くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS AE91 スプリンタートレノ 製作記 その5

<<   作成日時 : 2014/06/15 20:32   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

今回はウィンドウの塗装と取付け。ちょっと長めです。


製作記の最初にも書いた通り、今回のトレノは以前友人から頂いた
無塗装組み立て済みのキットをバラして作り直しているのですが、
リアウィンドウに友人の好みでワイパーが付いていたので、
接着剤がこのように付着しています。
画像

画像


リアワイパーを後付けした。そしてボンネットのフードバルジが無かった(あ、これを書き忘れていた)
・・・ということで、友人はこのトレノをキット本来のGT-Zじゃなく、最上級のGT APEXに
グレードを変更していたんですよね。(この友人もかなりクルマに詳しい)




幸い接着剤はウィンドウの表面を少し溶かしているだけで、除去は可能。
まずは600番のペーパーでリアウィンドウを磨きます。
画像


少し時間が掛かりましたが、無事に接着剤を削り取れました。
ウィンドウ磨きにはやや粗い600番を使ったペーパー掛けですから、
このとおり一面真っ白の擦りガラス状態になります(笑)
これからペーパーの番手を上げてじっくり磨いていけば元通りの透明に戻りますからご安心を。

と、いうことで1000番→1200番→1500番→2000番とペーパーの番手を上げて磨いていき、
さらにコンパウンドの細目→仕上げ目を掛けて仕上げていきます。

画像

画像

画像

画像

画像の3枚目は2000番のペーパーを掛けたあと、
コンパウンドの細目で磨いた状態。ここで一気に透明度が増します。
最後に仕上げ目を掛け終わると元通りのクリアなウィンドウが復活!
(画像だと3枚目と4枚目との透明度の違いがよく分かりませんね 苦笑)

もちろん接着剤もキレイに除去できました。
画像

このあと、ウィンドウ全体をコンパウンドで磨き、磨き工程は終了です。




続いてウィンドウ周りの黒い枠(黒セラ)の塗装。
とりあえずウィンドウの裏に枠のモールドがありますが、
モールドが薄く、ところどころ消えているところがあるので・・・

画像

画像


何度もボディとウィンドウを合わせながらマスキングしました。
これまた面倒な作業でサクッと2時間半ぐらい掛かりました(笑)




裏からつや消しブラックをエアブラシ塗装。
画像

マスキングに2時間半掛かったのに、塗装はたった3分で終了
(いつも書いてますけど、ホント割に合わないよなぁ)




つや消しブラックが塗り終わったら、そのままピラーの内貼りの塗装。
フロントガラス下にマスキングを追加し、Mr.カラー37番 RLM75グレーバイオレットを塗装。
画像

画像

さっきのつや消しブラックと変わらないように見えますが、
実物はちゃんと濃いグレーです(念のため)




さらにマスキングを足し、天井前方部分の塗り分けです。
画像

天井の前方は11番 ガルグレー。塗った直後の画像を撮り忘れたので、出来上がりはこのあとで・・・




都合マスキングを3度重ね、
ようやくウィンドウの黒い枠と内貼りの塗装が完了です!
画像

画像

画像





今回の塗装前に、トレノと同じ内装色(シャドーグレー)のAE92カローラセダンを
実車取材させて頂いたのですが、(以前の記事にもちょこっと出てました)、
そのときオーナーさんに「天井の前方にルーフヘッダトリムがありますから」
ご説明いただいたので、仰せの通り再現いたしました(赤い矢印)
画像

そういえば、今のクルマはルーフヘッダトリムがなく、
フロントガラスの端ギリギリまで天井が張り出してますよね・・・

黄色い矢印の扇形の箱は、ルームミラーを固定するためのもの。
前方の穴に、先端がL字のカギ状になったルームミラーを差し込み90度回して固定します。
このキットは接着剤のいらないスナップキットなので、ルームミラーを
固定するだけでもこんなに大きな箱がいるんですね(笑)
当然実車には無いので除去したかったのですが、
誤ってウィンドウを割ってしまいそうのでやめておきました。

で、先ほど書いた「先端がL字のカギ状になったルームミラー」とはこれ。
画像

でもなぜミラーがランナーについた状態かというと、ルームミラーを紛失してしまったから(笑)
(この画像は新品のキットから撮影)

なので、ジャンクパーツから適当なミラーを探して塗装、
忘れずに防眩ミラーの切り替えノブも再現(ここは拘ります 笑)
画像

他のキットのミラーなので、当然先端はただの棒状、ですから普通に接着剤で固定します。




ルームミラーを接着後、車検ステッカーと定期点検のダイヤルステッカーを裏から貼り付けます。
画像


実車は1987年5月発売で、その時に新車登録したトヨタの広報車の雑誌記事を見ると、
車検ステッカーは黄色、定期点検ステッカーは赤でしたので、それに倣いました。
各ステッカーは自作。「5」のフォントと下の運輸省のロゴ(ただし字が潰れてる)、
少しオレンジ掛かった黄色、ダイヤルステッカーも点検時期を5月に合わせる・・・
など、最大限実物を忠実に再現した(つもり)。




リアウィンドウには定番の無鉛ガソリンステッカーを貼り付け。
画像

ウィンドウの角から少し内側寄りなのも実車通り。

う〜ん・・・ここまでアップで撮ると、
ウィンドウの黒い枠がガタついているのがバレバレですね(汗)
まだまだマスキング塗装の修行が足りません。




お次はウィンドウをボディに取り付け。
接着ポイントは、天井の前方裏とリアピラー裏。いつものナイスタック(両面テープ)で固定します。
画像


ボディに取り付ける際は、最初にリアウィンドウ下にある突起(右の矢印)に
ウィンドウの端をぴったり当ててから、前方を取り付けます。

あ、それと、フロントガラスにワイパーがピッタリ添うよう、
ウィンドウ取り付け前にワイパーブレード(左の矢印)を室内側に軽くしごいておくと良いです。




ウィンドウが付いたら、予め型取りしておいた、プラバンの天井を取り付けます。
画像

天井前方と同じく、ガルグレーで塗装。今回はサンバイザーやルームランプは省略(スイマセン)




今回はここまで。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

ウィンドウ磨き、お見事です!
自分がウィンドウを磨くと、4000番までのペーパーを使って同じ工程を踏んでも、スリガラス状態のままです。きっとせっかちなんでしょうね(笑)
窓枠塗装も、キットにマスクテープが付属してないと難しいですよね。
いままでで、付属してないキットを製作したのはたった一度ですが大嫌いな作業になっちゃいました。
楽を知ると、ダメですね・・・作れるキットの幅を自分で狭めてしまいました(汗

スナップキットには「どうせ接着剤のいるところが一か所くらいあるんでしょ?」なんて思っていましたが。
ルームミラーが接着剤不要だとは・・・・いままでの考え方が壊れました(笑)

完成も近いですね。
引き続き頑張って下さい!
ザッキー
2014/06/15 23:18
ザッキーさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

おおっ、4000番のペーパーもお使いになるんですか!
それでもキズが残る場合は、一つ前の番手に戻って
ペーパーを丁寧に掛け直してみるとか、
コンパウンドの磨き布を見直す(荒目・細目・仕上げ目
それぞれ専用の布を使う)とか試してみても良いかもしれません。

ウィンドウの黒い枠の塗装ははっきり言って面倒ですね(笑)
でもこの枠がキチッと塗ってあると完成度が上がるので
手を抜けないんです・・・
確かにウィンドウ用のマスキングシールってホントに
便利で、一度使うとこれが無いキットを作りたくなる
気持ち、私もよ〜く分かりますよ(笑)

このキットは本当に接着剤を全く使わずに作ることができますよ。
車種が古いのであまり興味が沸かないかもしれませんが、
チャンスがあれば一度作ってみると面白いですよ。
ながせ
2014/06/16 00:51
 ウインドー磨き、お見事です。きれいな透明感が増していますね。
 そして、防眩ミラーの切り替えノブも忘れずに拘るのもさすがですね。
Y34
2014/06/16 10:55
お久しぶりです、こんばんは。
コメントは残せていませんがいつも楽しませていただいております。
リアウィンドウの修正、お見事です。
その後のルーフ周辺やステッカー類、ミラーのノブなどもさすがはながせさんですね。
430セドと共にここから先も楽しみにしております!
じぇざ
2014/06/17 00:32
Y34さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

リアウィンドウの接着剤もキレイに除去できました!
防眩ミラーのノブの拘りですが・・・まぁいつも通りですね(笑)
ながせ
2014/06/17 01:25
じぇざさま

こんばんは。お久しぶりです!
いつもご覧いただきましてありがとうございます。

じぇざさんにお褒めいただいて光栄です♪
ウィンドウは無事に磨き上がり透明度も戻りました。
ミラーのノブやステッカー類は毎度の自己満足ですけど(笑)
430セドリック共々完成まで頑張ります!
ながせ
2014/06/17 01:25
ながせさんどーもー。
ヘッダートリムの再現ありがとうございます。
(勝手に)大満足です。

プラモデルの元オーナーが
GT-APEXを作ろうとしていたことも驚きました。

ウィンドゥにヤスリをかけたのはびっくりしました。
ちゃんと番手を上げれば元に戻るものなのですね。
理屈では分かっていても怖いなと思ったのでした。

今後の展開も楽しみにしています。
ノアール
2014/06/17 08:41
ノアールさま

どうもです。
先日は夜遅くに失礼しましたm(_ _)m

取材時に教えていただかなければ、
ヘッダートリムなんて無視してたでしょうね。
お気に召して光栄です♪

このキットの元オーナーはノアールさんも
よく御存じの、長身のあの方ですけど、
頂いた他のキットもちょこちょこと手が入っていて
あの方のグレードやオプション装備に対する
こだわりが伝わってきて面白いです(笑)

透明のプラパーツはヒビが入りやすいことに
気を付ければヤスリ掛けも可能なんですよ。

ありがとうございます!ノアールさんの
ご期待に添えるよう頑張ります!
ながせ
2014/06/17 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AE91 スプリンタートレノ 製作記 その5 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる