くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS ZF1 CR-Z 製作記 その10

<<   作成日時 : 2011/02/05 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

いよいよラス前、最終の仕上げです。

まずは、前回作った内装パーツをシャーシに接着、そしてボディを被せました。
画像

画像


車高はシャーシの組み立ての際ちゃんと調整したのでバッチリですが、
各車輪のアライメント(取り付け角度や接地具合)にバラつきがあったので、
サスのアームを曲げたり引っ張ったりして調整しました。

まだ各車輪にバラつきがあり、完全には直りませんでしたが、
タイヤがほぼ垂直かつ、四輪共にきちんと接地しているのでこれで良しとします。
(あまり無理をするとサスが折れるのは間違いないので 笑)





画像

ドアミラーは、ボディ塗装のついでにパールホワイトを塗った後に下側をつや消しブラック仕上げ。
ドアミラーウインカー(矢印)はホワイトを少量混ぜたシルバーでマスキング塗装しました。

鏡面はキットのメッキパーツの上から例のDX版メタルインレットを重ね貼り。





最近のフジミのキットを作る度に感心するのがワイパーのパーツ。
画像

ブレード・アーム共にシャープでホントによく出来てますよね!

ただ、今回のCR-Zはワイパーのパーツがランナーから切り出しにくいので注意が必要です。


画像

フロント同様、リアワイパーの出来も文句なしです。
ありゃ、ブレードの下側がちょっと浮いてますね・・・あとで修正しておきます(苦笑)





前後のエンブレムはDX版のメタルインレットを流用しました。
画像

画像




前後のHマークはサイズがピッタリですが、
リアの「CR-Z」と「HYBRID」エンブレムはデカールと比べるちょっと小ぶりですね・・・
画像

しかもHYBRIDの文字部分がキチンと抜けているので、文字にエナメルのブルーを流し込んでみたのですが、
残念ながらうまくいかず、HYBRIDの青文字の再現は断念しました・・





画像

リアのディフューザー内の赤いリフレクターは
透明のパーツが用意されていますが、これが結構曲者です(笑)

透明パーツがピッタリハマるので、バリをキレイに取ることと、
取り付け位置が奥まっているので、気をつけて下さいね。





最後はパーツ化されていないハイマウントストップランプ。
画像

ここは細切りのミラーフィニッシュの上に
スモークを混ぜたクリアーレッドを塗って貼り付けました。

実車とちょっと形状が違いますが、キレイに貼れたのでこれでOKとします・・・





あとは、デカールを貼って、ナンバープレートを取り付ければ完成です!!
画像


次回完成画像を公開しますのでお楽しみに!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の小ネタ

もうすぐフィットのワゴン「フィットシャトル」が出ますね・・・
画像

ホンダのサイトでも先行公開されてますが、
バリエーションは1.5lガソリンとハイブリッド(1.3l+モーター)の2本立て。
発売は3月の予定だそうです。

クォーターウインドウ前の三角のピラーモチーフのあたりに
どことなくエアウェイブの面影がのこっているような気が・・・
(実質的にフィットシャトルはエアウェイブの後継モデルですからね)





でも個人的に「シャトル」と聞けば、やっぱりこの車が浮かびます。
画像

本家?である初代シビックシャトルです。
1983年にモデルチェンジした「ワンダーシビック」のバリエーションのひとつとして誕生。
当時はワゴンではなく「5ドアセダン」という位置づけでした。

私が中学生の時、担任の先生がこれと全く同じオレンジメタの
シビックシャトルに乗っていたので印象深いです(笑)

当時は「何て背の高い車なんだ」と思いましたが、
実際は現行の(普通の)フィットより45mmも低くかったりします。
(シビックシャトルの車高が1480mmに対し現行フィットは1525mm)


・・・ちなみにシビックシャトルは次の「グランドシビック」(1987年)で2代目にモデルチェンジ。
その後シビックは1991年に「スポーツシビック」にモデルチェンジしますが、
2代目のシャトルはマイナーチェンジのみで続投。1996年にオルティアにバトンタッチするまで生産されました。


そういえば、このシビックシャトルを4ナンバーのバン仕様にした
シビックプロ」というクルマもありましたね・・・
画像

シビックプロのカタログは持ってないので、
代わりにシティプロのカタログを載せてみました。


オルティアそしてエアウェイブにも4ナンバー仕様「パートナー」がありましたから、
今度のフィットシャトルにも4ナンバー仕様が登場するのでしょうか?
もし登場するなら車名はやっぱり「パートナー」、それとも「フィットプロ」かな??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして♪
前からブログを拝見させていただいていました。
すばらしい出来ですね(*^_^*)
僕には真似できない・・・orz
これからも、楽しみにしています!
ハセ
2011/02/06 20:30
ハセさま

こんばんは。そしてはじめまして。
いつもご覧頂きありがとうございます♪

お褒め頂き恐縮です。
ここはノーマルのクルマばかりで
あまり派手なものはございませんが(笑)
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

またよろしければコメントを頂けたら光栄です。
ながせ
2011/02/07 01:20
 シビックシャトルのネタがあったので食い付いてしまいました。(笑)僕もシャトルと聞くとシビックシャトルがまず思い浮かびます。車高がフィットよりも低いのが意外でした。そして、オルティアが後継モデルだったということも初めて知りました。
Y34
2012/07/06 23:26
Y34さま

こんにちは。
シャトルといえば、やはりシビックシャトルが浮かびますよね。
オルティア(パートナー)は6代目のミラクルシビックが
ベースなので、シビックシャトル(プロ)の後継で
間違いないと思います。
ながせ
2012/07/07 10:56
 仰るとおり、オルティアはシビックシャトルの後継モデルで間違いないみたいです。
Y34
2012/07/08 20:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ZF1 CR-Z 製作記 その10 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる