くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS PA95 117クーペ 製作記 その6

<<   作成日時 : 2009/09/21 23:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今回はシャーシの塗装と組み立てです。



シャーシ全体はセミグロスブラックをスプレー塗装。
エンジンとミッション、排気パイプはシルバー、
プロペラシャフトとガソリンタンクはブラックで筆塗り。
画像








その他細かい部品は、まとめてシルバーとブラックでスプレー塗装しておきました。
画像










次に組み立てに入ります。
・・・ですが、説明書に難点が・・・


最初の指示マークの解説では、接着不要のマークがあるのに・・・
画像



これ以降、この接着不要の指示マークが一回も出てこないのです(笑)


普通はここ(赤い矢印)に接着不要マークを書くでしょ!!!
画像

接着しないところってどこですか?(黄色い下線)全く無駄な一文ですね(笑)



画像





作り慣れているので、なかばネタとして取り上げてますが、
初めてプラモデルを作る人はすべて接着してしまい、
車輪が回転しない、さらに前輪を左右にもステアできない
悲惨な完成品になっちゃいますよね(笑)
正しく組めばちゃんと回転もステアもできる構造なのに・・・





さらに説明書のいい加減さは続きます(笑)



画像

説明書の指示通りでは・・・

A17のデフ&サスペンションにP2のシャフトを接着する。

A16のドラムブレーキはP2のシャフトに接着する。

・・・と解釈できませんか?

え〜っ!!P2のシャフトは金属製ですが、これをプラ用セメントで接着ですか??
あの・・・A16の穴の大きさとP2のシャフトの直径が全然違うんですけど・・・


またまたとんでもない指示ですね(笑)



正しくは、
画像

最初にA16のドラムブレーキをA17のデフ&サスペンションに接着する。
次にP2の金属シャフトを通す(接着は不要)・・・ですね。


そもそも、ここの組み立てをひとつの図で説明することに無理がありますね・・・



・・・ホントにキットの部品自体は出来が良いのに、説明書がダメすぎます・・・




ダメな説明書のことはさておき、部品自体の構成はごく普通なので
組み立てはスムーズに進みました。
画像









次はホイールとタイヤです。

画像

キット付属の純正アルミは117クーペによく似合ってますし、
フジミお得意のインチアップではなく、13インチのサイズを忠実に再現していますが、
このホイールは2000ccのスターシリーズの最後の方に採用されたものなんですよね。


私が作りたいのは1800ccのモデルなので、アルミのデザインが違います。
(近所のあずき色もこのホイールでした)
画像






そこで、たまには鉄チンホイール仕様も良いかなと思い・・・
ベレットのホイールをフジミに請求しました。
画像

画像

ベレット用なので、ホイールリングがありませんが、ホイール自体のデザインは同じです。


フジミの117クーペのキットにお詳しい方なら、
「現在絶版の前期型キットのホイールなら、リングつきの鉄チンなので、
そっちを使えば良いのに・・・」と思われるかもしれません。
ですが、あれはホイール中心が出っ張りすぎて、あまりリアルじゃないのです。
(リアルかどうかは他の方の前期型の作品を見ての勝手な判断ですが・・・笑)

それでベレット用を選んだ訳です。
リングは外してあるor外れちゃったという事で・・・(笑)






画像

画像左がキット付属のタイヤ。これはヴィッツのキットと同じピレリですが、
なぜか「215/50VR15」表記だし、サイドウォールが分厚すぎて、あんまり好きじゃないです。
ですから、ジャンクの箱から適当なタイヤを見つけました。

たぶんオオタキのファミリア?かパルサー??用だと思います。
懐かしの横浜アドバンHF TYPE-S。表記も185/70HR13で実車と同じサイズです。




ホイールを付けてみると・・・
画像


タイヤの幅や適度に丸みを帯びたショルダーもぴったりです。
フジミのタイヤはショルダーが角張りすぎてますね・・・




シャーシへのタイヤ取り付け後の画像は、後のお楽しみで・・・
(仮組みしボディーを被せてみたら、あまりに地味でふつーな117クーペになり笑っちゃいました)




今回はここまで。

次回は内装部品の塗装と組み立てです。
何とか連休中に完成させたいなぁ〜と思いますが、間に合うかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!
ご無沙汰している間に完成していらっしゃったので
びっくりしました(汗)

記事にも書かれていますがフジミのキットは
説明書でもかなり損をしているような気がしますね・・・・
作り慣れてる人ならそのまま組む事が出来ると思いますが
初めて組む人には(;・∀・)???となりそうです・・・(汗)
組む人全てが資料を入手出来ないと思いますので
塗装指示もきちんとして頂きたい所です・・・・

タイヤ&ホイールの流用が良い感じですね♪
べレット用と117用では違う部品だったんですね〜
私はてっきり共用だと・・・・(笑)
HITEQJASMINE
URL
2009/09/26 22:20
HITEQ JASMINEさま

こんばんは。
ここ数日、帰宅後に割と時間があったので、
製作が進んじゃいました(笑)

本文で書き忘れてしまいましたが、
このキットの説明書は2つ折りで4面しかないので、
各工程をものすごく端折って書いてあるのも
原因のひとつだと思います。
ほぼ部品数が同じタミヤのZ34は、説明書が
4つ折り10面あるので、とてもわかりやすいのですが・・・

仰るとおり、普通は資料を用意せずに組みますし、
また、説明書が資料となるわけですから、正しい塗装指示は必要ですね。

117とベレットはスチールホイールが違うのですよ(笑)
実車も同じホイールなので、普通は共通部品にしますが、
フジミはホイールリングの有り無しでわざわざ
別の金型を作ったようです・・・


ながせ
2009/09/27 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
PA95 117クーペ 製作記 その6 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる