くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS ZN6 トヨタ86(タミヤ) 製作記 その9

<<   作成日時 : 2012/09/06 01:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 22

今回はアルミホイールの塗装です。


これが実車のアルミホイール(17インチ)
画像

ご覧のようにブラックのベースに、切削光沢仕上げの5本のツインスポークが栄える
特徴的なデザイン。なんでも、トヨタ車の17インチアルミのなかでこのホイールが最軽量らしいです。

これを再現するにはかつてタミヤのHPで紹介されていた
エナメル塗料を使った方法で塗り分けてみます。






最初に別パーツのセンターキャップをホイールに接着します(矢印)
(これがパーツが小さくバリ取りやヤスリ掛けが大変でして、窪みにキャップをピッタリ収めるのに苦労しました…)

続いて、ホイールのメッキを保護するために、
いつものクレオススーパークリアー光沢をやや厚めにスプレー塗装しました。
画像






メッキ保護のクリアー塗装が十分に(約6時間ほど)乾燥したら、エナメル塗料をエアブラシで塗装。
画像

説明書の指示ではセミグロスブラックですが、実車は(ガンメタに近い)ブラックメタリックなので、
セミグロスブラックとガンメタルを半々で混ぜました。





エナメル塗装が完全に乾燥したら(大事を取り、丸一日乾燥時間を取りました)、
エナメル溶剤を含ませた綿棒で、ツインスポークとリムを拭き取っていきます。
画像

ここで使う綿棒は通常より細いベビー用の綿棒が使いやすいです
(おススメはダイソーのベビー抗菌綿棒 105円で80本入り。コスパ最高)

ちなみに、ホイールの中央から外に向かって綿棒を動かすとうまく塗料が拭き取れました。
エナメル塗料を拭き取ったスポークのメッキがキラ〜ンと光っているのが良いですね♪





出来上がりはこんな感じです。
画像


画像


光を当てると・・・
画像

メッキ部分がキラ〜ン!

メッキ保護のクリアーを厚めに塗ったおかげか、メッキを剥がすことなくエナメル塗料を拭き取れました。

・・・タミヤのHPからこの塗装方法が消えたのは、エナメル塗装を拭き取る際に、
メッキも剥がしてしまうトラブルが多かったのでしょうか・・・

この作業はあらかじめメッキを保護しておくのがポイント・・・と個人的に思います。


ホイール裏側のリムは、いつものようにつや消し黒(ここは通常のラッカー塗料)で塗装。
画像






今回はここまで。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時

こんばんは(^_^)



HPからあっという間に削除されたので幻の塗装方法になっちゃいましたね(笑




セミグロスブラックにガンメタを混ぜる辺りが"ながせ流"ですね♪ただの光沢とは少し違うメタリックがいいアクセントになってると思います(^o^)



前回のエンジンやデフケースのシルバーに続き、個人的にツボにハマる塗装ネタで嬉しい限りです
(*´∇`*)




ねこバスのぼりざか
2012/09/06 22:11
 アルミホイールの仕上がり、お見事です。実物をそのまま小さくしたかのような仕上がりですね。
 クリアでメッキを保護するというのが良かったのでしょうね。そして、エナメル塗料で塗装して、エナメル溶剤で余分な部分を拭き取るという方法、よく思い付きましたね。
Y34
2012/09/06 23:26
ねこバスのぼりざかさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

本当にアッという間に消えちゃいましたよね。
アップされていたのは発売少し前〜発売後1か月ぐらいでしょうか。

説明書通りのセミグロスブラックの方が、メッキのスポークとの
コントラストが強くなるので、もちろんOKなのですが、
今回は私なりのこだわりで、オリジナルのブラックメタを塗ってみました。

個人的に塗装をするのが好きなので、こうして塗装ネタが
ねこバスのぼりざかさんのツボにハマったのでしたら、とても光栄です(笑)
ながせ
2012/09/07 00:28
Y34さま

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます!

今回の塗装方法は私が思いついたのではなく、
本文に書いたように、タミヤのHPでしばらく紹介されていたのですよ。
ただ、エナメル塗装の前にメッキをクリアーで保護するのは
私の思いつき(と、いうかこれも一般的な方法)ですけどね。
ながせ
2012/09/07 00:32
すごい!きれいに塗り分けられてますね♪僕ももちろんトライしましたよ。マーカーとマニ○ュア落としで(笑)。
やっぱりメッキは剥がれちゃいますね。おかげで少々青みがかったホイールになったいました。
やっぱり上級者の仕上がりですね。
車に詳し過ぎる学生
2012/09/07 07:30
ホイールきれいですね!
僕はラッカーの缶スプレーでやったので微妙にメッキがはがれてます^^;
こういう時にエアブラシが役立つんすよね〜
初心者用でも買えば?と言われそうですが、それにお金かけるよりキット買った
方がいいとか思って手が出ないんです(汗
エアブラシで便利になったことや不便なことを教えてください。
お願いします。
学生モデラー
2012/09/07 19:10
こんばんはです!

素晴らしい仕上がりに驚いています。
このホイールは、86とBRZの合計6つ同じ作業をしたのでかなり時間がかかりました。

僕は、実車を見に販売店に行ったときの光のあたり具合が良すぎたのか、かなりライトなメタグレーって感じがしたので、メタリックグレーにつや消し剤を混ぜて塗りました。

が、ながせさんの仕上がりをみるとやはり少し黒が入っていても良かったなと 凄く勉強になりました。

完成を楽しみにしています。頑張ってください。


ゆうき
ゆうき
2012/09/07 23:39
車に詳し過ぎる学生さま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

おっ、車に詳し過ぎる学生さんもホイールの
塗り分けにトライなさったのですね。
ただ、マニキュアおとしだとシンナー成分が
強すぎるかもしれませんね…できればプラモデル塗料用の
うすめ液(シンナー)をおすすめします。
ながせ
2012/09/08 03:16
学生モデラーさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます。

このホイールの塗り分けはエナメル塗料を
使うのがポイントですから、缶スプレーのようなラッカー塗料だと
ふき取りの際メッキまで剥がす恐れがありますね。

エアブラシのメリット・デメリットですが…
メリットは、何といっても自分のオリジナルで
混ぜた色を吹き付け塗装できることですね。
例えば、前作のシーマのボディカラーは
エアブラシなしでは再現できませんでした。

あとはスプレー塗装に比べると経済的です。
エアブラシはシンナーでかなり薄く希釈するので、
Mr,カラーの一瓶でかなり広範囲が塗れますよ。

デメリットですが、
まずは、後片付けが大変なことですね。
スプレーならフタを閉めれば終わりですが(笑)
エアブラシは色を塗るたびに洗浄しなくてはいけません。

それと初期投資が高いことでしょうか。
タミヤのベーシックコンプレッサーのセットでも
最低7〜8000円ほど掛かりますね。

私がエアブラシを使い始めたのは、まだ数年前で、
それまでは缶スプレーと筆塗りで20年ほど頑張りました。
ですが、どうしてもスプレーの塗料では再現できない
ボディカラーの車を作りたくなり、エアブラシなしの環境では
限界を感じてついに導入しました。

ですから、学生モデラーさんも現在の塗装環境で別に
不満や限界を感じないのなら、無理にエアブラシを導入しなくても良いと
思いますし、その分キットの購入費にまわすという意見に私も賛成です。

もしご参考になれば幸いです。
ながせ
2012/09/08 03:21
ゆうきさま

こんばんは。
お褒めいただきありがとうございます!

ゆうきさんも実車のホイールをご参考に
メタリックグレーで塗装されたのですか!
しかも86とBRZの2台分も!!それはそれはお疲れ様でした。

仰る通り、実車のこのホイールは
光の当たり方によって明るく見えますよね。
私が見た環境だと「ブラックメタだな」と思い、
今回のような割合で塗料を混ぜてみました…

ありがとうございます。完成まで頑張ります。
ながせ
2012/09/08 03:23
こんばんは!大変ご無沙汰しております。
最近はなかなかこちらにも遊びに来れず
私の86の製作記の時はコメントを
良く頂いおりましたのに大変失礼致しました・・・・

86もながせさんらしいこだわりと丁寧な仕上げで
私も「ライトニングレッドで組みたかったなぁ」と
思わず本気で思ってしまいました・・・・すみません(笑)

ホイールの塗装もバッチリ決まりましたね!
私もねこバスのぼりざかさんが触れられていたように
HPから塗りわけ方法がいつの間にか消されていたのは不思議ですね。
タミヤカーモデル七不思議の一つだと思っています(;^^)
(他の6つは今度考えておきます・・・・笑)
実際は私もやらかしましたが一発で剥げてしまいましたから・・・(笑)
やはりメッキの保護があの方法では最善のようですね。
ながせさんのホイールを拝見すると
キットのタミヤ風艶控え気味メッキが実車の
切削仕上げの風合いとピッタリですね!
私もパーツ請求してやり直そうかなぁ・・・・なんて思いました(汗)

内装を制作されて完成までもう一息というところでしょうか?
残りの製作記の方も楽しみにさせて頂きますね(^^)
それでは失礼致しました・・・・・
HITEQJAMSINE
URL
2012/09/08 23:49
お久しぶりです。
めっきを保護するための一手間を加えるところが
ノウハウというやつですね。

私の周辺でもアルテツAS200から86に買い換えた人が居て
月曜・火曜で会社を休むそうです。(ドライブ休暇)

個人的にはアルテツもマニアックで良いのですが・・・。
ノアール
2012/09/09 13:06
こんばんは。
ホイールも、見事な技術でリアルに完成ですね。
失敗が怖い作業ですが、さすがながせさんです。
黒い部分も、調合されてから塗装されてるのでよりリアルなんでしょうね。
タミヤのHPから、この方法の掲載が消えたのはやはり失敗のリスクもあるからでしょうかね(^_^;

いろいろ手を加えられた86なので完成が楽しみです。
頑張って下さい!
TAKA
2012/09/09 17:45
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
いえいえ。こちらこそ、こうしてコメントを頂けるだけで
光栄です。またお褒め下さりありがとうございます。

ライトニングレッドも良いですが、オレンジメタリックも
トヨタ86らしい色ですよね。しかもHITEQJASMINEさんの86は
オリジナル調色でよりリアルで素晴らしいと思いますよ。

ホントにホイールの塗装法がタミヤのサイトから消えてしまったのは
タミヤカーモデル7不思議のひとつですね(笑)
仰る通り、メッキの保護するのがポイントのようです。

現在は内装の塗装と組み立てに入ってまして来週中には
お披露目できるよう鋭意製作中です。

完成までもう少しですが、最後まで気を抜かず頑張りたいと思います。


ながせ
2012/09/09 22:14
ノアールさま

こんばんは。お久しぶりです。
DS3、もう2万キロも走破されたのですか!
走りこんでいらっしゃいますね。

メッキの保護は、まさに一工夫というやつですね。
まぁ、ノウハウといえるほど大したものではございませんが…

86に買い替えたからドライブ休暇を取るなんて、羨ましいですね!
確かにアルテッツァも良いクルマですよね〜
私も4発のRS200より6発のAS200が好みです。
ながせ
2012/09/09 22:29
TAKAさま

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます!

確かにメッキの保護をしたおかげでホイールの
塗り分けもうまくいきましたし、調色したブラックメタで
リアルになったなぁと自己満足してます(笑)

仰る通り、この塗装法はメッキを剥がしてしまう
リスクがあるので、タミヤのサイトから早々に
消えてしまったのでしょうかね。

ありがとうございます。
完成まで手を抜かず頑張って製作したいと思います!
ながせ
2012/09/09 22:37
ひとつの記事に何度もすいません。すごく申し上げにくいんですが、クルマ関連のブログを開設したので、見ていただけたらな〜と思います。第一号記事に感想いただけたら嬉しいです。
因みに、ながせさんの真似ではありませんが、ウェブリブログで開設させていただきました。ぜひよろしくお願いします。
車に詳し過ぎる学生
URL
2012/09/10 23:37
車に詳し過ぎる学生さま

こんばんは。
おおっ、ブログを開設されたのですか!
それはおめでとうございます!
では早速お邪魔させていただきますね。
ながせ
2012/09/11 02:20
 エナメル塗料をエアブラシで塗装する場合、どのくらいの割合で希釈するといいのでしょうか?そして、塗装後のエアブラシ洗浄にツールクリーナーの使用は可能でしょうか?教えていただけると助かります。
Y34
2013/03/20 00:02
Y34さま

こんばんは。

エナメル塗料をエアブラシで吹く場合、ラッカー塗料より
やや濃いめ(筆塗りだとちょっと薄い程度)のほうが
うまく塗装できます。ラッカー塗料のようにシャバシャバに
薄めると色がはじいてしまいとても塗りにくいです。
エアブラシ洗浄にツールクリーナーはもちろん使えます。
ご参考になれば幸いです…
ながせ
2013/03/21 00:07
 回答、ありがとうございます。エナメル塗料はラッカー塗料程うすめないのですね。実は現在作成中のプレリュードでラッカー塗料の上にエナメル塗料を塗り、はみ出した部分をエナメル溶剤で拭き取るといった塗装の方法を考えていたのでお尋ねしました。
Y34
2013/03/21 13:08
Y34さま

お返事ありがとうございます。
とりあえず、テスト吹きをして感じを掴んでみて下さいね!
ながせ
2013/03/22 00:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ZN6 トヨタ86(タミヤ) 製作記 その9 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる