くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS AZK10 トヨタSAI 製作記 その3

<<   作成日時 : 2010/08/31 22:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6

今回はボディの塗装です。

ボディカラーはコメント欄等でお伝えしたとおり、
メインカラーのアクアマイカメタリック<782>にします。
画像

画像はアクアマイカのG ASパッケージ。
・・・やっぱりエアロがついていた方がカッコいいですよねぇ。






さて、この色の実車用補修ペイントは、現時点ではトヨタ純正のタッチアップペンのみ
発売されていて、いつものソフト99のタッチアップペンは発売されていません・・・

ですから今回もプラモ用の塗料を使います。

用意したのはこちら。
画像

右から色ノ源シアンとイエロー、スーパークリアーIII。
左はベースカラーとなるスーパーシルバー。

手前はお馴染み、ホワイトイエローのパールパウダー。

色ノ源は前回の使ったマゼンタがとても良かったので今回も採用。
スーパーシルバーは通常の(8番)シルバーよりキラキラ感が強いエアブラシ向けの塗料です。



調合は・・・
まず色ノ源シアン4:イエロー1の割合で混ぜ、
さらにパールパウダーを(上の画像にある)調合スプーンに軽く1杯加えて
グリーンパールを作ります。
画像

このグリーンパールは添加剤なので、ごく少量作ればOKです。
なのに、かな〜り多く作り過ぎちゃいました(苦笑)






次にベースカラーであるスーパーシルバーに先ほどのグリーンパールを混ぜます。
混ぜるといってもシルバーにグリーンを数滴垂らすだけです
(正確には、スーパーシルバー10mlに対し、グリーンパールを調合スプーンで5・6滴ぐらい)

仕上げにスーパークリアーIIIを3mlほど加え、
(クリアー塗装の際、メタリック粒子が荒れてムラになるのを抑えるため)
最終調整に色ノ源のマゼンタを2滴(笑)入れて調合は完成です。
あとはレベリングシンナーでエアブラシ塗装に適した濃度に希釈します。
画像







カタログ表紙のSAIを調合基準にしましたが、
若干濃い目ですかね・・・でもかなり似ていると思います。
画像







早速エアブラシで吹いてみました。
画像

どうやら成功したようです(笑)
ほぼイメージ通りの色になりました!!






仕上げにいつものMr.スーパークリアーをスプレー吹きします。
画像

クリアーの塗装工程は・・・
薄く砂吹き→多めにひと吹き→1500番のペーパーで中研ぎ→垂れる寸前まで仕上げ吹き。

今回のようなシルバー系の塗装の上に、いきなりクリアー塗料を厚く吹くと
メタリック粒子が荒れてムラになるので注意が必要です。

対策として上に書いた通り「シルバーにクリアー塗料を混ぜておくこと」
「最初のクリアー塗装は薄く砂吹きすること」を忘れずに!!



画像

クリアー塗装もうまくいったので、鏡面仕上げもラクに出来そうですね。

う〜ん、それにしても色ノ源はイイですね。使えます!!
実車の塗装がもつ「濁りのない、透明感のある色」がうまく再現できました。


今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ながせ様こんばんは
待ちに待ったボディー塗装がアップされましたね。
昨日初めてアクアマイカのSAIの実車を見ました。意外とこの色のSAIは全然走っていません。
実車の色は思っていたよりもかなり薄いグリーンのようでした。私もSAIはこの色にしようと思っていますので、ながせさんの調合技術を是非使わせていただきます。
っと言ってもまだHS250が完成していないのでSAIの作製はまだ先になりそうですが(^_^;)
ながせさんのブログは教科書のようでとても参考になります。次回の更新も楽しみにしております。
高級車大好き
2010/09/01 00:17
毎度、ボディカラーの再現度の高さが素晴らしいです。
再現度の高さとエアブラシにひたすら憧れます・・・。

あ、自分はタミヤのクリア缶を使ってるんですが塗膜を浸すようなことを聞いたんですがMr.のクリアーはどうなんでしょうか?
GSF
2010/09/01 16:47
高級車大好きさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!
今回は先にシャーシを組み立てましたので
ボディ塗装が遅れてしまいました…

メインカラーのアクアマイカはあまり人気がないようで、
私の周りでも白パール・黒・シルバーのSAIしか見ませんね。

この色の実車は見る環境によって色味がシルバー⇔ライトブルーへと
変化する難しい色ですが、まぁそれなりに再現は出来ていますかね。

このブログが教科書のようとは勿体ないお言葉です(汗)
ただ、少しでもプラモ製作のお役に立てれば幸いです。
ながせ
2010/09/01 23:59
GSFさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

ボディカラーにお褒め頂き恐縮です。
エアブラシはオリジナルカラーを吹き付け塗装で再現できることが
最大のメリットですね。反面手入れが凄く面倒ですけど(笑)

私の経験上、タミヤカラースプレーのクリアーも
Mr,クリアーのスプレーも下地を侵すことはなかったです。
(ただしシルバー系の場合は、記事に書いた注意が必要ですが)
私がMr.クリアーを多用する理由はスバリ「容量が多いから」です(笑)
あと、Mr.クリアーの方がクリアー層が丈夫で
研ぎ出しがしやすい気がします(あくまで個人的主観)
ながせ
2010/09/02 00:19
こんにちは!!
とてもきれいに仕上がってますね!!

説明書の色の指示はどうなっていたんですか?
やっぱ作るのは慣れとかもありますかね・・・
ムル太郎
URL
2010/09/02 20:34
ムル太郎さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

塗装にお褒め頂き恐縮です。
完成見本はアクアマイカらしき塗装ですが、
説明書では「シルバーメタリックにする場合」と
書いてあるだけで具体的な塗装指示はありませんでした。

プラモの製作は慣れや経験がとても役立ちますが、
時として失敗もやらかします(次の記事をご参照下さい・・)
ながせ
2010/09/02 23:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AZK10 トヨタSAI 製作記 その3 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる