くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 430 セドリック セダン 製作記 その6

<<   作成日時 : 2014/06/20 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 12

今回はボディの細部の塗装です。

まずはこんな感じでマスキングします。
画像

画像

毎度のことながらマスキングには時間が掛かり、
今回も2時間ぐらいは掛かったかな。





続いてセミグロスブラックをエアブラシで塗装。
画像

画像

こちらは5分程度で終了。
マスキングと塗装の時間の差g・・・これはいつも言ってるのでやめておきます(笑)





塗装が乾いたらマスキングテープを剥がし、
細部の塗り分けが完了!!
画像

画像






先月のクルマのイベントで、幸運なことに実車を拝見できるチャンスがありまして、
今回の塗り分けの詳細は実車と照らし合わせながらご紹介します(なんと贅沢な・・・)

画像

じゃ〜ん、これが今回見せて頂いた
セドリック4ドアセダン 200E SGLエクストラ (前期型)
L20E型エンジン搭載で、デビュー当初の2リッター最上級グレードですね。
ミッションはニッサンマチック・フロアタイプ(3速フロアAT)でした。

デビューから35年!、モデル終了から31年も経った2014年に
430セドのフルノーマルの個体を直に拝見できるとは・・・・感無量でした(笑)





まずはドア下の黒いロッカーパネルですが、実車は・・・
画像

ドアの開口部(このクルマは上級グレードなので、フェンダーとドア下にロアモールが付いてます)より
少し下(赤い矢印)から黒く塗り分けてあります。


ですから、それに合わせ、ドア開口部より0.8oほど下で塗り分けました。
画像

ちなみに、ボディ中央のサイドプロテクトモールはモールドにあわせて塗装。





また、サイドウィンドウ下のモールの内側に、
黒いゴムモール(通称 水切りモール)がありますので(赤く囲った部分)・・・
画像



こちらも塗装で再現しました。
画像

ドアの端やセンターピラー周りのマスキングが甘く、一部色がまわってませんが、
これは後でタッチアップしておきました。





リアバンパー中央の下、ナンバープレートの両脇に
ガーニッシュがあるのですが、キットにはこのガーニッシュのパーツがありません。
画像




ですからこのガーニッシュは塗り分けで再現。
画像

見比べると、前期型と後期型とではナンバー周りのバンパー切欠きの大きさが違いますが、
(前期型は切欠きが広い・後期型は狭い)、ここのガーニッシュは後期型にもついてますよ。

これが後期型の実車画像
画像




今回ご紹介したボディ細部の塗り分けは、キットの説明書では書かれていないので、
もしご参考になれば幸いです。


今回はここまで。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ



さきほど登場した430セドリックですが、
拝見するだけじゃなく、なんと乗せていただきました。


なるほど・・・助手席からはこう見えるんだ・・・
画像


かなりボンネットが長いですが、先端までよく見えるので取り回しがしやすそうです。
それと、フェンダーミラーは割と外側に出ているんですね。



後席のオペラウィンドウ越しの景色・・・
画像

写真が下手くそで申し訳ありません。
オペラウィンドウのセドリックのマークがとってもおしゃれ♪
マークはウィンドウに直接印刷してあるみたいです。
ふむふむ、このウィンドウは旭硝子のテンパライト(強化ガラス)ですね。
(まぁ、これは驚くところじゃないけど)

と、いった訳で、助手席と後席に乗せていただきましたが、
乗り心地はとにかくソフトでまるで船に乗っているような感じ。
まさに昔の高級車の(俗にいうクッションの良い)フワフワな乗り味に
乗り慣れていない私は、軽い車酔いをしてしまったのは内緒です(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー、実車で考証しながら模型を作る・・・素晴らしい。
430は私も乗せてもらいましたが、アメリカンな魅力がありましたね。
ノアール
2014/06/21 00:18
 実車で考証しながらの作成はよりリアルな完成が期待出来そうです。
 そして、乗せてもらえたのは羨ましいです。良かったですね。昔の高級車のソフトなシートのクッションは乗り心地が良いように設計されているのでしょうが、車酔いしやすいというデメリットもあったみたいですね。
Y34
2014/06/21 01:11
ノアールさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

実車を考証しながら製作できるなんて
本当に素晴らしいし恵まれていると思います。

430の乗り心地は、当時のキャデラックやリンカーンを
彷彿とさせますよね。とはいっても私はどちらも
乗ったことが無いのであくまで想像ですが(笑)
ながせ
2014/06/21 22:51
Y34さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

おかげさまで実車をじっくりと考証できましたが、
どこまでリアルになるかは私の腕しだい?ですから
ご期待に沿えるよう頑張りたいと思います。
中学生のときに乗せてもらったHTの280Eブロアム以来
約25年ぶりに430セドリックに乗ることができましたが、
こんなにフワフワだったかなと思うほどソフトな乗り心地で
軽い車酔いを含め、古き良き高級車を満喫しました(笑)
ながせ
2014/06/21 22:52
こんばんは。
実車考証しながら製作ができると、細部までよく分かるので良いですよね。
自分の家は今のアルファードの前は初代のアルファードを乗っていたので、今アルファードを製作していると「なんで細部写真を撮っておかなかったんだ・・・」と思います・・・・

説明書に乗っていない塗り分けの紹介は助かりますよ。自分は430は作りませんが・・・(苦笑)
Lexus222
2014/06/21 23:16
こんばんは!
いつもながらビシッと塗り分けられていて素晴らしいです。
現代車でこそ少なくなった黒いサイドモール、一度マスキングの腕試しに試してみたいものです。
ガタガタになって意気消沈するのは目に見えていますが(笑)

実車をみて製作すると、細部まで忠実に再現できるからいいですよね。
ただ、一昔前の車やスーパーカーだったりすると、今回のような縁が無いと厳しいですが・・・

ザッキー
2014/06/22 00:59
Lexus222さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

仰る通り、写真では分からない部分まで
じっくり見ることが出来ますから良いですね。

私も昔の家のクルマの写真はあまり撮ってないですね。
いつでも撮れると思いつつ、結局は撮らずじまいでした(苦笑)

そう仰っていただけてうれしいです♪
430を製作される方のお役にたてたなら光栄ですね・・・
ながせ
2014/06/22 19:38
ザッキーさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

マスキング塗装がビシッと決まるとうれしいですね。
ザッキーさんもマスキング塗装のコツ(マスキングテープの端を
しっかり密着させる&一度にたくさん塗料を吹き付けない)を
うまく掴んでモール塗装にチャレンジしてみて下さいね。

今回のセドリックも普通ではなかなかお目にかかる
機会がありませんから、とってもラッキーでした!
ながせ
2014/06/22 19:39
こんばんは、順調に進んでいて何よりです。
水切りモールがあるんですね・・メモメモ
本物を見ないとわからない部分もありますね、
なかなか見れないのでちょっとしたことでも掲載されていると
ありがたいです。SGLエクストラですか前期では珍しいのでは
ないでしょうか?

こちらも何とかクリアーは吹き終わったのですが
ユズ肌が激しくちょっと不安ですが頑張ってみます。
黒幕ぬぽ
2014/06/22 21:22
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

喜んで頂けて光栄です♪
私も「へぇ〜実車はこうなんだ・・・」というところが
多くてとても勉強になりました(笑)
次回以降の記事でも登場しますのでお楽しみに。
前期のSGLエクストラですが、私の記憶では
セダンよりHTの方が良く見かけたような気がします。

おかげさまで順調に進んでますが、ポカミスをしないよう
気を引き締めていきたいと思います。
黒幕ぬぽさんの430もボディの磨き頑張って下さいね!
ながせ
2014/06/23 00:56
こんばんは。
マスキングもバッチリで綺麗に塗り分けられてお見事です。
リアのガーニッシュは黒だとあまり気にしない部分だったので、黒以外では再現しておくとポイントになりますね。

それにしても実車に乗せてもらえたとは羨ましい限りです。
車的にリアに乗るとちょっと刑事ドラマの容疑者のようになってしまいそうですが(^_^;、助手席だとあぶ刑事のタカとか刑事の気分になれそうですね(笑)。
TAKA
2014/06/29 21:48
TAKAさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

マスキング作業はホントに面倒ですが、
うまく塗り分けられた時の喜びはひとしおですね(笑)
仰る通り、Rバンパーのガーニッシュは
リア周りのポイントのひとつですから、忘れずに再現しました。

私もまさか430に乗せてもらえるという思いがけない
チャンスにとっても興奮しました!
後席には2人で乗ったのでゆったり快適でしたよ。
(もし3人乗車で中央に座ればまさに犯人気分でしたでしょうね 笑)
助手席では港7のタカみたいに赤色灯をひょいと載せたくなりました
さすがにオチの「去る者は追わず」は勘弁ですが(笑)
ながせ
2014/06/30 00:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
430 セドリック セダン 製作記 その6 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる