くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その3

<<   作成日時 : 2012/03/20 22:47   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 12

今回はボディの塗装です。

製作記その1でお伝えしましたが、今回のシーマのボディカラーは
前期型のイメージカラーであるグレイッシュブルーM (#TG1)にしようと思います。
画像

これは当時の広報写真。


こちらは中古車検索サイトより転載。
画像


この色は、まさに名の通りのグレー掛かったミディアムブルーメタリックで、
その絶妙な色合いが車のスタイルや雰囲気によく似合ってますね。

ちなみにグレイッシュブルーMは、前期・後期型共に設定がありましたが、
やはり前期型のほうがこの色が多かったと記憶しています。

これは余談ですが、発売された当時、近所の自営業者さんの間でシーマ現象が起こり(笑)
一時期家の周りだけで3台もシーマがありましたが、不思議なことに、
みんなボディカラーがこのグレイッシュブルーMだったのが印象的でした。
(真偽は不明ですが、この色を選ぶと納車がいちばん早かったと昔聞いた覚えが・・・)






順番が前後しますが、ボディは前回の下拵えのあと、サーフェイサーを吹いて表面をチェック。
まだ所々荒れていたので、もう一度ペーパーで処理後、サフを吹き直しました。
画像

画像
各パネルの面だしとスジボリを丁寧に施したので、ボディがシャキっとしました!






いよいよボディを塗装しますが、この色を自分で作るのはちょっと難しそうですよね。
そうしたら、コメント欄で実車の補修塗料である
ホルツのMINI MIX(カラー調色システム)でこの色は調色可能ですと教えて頂きました。
画像
まさに仰るとおりですね。雅さんありがとうございました!

ですが、SAIやレクサスHS250h、そして前回のローレルを作るうちに
調色の楽しさに目覚めてしまったので(笑)
今回のグレイッシュブルーも自分で調色してみます。






使用した塗料はこちら。
画像

塗料は最初からこれらすべてを用意したのではなく、
順番に混ぜていったらこれだけの塗料を使っていたということです(笑)

調合の手順ですが・・・
まずベースカラーとなるミディアムブルーメタリックは、Mr.カラーの328番のブルーFS15050と
8番のシルバー、GX2番のウィノーブラックを混ぜて作ります。

そこに13番のニュートラルグレーを数滴足し、仕上げに色ノ源のシアンとマゼンタで色合いを調整しました。
いや〜今回の調色でも色ノ源は良い仕事をしてくれました。
色ノ源は混ぜても色が濁らず、透明感を持ったまま色合いを変えること出来ますからね!
最後にクリアーコート時のメタリック粒子の荒れを防ぐため、GX100番のスーパークリアーIIIを混ぜて完成です。

具体的な配合は、探りながらの調色なんで書く事ができません。
つまりすべて目分量ですから(笑)



これが完成した自家製のグレイッシュブルーM。
画像




早速ボディに塗装してみました。
画像

そうそう、まさにこんな感じの色ですよね!(いつもの自画自賛)



画像

クリアーコートすれば、もっと色に深みが出ると思います。





画像


今回のグレイッシュブルーMも、調色が難しかったですが、
何とか私のイメージ通りにできたようです。



今回はここまで。
次回もボディの塗装が続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は!おっ!さすがですね!良い感じが伝わります!以前、お伝えしましたがホルツ社製のカラーを使う時は縮み上がりに注意して下さいね。(裏を返すとタッチアップの類いでは塗料の顔料等が強いから良品の証拠でしょう。実際、取引先の自動車部品屋さんは実車のリタッチにホルツを推奨します)それから、ながせ様推奨のクリアパーツ接着に活用されてるボンドSU(私も愛用してます)に新商品が発売されてます!今回のは柔軟性を考慮されてあるとかで接着後ちょっと手元が狂って落っことしても外れにくい若干ゴム質っぽい 製品みたいです。まだ使ってませんが(汗)お知らせします。
たつ&はやパパ
2012/03/21 00:39
このシーマ大好き!!
楽しみにしてます(^-^)/
ヒロポン
2012/03/21 12:42
こんばんは(^o^)

難しそうな色合いなので気になってましたが、上手く再現出来ていると思います。

使用する塗料の種類も多くて画像を見た時は「自分には無理だ(*´Д`)」と思ってしまいました(笑


鏡面仕上げ後が楽しみですね♪お疲れ様でした(^_^)
ねこバスのぼりざか
2012/03/22 01:19
たつ&はやパパさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!
ボディ塗装、お褒めいただき光栄です。

仰るとおり、ホルツの補修塗料はプラモにとっては
成分がキツいので、塗装の縮みには注意が必要ですね。
以前のプリウスに使用した時は、プラモ用である
クレオスのレベリングシンナーで希釈しましたが、
それでも塗装後の肌が荒れ気味でした…
おおっ、コニシのウルトラ多用途SUに新製品登場ですか!
なるほど、以前のより柔軟性が増しているのですね。
たつ&はやパパさんにはいつもいつも有益な
情報を頂き本当にありがとうございます♪
ながせ
2012/03/22 22:29
ヒロポンさま

こんばんは。そしてはじめまして。
コメントありがとうございます!

ヒロポンさんもこのY31シーマがお好きなんですね。
ご期待に添えるよう製作を頑張ります!
よろしければ、またお気軽にコメントを下さいね。
ながせ
2012/03/22 22:31
ねこバスのぼりざかさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ボディ塗装にお褒めいただき光栄です。
確かに難しい色でしたので、あれこれと
塗料を混ぜまくってました(笑)

クリアー塗装とその後の鏡面仕上げ頑張ります!
私からも、ねこバスのぼりざかさんの無限CR-Zが
素晴らしい作品になりますよう応援してます♪
ながせ
2012/03/22 22:37
コメント返信恐縮です。忘れてました!身近にある使える(?)便利アイテムをお知らせいたします。もうすぐ窓枠塗装工程と思います。窓枠マスキングに私は糸ようじのピック部分でなぞります。爪楊枝よりは柔らかくビリッと破れる心配があまりありませんよ。ドアトリムやオーディオパネルの塗り分けにも活用してます。一度お試しを
たつ&はやパパ
2012/03/23 17:57
たつ&はやパパさま

こんばんは。
毎度ありがとうございます!

マスキングテープをなぞるのに、
糸ようじのピック部分を使うのですか!!
これは全く考えたことがなかったです。

またまた素晴らしい情報ありがとうございました♪
ながせ
2012/03/24 01:08
こんにちは!
シーマの製作記も順調なようですね♪
下拵えの記事のレンズ類の加工はとても参考になりました(^^)
思わず放置中のキットを引っ張り出して
ながせさんの製作記を眺めてしまったのは内緒です(笑)

ボディカラー非常に良い感じになりましたね!
まさにあのグレイッシュブルーMの色合いです♪
クリアコートされた姿がとても楽しみです( ^^)
この調色のHPは面白そうですね!
ヒントがないと再現が難しい色ってありますよね。
(特にこういう繊細な色の場合は・・・・・)
自分では「こんな色合いだろう」と思っても
全くイメージと合わなかったり・・・・・

ながせさんも書かれていらっしゃいますが
当時はこの色しか無いのか?と言うくらい多かったですよね!
(ちょっと大げさですみません・・・笑)
同級生のブルジョワジーの家や近所の建設業の会社に停まってる
シーマがやはりこの色のタイプUリミテッドでした。
HITEQJASMINE
URL
2012/03/24 10:58
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

おかげさまで順調に進んでいます。
F社のキットとは違い余計な手間が掛かりません(笑)
ライトリフレクターは最低限な加工ですが、
もし、ご参考になれば光栄です。

グレイッシュブルーMは何とか似たような色に
調合できました。自分でもお気に入りです。
クリアーコートも完了しましたが、
ちょっと色合いが深く濃くなり、印象が
変わりましたが、それでもお気に入りです(笑)
仰るとおり、色の調合って微妙で繊細ですよね。
自分のイメージ通りにいかない場合は、
こうした実車の塗料情報が何かヒントを
与えてくれることがありますね。

Y31シーマの前期はこのグレイッシュブルーが
多かったですよね。ですからたまにブロンズ
(グレイッシュブラウンM)やグリーンMを見ると
「お〜っ、珍しいなぁ」とついつい眺めてました。

ながせ
2012/03/25 00:00
 実車のボディー色に近い色の塗料を見事に作り出しましたね。初代シーマと言えばやはりこのボディーカラーが似合っていますね。
Y34
2012/04/13 00:13
Y34さま

こんばんは。
ボディ色にお褒めいただきありがとうございます♪

上のほうにも書いたとおり、初代シーマの
特に前期型はグレイッシュブルーが多かったですし
似合っていると私も思います。
ながせ
2012/04/14 02:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FPAY31 セドリック・シーマ 製作記 その3 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる