くるまのプラモ製作記

アクセスカウンタ

zoom RSS スプリンタートレノ製作日記 第2回

<<   作成日時 : 2006/08/06 16:08   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

今回は、ボディー塗装をしますが、塗装をより美しく仕上げるには
塗装の下準備が必要です。

まず、1000番の耐水ペーパーでボディー全体を擦ります。
画像

これは「足付け」と呼ぶ作業で、表面に小さな凹凸を作り、
塗装をしっかりと喰いつかせるために行います。
同時に「パーティングライン」と呼ぶ、キットを作る際、金型の繋ぎ目から出来る線を
消します。この線は実車には存在しませんからね。

仕上げに1500番の耐水ペーパーで擦り、足付けは終了です。
画像




次に洗剤を使ってよく洗います。
画像

さっきの削りカスを洗いながすのと、
ボディーに付着した油汚れを落とすため。


その後、充分に水気を切って、いよいよ塗装です。
今回は赤・黒ツートーンなので、色の薄い赤から塗装します。
私はエアブラシを持ってないので、缶スプレーで一発勝負!
毎回緊張します。缶スプレーはタミヤカラーイタリアンレッド(TS-8)を使用。
画像

この色は発色も良く、艶も出るので、赤い車の塗装は大抵これを使います。


いきなり塗装後の写真、
画像

画像

まんべんなく艶が出ました。うまくいったようです。


あっ、ボンネットにホコリがついちゃった…
画像


そんな時は少し乾燥させた後、2000番の耐水ペーパーでホコリを擦って取り除きます。
その後、再塗装。
画像


ほら、この通り!
画像



塗装後のボディーに蛍光灯を映してみます。
画像

画像

まだぼんやりとしか映ってませんね。
表面が「ゆず肌」で凸凹しているため。
赤い塗装が完全に乾いたら、この上にクリアー塗装を掛け、
水研ぎで鏡面仕上げをしていきます。
うまくいくかな…


次回のボディー下の黒の塗装はお盆休みにします。

今回の作業時間 2時間
累積作業時間 3時間

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
綺麗なレッドですね!見とれます!
でもやっぱり白のトレノが頭から・・・あの豆腐屋の・・・(以下省略。)(←しつこいわ!)
いやいや、赤の方が断然格好いいですよ!
赤のトレノの出現率は低いですよね!
車に詳し過ぎる学生
2012/08/20 12:12
車に詳し過ぎる学生さま

こんばんは。
まぁ、色は好みがありますからねえ…
私は個人的に赤いクルマが好きなんですが。
ながせ
2012/08/21 01:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スプリンタートレノ製作日記 第2回 くるまのプラモ製作記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる