くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GX61 マークII 製作記 その8

<<   作成日時 : 2010/12/12 15:17   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

今回はボディ細部の仕上げです。

まとまった時間が取れましたので、今回の製作記はちょっと長め(画像も多め)です。

まず最初は、ボディ周囲をぐるっと取り巻くサイドプロテクトモールと
ドア下のロッカーパネル、そしてウインドウ周りのモールを黒く塗装します。
画像

このクルマのウインドウモールはメッキですが、先に黒く塗って
実車のメッキモール淵のゴムのモールを再現します。

マスキングはいつも通り。貼るのに1時間ぐらい掛かったのもいつも通り(笑)






エアブラシでつや消し黒を塗装して・・・
画像







塗装完了!
画像

画像

画像


あわせて各パネルのスジにスミ入れも施しました。

う〜ん、サイドプロテクトモールに黒く色が入るとグッとリアルになりますね!!






続いて、ウィンドウモールのメッキ仕上げです。
つや消し黒で塗ったモールの上に・・・
画像




1本ずつメッキシールを貼っていきます。今回はメタルックを使用しました。
同時にドアハンドルにもメタルックを貼ります。
画像




フロントガラス周りのメッキモールは・・・
画像

フロントピラーの前側(赤い矢印)は黒く残します。

ワイパーが収まる部分(緑の矢印)も、実車はメッキ(ステンレス)なので、
ここには曲面に貼りやすいミラーフィニッシュを使いました。
でも左側に小さな気泡が2〜3個入っちゃったのが心残り(貼るのが難しかった・・・)



リアウィンドウ周りは普通?にぐるっとメッキモールを貼りました。
画像







ウィンドウ周りのメッキモールがうまく貼れたので、
次はツートンカラーのピンストライプも頑張って再現したいと思います。
ここで言うピンストとは・・・
画像

矢印部分のピンストのこと。
実車はツートン塗装の切り替え部分にこんなピンストがあるんですよね。

実車のピンストは塗装仕上げで幅は約2〜3mm。
これを1/20のキットで正確に再現しようと思うと0.1〜0.15mm幅のピンストになります(細っ!)

実車同様にマスキング塗装でこれを再現するのは、私の腕では絶対無理。
でも何とか再現したい・・・(1/24のキットなら無視するところでしょうが、今回は大きめの1/20のキットですからね)


そこでいろいろ考えて・・・


0.4mmのマイクロマスキングテープをプラバンに貼って、表面にボディ色を塗装(&クリアー仕上げ)し、
画像




それをボディに貼ってみました。
画像

画像


う〜ん・・・太いかな。ちょうど実車の倍ぐらいの太さになりますからね・・・
でもこれ以上テープの幅を細くすると、ボディに貼る際にテープがブチブチちぎれるのでこれが限界(笑)

それにしても、テープをツートンカラーの塗り分けに沿って貼るのが難しかった・・・・

ちなみに着色したテープの耐久性ですが、上から指で強く擦っても意外と色は剥がれません。(爪で強く擦るとアウト)
ガンガンボディを持って遊ぶモーターライズなら不向きでしょうが、
完成後はあまり触れないディスプレイモデルなら問題ない強度でしょう。
それにテープ自体の厚みも、この細さなので特に気になりません。

しかも気に入らなければ、いつでもテープを貼り直す&剥がすことができますしね(笑)



実車同様にドアハンドル下のくぼみ部分はストライプをカット。
画像

・・・やっぱりピンストが太いかな・・・でも「再現する事に意義がある」ということで自己満足。






とりあえずピンストも再現でき、改めて眺めていたら、
ここ(赤い丸)のモールの切れ目が間違っているのを発見・・・
画像




実車の切れ目はもう少し前側ですね(ちょうど黒い三角のガーニッシュの手前)
画像

・・・実車のピンストはもっとほそ(クドイっ!!)



ということでモールを貼り直して修正。
画像








あとは、前後バンパーのプロテクトモール上にメッキモールを貼り
画像

画像







サイドプロテクトモールの上、そしてロッカーとホイールアーチのメッキモールを再現。
画像

(それにしてもいたるところメッキモールだらけですね。さすが高級車)






最後はフロントグリル。
画像


いきなり塗装後の完成状態ですが、ここまで仕上げるのに
サフ掛け→グリル周りのボディ色塗装&クリアー塗装→マスキングしてグリル塗装→
周りのモールとエンブレムをメタルック→センターの縦モールはミラーフィニッシュ
・・・の工程を踏んでます(笑)

かなり丁寧に仕上げた(と思う)のですが、結構悩んだのがグリルの中央部分の表現
元々、グリル中央の桟のモールドがいまいちでリアルさに欠けるのが原因。

ちなみに実車のグリル中央はこんな感じ。
画像

実車は黒地にガンメタの小さな菱形の桟が浮きあがって見えますよね。


ですから全体をエナメルのフラットブラックで塗り、菱形の桟だけガンメタにしてみましたが、
何だか汚く見える&菱形の桟が目立たない残念な結果に終わったので・・・

全体をガンメタ、菱形の桟だけをクリアーを筆塗りしてみました。
このほうが桟がキラキラしてキレイに見えると思います。
まだ他にも中央のエンブレムが、実車より上寄りで位置が違う問題がありますが、
これは修正しようがないのでこのままでいきます(スイマセン)

それと、グリル中央を塗り直しているうちに左下の「TWINCAM24」のエンブレムのモールドが
塗料で埋まっちゃいましたのでエンブレムは作り直すことにします。






とりあえずグリルを仮付けしてみました。
そこそこリアルになったのではないでしょうか?
画像







画像

画像

今回はここまで。
まだまだ先は長いです・・・

あっ、ドアのウィンドウモールが歪んでますね・・・(とくに右側が)
また貼り直さないと(メンドクサ)


追記

歪んでいたドアのウィンドウモールを貼り直しました。
画像

画像

厳密にはまだ多少の歪みがありますが、とりあえずこれでOKとしておきましょう(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の小ネタ

「より良いものをより安く」「アイデアとベスト価格」でおなじみ(笑)の
万年社の塗料皿を久しぶりに買ったのですが、
画像

以前は12枚100円(緑の箱)だったのが、10枚100円(青い箱)になったのですね。

ひょっとして知らなかったのは私だけ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!少々ご無沙汰しております・・・・

久しぶりにお邪魔しましたら
2台共とても素晴らしい仕上がりにモニター越しに
「うお〜!」と驚かせていただきました!
マークUのこの仕上がり、まさに実車!という感じですね。
ストライプも模型的にはアリだと思います♪
というか、私だったらここまで再現出来ないかもです(汗)
ドアノブ周辺の仕上げ、激ツボです( ^^)
純正のこういうピンストライプって
模型的にはかなり仕上げが難しいですよね・・・・
私も再現できなさそうだなぁ・・・と製作を諦めてる色がありますので
塗装してテープを貼る方法、とても参考になりました♪

>万年塗料皿
私も詳しくは不明ですがここ最近変わったようですね・・・・
緑色のこの箱、子供の頃行っていた模型店さんではなぜか
カギ付きのショーケースに入っていました。
なのでとても高い物だと思っていたのは内緒です(笑)
HITEQJASMINE
URL
2010/12/13 20:49
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
こちらこそ、HITEQJASMINEさんのブログに
あまりコメントを差し上げることが出来ず
申し訳ありません・・・

CR-ZとマークIIをお褒め頂きありがとうございます。
今回2台とも塗装と鏡面仕上げがうまくいきました!
マークIIのピンストライプですが、マスキング塗装で
再現するには難しいと判断し、このような着色テープに
してみましたが、お気に召して光栄です♪
それにしても実車のピンストはが塗装仕上げなので、
昔の車は細部にも手間が掛かっていたのだなと感心しました(笑)


あはは。確かにガラスケースにこの塗料皿が陳列されていれば、
箱入りの体裁からして、まさか100円の商品だとは思いませんよね(笑)
ながせ
2010/12/14 00:16
こんにちは〜
訪問ばかりでろくにコメントできずに申し訳ありません・・・。^^;

ピンストの再現がすごい・・・!
0.4mmなんて・・・自分にはとても扱えません(笑
太いと書かれてますが、十分だと思います。
メッキモールの再現も素晴らしく、雰囲気が実車並みです。^^

あ、関係ないですけどこれと同時期のローレル(C31)の先代モデル(C230)が来年フジミから出るそうですね。かなり期待
GSF
2010/12/14 14:02
おひさしぶりです。

実は、自分もアリイの1/20MR-2を作ろうと思い仮組みしましたが、タイヤが旧LS時代の物とは違う物に入れ替わっていてかなりショックでした。(物凄く格好悪い!)

ちなみに自分はフジミのプリウスのタイヤを流用してみようかと思っています。
ちょっと勿体ないですけどね。

そのキットは大丈夫でしょうか?画像で見た感じか似ていたので心配です、、、。

ばけつ
URL
2010/12/14 22:34
GSFさま

こんばんは。
いえいえ。ご覧下さるだけでも大変嬉しいですよ。
こちらこそGSFさんのブログを拝見するだけで
なかなかコメントを差し上げることが出来ず
ごめんなさい・・・

お褒め頂きありがとうございます!
ピンストは1/24なら絶対再現しなかったでしょうが、
今回は1/20なので、着色したテープで再現してみました。
私的には「う〜ん・・・太い」と思いますが、お気に召して光栄です。

やはり80年代の高級車は、メッキのギラギラ感は重要ですね(笑)
それがうまく再現できたかなと自己満足してます。

私もフジミからC230ローレル発売予定と聞いて驚きました!
新金型らしいですから、どんな出来栄えになるか楽しみですね。
・・・くれぐれも発売中止になりませんように(前例が多々あるので 笑)
ながせ
2010/12/14 22:56
ばけつさま

こんばんは。
お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

うっ、ばけつさん鋭い!!
このキットもタイヤがLS時代の中空タイヤじゃなく、
ぶっとくて中身が詰まったタイヤになってます(笑)
意匠やトレッドパターンはLS時代と同じミシュランの
XVSなのですが、幅が明らかに太いですよね・・・

ですから、手持ちのLSの1/20のキットかジャンクから
取ってこようかなと考えてます。

ながせ
2010/12/14 23:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GX61 マークII 製作記 その8 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる