くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワのサニートラックを買ってきました。

<<   作成日時 : 2014/11/08 01:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 15

またもや買い物ネタでスイマセン・・・

そろそろ製作記もアップしろよ!とお叱りを受けそうですが、
今回のキットレビューでひとまず買い物ネタは終わる予定ですので
もうしばらくお付き合い下さいませ・・・

さて、まさかまさかのキット化に驚愕した、
ハセガワのサニートラックを早速購入してまいりました。
画像
ヒストリックカーシリーズ 20 ニッサン サニートラック (GB121) ロングボデー デラックス


2代目B120型のサニートラックは1971年のデビューから大きなモデルチェンジをせずに
なんと1994年まで継続生産された超ロングセラーモデルです。
(海外では2008年まで現役モデルでした)

今回のキットは1977年〜1989年までの中期型、そのなかでも1979年10月発売の
ロングボデー(J-GB121型)をモデル化しています。

それならキット名は「ニッサン」じゃなくて、「ダットサン」では?

この手のクルマのキットは昨年430セドグロセダンやサンバートラックをリリースした
アオシマの独壇場かと思いきや、なんとハセガワからサニトラが発売される聞いたときは
最初はちょっと信じられませんでした(笑)
(事実アオシマもサニトラのキット化を目論んでいて、すでに実車取材も済んでいたそうな
取材車を確保されていたそうです。また、サンバートラックをキット化した際に新規に起こした
12インチサイズのタイヤ <ヨコハマのJOB RY52>をサニトラにも使う予定があったとか。)



箱を開けると・・・
画像
ボディとクリアーパーツは個包装、あとのパーツはまとめて
ひとつの袋にパッキングされてます。これはハセガワスタンダードですかね。
ただ、デカールが袋なしにそのまま放り込まれているのはちょっと・・・
まぁ昔はこんなの当たり前でしたけど。



中身はこんな感じ。
画像
このキットは作りやすさを追求したそうですが、意外とパーツが多めですね。
ハセガワによれば「的確な分割により、組み立て易さと再現性を両立した設計となっております」だそうです。
確かにそんな印象ですね。





ボディ。
画像
画像
荷台部分にリアゲートのインナーパネルが一体成型。


全体的なプロポーションも良く、細部のモールドもシャープでとても好印象です!
画像



サイドウィンドウの三角窓下部のランチャンネルはもちろん、
ピボット部分のグロメット(小さな丸いパーツ)までモールドされてますよ。
画像

ドアハンドルやフロントピラーに付くラジオのアンテナはメッキパーツで用意。


リアコンビランプのリフレクターはボディ一体ですが、内部のバルブ(電球)もモールドされてます。
画像
ここ(黄色い四角)のリアバンパーと、赤い丸のところに付くリアゲート下の丸いラバーもキチンと別パーツ化。






その他のボディパーツ。
画像




今回のサニトラは(アウター)ボディと荷台周りのインナーパネルが分かれていて、
インナーパネル同士を箱状に組んでからアウターボディとドッキングするという構造です。

画像




その荷台のインナーパネルですが、こちらもモールドは良好!
画像
画像




荷台のロープフックとリアゲートのロックレバーも別パーツ化!!
画像







お次はシャーシと足回りのパーツ。
画像




リアの板バネもショックアブソーバーと一体ながら、リアルな造形です。
画像




このサニトラは車高が標準とローダウンが選択できますが、
車高の調整は・・・
画像
前輪は標準車高用とローダウン用のストラットのパーツを選択。
右側のストラットがローダウン用。
赤い丸の部分が左のパーツより長いので、車輪が上がる(つまり車高が下がる)


後輪はE10のマウントを上下どちらに取り付けるかで車高を調整します。
画像






ホイールとシートのパーツ
画像
同じランナーを2つずつセットする、ハセガワ独特のパーツ構成。



車高同様、ホイールも純正の12インチスチールと社外のアルミホイールが選択可能。
画像
画像
純正・社外アルミともに出来は良い(特に純正スチールはエアバルブまでモールドされてる!)ですが


前輪はホイール側にピン、後輪はホイール側にポリキャップと
前後でホイールのオスとメスが異なっています

画像


ですから、他のキットからホイールを調達する際は注意して下さいね!!



タイヤは外径・幅とも文句なし。ただし銘柄はなしのノーブランド。
画像
スペアタイヤもパーツ化されているので5本セット。

画像
画像
これがスペアタイヤのホイールとハンガー。





内装パーツ。

インパネはメーター・ラジオ&ヒーターパネルとステアリングホイールが別パーツ化
画像
画像
助手席側下の四角い箱は、後付のクーラー(サニトラはエアコンなんてシャレたものはありません! 笑)



個人的に面白いと思ったのは・・・
画像
シートバックのヘッドレスト裏が四角く肉抜きされていて、そこのフタが別パーツで用意されていること。
成型時の「ヘッドレスト表面のヒケ防止」でしょうか・・・



ドアトリムもリアルですね。
画像






クリアーパーツも透明度が高いです。
画像
サンバイザーもモールド化されてます。



各ライト類のレンズもモールドがリアルですが、
ウインカーやテールランプは塗装が必要
(最近は色付きレンズのパーツが付いてるキットも増えてきましたね・・・)
画像
赤い丸はルームランプ(これもパーツ化するとは・・素晴らしい)






デカールは結構充実してます。
画像
エンブレムもサービスで他の年式のも付いてますし、
メーターやラジオ・ヒーターパネル、シフトレバーのパターン(14番)もありますね。
ホイールのセンターキャップのSマーク(15番)は2個余分に用意。
ちなみに16番はドアと給油口のキーシリンダー、23番は寒冷地仕様車のステッカーです(笑)




また、メッキパーツですが、
今回使うフロントバンパー(サイドがゴムプロテクター付き)の他に
オールスチールのバンパー(矢印)と平型のフェンダーミラーもセットされています。
画像




先ほどご紹介したインパネのメーター周りのパネルとステアリングも
別パーツになっていたりしますから・・・

今回キット化された中期型の他に・・・
画像
(画像は標準ボデー)



バリエーションとして前期型のリリースも予定しているのでしょうかね・・・
画像
この前期型のメーターは「横バーグラフタイプ」なので
メーター周りの別パーツ化の理由もここにあるのでは?



以上、長々と書いてしまいましたが、
パーツを見る限り、かなり気合が入った素晴しいキットだと思います。
ただし、少々お値段が張るのがネックですけど・・・定価3,200円+税


今回はここまで。

最後に余談

サニトラといえば、ガソリンスタンドの灯油ローリーやタイヤショップ、
米屋さんや材木屋さんの配送車なんかが浮かびますが、
個人的にサニトラは電器屋さんのクルマだったりします。

と、言いますのも、同じ町内にあったナショナルショップ「●田電器商会」の
配達のトラックがサニトラでして、しかもこのキットと全く同じ中期型のロングボデーでした!
その●田さんのサニトラロング、最初はナショナルカラー(例のトリコロール)だったのですが、
事故を起こして廃車になり、買い直したサニトラは普通の白いボディでドアに屋号を
書いただけのシンプルな仕様でした・・・
(ホントかどうかは知りませんが、買い替えの際、松下電器からナショナルカラーの
塗装代の補助を受けられなかったので、止む無く白ボディに屋号だけになったとか 笑)

ボディカラーの謎はさておき、●田さんはいつもサニトラに乗って家電製品をうちに届けてくれましたし、
テレビの修理や、特選品カタログ(得意先向けの総合カタログ。確か年4回発行)を持って来たりと
結構な頻度でうちにやってきましたね。

そう、うちの家電はすべてナショナル製品で、●田さんのお店から買ってましたっけ。
思い浮かぶだけでも・・・
テレビはパナカラー、ビデオはマックロード、ステレオはテクニクス、エアコンは楽園(エオリア)
冷蔵庫はパーシャル、電子レンジはエレック、掃除機はキャニスター、洗濯機は愛妻号といった具合。
あっ、電池で動く「大根おろし器」なんてのもあったぞ(笑)

ですが、バブル崩壊後の95年頃に●田さんは廃業され、
それからは大手家電量販店で購入するようになってから
我が家の家電はメーカーがバラバラになりましたね。


ホントにどうでも良いお話でした・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
ながせさんもレビューされてると思い、訪問させて頂きました♪
寒冷地仕様のステッカーのデカールを紹介されてるのを拝見して
「ながせさんもやはりネタにされている!」と喜んでしまいました(笑)
この年代だと車名がダットサンだったという点や吊り下げ式のクーラー
(私はお恥ずかしながらエアコンと書いてしまいました・・・)
このご指摘のあたりに流石ながせさん!という感じで脱帽ですm(__)m

>個人的にサニトラは電器屋さんのクルマだったりします。
ナショナルショップのサニトラはこちらでも良く見かけました。
トリコロールは少数派の時代ではありましたが
角目後期の白ボディーで青ラインはよく見かけましたね。
あるナショナルショップのお店は息子さんの趣味か
二台所有してて一台はノーマルで、もう1台は息子さんの趣味か
丸目換装やビス止めフェンダーなどチューニングされてたり(笑)

余談ですが我が家も冷蔵庫はパーシャルでした!
親戚が家電の問屋に居た関係で逆にその時安いメーカーや
だぶついた在庫買ったりで我が家は家電メーカーがバラバラで
メーカーが統一されたご家庭が羨ましく思いました(;^^)

>あっ、電池で動く「大根おろし器」なんてのもあったぞ(笑)
単一の電池をやたら入れるやつですよね(笑)
これ、上記の親戚が親戚の集まりで鍋をやった時に
持ってきたのですが、叔母さんが洗うのがめんどくさいし
最後のほうが上手く出来ないという理由で見えないように
隠れて結局手でおろしてたのは内緒です(笑)

おっと、サニトラの記事に長文で私の話ばかりで申し訳ありませんm(__)m
ながせさんが制作される時はナショナルのお店仕様でしょうか?
制作される際は楽しみにしております♪
HITEQJASMINE
URL
2014/11/08 11:00
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
ご来訪ありがとうございます♪

私も昨日入手しましたが、HITEQJASMINEさんも無事
ゲットされたそうでおめでとうございます。
そちらのキットレビューも後ほど読ませていただきますね!

寒冷地仕様のステッカー、やっぱり反応しちゃいますよね。
最近のクルマにも貼ってあるのかはわかりませんが、
比較的新らしめのナンバーがついた日産車のリアウィンドウに
これが貼ってあると(大抵は無鉛ステッカーのとなり)、
元々は北国で使われていたんだなぁと感慨深くなりました(笑)

>この年代だと車名がダットサンだったという点や吊り下げ式のクーラー
確かサニーはFR最後のB310型、ブルーバードも910型
(こちらもFR最後)までは、車名は「ダットサン」でしたよね。
いやいや、吊り下げ式のクーラーも「エアコン」って呼ぶ場合が
ありますからね・・・上のはサニトラの「漢」なイメージを
強調するために書いてみました。

ナショナルショップのサニトラですが、トリコロールの
カラーリングは昭和60年代あたりから
次第に少なくなっていったと記憶してます。
また、この頃は商用車も買い替えサイクルが
早かったので、平成に入ると角目の後期型で
白ボディに青ラインというのが大多数でしたね。
それにしてもノーマルとカスタムのサニトラを2台所有する
電器屋さんって面白いですね(笑)

下に続きます…
ながせ
2014/11/09 00:17
おおっ、HITEQJASMINEさんのお宅も
パーシャル冷蔵庫でしたか!
当時は菅原文太の「時代はパーシャル!!」というCMが
良く流れておりました・・・
私が生まれる前から「家電はナショナル」でしたから、
今でも家電を買う際は、まずパナソニックのカタログ
から目を通します(笑)ですが、最近は各メーカーの
特徴がなくなってしまい、以前ほど家電に興味がなくなりました。

>単一の電池をやたら入れるやつですよね
>結局手でおろしてたのは内緒です
電源も欠点も仰る通りでございます(笑)
うちも買ってしばらくは使いましたが、その後押入れ行きでした。
ちょっと検索したら、こちらのブログさまに画像がありました
http://koko.sblo.jp/article/7168574.html
まさにこれです。貰い手は見つかったのでしょうかね・・・

いやいや、こうしたコメントはいつでも大歓迎ですよ。
サニトラはナショナルカラーも只の白ボディも良いし
ポリバケツみたいな水色も捨てがたいですね・・・
また製作開始までにじっくり考えますね。
ながせ
2014/11/09 00:18
こんにちは。ご無沙汰しています。

サニートラックがキット化されたのには驚きました。長く生産された車なので今でも時々見かけることありますね。

ドアトリムがリアルな点、吊り下げ式クーラーの再現、スペアタイヤの再現、シフトパターンやキーシリンダーをデカールで再現している点等、充実したキットですね。
Y34
2014/11/09 09:06
Y34さま

こんばんは。お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

まさかサニートラックがプラモデルになるなんて
本当に驚きですよね。昔にみたいに実用一辺倒の
働くサニトラは少なくなり、むしろ趣味のクルマとして
今でも多くのオーナーさんに可愛がられていますね。

このキットのパーツのリアルさやモールドの細かさは
思わずニヤリとしてしまうほど良くて出来ています。
ながせ
2014/11/09 21:52
こんばんは。

仰るとおり、サニートラックは現在は旧車ファンの中で趣味の車として可愛がられている感じですね。生産期間が長かったことから、比較的手に入れやすいということもあるのでしょうね。
Y34
2014/11/09 23:23
Y34さま

こんばんは。
お返事ありがとうございます。

そうですね。タマ数が多いので入手しやすいですし、
アフターパーツも豊富なのでいろいろカスタマイズ
できるのも魅力ですね。
ながせ
2014/11/10 00:03
たいへんごぶさたしておりましTakuでございます。

真面目な話諸事情重なりすぎてて91トレノも思いっきりツボだったのに完成の際もご挨拶できずで・・・。

HITEQJUSMINEさんとはまた別の切り口からのインプレッション、楽しませて頂きました。

とともに旧車モデルにおいてはもうお約束事項と化して即効製作して昨日完成と共にサイトに掲載、こちらでキットレビューされている旨を文章に記載しました。

・・・編集ミスで昨日の時点で掲載されてなく、慌てて修正しなおしたのですけど、ということでその件に関しましてお詫びいたします。

ナショナルカラー、わたしゃトラックはトラックでもサニトラでなくダットサンの、それも6人乗りの620ピックアップの印象が強く、というのも、叔父が電器屋やってまして、トリコロールカラーのダットサンピックアップ使っていたんですよねぇ。
ファミリーカー兼用だったんで6人乗りのほうだったんですが、昭和50年初頭に祖父が亡くなりなりまして叔父は室蘭うちは函館葬儀したのが長万部(もう一人の叔父が長万部在住)という事で親戚一同集まった際なんでセダンなのにトランクのフタがないのこの車?が第一印象でしたねぇ。

とまあナショナルがらみでつい思い出話なんぞしてしまいましたが、当時は電気屋さん専用のカラーリングなんかあって面白かっただけに、その仕様をと思っても中々が象でてこ内だけに難しいですしねぇ。

どのような仕様にされるのか楽しみにしております。

PostScript
今度の名古屋、昨年のむらちゃんさんのほかに北海道からもう一人サプライズさるバカが参加するかもとのことです♪
Taku
URL
2014/11/10 23:51
Takuさま

こんばんは。
こちらこそご無沙汰しております。

Takuさんもいろいろお忙しいようですが、
お元気そうで何よりです。また某誌での
素晴らしい作例も堪能致しました♪

いえいえ、こちらをご覧いただくだけでも大変光栄です。
また、当レビューもご紹介いただきありがとうございます。

おおっ、Takuさんお得意の「即効製作」でサニトラも
無事完成されたのですね!!おめでとうございます。
後ほどゆっくりと拝見いたしますね。

Takuさんのナショナルカラーのトラックはサニーではなく
ダットサンなんですね。しかも620型のピックアップとは!
私も小さい頃にこのクルマを初めて目撃した時の
インパクトは良く覚えています。当時は珍しくなかった
2ドアセダンのスタイルながら、やたらとボディが大きく(感じた)、
後ろにまわったら、なんとトランクのフタがない!!
しかもあのスペースはトランクじゃなく荷台だと知って二度ビックリ(笑)

電器屋さん専用カラーといえば、ナショナルのトリコロール他に
日立の「白ボディにオレンジと黄色のストライプ」もメジャーでしたね。
ですが、現役当時の画像は見つからないですよね・・・
(あっても廃車か、かなりお疲れのクルマがほとんど)

まだ具体的に仕様が決まっていませんが、製作する際は
ご期待に沿えるよう頑張ります!!

>PostScript
ひょっとして、生Takuさんにお会いできるんでしょうか♪
昨年はむらちゃんさんにもご挨拶できなかったですから
今年のオー集は楽しみです!!
ながせ
2014/11/12 01:36
こんばんは お久しぶりです。


サニトラがキット化されたのは驚きですね、
スペアタイアなどの小さいことでも作り込まれてるのを見ると組んでみたくなりますね(笑)

ながせさんなどのお方のレビューをみるかぎり
いいキットなのは間違いないですね!
たいよう
2014/11/13 21:36
たいようさま

こんばんは。お久しぶりです!
お読みいただきありがとうございます。

近年は旧車ブームと言え、
20年前に生産終了したサニトラのキットが
まさかリリースされるなんて驚きでした。

仰る通り、細部までパーツ化されていて
とても好印象ですから、私も早く組んでみたいです
でも、先にお手付きのキットを消化しないと(苦笑)

たいようさんもいろいろ大変だったようですが、
また落ち着いたらプラモもブログも
再開出来ると良いですね。
ながせ
2014/11/14 23:49
ながせ様、こんにちは。
待望のサニートラック、こいつもまたなかなかに素性が良さそうですね。
ハセガワさんならではの航空機モデルで培われたシャープさがそこかしこに活きていますね!。
サニートラック、まだ日産が銀座の頃、銀座本社で取締役を務めておりました私の叔父がマイカーの中の一台にコッソリ所有致しておりましたよ。コッソリと。
また、当時S30Zを所有していた悪友がサニートラックをオモチャにしておりまして、我々、メカも趣味で、エンジンや足回りもちょいちょいと弄るのも得意でございましたから、あちこちいじっては皆でサニトラでドリフトやらジムカーナやら、遊びましたね(笑)。
本当にオモチャ感覚です。
ハワイやロス、カリフォルニアなんかでもたまに見掛けましたよ。
私は今回のサニートラックは見送りました。もしかしたらショートが出るかもと。
私にとっての思い出のサニトラはショートです(笑)。
製作記、楽しみにしております。
ありがとうございました。
fourlingsNewS8
2014/11/18 14:11
fourlingsNewS8さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

仰る通り、ハセガワといえば航空機のキットが得意ですが、
このキットもハセガワらしい、シャープかつ繊細な
ボディとパーツ構成で、とても好印象を持ちました。

fourlingsNewS8さんにとってサニトラはショートなんですね。
そして「オモチャ感覚」という表現も納得です(笑)
さきほど記事にも書いたのですが、
先日サニトラの実車を見せてもらいまして、
その時ちょっとした試乗会になったのですが、
みなさんサニトラから降りると満面の笑みを
浮かべて「楽しい♪」と仰っていたのが印象的でした。
残念ながら、私は時間の都合で試乗できなかったので
次回は運転させてもらえるようお願いしてみます。

ありがとうございます。
製作する際はご期待に沿えるよう頑張ります
ながせ
2014/11/19 21:58
突然ですが、以下のツイートにこちらと同じ画像がありますが、
ながせ様は伊藤秀一氏と同一人物ですか?
https://twitter.com/ito101437/status/709957942943084544

この方、Webのあちこちの画像を転載しているのですが…。

もし無断転載でしたらですが、
常習者なのでツイッター社に通報をお勧めします。
(通報は第三者は不可なので。)

余計なお世話かもしれません。m(..)m

※このコメントは不要と思いましたら削除でOKです♪
T
2016/03/16 18:50
Tさま
はじめまして。

>突然ですが、以下のツイートにこちらと同じ画像がありますが、
>ながせ様は伊藤秀一氏と同一人物ですか?
あららホントですね…
当然ですが私は伊藤ではありません。

>ツイッター社に通報をお勧めします。
アドバイスありがとうございます。

>余計なお世話かもしれません。m(..)m
いえいえ、わざわざお知らせ下さりありがとうございました。

ながせ
2016/03/16 21:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハセガワのサニートラックを買ってきました。 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる