くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS F31 レパード 前期型 製作日記 その4

<<   作成日時 : 2009/06/06 23:15   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

今回は内装の組み立てです。


まず、内装はこの3色で塗装しました。

画像

ブラウンA(緑の矢印)   ダークアース…樹脂部分
ブラウンB(黄色い矢印)  レッドブラウン70%+艦底色30%・・・フロアカーペット
ブラウンC(赤い矢印)   RLM79サンドイエロー70%+イエロー30%・・・シート生地


改めてドアトリムはこんな感じに塗装。
画像



シートはブラウンC。今回はモケット生地の質感を再現すべく
フラットベース(つや消し剤)を多めに吹き付けました。
画像



シートバックは、部品(36・37番)を取付け後、まわりをパテで整形しました。
画像



リアシートまわり。前期型はリアシート後のトレーが樹脂素材なので、
ブラウンAで塗装。スピーカーはつや消し黒。
画像



リアのシートベルトを自作。前期型は2点式のシートベルトが3名分なので、
後期型とはバックルの配置が異なります。中央席のバックルとタングは
白文字で「CENTRE」と書いたつもり(笑)
画像



フロントシートはベルトバックル、運転席ランバーサポートスイッチ、
助手席中折れシートのレバーを再現。ここまでは後期型と同じですが、
新たに、前期型のみの装備である、ヘッドレストの前後調整ダイヤルを追加。
ダイヤルはヘッドレストの内側どうしでつくので、これで合ってます(念のため 笑)
画像



インパネは全体をブラウンA。実車のグローブBOX下およびステアリングコラム下は
スエード風の起毛なので、そこだけブラウンAにタンを混ぜて塗装しました。
ですが、違いが全然わからないですね・・・
画像

空調・オーディオパネルや各種スイッチ、時計等はカタログを注視して塗装(笑)
一応、灰皿と時計上の部分に、白文字で「PUSH OPEN」と書いたつもり・・・
キットのモールドはSONYのCDプレーヤーなので、それも忠実(ホントか?)に再現。

実車本来の設定では、CDプレーヤーを付けるとセンターコンソールに
カセットチェンジャーがセット装着になります。
ですが、キットにはカセットチェンジャーがついてないんですよね・・・
ホントにどうでも良いことですが・・・
「そんなにこだわるならカセットチェンジャーを自作しろよ!」と言われても
メンドクサイので止めときます。(←やっぱりへタレモデラー)



で、問題?のセンターコンソールはあっさりブラウンAで塗装。
セレクトレバーは、そのままだとNレンジになりますが、今回もPレンジに移動(なんとなく)
あとフットレスト(赤い丸)も自作。
画像




各パーツを組むと内装はこんな感じ。
画像

画像

画像

今回も10時間ぐらい掛かりました・・・細かい作業の連続で非常に疲れますね。


次に完成した内装部品をシャーシに取り付けますが、
フロア前方が浅いので、ここにプラバンで壁をつけます。
壁の内側はブラウンBで塗装。
画像



その後外まわりをつや消し黒で塗装。特に前後のタイヤハウス付近(赤い丸)は
念入りに塗っておきます。
画像

画像



プラバンの壁とつや消し黒の塗装をする理由は、ボディーを被せた後、
ここ(赤い矢印)から内装の部品が見えないようにするため。
画像

画像

せっかく綺麗に作ってもここから内装が見えると興ざめしますからね。


今回はここまで。次回は最終回。いよいよ完成です!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 ATレバーの取り付け穴はほとんどのキットがNレンジの位置に開いていますよね。Pレンジの位置に穴を開け直すといった細かい気配り、さすがです。ところでこの場合、最初から開いていた穴はどうされていますか?もし穴をふさぐのであればどのようにしてふさいでいますか?
Y34
2012/05/08 01:03
Y34さま

ありがとうございます。国産車が
シフトロックシステム(今じゃ当たり前ですが、
ブレーキを踏まないとPレンジから移動できない機構)を
導入するまではカタログでもシフトがNレンジに入ってる
写真のほうが多かったですよね…

ちょっと昔の記事なので詳細は忘れましたが、
穴は黒く塗ったマスキングテープで塞いだはずです。
ながせ
2012/05/08 23:06
 はい、シフトロックシステムが導入される前のカタログはNレンジに入っている状態で撮影されたカタログが多かったです。
 このレパードはシフトロックシステムが導入され始めた頃ですね。
Y34
2012/05/09 00:38
Y34さま

仰るとおり、このレパードの後期型から
シフトロックシステムが採用され、
後期型のカタログの内装写真は
シフトが「Pレンジ」に入ってます(笑)
ながせ
2012/05/09 23:10
 そうなんですか。シフトロックシステムが採用されてからはカタログの内装写真もPレンジに入った状態で撮影されるようになりましたね。
 シフトロックシステムが採用されるようになったのは一時期AT車の暴走事故が問題になったことから採用されるようになりましたね。
Y34
2012/05/10 00:10
Y34さま

仰るとおり、国産車にシフトロックシステムが採用された
理由のひとつに、当時AT車の暴走事故が
相次いで起こってしまったことがありますね。
ながせ
2012/05/11 01:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
F31 レパード 前期型 製作日記 その4 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる