くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS GRS204 クラウン 製作日記 その3

<<   作成日時 : 2009/06/27 01:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 11

今回は再塗装編です。


まずは塗装剥離の終わったボディーに、溶きパテで
サンルーフとリアバンパーのヒケを埋め直した後、
再度1500番のペーパーで足付け、洗浄をします。



次に1200番のサーフェイサー(グレー)をスプレー塗装。
画像

今回サーフェイサーはグレーを1度塗りするだけ。
と、言うのは「せっかく再塗装するならボディーカラーを変えよう」と思ったから。
色も気分も心機一転です(笑)



ボディーカラーはダークブルーマイカ<8S6>に決定。
ダークブルーのクラウンも個人的に好きですし、
クラウンは歴代モデル(私が知っている限り、5代目の後期モデルS100系から)に
必ずダークブルー系が用意されていて、白・黒・(近年はシルバー)とならび、クラウンらしい色だと思います。


塗料は、レパードに使ったタミヤカラースプレーの
「ディープメタリックブルー」ではなく、ソフト99の実車用タッチアップペイントを用意しました。
画像


実車のタッチアップペイントは自動車メーカー(今回の場合はトヨタ)製、
ソフト99製、そしてホルツ製がありますが、
ソフト99のものはプラ用のシンナー(クレオスのうすめ液)で希釈できるので、エアブラシで塗装できます。


ご注意
実車用の塗料は、成分がプラ用とは違うので、プラに直接塗装できません!!
(間違いなくプラが溶けて、塗装の縮みやムラができます)
必ず下地にサーフェイサー(これはプラ用でOK)を塗装して下さい。

また、ソフト99製以外のタッチアップ塗料・スプレー塗料は
検証していませんので、プラに使用できるかわかりません・・・

プラモデルにはプラモデル専用塗料を使うのが大原則です。
失敗しても私は責任を持てませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。




実車のカラーコードと同じタッチアップ塗料なのですが、
プラバンにエアブラシでテスト吹きしたら、すごく濃い(黒っぽい)ダークブルーで
イメージとはずいぶん違う印象を受けました。
そこで明るめのブルーマイカ<8M6>と半々で混ぜて使用。
画像





これが塗装後。(ピンボケですいません)
画像

現行クラウンのダークブルーは、こんな感じじゃないかな?
さすが実車用塗料。パール粒子が細かいし、色の深み、色合いも良いです。
隠ぺい力も文句なし。ただし塗装中の臭いは強烈ですね(笑)




クリアーもソフト99のボデーペン(チビ缶)を使いました。
画像

スプレー缶を撮影するのを忘れたので、画像は本家のサイトから・・・
スプレー塗料も成分がキツいので、大事をとって薄く、数回重ねてスプレー。

このスプレー塗装が難しかった・・・プラ用のスプレーとは違って塗料が広範囲に飛ぶし、
ガス圧が高いので、油断するとすぐに厚塗りになるし・・・
(クリアーを一度に厚塗りすると、この季節は湿気ですぐ「カブる(白く濁る)」ので要注意)
ペイントブース(ちなみにこれを使ってます)が真っ白けになりました(苦笑)



途中で中研ぎを入れながら、何とかクリアー塗装終了。
画像





4日ほど乾燥させた後、鏡面仕上げ。
画像

プラ用のクリアー塗料より皮膜が硬く、厚いので1000番のペーパーから水砥ぎ。
鏡面になるまで4時間掛かりました・・・



前のパールホワイト同様、ボテッとした厚めの塗装になっちゃいましたが
ツヤはバッチリですね。
画像

画像





今回はここまで。
前回のアクシデントからほぼ1週間で、何とかリカバリーできました。
ここからは少し製作ペースを上げていかないと・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ!
リカバリーも順調に進んでおられますね♪
調色されたとあってかなり綺麗なブルーメタリックですね!
こう見るとブルー系も似合いますね〜^^
クリア塗装後の映りこみに思わず感動です♪

タッチペンを使用した塗装はとても参考になりました。
私は以前サフを薄く吹いたボディにソフト99の実車用を吹きましたが
あっという間に下地が侵されてガビガビになりました(笑)
クリアーも実車の補修で何度か使った際にカブり易いと思っていましたが
やはりそういう癖があるようですね(´・ω・`)

製作記の続きも楽しみにしています♪
HITEQJASMINE
URL
2009/06/28 15:54
はじめまして、高校一年生です。         80年代の車を主に作っています。このプラモデル製作記をみて蛍光灯がはっきり映るぐらい塗装面が綺麗なことにすごくおどろきました。自分はまだ上手く塗装が出来ません。出来ればコツを教えてもらいたいです。よろしくお願いします。
Ryo
2009/06/28 19:06
HITEQJASMINEさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。
おかげさまで再塗装もうまくいきました!

>下地が侵されてガビガビ
ああ、それ私も経験あります。ショックですよね・・・
サフが薄いかプラが透けて見えていた場合に起こるようです。
今回サフはスプレー1回吹きですが、ちょっと厚めに吹いてあります。

ボデーペンのスプレーは、ガス圧が高い(ホントにブシュー!と
多く塗料が出る)ので、プラ用スプレーに慣れていた私には鬼門でした。
あと、クリアーはお馴染み?のMr.スーパークリアーより
湿度に影響されやすいみたいです・・・
ながせ
2009/06/28 23:06
Ryoさま

はじめまして。ようこそお越し下さいました!
コメントありがとうございます。

スプレー塗装のコツはいろいろあるのですが、大雑把に書くと・・・
○塗装前にスプレーをよく振る。
○常にスプレーを平行に動かしながら塗る。
○1回でたくさん吹き付けない。
 (最初は薄い塗料の粒々がつく程度で。2回目以降で
  塗料の粒々をだんだん濃くしていく感じ)
○スプレーをボディーに近づけすぎない。
 (近づけるとツヤが出ますが、塗料がタレます。)
・・・ぐらいだと思いますが、一番の上達法は
やはり「たくさん作る」ことだと思います。
塗装は経験を積まないとうまくならないですし、
数をこなせば、自然とコツがつかめてきます。

私の経験ではメタリックやパールの混ざっていない
ソリッドの赤い塗料(例えばタミヤカラースプレーのイタリアンレッド)が
比較的簡単にツヤだし塗装ができると思いますよ。

全然参考にならないかも知れませんが、
頑張って素敵な作品を作って下さいね!

またお越しくださいませ。
ながせ
2009/06/28 23:07
とてもわかりやすいアドバイスありがとうございます!           今、F31レパード後期のあぶない刑事仕様をコンパウンドしました。ながせさんのハチロクのコンパウンドのやり方がとても参考になりました。
鏡面にはなりましたがながせさんみたいにな艶にはとても遠い仕上がりです(笑
ながせさんもクラウンの組み立てを頑張ってください。


Ryo
2009/06/29 18:05
 再塗装はボディー色を変更したのですね。実車のタッチアップ塗料を使うというやり方、よく思い付きましたね。実車のタッチアップ塗料だとより実車に近い完成品が仕上がるのではないでしょうか。
Y34
2012/05/04 09:33
Y34さま

お読みの通り、パールホワイト→ダークブルーになりました。
実車用タッチペンは色合いはバッチリですが、プラモに
塗装する際は上記のように注意が必要です。
ながせ
2012/05/06 01:40
こんばんは!

おぅ、僕の考える第二のクラウンイメージカラー「ダークブルー」です!
出来上がりが楽しみです!
車に詳し過ぎる学生
2012/08/16 21:19
車に詳し過ぎる学生さま

こんばんは。
ダークブルーもクラウンらしい色ですよね!
ながせ
2012/08/17 00:43
私もソフト99のもので塗装しようと思っております。

塗料乾燥までどのくらいかかりましたか?

ブルー→クリヤまでの時間など教えて下さい。

どのくらいの割合で薄めれば良いのでしょうか?
fujiwara696
2014/10/29 12:22
fujiwara696さま

こんばんは。
ご質問ありがとうございます!

なお、fujiwara696さんがGSIクレオスのMr.カラー等の
プラモデル用ラッカー塗料を使用されたことがある、
そしてエアブラシで塗装されるという前提でお答えいたします。

>私もソフト99のもので塗装しようと思っております。
>塗料乾燥までどのくらいかかりましたか?

プラモデル用のラッカー塗料と同じくらいです。
塗装後30分〜2時間の乾燥で軽く触れても大丈夫な程度、
完全乾燥するには3日〜10日掛かります(季節によってかわります)


>ブルー→クリヤまでの時間など教えて下さい。

このクラウンの製作は6月で気温が高かったので
ブルーを塗装後30分程度でクリアー塗装をしたと思います。
今の季節なら1時間ぐらい待った方がよいかもしれません。


>どのくらいの割合で薄めれば良いのでしょうか?

一般的に「塗料1に対しシンナー2〜3」といわれています。
例えるなら「牛乳ぐらいの濃度」でしょうか? 
かなりシャバシャバした感じです。
ですが、塗料によっても変わるので
かならずテスト吹きをして、ご自分で濃度を微調整してください。
あと、メタリックやパール塗料は良くかき混ぜてから
使用してください。(メタやパール粒子が沈殿しているので)

蛇足ですが、上記の注意事項をよくお読みになり、
自己責任でお願いいたしますね。
ながせ
2014/10/30 01:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GRS204 クラウン 製作日記 その3 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる