くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS JZX90 マークII 製作記 その2

<<   作成日時 : 2010/03/07 15:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 19

今回から製作スタートです!!
まずはボディーの塗装から。


ボディーカラーは前回コメント欄でちょこっと触れましたが・・・

画像

2.5グランデGはウォームグレーパールマイカ <046>



画像

2.5ツアラーVはダークグリーンM.I.O. <6N2>   

 ・・・で塗装します。


どちらのグレードもイメージカラーですが、
自分で調合するのが難しい色合いなので、
ソフト99の実車用タッチアップペイントを使います。



一応今回も注意書きを記載しておきます。

実車用の塗料は、成分がプラ用とは違うので、プラに直接塗装できません!!
(間違いなくプラが溶けて、塗装の縮みやムラができます)
必ずサーフェイサー等の下地塗装(これはプラ用のラッカー塗料でOK)をして下さい。

また、ソフト99製以外のタッチアップ塗料は
検証していませんので、プラに使用できるかわかりません・・・

プラモデルにはプラモデル専用塗料を使うのが大原則です。
失敗しても私は責任を持てませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。




ウォームグレーパールはバッチリ同じ色が調達できましたが、
ダークグリーンM.I.O.はペイントが廃番になってましたので、
近似色のダークグリーンマイカP.I.O.<6N9>を用意しました。
画像

この<6N9>は100系チェイサーの「あのダークグリーン」です。
ですから、今回の90系のダークグリーンとほとんど同じ色合いだと思います。





画像

調合ビンに移し替えてみましたが、
ウォームグレーパールって、かなりグレー味が強いんですね・・・
クレオスのMr.カラーでいう「ガルグレーにパールが混ざったような色」です。
私のイメージとはずいぶん違います。自分ではこうは調合しないでしょう(笑)
いっぽうダークグリーンの方は「黒に近い濃緑色」でピッタリです。

そのままの濃度では塗装できませんので、
クレオスのレベリングシンナーで希釈します。
希釈率はちょうど1:1ぐらいかな。





塗料が用意できたので、お次はボディーの下塗りです。
もちろん、パーティングライン消し等の下地処理は済んでますよ。

画像

ダークグリーンの下地は、グレーのサーフェイサー(塗料はいつものクレオス)、

ウォームグレーの方はフィニッシャーズの
「ファンデーションホワイト」をエアブラシで塗装しました。
このファンデーションホワイトは隠蔽力が高く、ホワイトサーフェイサー代わりに使えますね。
しかもサフとは違い光沢が出るので、この状態で鏡面仕上げをすれば
実車の「スーパーホワイトII<040>」で通用しそうです・・・





それではいよいよ塗装をします。
まずはダークグリーンから・・・・
画像

画像


いつものように仕上げのクリアーはスプレー塗装
(クレオスのMr.スーパークリアー光沢)仕上げです。
う〜ん、ツヤがキレイに出ましたね!!





続いてウォームグレーを塗装。
画像

画像


こちらもクリアー塗装まで済ませましたが、グリーンに比べると
ちょっとツヤが足りないかな・・・これでも表面はツルツルなんですけどね。

それに調合ビンではグレーが強い色でしたが、塗ってみるとホワイトパールに見えますね・・・





ツアラーV用のトランクスポイラーも塗装しておきました。
画像

もうこれはツヤも完璧(←自分で言うな!)これなら磨きは必要ないですね。

あと、ついでにドアミラーも2台とも塗っておきましたが画像はありません・・・





あらためて、今回の2色はこんな感じになりました・・・
画像

先ほどはホワイトパールに見えましたが、やっぱりグレー掛かってますね。
この色は周りの状況により色味が変化します。自分で調合するのが難しいみたい。
カタログ写真は実物より白さが強調されているので、比べると結構違います。
さすがは実車用。イメージ通りの色になりました(当たり前ですけどね 笑)



画像

ダークグリーンもほぼイメージ通りの色です。
この色で全く問題はないですが、すご〜くシビアに見ると、若干色が明るいような気がします。
やはり実車の色と違うカラーコードの塗料なので、多少色合いが違いますね・・・






画像

今回はここまで。


次回は鏡面仕上げの予定ですが、クリアーの乾燥具合では
先にシャーシの組み立てに入るかもしれません・・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、しばらくの間無線LANのトラブルで来られなかったので、まとめてじっくり読ませていただきました!
実はこの白パールなX91系、お向かいのおばちゃんが乗っています。毎日ではありませんがよく見かけますと、やはりグレー味が結構強いという印象ですね。

最近、トヨタ車の作品を増やそうと思っているので、あえて私はX81系に手を伸ばそうかな・・・(笑)
色々参考にさせていただけることも多そうなので、こちらからのリンクもご検討願えればと思います。
DUCK
URL
2010/03/07 20:06
こんばんは。
忙しいながらもクリア塗装まで進んでいるのは流石ですね。

タッチペン、確かホルツのは駄目だった気がします(レベリングシンナーと相性が悪かったのか綺麗に溶けなかった様な、、、)。

トヨタのホワイトパール、結構暗いのが多いですね。111レビン、トレノの色なんかサフェーサ塗ってるかと思いました(笑)。




ばけつ
2010/03/07 21:02
DUCKさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

お向かいさんがウォームグレーのマークIIにお乗りなんですね。
確かにこの色は、「グレー味が強めのホワイトパール」と
いった感じですよね。やはり説明に難しい色です(笑)

X81系は良いですよね。90系も良いですが、
個人的にX60・70・80の3世代が、最も「マークIIらしい」モデルだと思います。

リンクの件は大歓迎でございます!
是非相互リンクという形でお願いできれば・・・
早速準備させていただきます。
ながせ
2010/03/07 23:37
ばけつさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

仕事が多忙ながら、なぜかクリアー塗装まで済んでしまいました(笑)

ホルツのペイントはプラモ用にはNGだと聞いたことがありますが、
やはり本当のようですね・・・どちらもラッカー系だと思いますが、
塗料の成分が違うんでしょうね・・・

E110系のレビン・トレノのシルバーパールマイカ(だったかな?)は
完全にサフ色ですよね(オーナーさんに怒られそうですけど・・・)
この当時のトヨタ車はグレーやシルバーパールに凝ってましたよね(笑)
ながせ
2010/03/07 23:46
こんばんは

今回は2台同時ですか!
見ごたえのある作品ができそうですね

グランデ系のグレーパールは確かにこういう色でしたね〜
クリアー塗装後のツヤも今回も素晴らしいですね
研ぎ出しの必要ないがくらいテロテロみたいですし

私も実車用タッチアップペイントは以前から気になってまして
お聞きしたかったんですが
・クレオス系のラッカーシンナーとの相性(分離したり)はどうでしょうか
・Mrカラーとは混ざらないのでしょうか
・粒子が粗くエアブラシを詰まらせるような問題等はありますでしょうか
あまりに初歩的な質問で恥ずかしいのですが(汗)
宜しければお教え頂けますでしょうか
こすもap
URL
2010/03/08 01:42
こんにちは。
あっという間にクリアまで進んでうらやましいです。
実車用のソフト99は下地がちゃんとしてれば使えますよね。
エアブラシ環境が無いのでスプレータイプを使いますが、量が多いのと高いのがネックですねー。

ただ、以前にタミヤのR34に使った時はサフをきちんと吹いたのにもかかわらず縮れてしまい廃車にしてしまいました・・・。

chikara
URL
2010/03/08 11:46
 こんばんは!

毎度の事ながら進行がお早いですね!画像を拝見する限り、
かなり表面は平滑なのかなとお見受けします。これを鏡面に
仕上げたらもっとテロンテロンになるのでしょうね。
 パール塗装はどうしても下地処理や中塗り、仕上げと厚塗り
になりがちで、私はいつも「ぼってり」になりがちなのですが
サイドの一直線のラインもハッキリ出ていますねー!!

実車も昼間(特に真夏の炎天下)は白っぽく見え、夕方(日陰)
ではグレーがかった感じに見えてました。また経年変化なのかも
知れないですが、晩年はバンパーとボディの色の微妙な差がハッ
キリ出てました(おそらく材質の違いかなと)。

そういえばこのマークUのイメージキャラクターは、ヒッチコック
でしたね(全く本題と関係ないですが)。本カタログとは別に出て
いたアプローチカタログには、ヒッチコックがたくさん登場してま
したっけ。ながせさんもお持ちですか?

eiti0403-3040
2010/03/08 19:24
こすもapさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

グレード別とはいえ基本は同じキットなので、
1台作るのも2台作るのもあまり変わらないかなと思いまして、
2台まとめて取り掛かってます(笑)

ではご質問にお答えします。
>・クレオス系のラッカーシンナーとの相性(分離したり)はどうでしょうか
クレオスのレベリングシンナーおよび普通のうすめ液共に
相性は良く、ちゃんと希釈できます。分離もありません。

>・Mrカラーとは混ざらないのでしょうか
タッチペン同士で調色はしましたが(クラウンのダークブルー)、
Mrカラーとは混ぜた事がないんです・・・すいません。

>・粒子が粗くエアブラシを詰まらせるような問題等はありますでしょうか
タッチペンのパール・メタリックの粒子は意外と細かいので
ブラシのノズルが詰まる傾向はみられません。
ただ、塗料自体の濃度(粘度)が高いので、シンナーを多めに
希釈したほうが良いと思います。

こんな回答でよろしいでしょうか・・・
ながせ
2010/03/08 23:29
chikaraさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

仰るとおり、ソフト99の塗料はタッチペン・
スプレー共にプラにも使えますよね。
ですが、スプレーは量が多いですから持て余して
しまうのが欠点ですよね・・・
色のスプレーもクリアーやサフにある「ちび缶」サイズで
用意されていればうれしいのですが。

>サフをきちんと吹いたのにもかかわらず縮れてしまい
これ、私もスプレー塗装で経験がありますね〜
サフが生乾きだったのか、それとも上塗りを厚く吹きすぎたのか
はっきりとした原因が分からないままですが・・・
ながせ
2010/03/08 23:39
eiti0403-3040さま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

おかげさまでクリアー塗装まではスムーズにうまくいきました。
上では書いてないですが、サフとカラーは極力薄く、クリアーは
ドバッと厚く吹いてあるんですよ(笑)

やっぱりウォームグレーは見る状況で色が変わりますよね。
あと、経年劣化でバンパーの色が違っている車は確かに見ます。
特に取り付け方のせいか、リアバンパーで色の違いが目立ちますよね。

そうそう、イメージキャラクターはヒッチコックでしたね。
えっとそのカタログは横顔のシルエットが表紙でしたっけ?
残念ながら今は手元にありませんが、見た記憶がありますよ。
TVCMもヒッチコックの作品「ダイヤルMを廻せ!」「鳥」を
モチーフにしてましたよね。

ながせ
2010/03/08 23:56
お初にお目にかかります。
ESTIMAと申します。
HITEQJASMINEさんのサイトから来ました

90マークUは僕も大好きです^^

僕も組んだことありますが、塗料はタミヤカラーを使いました^^;

完成楽しみにしています^^
ESTIMA
2010/03/09 17:54
ESTIMAさま

こんばんは。そしてはじめまして。
ようこそお越し下さいました!
コメントありがとうございます!!

90マークIIは今でもお好きな方が多いですね。
もう20年近く前の車なんですが、古さを感じさせない
素晴らしいデザインだと思います。

ご声援ありがとうございます!
今回は時間が掛かりそうですが、完成まで頑張ります。

またお越しくださいませ。
これからもよろしくお願いいたします。
ながせ
2010/03/09 23:23
こんばんは!
小さいころ家の車がマークIIだったので製作記事楽しく読ませていただきました♪
10年前か8年前か〜というくらいなので、もしかしたら作られているタイプとは違うかもしれませんが><

いつもながらのつやつやなボディにうっとりですッ!
次回も楽しみにしています〜^^
chiyo
URL
2010/03/10 23:49
chiyoさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!

chiyoさんのお家の車がマークIIだったのですか。
ちなみに私の家の車もマークIIでした(笑)
家のはこの次の100系と呼ばれる型で
10年前に買い、3年前まで乗っていましたので、
chiyoさんのお家のマークIIと同じ型かもしれませんね。

ボディー塗装にお褒め頂き恐縮です・・・
製作頑張ります!!
ながせ
2010/03/11 00:55
ながせさん、こんにちは!

アオシマの90マークU、しかも、
グランデ、ツアラーVの2台を同時に
製作されるようですね。

同じ工程を踏むキットなので、丁度いい感じに
製作が出来そうですね。

実車のボディ・カラーは、
結構難しいですよね。

このソフト99のタッチアップペン、
実車の色に近いので、
大変重宝しそうですね。
ボディカラー
URL
2010/03/13 09:16
ながせさん、すみません、↑のHN、
間違ってしまいました・・・(>_<)
キューブコロコロ
URL
2010/03/13 09:17
キューブコロコロさま

こんばんは。
コメントありがとうございます!!

そうなんです。90マークIIを2台まとめて製作中なんです・・・
今回は、内外装の一部を除いては同じキットですから、
特に苦労はないですね(笑)

カーモデルを製作するうえで、実車のボディーカラーを
再現するのは難しい作業のひとつですが、
ソフト99のタッチペンがあるとラクですね♪
ただ、年数の経った車や特殊・希少色は
タッチペンが無い事もありますけどね(笑)
ながせ
2010/03/13 23:15
こんばんは。

あの色でグリーンなんですね!ビックリです!ずっと「あれはブラックだ」と思ってました。光の加減で変わりますね。プラモの方はちゃんとグリーンに見えています。

自分が車博士だと思っても大人にはかなわないですね〜(学生にしては知りすぎていると言われます)
OZAKING
2012/08/09 23:03
OZAKINGさま

こんばんは。

はい。本文でも書いた通り「黒に近い濃緑色」なんです。

いえいえ。OZAKINGさんも十分にお詳しいですよ。
私も小さい頃からのクルマ好きでしたので、知識には
結構自信があったのですが、後年同じくクルマが趣味の
お友達に逢ったとき、「自分は甘いな」と痛感しました。
ですから私もまだまだです(笑)
ながせ
2012/08/10 00:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JZX90 マークII 製作記 その2 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる