くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS NA6CE ユーノスロードスター 製作記 その2

<<   作成日時 : 2009/11/26 23:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今回はボディーの塗装です。

数日前まで天候が悪かったので、夜に塗装できるか不安でしたが、
昨日・今日と夜も晴れ?ましたので、なかば「やっつけ仕事気味」に慌てて塗りました・・・



前回書いたように、ネオグリーンのボディーカラーは
スプレー塗装で再現しました。塗料はこちら。
画像

タミヤカラースプレー TS-9 ブリティッシュグリーン。


同じタミヤカラースプレーのレーシンググリーン(TS-43)も
キャップの色具合が実車と似ていたので、こちらも買ってきましたが、
テスト吹きしたら見事に「抹茶色」でした(笑)




まず、いつものようにボディーを洗浄、その後グレーの
サーフェイサーをスプレーで吹いて、キズやヒケのチェックをします。
(これは昨日作業したのですが、写真を撮り忘れました・・・)

特に問題がなかったので、いよいよグリーンを先ほど塗装しました・・・

そして塗装完了。
画像

画像

お〜っ!十分光ってますね!!

今回の手順としては、まず薄〜くひと吹き、30分ぐらい置いてやや濃くひと吹き。
また30分ぐらい置いてから仕上げにブシュ〜と垂れる寸前まで豪快に吹きました。
外気温が低いので、大事をとってスプレーを「ぬるま湯で湯煎」しておいたのが
功を奏したのかもしれませんね。


画像ではピーマンみたいな緑(笑)ですが、
実物はもっと落ち着いたダークグリーンですよ。
結構実車に近い色に仕上がりました。




いつものように蛍光灯で鏡面度チェック。
画像

スプレー吹きだけだと、やっぱりゆず肌ですね・・・
ですが、この程度なら2000番のペーパー掛け&コンパウンドだけで
鏡面に近くなるでしょうね。


よって今回はクリアー塗装はいらないと判断しました。うまく塗装できてよかったです・・・



今回はここまで。

塗装がやや厚めなので、5日ぐらいは乾燥させてから
鏡面仕上げをしたいと思います。
その間にシャーシの組み立てに入ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ほどはクリアー掛けは必要ないと書きましたが、
何となく色に深みが足りないような気がしたので、
やはりクリアーを掛けました(すいません・・・)

クリアーはいつものMr.スーパークリアー光沢。
こちらもスプレーを湯煎して塗装しました。

これがクリアー塗装後。

カメラのフラッシュオン(さっきと同じ撮影条件)
画像


これがフラッシュオフ
画像



デジカメがしょぼいせいか、画像では正確な色が表現できてませんね・・・
やっぱりピーマン色です(笑)
実物はクリアー掛けで色に深みが出たのですが・・・


改めて鏡面チェックです。
画像


まだゆず肌ですが、さっきよりツヤが出ています。
(画像では違いが分かりにくいですが・・・)


やはりクリアー掛けは大事かも(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりです。ユーノスロードスターは自分も初代が一番大好きで、個人的にはリトラクタブルライトなのがとても魅力的だと思います。それでは次の更新楽しみにしてます。


Ryo
2009/11/27 18:01
Ryoさま

こんばんは。お久しぶりです!
Ryoさんも初代のロードスターがお好きなんですね!!

>リトラクタブルライトなのがとても魅力的
私もリトラなところが魅力です。
リトラをあげると、まん丸のヘッドライトが顔を出し、
昼間の表情とは違うかわいいフロントマスクになりますよね(笑)

>次の更新楽しみにしてます。
ありがとうございます。頑張ります!
ながせ
2009/11/27 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NA6CE ユーノスロードスター 製作記 その2 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる