くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS MZ21 ソアラ 製作記 その2

<<   作成日時 : 2010/01/16 22:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

・・・前回の続きです。


今回のソアラは未組み立てのキットのつもりが、
ボディー塗装済み(しかも失敗作)だったというオチがつき、
余計な工程がひとつ増えてしまいました。


それで、IPA(イソプロピルアルコール)浸けのボディーは・・・
画像

これが丸2日浸けた状態です。
指で塗装をこすると「ヌルッ」と剥離します。

前回塗装剥離したクラウンは、塗装してすぐIPAに浸けましたので
わずか数時間(←間違い。丸1日でしたね)でツルッと剥離できましたが、今回は時間が掛かりますね・・・





そして翌日、IPAからボディーを取り出し、指や歯ブラシを使いボディーをこすって塗装を剥離します。
画像

(この作業中はマスク着用と十分な換気をしてくださいね。
私はマスク無しで作業しましたので、IPAの強烈な臭いにしばらく頭痛がしました←バカ)





とりあえず、IPAだけでこれぐらいは塗装剥離できました。
画像

ボディー表面は塗装が90パーセントぐらいは落ちてます
それにボディーがIPAで脆くなる事も無く、ひび割れもありません。
やはりIPAは、シンナーやペイントリムーバーよりボディーに影響が少ないみたいです。
(ただし、塗装が古いと剥離するのに時間が掛かりますが・・・)


ですが、プラの材質によっては割れが発生する場合もあります。
IPAによる塗装の剥離が絶対大丈夫だとはいえませんのでご注意下さい!!

(自己責任と言う事でお願いします。)





よく見ると、まだボディー表面に指や歯ブラシで落としきれなかった頑固な塗装が残ってます・・・
画像

画像

ここでムキになってゴシゴシ擦るとボディーが傷ついたり割れたりするので止めましょう!


残った部分はうすめ液で軽く拭き取るだけで簡単に落ちます。
溝に残った塗料は、面相筆にうすめ液をつけ、溝に擦りつけて塗料を溶かした後、ティッシュで拭き取ります。






これでボディー表面の塗装剥離が完了です!
画像

裏側にまだ塗装が残ってますが、ここは隠れる部分なので問題なし(おい!)





ボンネットはこの通り透明パーツですね。
画像

塗装しなければボンネットが閉まっていてもエンジンルームが見える仕掛けです。
ですが、私は再び塗装をします(笑)





次にパーティングライン消し、カッター刃の背でスジ彫り、
ヒケのチェック(このキットはドアミラー取り付け部の下にヒケがあり)と修正をします。
このあたりはいつもと同じ作業ですから、画像はありません(すいません)





そのあとホワイトサーフェイサーを軽く吹き、下地塗装として
フィニッシャーズの「ファンデーションホワイト」に「ファンデーションクリーム」を混ぜエアブラシで吹きました。
画像

もともと白や黄色の下地塗装に使う塗料ですから、隠ぺい力がとても強くて使いやすいです!





あ、ちなみに今回のソアラのボディーカラーはスーパーホワイトではなく、
GTリミテッド専用色の「クリスタルホワイトトーニング(25A)」にしようと思います。
画像

ややアイボリーっぽいパールホワイトとゴールド掛かったベージュのツートンです。
けっこう難しい色ですね・・・
果たしてどこまでこの色に近づけることができるでしょうかね・・・





下地塗装をしっかりしたので、ボンネットとボディーの色がピッタリ合ってますね!
(前のは白を直接塗ってあったので、微妙に色が違ってました)
画像

フェンダーとボンネットの隙間が若干大きく、またボンネット先端が少し沈んでいますが、
20年以上前のキットとしては精度は高いほうですね。
先端の沈みは薄いプラバンを挟めば簡単に調整できそうです。





直線基調ながらやや丸みを帯びた美しいサイドビュー。
画像

私が2代目ソアラの中で好きなポイントのひとつです。
こんなに細いピラーでは現在の安全基準は通らないでしょうね(笑)
キットのピラーも凄く細いので、折らないよう気をつけなければ・・・





今回はここまで。
次回からパールツートンの塗装開始です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
ソアラの塗装剥離も無事に成功したようで良かったです♪
IPA付けはシンナー風呂やリムーバーより優しそうですね。
特にソアラはピラーが細いので極力プラを痛めたくないですものね・・・
余談ですが以前ネットを繋いですぐにシンナー風呂を知って
ウレタン塗料などに使うシンナーに漬けて置いたらグニャグニャになってしまった事があります(笑)

>私が2代目ソアラの中で好きなポイントのひとつです。
ソアラのサイドビューは本当に美しいですよね♪
細いピラーで構成されるグラスエリアはとても贅沢だと思います。
HITEQJASMINE
URL
2010/01/17 00:50
サイドビュー本当に美しいですよね

とくにタミヤのはフジミにくらべてソアラのすっきりしたデザインが現れてると思います

フジミのはなんか厚ぼったいんですよね

でもフジミは好きですww

完成が楽しみです!!


再販してくれないかなぁ〜
湾岸の暴走機関車
2010/01/17 21:24
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
おかげさまで無事に塗装が剥離できました!
仰るとおり、ピラーが細く全体的に薄いボディーなので、
心配でしたが、IPAの悪影響は無いようです。
ですが、剥離成分がマイルドな分、古い塗装だと
剥離に時間が掛かるのが難点ですかね・・・

本当にソアラの広くかつ繊細なグラスエリアは贅沢ですよね。
ソアラは「最上級グライダー」の意味ですから、それをイメージ
しているのかもしれませんね。
ながせ
2010/01/17 23:17
湾岸の暴走機関車さま

こんばんは。

仰るとおり、タミヤのキットの方が実車の持つ
「繊細さ」をうまく表現していると思います。
ですが、フジミのキットの方がバリエーションも広く
(エンジンの有無、峠やエアロバージョンなど)作り手を
楽しませる要素が高いと思います。

今回はちょっと時間が掛かりそうですが、
完成まで見守っていただけたらと思います。

本当に「タミヤさんいい加減に再販してくださいよ!」と言いたいですよね(笑)
ながせ
2010/01/17 23:24
 プレリュードの次は2代目ソアラを作ることにしました。昨日の完成の余韻に浸って、今日はこのソアラのスジ彫りやペーパー掛けなど下地処理をしました。この製作記を参考にさせていただきます。

 ところでフィニッシャーズという塗料のことでお尋ねしますが、Mr.カラーとはどのような違いがあるのでしょうか?そして、うすめ液や洗浄液は何を使用すればいいのか教えていただけると助かります。
Y34
2013/03/30 22:30
Y34さま

こんばんは。

お次はタミヤのソアラですか!
拙い記事ですけど、Y34さんのお役に立てるなら
何よりです。製作頑張ってくださいね!

フィニッシャーズの塗料もラッカー系なので、
大きな違いはないですが、若干臭いがキツイですね。
本来は専用のシンナーを使うべきでしょうが、
クレオスのMr.カラーのうすめ液で希釈できますし、
洗浄もツールクリーナーでOKです。
ながせ
2013/04/01 00:18
 回答、ありがとうございます。フィニッシャーズの塗料や専用のシンナーは模型店で入手可能ですか?
Y34
2013/04/01 09:49
Y34さま

こんばんは。
フィニッシャーズの商品は模型店で購入できますが、
取扱い店舗が比較的少ないため、お近くのお店に
あるかどうかは私にはわかりません。
ながせ
2013/04/01 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MZ21 ソアラ 製作記 その2 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる