くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS ZN6 トヨタ86(タミヤ) 製作記 その8

<<   作成日時 : 2012/09/01 00:12   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 12

今回もシャーシ関係の塗装と組み立てです。

前回シャーシ本体の塗装が完了しましたが、
今回はそのシャーシに付く細かい部品の塗装からです。

画像

当初の予定では8月末には完成させるつもりでしたが、
いろいろ忙しくて製作が遅れに遅れ(苦笑)、それは無理でした。

そこで、どうせ遅れるのならマイペースで丁寧に作っていこうと思い直し、
これだけのパーツを2日かけてひとつひとつ塗装してみましたよ。
使用した塗料の種類も結構多く、細かい塗り分けが大変でした・・・





リアサスペンション(アクスル)はこんな感じです。
画像

全体はツヤのあるブラック。各部のボルトのモールドにシルバーやゴールドを筆塗り。
ドライブシャフトのブーツはつや消し黒で、細切りメタルックでブーツバンドを再現(矢印)
ブーツバンドはややオーバースケールですが、雰囲気重視ということで(笑)





続いてエンジン周り。
画像

補機ベルトはつや消し黒、プーリーはカタログを参考にシルバーで塗装。
オイルフィルター(エレメント)に市販のコーションデカールを貼って
ディティールアップしてみました。





インマニ&エアクリーナーの取付け。
画像

こちらも各ホースのバンド(黄色い丸)と、
エアクリーナーフィルター(エレメント)ケースの金具(赤い丸)は細切りメタルックで自作、
オルタネーターも黒いストライプを塗装してみました(緑の矢印)





エンジン周りのパーツをシャーシに取り付けます。
画像

組み立てる前は「パーツがこんなに少ないのか」とややガッカリした
エンジン周りのパーツですが、いざ塗装して組み立ててみると
意外と雰囲気たっぷりでリアルな出来上がりに驚きました。
ホースバンド等のディティールアップも効果的なアクセントになりましたね(と、いつもの自己満足)





ただし、エンジン全体の高さは、実車よりやや低いみたいです。
画像

実車のインマニは、左右のタイヤハウスとほぼ同じ高さになります。
まぁ、私はこのまま手をいれませんけどね(笑)





ボディ塗装のついでに塗っておいたバルクヘッド(エンジン隔壁)に
ブレーキブースターとバッテリーを取り付け。
画像

本当はバッテリーにはケーブルが繋がってますから
端子がむき出しなのはおかしいのですが、これもキットのモールドそのまま。




バルクヘッドをボディに取付けます。
説明書の順番では、先にバルクヘッドと上のカウルトップを接着してからボディに取りつけるのですが、
順番を好き勝手に変えて作ってますから(笑)、バルクヘッドが取り付けにくかったです・・・
画像





これはリンク先のHITEQJASMINEさんも製作記で書かれていらっしゃいますが、
キットそのままの状態でリアサスをシャーシに取り付けると、リアタイヤが前に寄る
現象?を、実際に仮組みし検証してみました。
画像

画像
あ、ホントだ・・・リアタイヤが前寄りでややアンバランスな感じですね。


そこで、リアサスを取り付けるダボの後ろ側をリューターで削り・・・
画像


リアサス全体を後ろ側にズラして取り付けることにしました。

これが修正後
画像

画像


これでリアフェンダーのホイールアーチ中心にリアタイヤが来ましたね!



今度はシャーシ側で見てみると・・・

これがキットそのままの状態
画像

黄色い丸のなかの位置関係を覚えておいてくださいね。



そしてこれが取り付け位置修正後
画像

リアサス全体が後ろに下がり、中央のプロペラシャフト端に隙間があきました。



画像

リアサスを後方にズラす量は約1.5〜2oぐらいでしょうか。

う〜ん・・・いくらタミヤ製でしかも最新のキットとはいえ、修正した方が良いケースもありますね。




リアサスの取付け修正も無事終わりましたので、再びバラして
排気管とメインマフラーを取り付けてシャーシの組み立ては無事終了です!
画像
(画像が大きめです)

排気管とマフラーの焼けは、ゴールド→クリアーオレンジを薄〜くかさね塗りして表現。
リアサス修正に伴うプロペラシャフト端の隙間は・・・それほど目立たないのでこのままでOKでしょう(手抜きでスイマセン)





画像

今回はここまで。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 シャーシやエンジン部品の細かい塗り分け、お見事です。とてもリアルな雰囲気ですね。
 そして、前にずれてしまったリアタイヤの位置を修正する技術、よく思い付きましたね。
Y34
2012/09/01 08:39
こんばんは。

エンジン廻りや足廻りの等の塗り分けが細かくて、かなりリアルなシャーシになりましたね。
リアタイヤも、そのままだと前よりな位置を修正して適性な位置に直してしまうのもナイスアイディアです!
ながせさんの技術は、いつ見ても素晴らしいです。
TAKA
2012/09/01 19:31
久しぶりです。色々あって忙しく、なかなか見られませんでした。(←学生のくせに!)すいませんでした。

エンジンの塗り分けに2日?!すごい手間がかかってますね!僕のBRZのエンジン周りと排気系、足周りは全て黒で「ブシュゥ〜」です。(笑)
リアタイヤのズレは僕も思ってました。でももう修正は出来ません(よね?)もう接着完了ですから。もっとじっくりやるべきだった・・・(←今更?)
車に詳し過ぎる学生
2012/09/01 19:36
こんばんは。

シャーシの塗り分けきれいですね!どこからそんなやる気が出てくるのか
僕には不思議でたまりませんw←(学生なんだから時間あるだろ!)
リヤのズレ、僕もHITEQJASMINEさんのを見て気付いたんですが、接着するときに
忘れてしまいそのまま付けちゃいました(汗)
学生モデラー
2012/09/01 20:11
Y34さま

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます!
細かい塗り分けはとても面倒でしたが、いざ出来上がると
それなりにリアルなシャーシ周りとなりました。

リアタイヤの修正方法は他のモデラーさんのアイデアを
真似しただけですよ(笑)
ながせ
2012/09/02 00:38
車に詳し過ぎる学生さま

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます。
今回もじっくり時間を掛けて塗装してみましたが、
自分でも結構お気に入りだったりします。

足回りの接着後に無理にバラすと、パーツが破損したりする
おそれがあるので、あまりオススメはできませんね…
ながせ
2012/09/02 00:44
学生モデラーさま

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます。

ホントにどこからやる気が出てくるのでしょうね…
いったん作業を始めると、ついつい熱中しちゃうタイプなんでしょうかね(笑)

それにしても、今回のリアタイヤ位置の件、
タミヤのキットでは珍しいケースだと思います…
ながせ
2012/09/02 00:51
TAKAさま

こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます。
今回のシャーシ&エンジンがTAKAさんのお気に召して
とても嬉しいです。

上にも書きましたが、リアタイヤの修正は他の
モデラーさんの真似ですが、キチンと位置を直すと
よりリアルな足周りになりましたよね♪

※ お返事の順番が変わってしまいごめんなさい…
ながせ
2012/09/02 01:01

こんにちはでございます。


こちらのBRZも追い付けないかなと意味も無く頑張ってますがやはり無理っぽいですね(笑



リアの足回りやエンジン周りですが、メタルックがとても良い仕事をしてますね。デフケースやエンジンの金属感もバッチリで今回もウットリ癒されてしておりますよ(笑



リアの足回りのズレは少し頂けませんが修正はそんなに大変では無さそうなので、ササッと加工しておこうかと思います(^_^)



作業スピードを上げた分、仕上がりがイマイチで結局は手戻り…なんてのはパーツだけでなく精神的にも良くありませんから、マイペースで製作するのが一番ですよね。のんびり楽しみましょう(^o^)



ねこバスのぼりざか
2012/09/02 14:18
ねこバスのぼりざかさま

こんにちは。
お褒め頂きありがとうございます!

ねこバスのぼりざかさんのBRZは各ドアが開閉する
高度な加工をなさってますから、時間が掛かるのは当然ですよね♪


おおっ、よくぞ気づいてくれました(笑)
実はエンジンブロックとデフケース部のシルバーは
他よりツヤを抑え、少量の黒鉄色が混ぜてあるのです。
細切りメタルックは意外と貼るのが難しいですが、
良いアクセントになっていると私も思います。

足回りのズレはタボを少し加工すれば簡単に修正できますので、
ご参考になれば幸いです。

今は早く完成させたい気持ちより、できるだけ丁寧に作りたい
気持ちの方が強いので、最後までマイペースで製作したいと思います。
ながせ
2012/09/02 17:14
 早く完成させることよりも丁寧に作りたい気持ちが強いのはプラモデル作成で重要な心構えだと思います。
 完成に近付くと早く完成品が見たい欲求にかられたり、失敗した時には焦りが出てしまうことがありますが、そんな時こそ落着きが肝心ですね。何より作る過程を楽しむことがプラモデル作りに一番大切なことだと最近感じます。
Y34
2012/09/03 18:29
Y34さま

こんばんは。
同意いただき恐縮です…
仰る通り、焦りは思わぬ失敗を招くので注意が必要ですね。
しかし、モチベーションを保つために一気に
製作してしまうのもありなんですよね(笑)
ですから、モデラーさんそれぞれのペースやスタイルで
製作されるのがベストだと思います。
ながせ
2012/09/04 00:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ZN6 トヨタ86(タミヤ) 製作記 その8 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる