くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS AE91 スプリンタートレノ 製作記 その3

<<   作成日時 : 2014/05/21 22:42   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

今回はボディの鏡面仕上げです。

前回はピンクの下地→レッド→クリアーコートと
塗装を重ねたボディ表面はこんな感じでした。
画像
クリアーコートの合間に中研ぎ(1500番のペーパーで表面を均す)をしたので、
それほどユズ肌がキツくはないですが、やっぱり表面は凸凹してますね。

この凸凹をペーパーとコンパウンドを使って平らにし、
ツルツルピカピカなボディ表面に仕上げていきます。

手順はいつもと全く同じ。クリアーコートが乾燥したら(塗装から5日〜1週間後)、
1500番の耐水ペーパーで水研ぎし、タミヤのコンパウンドの粗目→細目→仕上げ目の
順に使いボディを磨いていきます。

鏡面仕上げが完了したボディに、これもいつものお約束の
PCモニターのテストパターンを映してみます。
画像

画像

画像


ルーフ・ボンネット・トランクリッド共に画面の細かいドットまで映りこむぐらい
フラットな塗装面になりましたが、三面ともに若干ヒケがあるようです・・・
ルーフは中央と左後席の頭上部分あたり、ボンネットはウォッシャーノズルの手前付近、
トランクリッドはリアウィンドウモールの左後ろ周りのストライプが歪んで映ってますが
そこがヒケているところです。

下地塗装の前にキチンとペーパーを掛け面出ししたつもりでしたがそれが甘かったみたい・・・
このヒケは塗装後は修正不可能なので、残念ですがこのまま進めます。





サイドパネルはあまり無理をしてカドを出さないよう、控えめに磨いておきました。
ですから、ところどころユズ肌が残っています。
画像

画像






また、ドアサイドモール下のパネル(黄色い四角)部分は、
実車では耐チップ塗装(飛び石などで塗膜が欠損するのを防ぐ、特殊な塗装)が施してあり、
塗装肌がやや凸凹しているみたいなので、あえてここは鏡面仕上げはしてありません。
画像





画像

よ〜く見ると、ウィンドウウォッシャーノズルとドアハンドルの塗装が剥げて(カドが出る)ますが、
ここは黒く塗装するので問題なし。あとはカドも出すことなくうまく磨けましたね。


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 いつもながら見事な鏡面仕上げですね。実車のボディーみたいな仕上がりです。
Y34
2014/05/23 11:05
こんばんは。

見事な鏡面仕上げ、お疲れ様です。
耐チップ塗装というのは、初めて聞きましたね。
ぜひ、今のアウトドアな車にも採用してほしいものですが・・・

完成までがんばって下さい!
ザッキー
2014/05/23 23:34
御無沙汰しています!

研ぎ出しで完全にクリアーやその下のベースカラーも剥げてしまうことがあるんですね…
耐チップ塗装って名前が付いていたんですね!驚きです。あれはたしか泥汚れなんかも落としやすい効果を持っていると聞いたことがありますね!
 ちなみに、ザッキーさんへ(ながせさんコメント欄お借りします…)
SUVやクロスオーバーはロワガーニッシュがほとんどの車に付くから無いのかもしれませんね… でも、今のアコードハイブリッドやフィットなんかにも施されていますよ!! 今度機会があれば、サイドフェンダーの下のほうをすりすりしてみてください。 ボコボコしてますよ!!
YUUKI
2014/05/24 00:28
Y34さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
ながせ
2014/05/25 00:02
ザッキーさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!
おかげでピカピカな塗装に仕上がりました。

耐チップ塗装なんて日常生活では聞かない言葉ですから
ご存知なくて当然かもしれません(笑)
YUUKIさんが書かれているように、ボディサイドの下部が
樹脂で覆われているSUVでは分かりにくいですが、
通常のクルマならドア下やサイドシルがなんとなく凸凹した
塗装になっていることが多いです。
機会があれば一度おうちのクルマを見てみて下さいね。

ありがとうございます。頑張ります!
ザッキーさんも修学旅行楽しんできてくださいね♪
ながせ
2014/05/25 00:02
YUUKIさま

こんばんは。お久しぶりです!
確かにボディの角や出っ張りがあると、
研ぎ出しの際はカドが出ないよう注意が必要ですね。
今回カドが出たのは上から黒く塗る部分でしたので、
下地はおろか、成形色が見えるまで剥がれていますけど(笑)

YUUKIさんはボディ下のボコボコした塗装にお気づきでしたか!
あれは「耐チップ塗装(またはチッピングコート)」って
名前が付いているんですよ。
なるほど…あの塗装は泥汚れが落としやすいという効果もあるんですね。
ザッキーさんへのフォローもありがとうございます!
ながせ
2014/05/25 00:07
こんばんは。
良い感じにツヤツヤなボディになりましたね!
耐チップ塗装は敢えて研ぎ出ししないのもリアルです。
ウォッシャーノズルは、カドが出やすいですよね。
自分もS15のボンネットでなりました(^_^;
TAKA
2014/05/25 22:28
TAKAさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

「実車の耐チップ塗装を再現」といえばと聞こえが良いですが、
ホントは「この部分の研ぎ出しをするのが面倒だった」
・・・というのが正直なところです(笑)
ウォッシャーノズルのカドが出るのは仕方ないですよね。
ノズルがボディ同色の場合でも、あとでタッチアップすれば
問題ないですから、個人的にはあまり気にしてませんです。
ながせ
2014/05/27 00:06
今日は。

とても鮮やかな赤とつるつるの表面が素晴らしいと思います。
私は赤(だけではありませんが)の塗装が苦手なので、羨ましいです。

チッピング・コートと言えばRX-7(FD)のキットが思い浮かびます。
初めて見た時は何故下半分がザラザラなのか分かりませんでした。
キットを作った時もその存在は無視していたような気がします。
ながせさんのを見て私も今度作る時は再現したくなりました。
ゆきかぜ
2014/05/28 16:58
ゆきかぜさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

私の場合は大きな改造が苦手でして…
フルスクラッチまでこなしてしまう
ゆきかぜさんが羨ましいです♪

仰るとおりFDやZ32はボディサイドの
チッピングコートがよく分かりますよね。
今回みたいにチッピングコート部分を磨かない方法も
良いですが、あとでクリアーをユズ肌気味に
吹いて再現するのも面白そうですね。
ながせ
2014/05/28 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AE91 スプリンタートレノ 製作記 その3 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる