くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS C230 ローレル 製作記 その8

<<   作成日時 : 2011/05/07 00:22   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

今回はウィンドウパーツの塗装と取り付けです。

まずは天井周りの塗装をする前の下ごしらえから。

あらかじめウィンドウ部分にマスキングをし、
緑の丸にある押し出しピンの跡と、青い枠の中あたりの大きなヒケをペーパーで除去。
画像

あわせて中途半端なモールドだったサンバイザーをプラバンで作り直し
リアピラーのピローも再現(赤い矢印)





ちなみにリアピラーのピローはこれです。
画像

リアピラーの内張り中央に布が貼ってあり、ここを枕のかわりにできるようになってます。
最近の車ではあまり見かけない装備ですね。またここにスポットランプも内蔵。





まず最初につや消し黒で塗装してから・・・
画像






フロントガラス下にマスキングを重ね、サンディブラウンを塗装。
細かい部分はカタログを参考に筆塗りをし、こんな感じで完成です。
画像






リアのスポットランプはメタルック&白の筆挿し塗装でそれらしく自作。
画像



ドアガラス越しからも意外と存在感がありますね。(恒例の自己満足 笑)
画像






続いて市販のデカールでフロントガラスのトップシェードを再現。
画像



ここでボディにウィンドウを接着します。



センターのサッシは細切りのミラーフィニッシュ。
画像


いつも通り、OKステッカーを今回も自作。内側から貼り付けてあります。
貼り付け位置は、この年代のHT車なら、確かここだったはずです。
(かなりのうろ覚えで自信ないですが・・・)

ちなみに、セダンはリア左ドアガラスの三角窓部分で間違いないです。





こちらもお馴染み、無鉛ガソリンのステッカーも自作し内側貼りしました。
画像


普通無鉛ガソリンのステッカーはリアガラス給油口側の下角ですが、
この型のローレルは右上の角が正解。これははっきり覚えてます(笑)


ふと思い出したのですが、この無鉛ガソリンのステッカーは
確か1989〜90年頃を最後に貼られなくなりましたよね。
うちが91年に買った車にはもう貼ってなかったですから・・・まぁ、別にどうでも良い事ですけど(笑)




画像

画像


う〜ん・・・透明度は文句ないですが、表面の歪みが惜しいですね。


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ロシアンは天井は黒一色しか塗ったことしかありません(>_<)
毎回、天井も手を抜かずにしっかりと作成されるので本当に関心します。(OKマークの再現も車の年代がわかるので良い試みですね!)
ここまで完成度が高いのに窓ガラスの歪みは気になりますが内装を組めば、それ程 気にならなくなると思いますが、心残りですよね!
完成まで後少しですね! 楽しみにしてます。
ロシアンでキャット
2011/05/08 00:04
ロシアンでキャットさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

天井部分は外からはあまり見えませんから、
それほど力を入れる必要はないのですがね・・・
ただOKマークも含め、何となくこだわってしまいます(苦笑)

ガラスの歪みはホントに残念ですが、仰る通り
内装を入れたらそれほど気にならないと私も思います。

ありがとうございます。完成まで頑張ります!
ながせ
2011/05/08 02:17
いつもプラモ作製の参考にさせてもらってます。

そこで、一つ質問なのですが・・・

実車用の塗料(ホルツのカースプレー)ですが

これもボディーの下にサフをふいておくべきですか?

あと、その色の上から水性トップコートをふいても大丈夫でしょうか?
YUUKI
2011/05/09 21:11
こんばんわ!!

着々と進められていますね〜
さすが、再現が細かいですね!!

ガソリンステッカーなんてものがあったんですか…
知りませんでした^^;
ムル太郎
2011/05/09 22:10
YUUKIさま

はじめまして。
いつもご覧頂きありがとうございます!

結論から言いまして、
実車用の補修スプレーでプラモのボディを
塗装するのはオススメしません。
むしろ止めたほうがいいと思います。

理由は塗料の成分がキツく、また実車用スプレーは
ガス圧が強いので、多くの塗料がボディに噴射されます。
結果確実にボディを侵し、表面がちりめん状(シワシワ)になると思います。

私が製作記で紹介している実車用塗料を使った塗装は
「模型用シンナーで希釈する」ことと「エアブラシで塗装」が前提でして、
こちらも自己責任というとカタチをとっております。

ちなみに、水性トップコートについては
こちらは問題なく使えます。
ながせ
2011/05/09 23:24
ムル太郎さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

お褒め頂き恐縮です・・・
本当は手を入れなくても良いのですが、
ついつい作りこんじゃいます(笑)

無鉛ガソリンのステッカーなんて、
お若いムル太郎さんはご存知ないかもしれませんね。
このステッカーが貼られなくなってから
もう20年以上経ちますから・・・

このステッカーのことについては
「有鉛ガソリン仕様について」で検索してみて下さい。
ちょっと難しい内容ですが、何となく分かるかと思います。
ながせ
2011/05/09 23:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
C230 ローレル 製作記 その8 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる