くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS F31 レパード 前期型 製作日記 その1

<<   作成日時 : 2009/05/28 02:52   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

お待たせしました。F31レパード前期型です。

以前からレパード前期の製作日記をお届けすると言いながら、
実際はまったく進んでおらず、他のキットに手をつけたりしてました。
ですが、最近ここをご覧下った方の多くが「レパード+前期」と検索されて
いらっしゃることが分かり、これはまずいと思いまして、製作を再開することになりました。

ただ、今回はまだ完成してませんので、製作が進み次第アップしていきます。
ですから、2回目以降の更新にお時間が掛かることをご了承下さい。


1回目はボディー塗装と外装パーツの取り付けです。

キットはもちろんこれを使います。
画像

アオシマの1/24 ザ・ベストカーGT No.91 レパードアルティマ 前期型 '86

資料は実車のカタログ。
画像

これは発売1年後のグランドセレクション追加時のもので、
発売初期のカタログは表紙が豹柄でした。

ボディーカラーはゴールド(M)ツートン#536に決定。
カタログではダークブルーツートン#538がメインカラーですが、
あぶない刑事世代?なら、F31前期はゴールドツートンで決まりです(笑)


まずはいつも通り、パーティングライン消しと全体のペーパー掛け、そして洗浄から。
画像

さすが、最新のキット。パーティングラインがほとんど目立たず、楽々作業完了。


ルーフ裏側のサンルーフの穴あけ用モールドが透けて見え、また表面に「ひけ」があります。
画像



今回はサンルーフレスにするのでモールドに沿って溶きパテを盛り、乾燥後ペーパーで平らに整形します。
画像




続いて色の調合
ボディー上段のゴールドメタリックは、ゴールドとクリアーイエローを同率で混ぜ、
その後シルバーを少量ずつ加えて調整しました。
画像

最終的な割合はゴールド+クリアーイエロー70%:シルバー30%ぐらい。
下段のダークシルバーメタリックは、前回の後期型に使った残りの塗料をそのまま使用(笑)

いきなり塗装後の写真。
画像



ゴールドはほぼ狙い通りですが、ちょっとシルバーが明るいなぁ・・・
何かイメージとは違うので、シルバーだけもう一度調合しなおして再塗装。
結局シルバーの最終的な調合はシルバー65%:ブラック35%ぐらいになりました。
画像



これがシルバー再塗装後。こんな感じならOKかな。
画像

すでに細部の仕上げが終わってますが、サイドプロテクトモールと
ドアハンドルは付属のメッキシールを使用。
ここでワンポイントアドバイス。
サイドプロテクトモール部のメッキシールは「若干細め」にしたほうがスッキリと綺麗に仕上がりますよ。


ついでに今回の鏡面仕上げもうまくいきました。
画像




今回苦労したのはサイドウィンドウのモール塗装。
画像

画像

後期型に比べ、モールのモールドが細くシャープになったので、内側の黒い塗装が難しくなりました。
マスキングテープと格闘して何とか塗装完了。


フロントグリルは塗装の際、マスキング不良でふちの
メッキが剥がれてしまった(汗)ので、メッキシールで作り直し
画像



ヘッドランプのリフレクターは接着前に仮組みし、パーツ上下のやすり掛けを念入りにしておきます。
画像



ランプリフレクターとグリルの取り付け。
画像

そのままの状態(右側のライト)だとリフレクター全体のメッキが明るすぎ、
バルブ(電球)が丸見えになるなぁと思い、墨入れをしました。

※なぜそんなおかしな事?をいうのかはここの真ん中あたりをお読み下さい・・・


左ライトのアップ
画像

リフレクターの周りを墨入れし(黄色い矢印)、メッキシールでバルブを隠しました。
さらにライト上段モールの上に黒いライン(赤い矢印)を塗装(実車はここに隙間があるので)

レンズを仮組みして左右を比較。
画像

画像

私としては左側(下の画像)のライトのほうが、実車っぽく見えるのですが・・・


と、いうことで右側も墨入れをし、ウインカーパーツを取り付け。
画像

画像

う〜ん、ライトの上の黒いラインがアクセントとして効いてるなと自画自賛(笑)


お次はリアコンビランプ。
まずはパーツを組み立てます。
画像

レンズが色つきパーツなのが良いですね!


組み立てたら、スリットラインを塗装すべくマスキング。
画像

ちなみにスリットラインは、デカール(ゴールドとダークブルーのボディ用)が
用意されているので、塗装する必要はないのですが、あえて塗装をしてみます(笑)


で、塗装後。
画像

あちゃ〜ラインがガタガタだ・・・
マスキングテープが密着してなかったみたい。まだまだ修行が足りんな・・・
結局シンナーで色を剥がし、別の方法で再チャレンジ!


再チャレンジ後。
画像

今度はバッチリですね!!!(また自画自賛)
別の方法とは、約1mm幅にカットしたマスキングテープに塗装して貼り付けました。


これでで外装はほぼ完成です。
画像
画像
画像



次回はウィンドウの取り付けから。
製作日記のその2は、来週(6月3日あたり)のアップを目指して頑張ります。お楽しみに!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
プラモデル製作凄い上手いですね

感動しました。

出来ましたら製作依頼したいのですが…その様なことは出来ますか?よろしくお願い申し上げます。
ちゅうたろう
2016/02/03 11:29
ちゅうたろうさま

はじめまして。
お褒めいただきありがとうございます!

製作依頼の件ですが、
大変申し訳ございませんがお断りいたします。
(過去にも何度かそういったご依頼がございましたが
すべてお断りしております・・・)

また製作記に登場する「依頼品」は、
私が日ごろお世話になっている
友人知人に限定させて頂いております。

せっかくお褒め頂いたのに心苦しいですが、
ご理解の程よろしくお願い致します。
ながせ
2016/02/04 00:26
初めまして。基本的な事を聞きたいのですが、サフは何色を吹かれましたか?
ひーちゃん
2016/06/29 22:20
ひーちゃんさま

はじめまして!
ご質問ありがとうございます。

このレパードは普通のグレーのサフ
確かクレオスのMr.サーフェサーの1200を吹いたはずです。
ながせ
2016/06/29 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
F31 レパード 前期型 製作日記 その1 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる