くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS 430 セドリック セダン 製作記 その5

<<   作成日時 : 2014/06/11 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

今回はボディの鏡面仕上げです。


前回のボディ塗装とクリアーコートをした直後のボンネットはこんな感じ。
画像

ツヤは十分ですが、ユズ肌ですね。


いつも通り、ペーパーとコンパウンドを使って
このユズ肌をなめらかな鏡面に仕上げていきます。

手順をおさらいすると、クリアーコートが乾燥したら(軽く爪を立てても跡が残らなくなったら)、
ボディの表面を1500番の耐水ペーパーで軽く水研ぎし、その後
タミヤコンパウンドの粗目→細目→仕上げ目の順に使ってボディを磨いていきます。



鏡面仕上げ後のボンネット
画像
天井の照明がこんな感じに映り込みます。
この角度だと照明が楕円形に映るのは、ボンネット中央にプレスラインが通っていて、
そのプレスラインの左右でゆるい傾斜が付いているため。

前方のエンブレムのところはカドが出てます(塗装が剥げてる)が
ここはメッキ仕上げになるので問題ありません。





これも恒例のPC画面のテストパターンを使った映り込みチェック
画像

画像

画像


ボンネット・ルーフ・トランクリッド共にキレイにストライプが映りますね。
同時進行しているトレノのようにパネル表面のヒケもなくひと安心。





サイドパネルもややユズ肌気味ですが、十分映りこんでますね。
画像

画像




今回は短いですがここまで。
画像




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おまけ

トレノの製作記でちょこっと取り上げた
耐チップ塗装(飛び石などで塗膜が欠損するのを防ぐ、特殊な塗装)ですが、実物はこんな感じ。

画像

これは以前も登場した、大虎さんの2代目のサバンナRX-7(FC前期)のドア下部分。

左端の赤い矢印の先に薄い直線が見えますが、その線より下の塗装は、
線の上と比べると、塗装がやや粗いユズ肌ですよね。
このボディ下のユズ肌部分が耐チップ塗装となります。


相互リンクさせて頂いているザッキーさんには、
ご自身のブログでも耐チップ塗装ネタを取り上げて頂きましたが、
これでお分かり頂けたでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、430セダン綺麗で渋くて良いと思います。
僕もユズ肌が残りますが磨きすぎて角出すのも良くないのでたまに悩みます。

こちらもデラックスを作るため、カラーリストを参考にさせて頂きました、
ありがとうございます。
黒幕ぬぽ
2014/06/12 08:29
こんばんは。

きれいな鏡面になってますね!
自分の製作しているのも、塗装をして研ぎ出し段階ですが
やっぱり、ここまで綺麗に鏡面にするのは難しいですね。。。

耐チップ塗装の画像ありがとうございます!
思っていたよりゴツゴツしてなくて驚きました。
傷が付きにくい、という点に関しては、日産のスクラッチシールドににてると思いました。
ほんとにありがとうございましたm(_ _)m
ザッキー
2014/06/12 22:43
黒幕ぬぽさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
確かに渋い色で私も気に入っています(笑)

おおっ、430セドリックのデラックスは
ゴールドメタ決定ですか!カラー一覧も
活用いただきとても嬉しいです。
ながせ
2014/06/12 23:56
ザッキーさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

ツルツルピカピカな鏡面仕上げは
ある程度コツが入りますね。
クリアーコートの段階で頑張って
ツヤを出しておくこともポイントだと思います。

耐チップ塗装の画像ご覧頂きありがとうございます。
実物は「ユズ肌が荒い感じの塗装」といったイメージですね。
スクラッチシールドは、キズ付いた塗膜が自己修復するという
画期的技術ですが、どちらも弾性を持った塗料というところは
似ているかもしれませんね。
ながせ
2014/06/13 00:08
お久しぶりです。
最近なかなかコメントできず申し訳ないです...

セドリックの艶、素晴しいですね!
やはりコンパウンドが3種揃ってると違ってくるもんなんでしょうかねぇ...
僕のR34は細目だけで磨いたので、どうしても限界があるんですよね...

トレノもセドリックも完成が楽しみです!
ユウビア
2014/06/14 10:07
こんばんわ!
素晴らしいボディーカラーですね^^
艶と言い色の深みと言いお見事です。

久しぶりに純正車を作りたいなぁ〜と思いつつ、なかなか純正で作りたいキットが見つからず手つかずで、待ち望んでくださっているながせさんには申し訳ないです><;
ムル太郎/Ellpyone
URL
2014/06/14 22:31
ユウビアさま

こんばんは。お久しぶりです!
いえいえ、お忙しいなかコメントを頂きまして
ありがとうございます。

ボディのツヤをお褒めいただき恐縮です。
細目のコンパウンドひとつでも磨きは出来ますが、
大きな傷がなかなか消えなかったり、逆に細かい傷を
消すのに時間が掛かるケースもあるので、
できれば荒目と仕上げ目のコンパウンドも揃えたほうが
磨きが楽になるんじゃないかなぁと思います。

セドリックとトレノ、ユウビアさんの
ご期待に沿えるよう頑張ります!
ながせ
2014/06/15 00:28
ムル太郎/Ellpyoneさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

ボディカラーとツヤをお褒めいただきうれしいです♪

いえいえ、ムル太郎/Ellpyoneさんの作りたいキットを
お好きな仕様で作って頂くのが一番ですよ!
それに、完全に純正仕様でなく、「ちょっとだけカスタム系」
なんてのも面白そうですし・・・
どうぞお気になさらずに。
ながせ
2014/06/15 00:29
こんにちは。
おぉ!いつもながら今回もストライプの写り込みなど、綺麗なボディが素晴らしいです。
430後期は元々破壊されてないですけど、これだけ綺麗なら石原プロも破壊用スタントにせず保管しそうな位です(笑)

これから外装パーツが付いたり、内装等も気になりますが引き続き頑張って下さい!
TAKA
2014/06/15 17:36
TAKAさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

おおっ、これなら石原プロの破壊用スタントに
まわされずに済みそうですか(笑)
あとは予想外の事故でクラッシュしないよう
気を引き締めて?完成まで頑張ります!
ながせ
2014/06/15 20:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
430 セドリック セダン 製作記 その5 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる