くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS アオシマのS210系クラウン アスリートも買ってきました。

<<   作成日時 : 2014/10/31 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 21

今回も買い物ネタです・・・

今年7月に発売された現行クラウンのロイヤルサルーンに続き、
アスリートのキットもリリースされましたので早速購入しました。

画像

1/24 ザ・ベストカーGTシリーズ No.02 GRS214 クラウン アスリートG '12

ロイヤルサルーンはハイブリッド仕様でしたが、パッケージのイラストや
車両型式からも分かるように、アスリートは3.5Lのガソリン車をモデル化しています。

今回も予約なしで無事入手成功。
ただし、いつものお店には入荷してなく、3軒ほどハシゴしましたけど(笑)

前回のロイヤルサルーンのキット同様、バリエーションとして
社外の20インチアルミホイールを履いたカスタムバージョンも同時リリース。



これが中身。
画像


アオシマ公式ブログでのテストショットは、
ボディ周りのパーツが黒い成型色でしたが、キットは白成型でした。
画像



なお、今回のレビューはアスリート専用パーツのみご紹介いたします。
それ以外(ロイヤルサルーンと共用)のパーツにつきましては、
前回のロイヤルサルーンのキットレビューをご参照ください。



まず最初はボディ。
画像




ロイヤルサルーンのキットレビューでも書いた通り、
アスリート用のフロントフェンダーに作り変えてます。
(この部分だけスライド金型で差し替えたのかな?)
画像




ロイヤルサルーンのボディ(画像左)と比べると
右のアスリートのフェンダー上部が盛り上っているのが分かりますよね(赤い丸)
画像







各ボディパーツ。
画像




特徴的なフロントグリルは
格子状のグリルメッシュや、エンブレム左右にあるメッシュの分割線も実車に忠実ですが、
全体的にちょっとモールドが甘いような気が・・・
画像




リアバンパー下のガーニッシュは、先ほども書いた通り、
モデル化した3.5Lのガソリン車用のタイプ(画像下)と、
ハイブリッド車用のマフラーカッター部分のえぐりがないタイプの2種類セット。
画像


なぜハイブリッド用のガーニッシュも用意したのかは・・・お分かりですよね(この文字色がヒント 笑)






続いてグリルモールとリアコンビランプのリフレクター
画像




グリル周りのモールはメッキの乗りも良好ですが、
ゲートがモールの縁ギリギリにあるので、切り口が目立ちそうですね。
(これはロイヤルサルーンもそう)
画像

左側は3.5Lガソリン車専用、ストレートタイプのマフラーカッター。



リアコンビランプのリフレクターもモールドがリアル!
画像




リフレクターもアスリート専用なら、
当然ランプレンズも専用パーツをちゃんと用意(このあたりも抜かりがない)
画像

ロイヤルサルーンのと比べ、アスリートのレンズは
表面がフラットで、角が少し出っ張っている。





アルミホイール。
画像

3.5Lガソリン車には標準(その他グレードはオプション)である
18インチのアルミホイールをモデル化。



画像

若干バリが多めですけど、センターキャップの王冠マークのモールドを含め
よく出来ていますね。ただ、実車のこのホイール表面はスパッタリング塗装で
かなりキラキラした仕上げですから、ホイールもツヤありメッキのほうが良かったかも・・・

あれ?今気づいたのですが、センターの王冠マークの角度が少しずれていますね(笑)
(実車は王冠マークの頂点が、その上部のホイールナットと揃う)



ちなみに、今回のアスリートは18インチ、前回のロイヤルサルーンは17インチの
アルミホイールをモデル化してますが、ここで2つを比べてみると・・・
画像
画像

画像右のロイヤルサルーンのホイールの方が若干小さめに作られているのが分かります
このように1インチ違うロイヤルサルーンのホイールがちゃんと小さいのはリアルですが、
どちらのキットもタイヤは同じサイズ(ブリヂストンのエクスペディア)なので、
タイヤ装着後に果たしてホイール径の差が分かるのかは不明ですけどね・・・






お次は内装パーツ。
画像




アスリートとロイヤルサルーンとでシート形状が違うのを
キチンと別パーツ化して再現しているのはスゴイ!!
画像
画像



3.5Lガソリン車専用装備、ステアリングコラムのパドルシフトももちろん再現。
画像







最後はデカール
画像

このデカールで3.5LガソリンのアスリートGをキチンと再現できます
・・・・と言いたいところですが、メーターパネルにエラーが(残念!!)

画像
左側のメーターがハイブリッド車用になってる!



これがハイブリッド車。左のメーターがデカールと一緒。
画像

(もっと突っ込んでいえば、アスリートはメーター指針が赤なので、
ハイブリッド車用メーターとしても間違っていることに 笑)




実車の3.5Lガソリン車のメーターはこう。
画像
この通り、左はタコメーターが正解。




以上駆け足でレビューをしましたが、このキットは
かなり綿密な実車考証をし、アスリートとしてほぼ完璧に作り分けているのが素晴しいです。
(他が完璧なのでメーターデカールのエラーが本当に惜しい!!)


「前回のロイヤルサルーンより、今回のアスリートのキットが本命」と
いうモデラーさんも多いでしょうから、その期待に十分応えてくれていると思います!!

みなさまも是非お手にとってみてはいかがでしょうか?


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

さすがながせさん、調達が早いですね(笑)
自分が想像していたよりも「アスリート」として作られてるのに驚きました
シートデザインは省略してくるんじゃないかと予想していましたが、見事に外れました^^;
リアバンパーのガーニッシュはハイブリッド用があるのに
デカールにはハイブリッド用のはないようですね。
しっかりハイブリッド仕様にしようと思ったら、ロイヤルからの流用が必要ですね。
メーターデカールのエラーはホントに惜しいですね…

私も欲しいですが、物欲は少し押さえて本業に専念したいと思います(笑)
どのように製作されるのか、楽しみにしています♪
ザッキー
2014/11/01 00:23
ザッキーさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

最近は更新をサボっていて、しかも買い物ネタしか
書いていないのが心苦しいですが、公約通り
10月末に更新できて良かったです(何じゃそれ)

仰る通り、シート形状も含め
ここまでキチンとアスリートとして
作り分けているのが驚きですよね!

今回ハイブリッドのエンブレムをデカールに
入れなかったのは、「話題となったあの仕様」を
新たなバリーエションとしてリリースするため
じゃないかな…と勝手に想像します。
メーターのデカールのエラーは
担当さんが他で頑張りすぎて、うっかり
気が抜けちゃったのでしょうかね(笑)

ザッキーさんもいよいよ来春に向けて
忙しくなってきますね…
良い結果を出すためにも悔いの残らないよう
頑張ってくださいね♪

このキットの行方は…近いうちにお見せできるかも(謎)
ながせ
2014/11/01 01:15
どうも、お久しぶりですm(_ _)m

ついにアスリート発売されたんですね!
自分はピンクかグリーンで製作したいなぁと思っています。
レビューを見るとさらに欲しくなってきちゃいますね(笑)

買ったとしても完成はいつになるかわかりませんが・・・。

ザッキーさんと同じく、今はとにかく勉強したいと思います←
Yuta
2014/11/01 12:03
お久しぶりです。

ながせさんもお忙しいようで、無理だけはなさらぬようにとおもっておりました…

さてさて、私も気になっていたアスリートでありますが…
やはり最近の車はなんやかんや成型色は白なんですね…塗装する人間にとってはいいのかもしれませんが…フジミさんのキットなんかも最近は箱あけて寂しい感じかがします…  クオリティーはロイヤル同様良い感じですね…
メーターはおいておいてもデカールも少ない印象です。

やっとCR-Zが終わったので次の作品に取り掛かりたいです!
また記事のほう楽しみにしております。
YUUKI
2014/11/01 15:35
Yutaさま

こんばんは。こちらこそご無沙汰しております。
コメントありがとうございます!

ええ、待望のアスリートのキットが発売されたので、
模型店に入荷した当日に買ってきちゃいました(笑)
拙いレビューでしたが、Yutaさんにもこのキットに
興味を持って頂けたようで良かったです。
ピンクに続き、今度は空色と若草色の
アスリートまでTVCMに登場しましたね♪

Yutaさんも受験生でしたね。
受験勉強もこれからが本番ですが、
体調に気を付けて頑張って下さいね!!
ながせ
2014/11/02 01:36
YUUKIさま

こんばんは。お久しぶりです。
コメントありがとうございます!!

お気遣いいただきまして恐縮です。
毎日何かと忙しいですが、おかげさまで
体調を崩すことなく無事に暮らしております。

仰る通り、最近のクルマのキットは
白い成形色のボディが多いですね。
ボディ塗装をする側から見れば好都合ですが、
箱を開けた時のインパクトが弱く、
色彩的にはちょっと寂しい印象を持つかもしれませんね・・・

ただ、キット自体の内容はとても良くて、
ロイヤル・アスリート共に、細かいパーツまで
キチンと作り分けられているのが素晴らしいです。

デカールは通常のナンバープレートがもう1種類、
そして、アスリート「S」や四駆の「Four」など
他のグレードエンブレムもセットしてくれたら嬉しいですが。

おおっ、イエローのCR-Zが完成ですか。
それはおめでとうございます♪
YUUKIさんの次回作、私も楽しみにしております!!
ながせ
2014/11/02 01:37
御無沙汰致しております。
アスリート、ついに発売されましたね。
なかなかに公私多忙で眺めるだけですけど(笑)。
しかしながら、当時マジェスタなんかもあったのですが、140系まではトヨタの技術の粋を集めてコストもふんだんで、拘りも造りも仕上がりもとことん徹底して上質でしたけれど、150系辺りからクラウンは大きな方向転換を始めましたね。
今では良くも悪くも「大変良く出来た普通のクルマ」になりました(笑)。
わが社も、ロイヤルですが今回クラウンと派生のマジェスタの二台を社用車に導入してみました。
逆にクラウンが大変良く出来た普通のクルマになってくれたおかげで、使い勝手も良く、経済的で、それなりに見栄えもし、またジャストサイズで社用にちょうど良いと思います。
これからの日本でクラウンはまたどう変わって行くのか、とても楽しみです。
ながせさんのプラモ製作も楽しみに待っております。
fourringsNewS8
2014/11/03 14:31
はじめましてです
いつもながせさんの製作記を楽しみにしています

やっと本命(?)なクラウンアスリートが発売されましたね
今度のオー通までには完成させようとボディを組んでみたのですが
サイドステップの合いなどは改善されている感じでした
ただボンネットの固定や前後バンパーの合いはいまいちな感じで
要修正といった印象を受けました

それでも各部の造形は要点を抑えた感じにまとめられていて
どこからどう見ても210アスリートです

デカールが少しさびしい感じもします
もしかしたら今後アスリートSなどといった感じで
バリエーション展開していくのかもしれませんね

430セダンの製作記の方も楽しみにしています
SOF
URL
2014/11/04 00:08
こんばんわ!

待望のアスリート発売されましたね^^
しかしちょっと期待ハズレな部分もちらほら見えますね…
メーターは気付きませんでした^^;
しかし何故、最後ギリギリになってハイブリッドデカールが撤去されてしまったのか謎ですね。。。
当初は選択式!と言っていたのに…

ただ、リアバンパー下部はきちんと残しているので、流用させて作れるのでまぁ良いかなぁとお言う印象です^^;
ちなみにピンククラウンはハイブリッド専用では無く3.5Lの設定もあり、40台ほど売れたそうですよ。
ムル太郎/Ellpyone
URL
2014/11/04 21:32
fourringsNewS8さま

こんばんは。お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

はい。ついにアスリートのキットも発売されました。
拙いレビューですが、fourringsNewS8さんに
読んで頂けるだけも光栄です。

仰るように95年デビューの10代目(150系)から
次第にコストダウンの波を受けてますね。
150系のスタイルは斬新?すぎた140系の反省から、
2世代前の大ヒットした130系クラウンを彷彿とさせて、
私は好きですけどね。

その後世代が進むにつれて、安全装備や
燃費・環境性能は進化していきますが、
かわりに車種体系やシート表皮、内・外装色の種類などが
どんどんシンプルになっていきました・・・

とはいえ、クラウンという絶対的なネームバリューと
信頼感・安心感は現行型でも健在ですから、
私にとっては今でも「憧れのクルマ」ではあるのですが。

ありがとうございます。プラモの方も頑張ります!
ながせ
2014/11/05 02:43
SOFさま

はじめまして!
いつもお読みいただきありがとうございます!

モデラーさんの多くが本命(だと思う)アスリート、
いよいよリリースされましたね。

SOFさんも早速購入されて、製作に着手されたのですか♪
実は・・・私も仮組みしてみましたが、バンパーの合いが悪く
(特にリア)、ボディサイドのフックからバンパーが
すぐに外れちゃうのには驚きました(笑)
サイドシル(ステップ)は比較的キチンと付きますが、これは
ロイヤルより改善されているのですね(情報ありがとうございます)

>それでも各部の造形は要点を抑えた感じにまとめられていて
>どこからどう見ても210アスリートです
これはSOFさんに全く同意です!
実車のプロポーションを良くとらえていていますよね。

デカールが寂しいのは、やはりバリエーション展開を
意図しているのでしょうかね・・・
ありがとうございます!430のほうも頑張ります。

先ほどリンク先のSOFさんのブログにお邪魔したら・・・
「製作が早い!・仕上げがキレイ!!・そして塗装がメチャクチャうまい!!」
・・・と以前からお気に入りだったブログでした(笑)
これをご縁にこれからもどうぞよろしくお願い致します。
ながせ
2014/11/05 02:44
ムル太郎/Ellpyoneさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

アスリート、いよいよ発売されましたが、
デカールがちょこっと残念ですけど(笑)、
他はちゃんとロイヤルと別パーツ化されていて
とても良いキットだと思います。

>しかし何故、最後ギリギリになってハイブリッドデカールが
>撤去されてしまったのか謎ですね。。。
>当初は選択式!と言っていたのに…
そうだったのですか!(これは知りませんでした)
と、いうことは発売間近で3.5Lガソリン仕様に決まったのですかね。

それと、リアバンパーのガーニッシュを2種類つけた理由は、
やはり「バリエーション化」を睨んでいるのでしょうね。

>ちなみにピンククラウンは
>ハイブリッド専用では無く3.5Lの設定もあり、
>40台ほど売れたそうですよ。
私の仕入れた情報によれば、ピンクのクラウンは
ハイブリッドが約610台、四駆の2.5Lガソリンが約40台の
計650台と聞いております。
ながせ
2014/11/05 02:46
こんばんは!
レビュー拝見させていただきました♪
(すみません、実は土曜日には拝見していたのですが・・・・)
今回私も一番乗りを狙いましたが金曜日の夜には
ながせさんはすでに入手されていらっしゃったんですね!
ある意味ではこれが一番驚きでした(笑)
私は土曜日の昼の段階で連絡はなしでバタバタしていたので
模型店に行って入荷を知りましたので予約分をもらってきました。
そしたら謎の粉だらけだったというおまけ付きだったのですが(汗)

的確なレビュー、いつも非常に勉強になります。
テールレンズとパドルシフトはこちらを拝見して気づきました・・・
私もやいのやいのブログで書きましたが
きちんと作り分けられていて好印象なだけに
メーターのデカールやホイールのメッキが惜しいなと感じましたね。
この辺りはバリエーションに期待することにします♪

私はまだお手つきキットがあるので手を付けられませんが
ながせさんの製作記も楽しみにしておりますm(__)m
HITEQJASMINE
URL
2014/11/05 23:46
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
お読みいただきありがとうございます!

今回は運良く最速ゲットが成功いたしまして、
自分でも少々驚いております(笑)

いえいえ、毎度の拙いレビューで恐縮です・・・
テールレンズですが、レビューを書く前に
ロイヤルのパーツと見比べていて発見しました。
また、パドルシフトの有無やシートパターンの違いなど、
通常は手を抜きがちな内装までキチンと別パーツして
再現しているところも凄いですよね。

仰るように、メーターデカールのエラーやつや消しメッキのホイールなど、
ちょっと残念なところもありますが、
最近のアオシマはバリエーション追加時にエラーの修正を
してくれますから、今回のクラウンもそれを期待しちゃいますよね。

ありがとうございます。
私もお手付きだらけですが、
ひとつでも多く完成品をお見せできるよう頑張ります。
ながせ
2014/11/07 00:50
こんばんは。ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m
アスリート、発売日には買えませんでしたが少し遅れて入手出来ました。
今、下処理中ですが、ホイールの王冠マークのズレやデカールのメーター等が残念ですが、ロイヤルとの作り分けが見事といった感じですよね。

TLV-NのマークUは、自分もながせさんと同じく白を購入しました。
TAKA
2014/11/11 23:30
TAKAさま

こんばんは。お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

TAKAさんもアスリートのキットを入手されたのですね。
確かに多少のエラーがありますが、きちんと
作り分けられていて良いキットだと私も思います。

TAKAさんのアスリートは「あの仕様」になるんですね!
今から完成を楽しみにしております♪

TLVNの71マークII、私と同じく王道?の
白ボディのほうをゲットされましたか!
ながせ
2014/11/12 01:45
ながせ様こんにちは。
そうですね。
確かにここ数年のトヨタ量産車は盛大にコストダウンされました。
足回りもさることながら、エンジン、ボディー、塗装、インテリア、多岐に渡り。
走らせると如実に分かってしまいますね。
私も友人始め、わが社の下請けさん等も140まではクラウンやらマジェスタやらアリストやらと非常に多かったのですが皆さん既にレクサス、輸入車ですね。
LSに乗られる方も、前期のヤツはなかなか良かったが、後期現行はセルシオより良くない、と(笑)。
量産上級大衆車としては目立たず、大変に良く出来た無難なセダンですから、これがクラウン、を名乗らなければもっともっと売れると思います。
そこだけが惜しいです。
トヨタの原点と立ち返り、もう少し真摯に物造りを考えて欲しいな、と感じました。
またお邪魔させていただきます。
430、楽しみに待たせていただきます。
fourlingsNewS8
2014/11/12 16:23
fourlingsNewS8さま

こんばんは。
お返事ありがとうございます!

なるほど、走りについてもコストダウンが
如実にわかってしまうのですか…

かつてクラウンはトヨタの伝統ある高級車として
コストをふんだん掛けて開発してましたが、
最近はレクサスのLSやGSとマークXの間を
埋めるクルマとして作られている気がします。
ですから「クラウンで物足りなければレクサスをどうぞ」
といったある種の割り切り感もあるような気もしますね。

>トヨタの原点と立ち返り、もう少し真摯に物造りを
>考えて欲しいな、と感じました。
そうですね。コストダウンや燃費も大事ですが、
かつてのトヨタのキャッチコピーだった
「愛される車をめざして」頑張って欲しいですね。
ながせ
2014/11/13 01:44
ながせ様こんにちは。
お邪魔させていただきました。
そうなのです。やはりトヨタには源流である豊田自動織機を創業した豊田佐吉、そして自動車を生み出した息子、豊田喜一郎の「ものづくり」の精神をもう一度取り戻していただきたいですね。
私、会社員時代も、家業である事業を営む現在も、日本古来の究極の伝統技術、匠の技と現代の先進技術の融合させる業界の技術者なものですから、どうしても日本の伝統美、とことんプロ意識を追求してしまいます(笑)。
クラウンも、後のセンチュリーと共に母方の祖父が初代観音開きから120系セダンロイヤルGまで歴代愛用しとても思い入れがありました。そしてクルマ自体が後のクラウンとは全く違いましたね。
レクサスもまた然りで、セルシオである初代、二代目LSは非常に良く、三代目、また現行LSもそれなりに良いのではありますが、その他のラインナップはLF-Aを除いて全て既存の量産車がベースですから、外面を必死に作ってはいますがステアリングを握りますと徹底してコスト意識が如実に分かってしまいます(笑)。
Lエンブレムの付いたトヨタ車だ、と(笑)。
デザインも格調、品格が足りず少し子供じみていますね。
高級、は内面、見えない部分が徹底して高級でなければ高級な味わいは出ませんからね(笑)。
かつてのトヨタの高級車が素晴らしかったのはその日本の伝統を大切にしていたからだと思います。
どうしても、自動車とは全く何の関係が無くても、日本のプロ技術者としてはそこを見てしまいます。
奥深い自動車のお話は本当に楽しいと思います。
また、お邪魔させていただきます。
ありがとうございました。
fourlingsNewS8
2014/11/15 12:00
fourlingsNewS8さま

こんばんは。

またまたコメントありがとうございます!
う〜ん・・・興味深く読ませて頂きました。
日本の伝統美やプロ意識、かつてのクラウンは
そうした「ジャパン・オリジナル」を感じさせるクルマでしたね。
でも、ゼロクラウンあたりから欧州のプレミアムセダンを
意識しはじめるとクラウンも徐々に変わってきました。
こうした変化で新たな客層も獲得できたのは良かったのですが、
逆にクラウンらしさが薄れてしまったかなと私は思います。

レクサスブランドも含め、トヨタには「伝統とは何か?」
そして「高級車とは何か?」ということを今一度見つめ直してほしいですね。

私もこうしたクルマ談義、とっても楽しいです。
またいつでもお気軽にどうぞ♪
ながせ
2014/11/16 23:14
ながせ様
クルマ談義は本当に愉しいものですよ。
そうですね。確かにクラウンは上級ファミリーカーとして新しい客層は開拓はしたものの、それと引き替えに多数の伝統的なクラウンオーナーも失った様です。
実際には層が拡がったのではなく。
プレミアムを目指すならば、メルセデスなどの欧州勢は遥かにレベルが高いですからね。
アウトバーンでハンドルを握ると本質がよく分かります。
目指すならば、世界の中の日本、ならではの趣を求めたいですね。
我が家は個人マイカーのセンチュリーに加え社用のクラウンやプリウスなどがありますからトヨタ店は個人部門にも、法人部門にも付き合いが永いのですが、担当でさえそう申しますから(笑)。
私の友人もトヨタ自動車本体の基幹職、役員ですが「原点」を大切にしなけりゃ、とぼやいていましたね。
その点、最近はマツダ、スバル、日産がクルマという文化をよく理解しているな、と思います。
購入はしないですけれど(笑)。
ありがとうございました。
fourlingsNewS8
2014/11/20 14:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アオシマのS210系クラウン アスリートも買ってきました。 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる