くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS MZ21 ソアラ 製作記 その1

<<   作成日時 : 2010/01/13 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 23

前回のオデッセイには、たくさんのブログ気持玉やコメントを頂戴し、
誠にありがとうございました。私も大変うれしいです!!

さて、今回からこれを作ってみようと思います。


画像

タミヤ 1/24スポーツカーシリーズ 64
トヨタ・ソアラ3.0GTリミテッド
現在は絶版です。私もこのキットをいつ買ったか覚えてません・・・

定価が1000円なので、多分初版物ではないかと思います。
ユーノスロードスターに引き続き、押入れの長期在庫品です(笑)

私、実はソアラが大好きなんですよね(いきなり何を・・・)
ソアラは初代とこの2代目が特に好きでして・・・
もちろん、ライバルのレパードも好きなんですけどね。

で、2代目ソアラのキットは、このタミヤとフジミからリリースされてまして、
フジミのは現在でも入手できますよね。

ですが、フジミのはOPのエアロパーツ付きですし、
ボディープロポーションが(個人的に)イマイチだと思うんですよね。
個人的にソアラはスポイラーの無い「素の状態」が好みなんです。
(これには同意される方は少ないと思いますけど・・・)




で、さっそく中身を・・・
画像

エンジンつきのフルディスプレイキットなので、パーツはやや多め。
・・・あれ?クリアーパーツのボンネットが切り取られてボディーに付いてる・・・
それにボディーも塗装してあるぞ(笑)





画像

てっきり未組み立て状態だと思っていたら、
ボディーが塗装済みでそのまま箱にしまってありました・・・
どうやらスーパーホワイトのソアラが作りたかったみたいですね。
ですが・・・自分でも塗装した記憶が全くありません(笑)


ラッキー♪じゃあシャーシから作れば良いのかと思い、ボディーをよく見ると・・・


塗装が失敗してる・・・
画像

画像

特にフロントバンパーが「あちゃ〜」な状態・・・
だから未完成なのね(笑)





でも、ツヤはそこそこ出てますね・・・
画像






と、いうことでボディー塗装を剥離することにしました。

再びこれの出番です!
画像

ガソリン車用の水抜き剤。
今回のはカインズホーム(ホームセンター)のPB商品
1本180ml入りで、98円

ボディーさんにイソプロピルアルコール(IPA)風呂に浸かって頂きます。





使い方は密閉できる容器に、ティッシュペーパーに包んだボディーをいれ、IPAを注ぎフタをするだけ。

IPAを取り扱う際は火気厳禁・十分な換気・手袋の着用を忘れずに!!
画像

今回は10年以上前に塗ったもの(塗装した記憶がないので、多分それぐらい経っているはず)
なので、3日ぐらいは浸ける必要がありそうです・・・


今回はここまで。

ま、これだけで終わるのも何なので、過去の作品の初代ソアラでもご覧下さい。
画像

画像

画像


1995年ぐらいの作品 グレードはデビュー当初の最上級、2800GTエクストラ。
キットはLSの1/20を基本に、内装等の一部パーツはバンダイの1/20キットのものを移植しました。
もう15年ほど経ってますのでナンバーのデカールが変色してますね・・・レストアしなきゃ。

イメージカラーであるこのツートン(ホリゾンタルトーニング)をどうしてもスプレーで再現したくて、
タミヤカラースプレーのライトサンドとレッドブラウン(いずれもつや消し)、
モデラーズのパールコート?(名称忘れました)、最後にスーパークリアー光沢の3層塗装しました(笑)

上にも書いたように、ソアラが小さい頃から好きだったので、
それはもう、頑張って実車のディティールを調べて作りましたっけ・・・
まだ、インターネットなんて無かったので、雑誌のバックナンバー目当てに
図書館に行ったりしてました・・・あの時はヒマな学生だったからなぁ・・・
今はネットである程度は検索できるので、ホントに便利な世の中になりました。

出来上がった当時は「最高傑作だ!」とか思ってましたが、今見ると何かイマイチですね〜(笑)
特にヘッドライトの処理が・・・とか、フェンダーミラーの上部にヒケがあるぞとか・・・

このキットを引っ張り出してみていろいろ思い出しました・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。二代目ソアラのキットがタミヤから発売されていたのを初めて知りました。ソアラは丸みのあるデザインの二代目よりも角ばった感じの初代が個人的には好きです。15年前に製作された初代ソアラもとても綺麗な仕上がりだと思います。15年前はまだ僕は1歳ぐらいだからこのソアラと同い年ですね(笑)  塗装剥離からの作業なので大変ですけど頑張ってください。

Ryo
2010/01/14 16:24
こんにちわ
ソアラもかっこいいけど僕はF31のレパード派かな。

2010/01/14 17:09
こんばんは〜

今度は2代目ソアラですか〜
作ったことはないんですが私もこのタミヤ製のは当時よく見かけました
箱絵のボンネットが透けててエンジンが丸見えだったんで
それだけで上級キットっぽく難しそうな印象を受けましたね〜
実車も顔つきが鋭くて未来的でしたよね

完成品もイメージカラーがとてもいいですね!
随分出来がいいなぁと思ったら1/20だったんですか
確かに今の時代でネットなしでこれだけ細部を仕上げるのは難しいですね〜
苦労されたのが伝わってきます

今回も楽しみにしております
こすもap
URL
2010/01/14 20:35
二代目ソアラ、当時はナンパっぽくて嫌いでしたが今見てみると良いデザインなんですよね(GX71のマークUなんかも当時は嫌いでした)。
当時地元では、トランクにパーソナル無線の長〜いアンテナがお約束でした。

タミヤのはヤフオクではプレミア物件なので手が届きません。
再販すればいいのにねぇ、、、(トヨタ車は再販が少ないのは気のせい??)
完成、楽しみにしています。








ばけつ
URL
2010/01/14 20:51
Ryoさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

2代目のキットはタミヤからも出ていたのですよ!
ですが、ここ10年?ぐらい再販をしていないですからね・・・

Ryoさんは初代がお好みなのですね。
初代の方がよりシャープな造形ですからね。

初代の完成品をお褒め頂き光栄です。
1995年当時、Ryoさんは1歳ですか!お若いですね〜
ちなみに私はすでに大学生でした(笑)

今回も製作を頑張ります!
ながせ
2010/01/14 23:26
良さま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

良さんはF31レパード派ですか!
こちらもカッコ良いですからね〜
それにしても、デビューから20年以上経ったクルマに
お若い方からの支持があるのは嬉しいですね〜
何かよく分からんコメントで恐縮です(笑)
ながせ
2010/01/14 23:34
こすもapさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね。このキットの売りである、
透明パーツのボンネットをイメージした箱絵と、
フルディスプレイキットの記載だけで、手強そうに感じます(笑)
発売当時の私には満足に組めなかったでしょうね・・・
仰るとおり、2代目は初代のイメージを継承しつつも、
より未来的な感じを受けますね。

初代の完成品は1/20です。大きいので
それなりに丁寧に組み立てましたね。(笑)
また、仕上げにお褒め頂き恐縮です・・・
今ほど便利な時代ではなかったので、細部をいろいろ
調べるのに苦労しました。ヒマだから出来たのでしょうね(苦笑)

今回も頑張ります!
ながせ
2010/01/14 23:45
ばけつさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かにソアラとかX70マークII3兄弟なんかは
当時は「デートカー」とか「女子大生ホイホイ」とか言われ
軟派なイメージがありましたもんね(笑)

パーソナル無線の長〜いアンテナは、流行しましたね(笑)
もうちょっと後になると、ブーメランアンテナとか
ナイトライダーフラッシャーとか付いてました(笑)
小物では、ホワイトボディーのハイソカー(死語)は
ゴールドのエンブレムに換えるのがお約束でしたし(笑)

このキット長らく再販していないので、オークションで
高騰してますよね。私ももう一つ欲しいのですが手が出せません。
つまり今回は失敗が許されないということですね(笑)

今回も頑張ります!
ながせ
2010/01/14 23:57
こんばんわ!
おお〜!今回はソアラですか!
楽しみすぎて今からワクワクしております。
レストアになるかと思いますがその工程も楽しみです♪
結構クオリティが高いですね
フジミのジャンクを最近引っ張り出して遊んでいた時に思ったのですが
ちょっと顔が大きくて、屋根が高く感じますので
タミヤの方がリアリティが高いと個人的には思いますね♪
もちろん当時最強の7Mも素晴らしく再現されていますし^^
あ、フジミのハイメカシリーズを忘れていました(汗)

>過去の作品の初代ソアラでもご覧下さい。
うお〜!これは素晴らしいです!
私のツボの前期2・8GTエクストラじゃないですか^^
色合も実車のようでは素晴らしいですね♪
ネットがない時代に資料を集めて製作されたという情熱も
完成度を上げているポイントだと思います。
ながせさんの他の過去作が、かなり気になってしまいました(笑)
HITEQJASMINE
URL
2010/01/15 00:23
連投コメント失礼致します。
上記の文の>結構クオリティが高いですねの一文は
別の用件でコピーした文でした・・・・
間違って貼り付けてしまいました。すみません!
HITEQJASMINE
URL
2010/01/15 00:27
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

仰るとおり、フジミのはボディー造形がちょっと・・・
(あ、タミヤと比べての話ですが)
ですが、エアロパーツつきの方がお好きな方も多いでしょうし、
唯一の20ソアラのキットなので、フジミには継続生産して
欲しいですよね(それとタミヤにを再販を熱望します 笑)

おっ!HITEQJASMINEさんはMZ11のGTエクストラがツボですか!
私もそうです(笑)デビュー翌年に本革スポーツシート装備の
GTリミテッドが追加、それが最上級になり、エクストラは
後期型で消滅してしまいますが、(たぶんご存知ですよね)
私はエクストラの「フカフカボタン引きシート」が好きなんですよ。
何ともマニアックなお話しで恐縮です(苦笑)
ま、こんな感じなんで、あそこまで出来たのかな・・・と(笑)

私の過去作はですね・・・たいしたことないですよ(笑)
また機会があればご紹介します。

ここはご自身でコメントの修正ができず、
誠にご迷惑をお掛けしております・・・
ですが、気兼ねなくコメントをお書き下さいね!

私のコメントもときどき誤字・脱字があっても
そのままなんで・・・(おい!)
ながせ
2010/01/15 01:00
こんばんは。
この型のソアラは僕は全然馴染みがないですね・・・
僕の中ではソアラ=丸っこいアレ です(笑)
キットも店頭ではフジミのものしか見たことがないです。
なので製作記をとても楽しみにしています。

最後の初代ソアラは実車らしいですし重量感もありますね!
ツートーンの色合いが渋くてカッコいいです。
僕は本格的に作り出したときはもうネットがあったので資料集めの苦労は想像できないです…
たこ飯
URL
2010/01/15 20:41
はじめまして!いつも楽しく閲覧させていただいてます

このソアラ、父親が昔黒/ガンメタの2.0ツインターボに乗ってました

いつものような作品を期待しています!!
湾岸の暴走機関車
2010/01/15 21:36
たこ飯さま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

たこ飯さんにとって、ソアラはこの次のモデル以降でしょうかね。
余談ですが、91年に3代目にモデルチェンジした時、
この2代目とは全然違う車になりショックでした・・・(笑)
今は好きですけどね。

初代のキットにお褒め頂きありがとうございます。
今になって思えば当時は不便な時代でしたね。
ですが、当時はそれが当たり前だと思ってました(笑)

今回も頑張ります!
ながせ
2010/01/15 22:28
湾岸の暴走機関車さま

こんばんは。そしてはじめまして。
いつもご覧頂きありがとうございます。

お父様がツインターボにお乗りだったのですか!
黒・ガンメタツートンは渋いですね〜
この色のソアラもカッコよかったです。

今回も前回までの作品に劣らないよう頑張ります!
これからもよろしくお願いします。
ながせ
2010/01/15 22:33
こんにちは!
今回は2代目ソアラですかー。このキットにはほろ苦い思い出が・・・。

小学生の時、登校班の班長の家が植木屋で、社長の奥さんが新車でこの型のソアラを購入(これでだいたいの歳がばれますね)したので毎朝集まるたびに見て憧れてました。

その年の確か誕生日に父にこのキットを買って貰って、家に帰ったら同じプラモがもう一つ。母が西友(昔は結構プラモを売ってたんですよ)の優待割引か何かで安かったからとプレゼントしてくれました。そういえば当時、このタミヤのプラモ結構平積みされていた記憶があります。

ところがまだ続きがありまして、祖母が後日我が家に来た時に玩具店で買って来てくれたのがこのキット。偶然にも同じものが3つ(今にして思えば、作らずに大事に保管しておけばと、ヤフオクを見るたび思います)揃いました。

 当時小学生。当然塗装など出来るはずもなく、タミヤの完成見本写真に憧れたなぁ(でもヘッドライト廻りは何故かずれてる気が・・・)ホイルの裏がピンに(確か)なっていて差込んだ時に折ってしまってオシャカにしたり、ボンネットを開閉していて支えを折ってしまったり・・・(なにやっとんじゃぃ)
 いつの間にか物心ついたら捨てられてました・・・(泣)でもインストだけは残っているので引っ張り出してみようかな。当時1000円(定価)から値引きが多少あったからよく売れてたんですね。今となってはホント、夢の時代でしたね。

 ながせさんのは保存状態も良好のようですね。ホイールアーチモールや窓枠、トランクリッドや両サイドにエンブレムなどなど、この時代のバブル期のクルマはメッキやエンブレムの表現が大変そうですが今回も期待しておりますっ!!

eiti0403-3040
2010/01/16 11:51
eiti0403-3040さま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

のっけから「登校班の班長」に懐かしさを覚えました(笑)
私の地域では「通学団の班長」と言ってました。
で、このソアラのデビュー時は私も小学生でして、
同じように近所の歯医者の息子さんのソアラを眺めてました。
(eiti0403-3040さんと同じ世代ですね)

ソアラのキットが3つもお手元にあったのですか!
タイムスリップできるなら「1つ作って後は取っておけ。
お金になるから」と小学生の自分に教えてあげたいですね(笑)
でも普通はすべて作ってしまいますよね・・・

確かにボンネットピンは折れやすいですし、ホイールピンは
まっすぐ押し込まないと折れると思います。
ですから、当時の私にも満足に組めなかったかもしれませんね。
ちなみにこのキットも「900円」の値札が付いてます。
今でも、「1/24のキットなら1000円程度」の感覚が残ってますから、
最近のキット定価の高騰ぶりに驚きますよね(笑)

仰るとおり、このクルマはメッキモールが多いので
塗装が大変そうです・・・今回も頑張ります!
ながせ
2010/01/16 14:18
 初代のソアラは一番好きなソアラです。実はつい最近アオシマ製の初代ソアラを作成したのですが、ながせ様の初代ソアラには脱帽です。

 塗装を落とすためにガソリンの水抜き剤を使う方法があるのは初めて知りました。
Y34
2012/05/02 17:13
Y34さま

こんにちは。
初代ソアラが登場した時のインパクトは
当時幼稚園児だった私にも強烈でした(笑)

水抜き剤で塗装を剥離する方法ですが、
「GRS204クラウン製作記その2」もあわせてお読みくださいね。
ながせ
2012/05/03 14:45
 次回作成予定のソアラのキット、購入しました。まだプレリュードを作成中なのに気が早過ぎですね。(苦笑)
 ちなみに価格は¥2,200でした。初版から倍の価格ですね。
Y34
2013/03/05 01:02
Y34さま

こんばんは。
ソアラのキットを入手されましたか。
いやいや、これはスポット生産ですからお早めに
入手した方が良いですからね…
それにしても再生産の度にガッツリと定価を
上げるタミヤさん、しっかりしてますね(苦笑)
ながせ
2013/03/05 02:49
このソアラは、4回くらい作りました!
1回目は小学3年の時で、当然素組みで、物を当ててしまったらガラスボンネットは割れました…。
2回目は小5の時で、ホワイトパールに塗装していました。
また、同時にフジミのインチアップシリーズで出ていた後期モデルも作成しており(なぜか末期のランボルギーニのOZホイールのやつで、当然気に食わずBBS-RSへ交換)、家庭訪問で来た車の好きな女の先生に見せに運びました(笑)。
ただ、ソアラは、初代も2代目も後期モデルのほうが充実しているのに、前期で、キットはこのお世辞にも精密とは言えないペラペラシャーシーでタイヤハウスすらないフジミのやつくらいしかなく、作り替えも無理で、いつも悔しい思いをしていました。
3回目は中学生の頃に作りました(今もあります)。その頃は腕も上がってきており、ガンメタに塗装していました。
ただ、ピンタイプのホイールはどうしようもなく、シャフトタイプに改造も無理で、悩んでいたら、同じくタミヤの80スープラのノーマルホイールの前輪とミシュランMXXタイヤが、前後にぴったりはまることに気付きました(笑)!
クリアランスもばっちりだったのです。
ただ、18インチくらいあるスープラのホイールが勝ちすぎて、貧弱な片押しブレーキがガバガバで目立ちました(笑)。
ナイトセイバー
2016/01/23 19:20
ナイトセイバーさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

ナイトセイバーさんもこのキットを
作られたことがあるのですね。
透明のボンネットパーツ、ホイール側のピンなど
なかなか手ごたえ?のあるキットですよね(笑)
いっぽうフジミのソアラは板シャーシがネックですけど
純正エアロ付きがボディが魅力でした。

それにしてもタミヤ・フジミと計4台も
20ソアラを作られたとは恐れ入りました…
ながせ
2016/01/24 14:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MZ21 ソアラ 製作記 その1 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる