くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS NA6CE ユーノスロードスター 製作記 その3

<<   作成日時 : 2009/11/28 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今回はシャーシの塗装と組み立てです。


画像

まずシャーシ全体はつや消しブラック、
エンジン・ミッションケースはシルバー、
ブレーキ・燃料の配管と燃料タンクはブラックで塗装します。





サスペンション部品はまとめてエアブラシで塗装。
画像

今回は新車のパーツ状態みたいな、ブラックでやや光沢のある感じにしました。





まずフロントサスペンションを組み立てます。
画像

実車のダブルウィッシュボーンサスペンションがリアルに再現されてます。





リアサスペンションもダブルウィッシュボーンです。
こちらもリアルですね。
画像






完成した前後のサスペンションをシャーシに取り付けた後、
ロードスターには不可欠のパワープラントフレーム(以下PPF)を取り付けます。
画像

画像






このPPFとは、前方のミッションと後方のデフを直結するアルミのフレームのことで、
これによりデフの無駄な動きを抑え、よりダイレクトな走行性能を狙ったものです。
画像

PPFは初代から現行のロードスターまでずっと受け継がれていますし、
FD型RX-7、そしてRX-8にも採用されています。





最後に排気パイプ&マフラー部品を取り付けてシャーシ完成です。
画像

ちなみに排気パイプは、ゴールドに少量のブラウンを混ぜたものを
筆でこすり付け、熱焼けした感じを表現。後方にいくほど薄くなってます。
画像ではよく分からないと思いますが・・・(ま、自己満足という事で 笑)


完成すれば見えなくなるシャーシですが、
丁寧に組み立ててみました・・・
その甲斐あってか、なかなかリアルに仕上がったと思います。
さすがタミヤのキット、組み立てやすいですね〜


今回はここまで。

次回はボディーの鏡面仕上げの予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NA6CE ユーノスロードスター 製作記 その3 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる