くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS C230 ローレル 製作記 その3

<<   作成日時 : 2011/04/12 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

今回は足回りの仮組みと調整です。

以前書いた通り、ローレルはフルノーマル仕様で作るので、
キット付属の社外アルミ&ひっぱりタイヤは使いません。

そこで、ホイールはローレルと形状がそっくりである
アオシマの330セドリックのファッションホイールカバー(以下330ホイールと略)を、
タイヤはタミヤのセリカXXのミシュランXVSを調達しました。
画像

実車も最上級グレードであるメダリストは
ミシュランタイヤが標準装備なんですよね。



まずは説明書記載の「ノーマル状態」で仮組みすると・・・
画像


おおっ、かなり低いですね。ちっともノーマル車高じゃありません(笑)
前後のタイヤ上部がフェンダーに被っちゃってます。
しかも、元々330ホイールの軸が長いので、タイヤがフェンダーに干渉しキチキチです。

(あ、書き忘れましたが、ボディはすでにサーフェイサーで下地塗装済みです。)



と、いうことで車高のアップとホイールの軸を加工する必要がありますね。



最初に車高のアップ方法ですが、フロントはこんな感じです。
画像




補足説明をすると、B2のスペーサーとは
本来サスペンションの上部(ノーマル仕様の場合)に差し込むスペーサーのことです。
画像

このスペーサーをシャーシ側に取り付け、サスペンションのサポートとして使います。
(もちろん強度が必要なので、瞬間接着剤でガッチリ接着しました)



つぎに前後の穴の中央に接着とは・・・
画像

このキットのシャーシは画像のように足回りパーツの取り付け穴が前後2つあり、
その穴と穴の間(つまり中央)のあたりに接着するという意味です。

なぜ前後2つの取り付け穴があるかというと、このシャーシをホイールベースの違う他車
(多分次に発売予定の5代目スカイライン:通称ジャパン)と共用するためでしょうね。
ちなみに説明書ではすべて前側の穴(画像では上の穴)を使う指示なのですが、
そうすると、なぜかタイヤが若干前寄りになってしまうので、
前後2つの穴の中央にB2のスペーサーを取り付けて調整します。


つまり前後の穴中央(穴の開いていない部分)にサポートに接着したため、
サスペンションがこれ以上差し込めず、赤い矢印の分だけ(約2ミリ)車高があがる仕組みになります。
画像



あと、黄色い文字で書いた2ミリのプラバンでかさあげとは、
サスペンションが2ミリ下にさがった(車高が上がった)ので、
その分、サスペンションロアアームの台座にもプラバンでかさあげした
という意味。
ちなみに、ここの取り付け穴も先ほどの前後2つの穴の中央あたりに合わせ、穴を開けてあります。

あ、緑の丸はテンションロッド?の取り付け部の穴ですが、現時点ではとりあえず放置(笑)



以上説明がグダグダと長くなってしまいましたが、要は・・・
サスペンションの取り付け位置をちょこっと後ろにずらし、2ミリ車高を上げた。
ということです(笑)





リアサスペンションの車高アップ方法は簡単です。

リアサス(ノーマル仕様のパーツA2)のここに厚さ2ミリのスペーサーをかませるだけ(笑)
画像

このスペーサーはジャンクパーツから適当に見つけました。



スペーサーの分(赤い丸)車高が上がります。
画像




ただ、リアサス後方(デフ部分)の車高が上がったので、
サスの車両前方の取り付け部分(赤い丸)に多少無理が出てきます。
画像

そこでサスを緑の矢印方向にネジって調整します。

元々ハメコミがきついので、こんな手抜きな調整(苦笑)でも十分ガッチリ固定できます。


以上で前後サスの車高調整はおしまい。
上記以外はすべて説明書通りで組み立てます。





お次は330ホイールの加工

この330ホイールは前後でホイールの幅が違いますし、
またリアホイールは軸の長さも左右で違います。
画像

左側2つがリア用ホイール。



そこでタイヤの幅に合わせホイールをカット。
さらにリューターで軸を削ります。
画像

2つともリア用ホイール。右がホイール軸加工後。



目指すは・・・昔の普通車っぽい、タイヤが目いっぱい奥に引っ込んだナロートレッド(笑)


まずはホイール軸が無加工状態でフロントサスにはめるとこんな感じ。
画像

タイヤとサスとにずいぶん間が開きますね。
間が出来る=それだけタイヤが外に出ている訳です。

これを・・・
画像

タイヤとサスがここまで近づくように軸を削りました。

ちなみにホイール軸は4輪とも同じ長さに調整しました。





足回りすべての調整と加工を終え、再び仮組み。
(今度はガラスと内装パーツも入れました)

画像


画像


画像



おおっ、これだよこれ!! 私が求めていたのは(笑) 

70年代の国産車が持つ、華奢な印象の足回りがノーマル好きにはたまらんです(完全に自己満足&ちょっと変態)


ホイール軸をかなり削ったので、タイヤが結構奥に引っ込んでますね。
画像

画像


個人的にはこれぐらいがベストかなと思いますが、実車は・・・

画像



タイヤがもっと奥に引っ込んでます(笑)
私もさすがにこの状態を忠実に再現するつもりはありません・・・




画像

画像

(まだ仮組みなんで、各輪のアライメントが狂ってますが、ご容赦を)


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の好みも後者ですね。
説明書通りの車高だとシトロエンみたい\(^о^)/

私のメインカーのリアの車高が荷物積みすぎのせいで下がって来ました。
プライスボードとか(笑)
ユーロスポーツ
2011/04/17 14:19
ユーロスポーツさま

こんばんは。
いつもお世話になってます。

やはり?ユーロスポーツさんも調整後の車高がお好きですか。
説明書通りだと、確かにシトロエンっぽいですね。
どことなく昔のDSとかGSあたりをイメージさせます。

メインカー、尻下がり気味なんですか?
あのプライスボード・・・大きいですからね。
また洗車のお手伝いに行きますのでご用命下さい(笑)
ながせ
2011/04/17 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
C230 ローレル 製作記 その3 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる