くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS PA95 117クーペ 製作記 その4

<<   作成日時 : 2009/09/13 00:22   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

今回もボディーの仕上げの続きです。



最初にサイドガラスのサッシの取り付け。
画像

サッシはメッキの別部品だと製作記の最初に紹介しましたが、
よく見ると表面にキズが多く、このまま使うのはちょっと・・・と思い、
漂白剤でメッキを剥離し、再塗装することにしました。


メッキ調の塗装といえば、有名なアルクラッドIIのクロムとか
クレオスのメッキシルバーが挙がりますが、
どちらもお店になかったので、これを買ってきました。
画像

Mr.カラースーパーメタリックのクロームシルバー。
1本800円と高価ですが、果たして結果は・・・・


まず、この塗料のメッキ効果を出すには、
下地に「ツヤのあるブラック」を塗装する必要があります。
そこでエアブラシでブラックを塗装。
画像

下地が鏡面に近いほど効果が高いとの事なので、
丁寧に吹きました。


下地のブラックが乾いたら、いよいよクロームシルバーを吹きます。


これが塗装後。
画像

画像

う〜んかなり微妙ですね・・・・


確かに光沢がありますが、景色が写りこむほどではありません。
ちょうどホイール部品によくある「つや消しメッキ」に近いです・・・
画像

これでは前後ガラスに貼ったメッキモールと釣り合いが取れないなぁ〜





そこで青く囲ったピラーとルーフサイドのモールをメッキ仕上げにしました。
画像

今回初めてハセガワの「ミラーフィニッシュ」を使ってみましたが、
これ、すごく良いですね!テープ自体が薄くよく伸びますから、曲面にもよく馴染みますね。

画像

画像


もともと部品のモールドが甘いので、サッシとルーフモールとの境目が無かったのですが、
これできちんと境目ができましたね。前後ガラスのメッキモールとも釣り合いが取れてますし・・・

この状態であまり違和感がないので、これで良しとします(笑)







お次はフロントマスク。
画像

グリル部品は全体をセミグロスブラックで塗装。
ヘッドランプのレンズは、先にリフレクターに接着しておきます。
この方が組み立てやすいです。


出来上がるとこんな感じ。
画像

結構リアルですね。
ヘッドランプのレンズも、外側のロービームと
内側のハイビームとでレンズカットが違います。芸が細かいです。

グリルエンブレムの「唐獅子」のデカールもこの時点で貼っておきました。





次にボディーにグリルを取り付けますが、先にボディーのグリル取付け部の内側を
セミグロスブラックで塗装し、周りにメッキのモールを貼り付けました。
左右のメッキモールの丸い部分はかなり難しかったです・・・
画像






バンパーはメッキを剥離後、全体をセミグロスブラックで塗装。
上部にミラーフィニッシュを貼りました。
画像






バンパーにウインカーを取り付けてから、ボディーに接着。
画像

画像

組み立てたあと、思わずニヤけてしまいました(笑)
これなら紛れもなく117クーペ後期型ですね(当たり前ですが・・・)







リアコンビランプは説明書では「全部クリアーレッド」と、とんでもない指示が
出てますが、正しい塗装はこんな感じです。
画像






リアコンビとバンパーをボディーに取り付けます。
画像

ついでにリアコンビセンターの「ISUZU」のデカールも貼っておきます。





つづいてリアサイドのリフレクター部品の取り付け。
画像

周りのメッキフレーム、レンズ、「117COUPE」デカールとすべて
別部品なので、すごくリアルですね。

リアまわりも良い雰囲気です!







実車のフロントサイドのウインカーは埋め込み式ですが、
キットの部品は凄く分厚くて使い物にならないので自作しました。
画像

まずメッキテープでベースを製作、その上にクリアーオレンジを塗った
0.25mmの透明プラバンでレンズを作って接着しました。








画像

画像


今回はここまで。
あとは、フェンダーミラーを付ければ、ボディーは完成ですが、
ミラーは完成前のお楽しみとして、とっておきます(笑)


次回はウインドウガラス部品の取り付けです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やはりサッシだけ色(メッキじゃない)が違うのが気になり、
サッシにもミラーフィニッシュを貼りました。
画像

画像


ピラー・ルーフサイドのモールは、部品をボディーに取付ける前に
ミラーフィニッシュを貼ったので、比較的容易に作業できましたが、
今回はボディーに接着後だったので、えらく時間が掛かりました・・・
はっきり言って「二度と作業したくないです」(苦笑)


画像

画像


今度こそ窓周りすべてがメッキ仕上げになりました。
画像ではイマイチ違いが分かりにくいですね・・・

結局無駄だった、あの800円もしたクロームシルバーは何だったのでしょうか(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ!
前の記事のボディの鏡面に思わず唸ってしまいました♪

おお〜!レンズ類とウインドウサッシが入ると一気に完成ムードですね!
いつもの丁寧な作業は見ていて本当に素晴らしいです。
テールレンズは実車のような仕上がりで思わず感動します。
これをクリアレッド一色の塗装指示とは・・・(苦笑)

ミラーフィニッシュは良く伸びて曲面にも馴染むので良いアイテムですよね。
もうちょっとだけカットしやすいと良いんですが
メッキ調塗料が手に入りずらい今ならかなり有効そうですね!

HITEQJASMINE
URL
2009/09/13 18:28
こんばんわ!
117クーペも順調に進んでいますね♪
前の記事のボディの艶が素晴らしいですね( ^ω^)

外装パーツが付いてくると雰囲気が出てきて
どんどん実車に近づいていっていますね♪
サイドの窓枠もかなり良い感じですね〜!
ミラーフィニッシュはカットしにくい点はありますが
コツさえつかんでしまえばかなり有効な物だと思います。
テールランプの雰囲気が素晴らしいですね♪
これをクリアレッド一色で済ませてしまう説明書に
ちょっと苦笑してしまいます・・・(汗)

内装・シャーシと楽しみにしています!

HITEQASMINE
URL
2009/09/13 22:26
すみません。夕方一度書き込んだ時に書き込めず
先ほど何回か更新して打ち直したのですが
今になって反映されてしまったようです・・・・・

2重投稿になってしまい本当に申し訳ございませんでした。
HITEQJASMINE
URL
2009/09/13 22:32
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
ここはコメントの編集と削除が
投稿者からは出来ないのです。
それに最近、記事のアップするのが
すごく重いです・・・困ったものです。

お褒め頂きありがとうございます!
ミラーフィニッシュは結構使えますね。
ただ、カットをしにくい所は仰るとおりです。
切れ目を入れたつもりが、切れてなくて
ビヨ〜ンと伸びてしまうのが欠点です(笑)

テールランプの塗装指示は笑いました。
フジミさん、いい加減すぎです。
前回書いた通り、ホントにキット自体は
組みやすいのですが・・・残念です。
ながせ
2009/09/13 23:02
 漂白剤でメッキを剥す方法があるのですね。初耳です。ところで漂白剤でメッキを剥す場合、使える漂白剤の種類や濃度はどのくらいがちょうど良いのでしょうか?教えて頂けると幸いです。(実は作成中のプラモデルのメッキ部品が傷付いていて一度剥して塗装し直そうと思っているのです。)
Y34
2012/05/04 09:53
Y34さま

漂白剤は花王のキッチンハイターや
うず潮のキッチンブリーチなどの「台所用漂白剤」を使います。

適当な容器にパーツを入れ、パーツが浸る程度に漂白剤を
投入します。ちなみに漂白剤は薄めず原液で使用します。
早ければ5分、遅くても30分もあればメッキは剥離
しますから、その後パーツを水洗いして完了です。

注意ですが、漂白剤を使う際は換気のよい場所で
使用してくださいね。
ながせ
2012/05/06 01:52
 早速やってみたところメッキを剥離出来ました。ご教授ありがとうございます。
Y34
2012/05/07 00:04
Y34さま

こんばんは。
メッキの剥離、上手くいきましたか!
お役に立てて良かったです♪
ながせ
2012/05/07 00:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
PA95 117クーペ 製作記 その4 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる