シーマもGX81マークIIも悩んだ挙句、あのように再現しましたが、
今度のクラウンも、最終的には似たような表現になりそうな気が(苦笑)

やはり、人形もカーモデルも「顔が命」だと私も思いますので、
ひと目で「あっ!130クラウンだ」と分かるような
リアルなフロントビューを目指して頑張ります!
ながせ
2015/05/17 01:16
職場のパソコンでたまたま拝見しまして、携帯電話から初めてメッセージします。熊本県在住の30代です。
私も小学生の頃から車のプラモを何百台も作ってきました!
最近は忙しいのと、実車にかまってばかりですが…。
このキット、あまりにも懐かしすぎます!
中学生か高校生の頃に作成したことがあります!2000のスーパーチャージャーのやつですよね。
確かライト類以外は塗装はせず、素組みにしていました(笑)。
父の車のワックスを借りてボディーにかけたことを覚えています。
確かにフジミのインチアップシリーズはタイヤが安っぽかったですよね!
ダンロップD40かブリジストンポテンザのRE71のどちらかが入っていたような…。
ホイールも、タミヤのすぐ折れて互換性がない取り付け部がピンみたいなタイプよりははるかによかったですが、フジミのは古くなるとポリキャップの周りが割れました…。
ナイトセイバー
2016/01/22 20:13
ナイトセイバーさま

はじめまして!
いつもご覧いただきありがとうございます。

はい。フジミから出ていた、8代目GS131クラウンHTの
ロイヤルサルーンスーパーチャージャーのキットです。
ナイトセイバーさんも学生の頃に組まれたのですね♪

私はこのキットを中一の時に初めて組みましたが、
黒と赤、オレンジのサインペンでサイドとバンパーモール、
ウインカーとテールレンズを塗っただけで
あとはそのまま組んだだけでしたね
(当時はそれでも満足していました 笑)

確かにフジミのインチアップシリーズは
ハイト(厚み)のない独特なタイヤでしたね。
ダンロップとブリヂストンのどちらかのタイヤが
入ってるのと、ホイール軸のポリキャップ受けが
割れやすいのはナイトセイバーさんの仰る通りです。

タミヤや一部のアオシマキットにあった
ホイール側にピンが付いてるタイプは、
あまり使い回しが利かないのがネックですよね。

最近はいろいろお忙しいご様子ですが、
私の拙いブログで昔を思い出していただけてとっても光栄です。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
ながせ
2016/01/22 21:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GS131 クラウン 製作記 その1 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる