くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤのワンダーシビック 追記

<<   作成日時 : 2011/07/31 19:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 15

前回のキットレビューの追記です。

このワンダーシビックのキットは、
リアゲートガラスの熱線モールドが無いことが唯一の欠点などと書きましたが・・・


実はボディに、タミヤらしからぬミスを抱えていることに今更ながら気づきました。

それはボンネット先端のスジ(パネルライン)がないこと。
画像


画像上が実車、下が以前作ったキットの完成品。

よく見ると実車はここ(緑の矢印)にボンネット先端のパネルラインが
角のウィンカー上まで横に走っています
が、キットのボディにはそれがありません。

またキットは、ボンネット脇のパネルラインがヘッドライトの上まで貫通しています(下の赤い丸)
上記のとおり、キットにはボンネット先端のパネルラインが入っていない(入れ忘れた)ので、
脇のラインをこう処理しちゃったのでしょうね・・・


…・などと偉そうに書きましたが、実は前回の記事にESTIMAさんが下さったコメントを拝読し、
今回初めて気がついたのでした(いやいや・・・誠にお恥ずかしい限りです)

他の方はここのミスにちゃんと気がつかれていて、キチンと修正されていらっしゃるのですね
(ますますお恥ずかしい限りです・・・)



ですから次回作るときは、
こうではなく
画像




このように修正しないといけませんね
画像

下手な画像修正で恐縮です・・・






ちなみに、兄弟車であるバラードスポーツCR‐Xも・・・
画像

これは前回の再販時に買ったもの。押入れの不良在庫(笑)



似たような位置にボンネット先端のパネルラインがありますが・・・
画像




こちらのキットは全く問題ありません。
画像

まぁこちらの車はヘッドライトの上に、開閉式カバーのラインがあるので間違えることはないですよね。



ただし、
リアの熱線ガラスのモールドが無いのは
ワンダーシビックと同じだったりします(笑)

画像




以上、特に役立たない(いつもそうか)キットレビューの追記でした・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
パネルラインを間違えるなんてタミヤらしくありませんが、ここのパネルラインがないほうが模型映えしますね! でも、気付いた以上は後には戻れないですね(>_<) 製作記楽しみにしてます。
ロシアンでキャット
2011/07/31 22:23
せいサンデーモデラーのカズです♪

ボンネットフードとノーズの間のパネルライン、大多数のクルマはないので再現されていなくても見落としてしまいますね。しかし、その間違いに気づかれるながせサンの洞察力こそが、リアルなスケールモデルの製作に通ずる秘訣ではないでしょうか?

ちなみに私事ですが先週から製作開始したタミヤのトレノ、GT−Zの設定になてはいるもののACパネルがボタン式だったため当時のカタログで確認したところ、レバー式が正解でした。という訳で、AT・スーパーホワイトU/ダークブルー内装のAPEX仕様に設定しましたが、そうするとウィンドウモールがメッキとなりミラーフィニッシュシートを貼らざるを得なくなり仕事が大幅増しに…。

場合によっては知らない方がいいこともあるかも知れませんね↓
カズ
2011/07/31 22:59
あ・・・やっぱりライン足りませんでしたか(笑)
お役にたててよかったです!
僕の70スープラは車高が高かったですがどうにかなりそうです(笑)
ESTIMA
2011/08/01 00:28
自分も、再販に合わせて資料集めしてるときに「あれ?ライン無くね?」と思ってました^^;
リアウインドウの熱線ともどもタミヤらしくないですよねぇ

さすがのタミヤでもエラーはあるんもんですもね(笑
GSF
2011/08/01 09:09
ロシアンでキャットさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

タミヤのキットでは珍しいエラーですが、
パネルラインが足りない状態でもあまりに
自然ですから、全く気づきませんでした(笑)

そうですね。エラーを知ってしまった以上
制作する際はキチンと修正したいと思います。
ただしこのキットにいつ着手するかは未定です
(スイマセン…)
ながせ
2011/08/01 22:38
カズさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

いやいや、今回は完全に見過ごしてまして、
ご指摘があるまで気づきませんでした(汗)

おおっ、92トレノの制作にあたり、
かなり詳細にリサーチなさってますね!
確かにキットのエアコンパネルのモールドは
プッシュ式の上級タイプですね。(今確認しました 笑)

スーパーホワイトIIのGT-APEXの4AT仕様もいいですよね。
仰るとおりサイドウィンドウのメッキモールの再現と、
GT-APEXに標準装備のリアワイパーを他のキットから
調達することがGT-APEX化の主なポイントでしょうか。

もちろん、プラモですからとことん実車に忠実も良し、
またはモデラーさんオリジナル設定も良しです♪
ながせ
2011/08/01 22:58
ESTIMAさま

こんばんは。
この度はご指摘頂きありがとうございました!
おかげさまでブログの記事がひとつ書けました(笑)

タミヤの70スープラはちょっと車高が高いのがネックですよね
(あと前輪がステアできない事も…)
車高の方は無事解決出来たようでよかったですね。

あとは前後ワイパーが反るのでガラスによく馴染ませることと、
リアサイド&バッドドアの一体ガラスのパーツの取り付けに
ちょっと調整が必要…だったかな?
(あまりに昔作ったので、間違っていたらごめんなさい)
ながせ
2011/08/01 23:09
GSFさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

GSFさんは資料集めの段階で
気づいていらっしゃったのですね。流石です。
しかもGSFさんが修正されているところの記事、
私読んでませんでした(恥)

仰るとおり、熱線のモールドがないのも
確かにタミヤらしくないですよね。

GSFさんのワンダーシビック、いよいよ色が入りましたね!
完成が楽しみです♪
ながせ
2011/08/01 23:19
実は私も当時作ったときに気がつかず、完成後で気づいたクチです(笑)
本物を所有していたのに・・・(滝汗)
当時オートモデラーの集いというのがあって、タミヤやフジミなどのメーカー担当者と話す機会があり、この間違いを指摘したら「直します」と言っていたのに結局そのままでした(苦笑)

ワンダーは25i,Siと乗り継いだので思いでもひとしおです。
カタログも保存してあるので、そのうち完璧なのを作りたいですね。あ、キット買ってこないと

ヒロシ
2011/08/03 21:45
ヒロシさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

上のほうでも書きましたが、パネルラインがない状態でも
えらく自然な感じなんで、気づかなかった方、
あるいは完成後に気づいた方も多かったのでは
ないかと思います(笑)

あらら、それは残念ですよね。
もしヒロシさんのご指摘が受け入れられていれば
前回の再販時にはボディが修正されていたかもしれません…

ヒロシさんはワンダーシビックを2台乗り継いでいらっしゃったのですね。
しかも25iのほうはCOTY受賞記念車ですか!
(過去作を拝見いたしましたが素晴らしい出来ですね!!)
Siは白の3ドアに近所の人が乗っていましたが、
ボンネットのパワーバルジと赤いSiのリアエンブレム、
そしてドアモール下のDOHCのロゴストライプが
高性能であることをさりげなくアピールしてました♪

無限CR-Xと同様、ワンダーシビックも
ヒロシさんがどう新たに組まれるのか楽しみです!
ながせ
2011/08/04 01:11
 タミヤのキットでもエラーが生じることがあるのですね。作成前に知ることが出来て助かりました。ソアラの完成の余韻に浸ったのでワンダーシビックの作成に入っていますが、パネルラインの修正に早速取り掛かっています。
Y34
2013/06/22 00:07
Y34さま

私もパネルラインのエラーはこの記事を書いた時点で
はじめて知った次第で、タミヤのキットにもこうしたエラーが
あるんだなと少し驚きました。
ながせ
2013/06/23 23:34
 パネルラインの修正作業に取り掛かっています。スジ彫り作業はかなり神経を使いました。(笑)そして、余分なパネルラインを埋めるために初めてタミヤのラッカーパテを使いました。ボディの修正作業に時間をかけています。(笑)
Y34
2013/06/24 23:59
Y34さま

パネルラインの修正お疲れ様です。
ラッカーパテは盛った直後は柔らかくて
とても修正や加工がしやすいですが、
乾燥後はヒケが大きいので気を付けて下さいね。
ながせ
2013/06/29 23:25
 アドバイス、ありがとうございます。仰るとおり、ラッカーパテは乾燥後のヒケが大きかったです。
Y34
2013/06/30 17:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タミヤのワンダーシビック 追記 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる