くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS ZVW30 プリウス 製作記 その2

<<   作成日時 : 2010/04/24 11:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 16

今回はボディーの塗装です。

ボディーカラーはさんざん迷いましたが、
イメージカラーの「アイスバーグシルバーマイカメタリック<8V0>」に決定しました。

この色は調合が難しそうなので、今回も実車用タッチアップペイントで塗装したいのですが、
いつものソフト99のタッチアップペンはまだこの色が発売されてません・・・
ですからホルツのカラータッチを買ってきました。
果たしてホルツの塗料はプラモに使えるのか少々不安ですけどね・・・
画像


ソフト99のタッチアップペンは12mlで600円、ホルツのカラータッチは20mlで750円です。
ホルツのほうが割安感がありますね。





調合ビンに移してみました。
画像

少しブルー掛かったグレーですね。しかも透明感がなく
フロスティというかミルキーというか、やや濁った感じの色です。
う〜ん・・・うまく説明できませんが、とにかく不思議な色ですね。

で、ホルツの塗料ですが、臭いはソフト99の塗料とほとんど同じ。
プラ用塗料より刺激が強い、いかにも実車用といった感じです(つまりすごくクサい 笑)
塗料の希釈には、クレオスのレベリングシンナーが問題なく使用できました。

とりあえず塗料とシンナーを半々で希釈し、
サーフェイサーを塗ったプラバンにテスト吹きをしましたが・・・

塗料の成分がキツイみたいで下地のサーフェイサーを
ちょっと荒らす(溶かす)みたいです

そこで少しシンナーを足し、希釈率を塗料2:シンナー3ぐらいにしてボディーに吹いてみました。





画像

まだ下地を荒らすみたいですね・・・
ちょっとユズ肌がきつい感じですが、これぐらいならクリアーで
うまくコートできると思い、ボディー全体を塗ってしまいました(笑)





画像

これが塗装後。
やはりユズ肌がきついですが、特に問題はなさそうです。
ちなみに上の画像はフラッシュオフで撮影しましたが、
ほんのり青み掛かったシルバーという印象ですね・・・



画像

フラッシュオンだと、ライトブルーというかラベンダーっぽい色調になります。
どっちにしてもうまく色が表現できてません・・・う〜んカメラ泣かせな色です(笑)

肉眼ではカタログの色に近い(実車用塗料なので当たり前ですけど)イメージ通りの色ですよ。







クリアーはいつものクレオスのMr.スーパークリアー光沢をスプレー塗装。
今回は軽く砂吹き→少し多め→1500番で中砥ぎ→多め→
もう一度1500番で中砥ぎ→仕上げに垂れる寸前までドバ吹き・・と、かなり念入りに塗装しました。
画像

すでにツヤも十分出てますね。





・・・ということで今回はホルツのカラータッチを使ってボディー塗装をしましたが、
個人的には「これはオススメできない」というのが正直な感想です。
下地を荒らす傾向があるみたいで、ユズ肌がキツい仕上がりになります。
(ひょっとして私の塗り方が悪いのかもしれませんが・・・)


いずれにしても実車用タッチアップ塗料を使った塗装は、
自己責任でお願いしますね。もし失敗されても私は責任は負えませんので・・・




今回はここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
現在記事は書いていませんが、コッソリとS15を作っています。

私も補修用の塗料を使いましたが、メタリックの粒子が荒くザラザラしていました。
そこで中砥ぎ後の仕上げ塗装は、クリアで半分薄めた塗料を吹きました。(その後はクリアーコート)

その時は、実車用のメタリック粒子は、1/24にはオーバーなのかなと思いました。
しかし今回の件のように、下地を侵食するようであれば、補修塗料の溶剤が減れば現象が抑えられるかもしれません。

私の推測ですが、補修用塗料を使う時は濃度がキーになると考えています。

2010/04/24 14:22
こんにちは。こないだ初めて投稿させていただいたオミッターズです。
僕もホルツのカラータッチ買ってきました。アイスバーグシルバーマイカとアクアブルーメタリック。ジャンクボディに吹いてみたら、どちらも仰せのとおり透明感がなくミルキーでした。どうせ透明感がないならと、僕はアクアブルーメタにしてみましたよ。すっごくビミョ〜な仕上がりになりました(笑)
オミッターズ
2010/04/24 16:14
タッチペン、なぜか近所のホームセンター全てから姿を消しホルツの物に入れ替わっていました。ちょっと困るなぁ、、、。

あっ、そういえば職場に沢山タッチペンの山(○ンダ純正品)があったっけ。
こっそり借りてこよ〜っと。





ばけつ
2010/04/24 20:40
こんばんは

今回はホルツの塗料ですか!
メーカーによって塗料の質が違うんですね〜
確かに昔子供のころプラモデル用でないカラースプレーを
吹き付けたらユズ肌になってキットをパーにした記憶があります(笑)
最近の新車のボディカラーも微妙な色が多いので
写真写りも実際とは違って見えて表現が難しいんですよね
こすもap
2010/04/24 23:27
雅さま

こんばんは。そしてはじめまして。
ようこそお越しくださいました!
コメントありがとうございます。

やはり実車用塗料を塗装するカギは「濃度」ですか・・・
今回の塗料は、パール粒子はきめ細かくて良いのですが、
もう少しシンナーで薄めたほうがよりキレイに吹けたかもしれませんね。
ソフト99の塗料は、濃度にそれほど気を遣うことがなく
プラ用塗料と同じ感覚で塗装できたんですけどね。

雅さんのサイトを拝見しましたが、幅広いジャンルのプラを
製作されていらっしゃるのですね。
私はFTOがツボです。エアロの造形が素晴らしいですね。
S15の製作も頑張ってくださいね!

またお越し下さいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ながせ
2010/04/24 23:33
オミッターズさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

オミッターズさんもカラータッチを購入されたのですね!
仰るとおり、アイスバーグはミルキーで不透明な感じでしたが
アクアブルーも同じようにミルキーでしかも微妙な仕上がりだとは・・・
実車のアクアブルーって割と透明感のある色かなと思っていましたが(笑)

オミッターズさんもプリウスの製作頑張って下さいね!
ながせ
2010/04/24 23:34
ばけつさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

仰るとおり、最近はホルツの補修用品を取り扱うお店の方が多いですね。
幸い私の場合は一番近いホームセンターがソフト99なので助かってますが・・・

○ンダ純正タッチペンでの塗装は興味がありますね。
また機会があればレポートお願いします(笑)
ながせ
2010/04/24 23:36
こすもapさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

今回は「やむを得ず」ホルツ製をチョイスしました。
やはりメーカーが違うと塗装成分も違うようで
ホルツ製の方がプラには厳しいようです(笑)
ただ、プラに直でスプレー塗装したときの
ように「シワシワのちりめん塗装」にはなりませんが・・・
プラ用以外のスプレーでボディーをオシャカにした経験、
私もありますよ(笑)

最近の車の塗装は微妙な色合いなので、表現が難しいですよね。
これは以前も書いたかもしれませんが、実車の板金修理も
色あわせが大変そうですね(笑)
ながせ
2010/04/24 23:46
こんにちは!
おお〜!ながせさんはアイスバーグシルバーにされたんですね♪
箱絵の色ですし、実車でも結構見かけるイメージがあるので
色的にもナイスな選択だと思います。
確かこのミルキーな色合は調色では難しそうですよね。

タッチペンも成功されたようで良かったです♪
私も実車用のスプレーで失敗した事がありますね・・・
サフを厚く吹いたのですが
数ヶ月掛けて修正したボディがザラザラに・・・
HITEQJASMINE
2010/04/25 13:47
こんにちは、塗装完了ですね。
プリウス・インサイトに関してはホルツが対応が早かったので、今回はホルツを使わざるをえない状況ですね。
アイスバーグシルバー・アクアブルー共にスモーキーパステル調に彩度が低くギョッとしましたが、塗ってみればあの色ですね。
ソフト99・ホルツ共に微妙にラインナップが違っているので、用品店をハシゴする事もしばしばです。

仰るようにホルツは塗料が濃い感じなので、最低でも倍(1:1)以上に薄めないと辛いですね。自分はホルツ→ソフト99の順に使ったので、初めてソフト99を使った時は薄め過ぎてしまい、色が乗らずに驚きました(^^;)。

最近は偏光パールみたいな混ぜ物も入手し易くなったとは言え、実車に変った色が増えたので、模型用塗料では再現できない色も有り、ついついタッチペンの利用率が上がってしまいます。
ヤマ
2010/04/25 18:11
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

はい。アイスバーグシルバーにしました♪
個人的に、現行プリウスはこの色かなぁ〜と思いましたので・・・
このミルキーさは、単にグレーやホワイトを混ぜただけでは
再現しにくい感じですよね。

おかげさまで今回も何とかうまくいきました。
実車塗料でプラが溶けると修正が大変でしょうね。
ましてや数ヶ月も掛かって修正したボディーだったら
泣くに泣けない状況でしょうね・・・
ながせ
2010/04/25 20:32
ヤマさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

私も塗装が何とか完了しました。
それにして、ヤマさんの塗装済みのボディーは
ばっちりな仕上がりですね。さすがです。
(それと色違いで2台あることにも驚きました 笑)

私はソフト99からだったので、ホルツの成分の違いは
ちょっと戸惑いました。仰るとおりホルツは濃い感じでしたね。
プラバンでテスト吹きして良かったなぁと思いました(笑)

確かにソフト99とホルツではカラーラインナップも多少違いますね。
両方をうまく使い分ければ、ややマイナーな実車カラーも再現できますよね。

私もヤマさんみたいにどちらの塗料も使いこなせるよう勉強しなければ・・・

ながせ
2010/04/25 20:46
こんばんは!

何色にされるのか楽しみにしてましたが、アイスバーグ

シルバーを選択されたんですね。磨きが楽しみですね。

余談ですが家の近所では最近100系マークUのお宅が、

そしてスプリンターセダン(1996年)のお宅がこの

プリウスに替えました。色はレッドとブルーですが、、、

この前もたまたま交差点で3台連続このプリウスだった

時があり、時代の流れを感じずにいられない私です。

その反面、ディーラーに下取りされても殆どが廃車に

なっているそうで、なんだかもったいないですね。
eiti0403-3040
2010/04/26 19:47
eiti0403-3040さま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

上にも書きましたが、個人的に現行のプリウスは
このアイスバーグシルバーが似合うかなと思いましたので・・・
磨きは明日あたりから始めようかなと思います。
次の製作記をお楽しみに!!

このプリウスは発売からもうすぐ1年が経ちますが、
街中の増殖率は凄いものがありますね。
やっぱり売れているんだなぁ〜と実感します。

ですがその反面、まだ使えるのに13年以上経っているだけで
廃車になっていく車もあってちょっと複雑ですね・・・
挙げられた100系マークIIや110系スプリンターなんかは
ちょうど「車齢13年以上」に該当しますね。

確かに新車が売れないと困りますが、まだ使えるものを
スクラップにしてしまうのも考え物ですね・・・
ながせ
2010/04/26 23:07
こんばんは。

塗装にタッチアップスプレーを使うとより一層本物に近くなるんでしょう!(当たり前)
リアルにとことんこだわって、完成した時の達成感を僕も早く体感したい!
BRZの方が止まってしまってるんですよ!時間がなくて・・・
車に詳し過ぎる学生
2012/08/11 00:10
車に詳し過ぎる学生さま

こんばんは。
実車用のタッチアップ塗料ですから、色味は正確です。
ですが、本文に書いた通りプラモへの使用はおススメしません。

…あまり肩ひじ張らず、時間は掛かってもよいので
キチンと完成させるという目的をもってがんばりましょう!
ながせ
2012/08/11 00:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ZVW30 プリウス 製作記 その2 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる