くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS C230 ローレル 製作記 その9

<<   作成日時 : 2011/05/11 22:31   >>

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 2

今回はボディの前後パーツの取り付けです。

最初はフロントグリル。

以前紹介したとおり、フロントグリル(と左右のライトリフレクター)はオールメッキのパーツですが、
画像



実車はグリルの桟の表面だけメッキですから、このままだとギラギラすぎます。


そこで、こんな感じでマスキングし・・・
画像




エナメルのガンメタルをエアブラシで塗装。
画像

説明書ではフラットブラックで指示されてますが、実車の桟の奥はガンメタっぽいんですよね。


塗料が乾いたら、綿棒にエナメル溶剤を含ませて表面を拭き取ると・・・


画像

グリルの塗装が完了しました。
ちょっと細かいですが、桟の周りを囲む細い溝(赤い矢印)も同じくガンメタルでスミ入れ塗装。
ここの溝に色が入ると、グリルがよりリアルになりますね。

それにヘッドライトのレンズカットもリアルで良い雰囲気です。
ライト周りも、薄めたフラットブラックで軽くスミ入れしておきました。





続いてリアコンビランプはこんな感じに仕上げました。
画像

リアコンビランプ周囲の溝(緑の矢印)は、薄めたフラットブラックでスミ入れ。

コンビランプ自体は裏からクリアーレッドとオレンジで塗り分け
ウインカーとバックランプを仕切る黒い線は表からフラットブラックでスミ入れしました。
中央のガーニッシュ(青い矢印)ですが、ここはレッドブラウン。

ちなみに、カタログではガーニッシュが黒く写っていますが・・・
画像


どうやらメダリストのここはブラウンが正しいようです。
(上記のとおりカタログでは不明だったので、色調はネットで拾った実車画像を参考にしました)





続いてはバンパー。

これはランナーから切り出した状態ですが、
画像

フロントバンパーはゲート(パーツとランナーをつなぐ部分)がパーツの裏にあるためゲート跡が目立ちませんが、
リアバンパーは真上にゲートがあるので、跡がクッキリ



これじゃボディに取り付けた後も目立ってしまうので・・・
画像

バンパー上面をペーパーで整形しミラーフィニッシュを貼り付けました。
これならゲート跡がどこにあったのか分かりませんよね。



そして、ウインカー&車幅灯のパーツとバンパー表面のプロテクトモールを取り付け。
画像

プロテクトモールがちゃんと別パーツで用意されているのが嬉しいです!
ちなみにモールはセミグロスブラックで塗装しました。





いよいよ各パーツをボディに取り付けます。


グリルのパーツはライトの周囲がややキツいので、側面を少し削って取り付けました。
画像


あと、フロントバンパーの取り付け前にここの部分(赤い矢印)を
エナメルのフラットブラックで塗っておきます。


そうすると・・・


バンパーのここの穴(赤い矢印)からボディ色が見えないので引き締まって見えます・・・よね(笑)
画像






あとはフロントフェンダーのウインカー(これはちょっとパーツの出来がよくないのですが・・・)と
ワイパーを取り付けて・・・ボディ前後のパーツの取り付け完了!!

画像

※フロントマスクの表情を見るため、キットのナンバーパーツを両面テープで仮付け。

フェンダーミラーと、その前方に付くフェンダーマーカーは最終組み立て時に取り付けます。


画像

リアビューも結構雰囲気がありますね。

ただ、コンビランプのピン(ウインカーとバックランプ中央)が結構目立ちますね。
これはパーツ固定用のピンなのでどうしようもないのですが・・・
コンビランプ自体や周囲のガーニッシュの出来が良い分、ちょっと残念です。
まぁ、このピンは内部の電球だといえば、それらしくも見えますけどね(笑)




画像

画像

いつも言ってますが、ボディの前後にライトやグリル・バンパーがつくと
一気に車らしくなりますから、この作業はいつもテンションが上がりますね〜


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
メッキパーツをそのまま活かして忠実に実車と同じ様に再現されクオリティの高い仕上がりですね(*^_^*)
キットのメッキパーツはメッキ塗装(正確にはメッキの下地塗装)の状態が悪いケースが多い場合やメッキの上は塗装面が弱くなってしまうので一度剥がしてメッキ調塗料で塗装する場合が多いですがローレルはメッキの状態が綺麗だったのでしょうか?
クレオスのメッキシルバーはメッキ塗装の再現が綺麗ですしエナメル塗料の のりも良いのでメッキシルバー2の発売を楽しみにしてます。


ロシアンでキャット
2011/05/12 00:45
ロシアンでキャットさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

お褒め頂き光栄です。
今回のローレルはメッキの乗り?が
とても良好でパーツはピカピカでした。
ですから軽くスーパークリアーを掛けてから
(あっ、この事を書き忘れましたね・・・)
エナメル塗料でスミ入れしてあります。

クレオスのメッキシルバー2、私も楽しみです♪
ながせ
2011/05/13 01:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
C230 ローレル 製作記 その9 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる